« もう3月。 | トップページ | 梅雨ですが。。。 »

2017/05/09

5月、なんだよな。

4月・・・をすっ飛ばしてしまいました。ハハハと笑ってごまかしてみるのもだんだん苦しい?
4月はという特に何にもなかったといいますか、日々で寒暖の差が激しいことが多くて体調くづしちゃって自宅でゴロゴロゴロゴロ…
5月の連休も人混みをさけて家でゴロゴロゴロゴロ…。強いて言うならwowowでコナン三昧、かな?

前回のアップから観た主な映画の感想・・といっても、そんな感じであまり観られていないのよね

●『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』
TVシリーズのその後であり、キセキの世代+黒子&火神がチームになって試合をするという話ということで楽しみにしていた劇場版。世代的に『スラムダンク』時のルールのほうがシックリくるのだけどそれはそれとして、なかなか愉しめた。
ベタとはいえ、袂を分かっていた彼らがひとつに纏まって戦うのを嬉しく思うし心地よい。
特別誰押しってこともないのだけれど、中の人も含めて黄瀬君が好きかなぁ。

●『ひるね姫』
神山健治監督作品。神山監督が”家族モノ”を作るということでどうなることかと心配していたけれど、やはり神山監督は神山監督で近未来的SF要素もしっかり盛り込まれていて面白かった。けど、やっぱり無難に纏まっちゃった印象は否めず、”家族モノ”は細田監督にお任せして、ストレートにサイバーパンク的な作品で楽しませてほしいなぁと思ったり。
とはいえ、やっぱり神山監督はすごいと思うし、大好きだし、「攻殻」の新作制作もアナウンスされているし、これからもずっと応援して行きますぞ!

●『ジャッキー』
ナタリー・ポートマンということで観に行ったのだけれど、それしか見どころがないというか、思い描いていた内容と違っていたところもあって、なんだかつまらなくて眠くて眠くて。

●『ゴースト・イン・ザ・シェル』
スカーレット・ヨハンソンによる「攻殻機動隊」の実写版。アニメ版キャストが集結ということで吹替え版で鑑賞。
前評判通り映像的には文句なしのデキで良かったと思う。ふんだんに盛り込まれたシリーズ作品のオマージュシーンにはニヤニヤしっぱなしといった感じ。
けれど、これまた「中身がねぇ・・・」といったところ。あまりに感情的過ぎる少佐。いろんな設定の混ざり具合には苦笑。
スカちゃん好きだし、字幕でも観ようと思っていたけれどやめてしまった。wowowにでも降りてきたら見るかなぁ。

●『LION ライオン 25年目のただいま』
5歳の少年がインドで迷子になり、やがてタスマニアの里親に引き取られてから25年後、おぼろげな記憶によるわずかな情報だけを頼りに”Google Earth”で故郷を探し出したという実話を描いた物語。
現実的に25年前でしかないのに子供の人身売買が横行とか、少年の数奇で過酷な事実に衝撃を受けつつも、逆に25年の間に進歩した技術”Google Earth”のおかげでこのような再会が可能になるというギャップのような摩訶不思議を感じるものだった。
サークルにて「
”Google Earth”で調べればいいじゃん」って発想に行きつくところも、コンピュータが身近にあって当たり前の世代の感性なのだと、時代の移り変わりを感じるものだった。
そしてどうして「ライオン」というタイトルなのか、そこに一番のセンスを感じた作品だった。

●『グレート・ウォール』
ただマット目当てであり、バケモノとの攻防戦という内容も知らずに鑑賞。
3D上映しか時間が合わず仕方なくではあったのだけど、とにかく映像が凄くて鳥肌が立ったのは久しぶり。女性陣のダイブシーンは本当にスゴイって言葉しか出てこない。
弓の名手といえば「ROTR」でのオーリーくんってイメージだけど、技術的にはその上を行くようなマットがカッコよかった(贔屓目)。

●『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』
劇場版第21作おめでとう。そして、22作目制作決定もおめでとう。
”から紅”なんてタイトルだから「ちはやふる」と被るじゃんと思ったのだけど、ポイントは紅葉で6種の紅葉の歌が謎解きの要素だった。真の犯人が誰かという部分はどっかで観たようなまんまな感じだったけれど、ミスリードもしっかりできていたし悪くなかった。
平次と和葉の恋模様は・・・まだまだだね。平次って案外ガキなんだよねぇ。(新一もだけど)

●『美女と野獣』
エマちゃん目当てで鑑賞。
実はアニメでも見たことがなく、どんな話かすら知らなかったりして、今更ながらフランスのお話だったのね、なんて思ってたりして。
「もともとは優しい王子様だった」というエピソードが皆無なまま、父親のせいで傲慢になってしまったとか、ベルに恋してご機嫌とりするうちに改心したとか、まぁ都合のよいお話だったけれど、エマちゃんが可愛いし、おとぎ話のお約束として許容範囲。
とはいえ、最近の実写版ディズニーは自立した女性像がカッコよかったのだけど、今回は今一つといった感じ。現代風にもう一工夫欲しかったかなぁと。

といったところ。
そういえば、『ムーンライト』は見逃してしまった(まだやっているかもだけど)。体調不良もあってなんか気が進まなかったんだよね。アカデミー作品賞だし、いずれは見たいと思うが。

5-6月は「ガーディアンズ」や「ローガン」といったマーベル作品の公開が楽しみ。それにしてもこれって作品が少ないこの頃で、シリーズものくらいにしか興味が湧かないのは困ったものだ。

|

« もう3月。 | トップページ | 梅雨ですが。。。 »

コメント

ご無沙汰してます、たいむさん。
久々時間がとれてPCの前にいます。(;^_^A

しばらくブログを離れている間に
やめちゃったひとやら私みたいに活動休止状態になってるひとやらで
映画のブログも毎日更新してはるような方々以外は
なんか静かになってしまいましたね。
・・・・って私も人のことは言えないのですが。

一時期は、映画のブログをやる以上は
アカデミー賞もんとか、名監督の作品は少しでも
見なくちゃみたいな義務感があったり、
年間これくらいは見なきゃみたいなのがあったんですが
ちょっと離れて過ごす時間があって
結局は好きなものを好きな時に好きなだけみて
この映画好きだー~~って書くことしかできないやんってとこにやっと落ち着きました。あはははは。

てことでまたぼちぼちやっていきますのでよろしゅうに。m(__)m

投稿: Ageha | 2017/05/11 15:16

ひるね姫はみそびれてしまいました。

スカヨハ攻殻はとにかくビジュアルはすごかったし
原作アニメへのリスペクトは感じたのだけど
攻殻の攻殻たるコアなとこがぶっとんでしまって
精神論の部分はすっとばしちゃったのねっていう
・・・・ある意味しかたなく、でもそれゆえ残念は
否めなかったです。

ミュージカルは苦手なので、
ララランドにしてもこれにしても
あ~やっぱりあたしにはあわないや~はあったんですけど
カメラにハマるとおお~こう撮るのかっていう
そっちであんがい盛り上がったりしてました。
あとね、野獣そのものがハンサムすぎて(!)
呪いがとけてめでたしめでたしのはずの
王子の顔がものたりないとか
2時間みていてなんの教訓にもならんかったという
爆笑オチになってしまいました。(;^_^A

投稿: Ageha | 2017/05/11 15:21

■Agehaさん、こんにちはsun
世間が手頃なSNSへとシフトしている昨今だけに引退や休止が増えるのも仕方がないのかなぁと、自己弁護も含めて思う次第です。
勢いだけで毎日のように長文をアップできていた日々が懐かしいですね。
でも楽しかったですよね、記事のアップによって色々な誰かとお話ができるのが楽しかったし、共通項から話が合えばもっともっと話したくなって、さりげなくレスポンスを期待した書き方してみたり、なんてね。

でもまぁ、ちょっと離れてしまうとズルズル・・・。フットワークもずいぶんと重くなってしまいました。
やはり水は低きに流れるものなのですよ(笑)

結局のところ私も同じく「好きなものを好きな時に好きなだけ」ってことで、落ち着きました。

とはいえ、「決めたら実行」のスタンスは守っていきたいなって思ってます。
例えば雨とかで面倒に思ったとしても結果として後悔することってまずないから。

>ひるね姫
これはいつか見てくださいませ。好みとして大絶賛とはいかないけれど、作品の完成度は高いし見て損はないです。

>スカヨハ攻殻
そうなのよ。中身がないとはまさにそこの部分でしてどっから見ても攻殻だけど、やっぱり物足りなさは否めません。

>王子の顔がものたりない
あはははは。
それちょっとわかるかも。
おっさんだし、ざ・おうじさま、をキャスティングしてほしかった。
いや、けっして悪くはないのだけど(^^;

こちらこそ、こんな感じで超不定期ですけど、こんごともよしなに。


投稿: たいむ(管理人) | 2017/05/14 22:59

おひさしゅうです~~。
グレートウォールを見逃したのが一番残念でした。
わたしも、最近、まとめてアップのブログです。

>勢いだけで毎日のように長文をアップできていた日々

さすがにたいむさんのようにはできなかったんですが、
けっこうブログに時間をとられていても、
それがほんとうに楽しかった・・・。


美女と野獣はディズニーアニメのお話についていけずでしたが
あのダンスのシーンはやっぱり良かったです。

ゴースト~の映像、良かったですよね。

ライオンは後で実話とかなり違うことを知って
ちょっとほっとしました。

投稿: mariyon | 2017/06/03 00:08

■mariyonさん、こんにちはsun
今はSNS全盛期で、文章よりも映像・画像。携帯端末の高性能化とお手軽さの賜物と思います。
ただ何でもかんでも撮影には見るのも若干辟易しているので、自分はこのスタンスで十分かなって思っておりまする。

「美女と野獣」
私も内容がダメでねぇ。
アナ雪を超えるヒットってなんで?て思うのは私だけ?
エマちゃん可愛いし、ダンスシーンは素敵だったけれどね。

「ライオン」ではお兄ちゃんの事実が一番衝撃的でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2017/06/09 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/65257441

この記事へのトラックバック一覧です: 5月、なんだよな。:

« もう3月。 | トップページ | 梅雨ですが。。。 »