« 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」みた。 | トップページ | 「スノーホワイト 氷の王国」みた。 »

2016/05/24

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」みた。

Gor_03

安彦良和氏の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を全4話でアニメ化した、「青い瞳のキャスバル」「哀しみのアルテイシア」に続く第3話。
アルテイシアに別れを告げ、”シャア・アズナブル”に成り代わってジオン自治共和国国防軍士官学校に入学するキャスバル。宿敵ザビ家の末っ子坊ちゃん:ガルマとどのように親交を深めていったのか、軍人としての才能を発揮し周囲に一目置かれる存在へと成長していく過程が描かれている。またバイザーの使用や後に繋がるエピソードの数々が盛り込まれており、内容的にも見応えのある3話だった。

”シャア・アズナブル”に成り代わるには本人をどうにかしなければならないわけで、彼を殺めるにしてもどうするのかと思ったら、なるほど。
直接自らの手は汚さず、しかし確実に・・・って実に姑息な手段を計算で実行しちゃう当たり、もはやあのシャアだなぁって。
既に目的の為に手段は択ばないってスタンスを固めていて、あくまでも最終目標に届くまでは決して急がず慌てず冷静にをもっとうに、常に全体を俯瞰して先を読み、目先のチャンスにもぶれたりはしない。けれどここぞというタイミングは逃さず、使えるものは何でも使い、悪魔の囁きで仲間をもあっさり陥れる。
もちろん学校では優秀で公明正大な学生を演じ、周囲の信望を集めてリーダー的存在に。また周到にガルマを手玉にとることで、ガルマの信頼を得、当たり前のように肩を並べる立ち位置を獲得。長期戦覚悟ながら着実に復讐の道を進み始めている。

モビルスーツ開発も着々と進行中。トップシークレットをあっさりシャアに喋っちゃうガルマお坊ちゃまが愛おしくなる。デギンパパのガルマ溺愛っぷりもお見事。実はこの親バカがギレンの野望の進行を少なからず遅らせていたのかと思うと、少しばかり微笑ましく見えてきたりもして。
また、後にドズルの妻となるゼナがシャアやガルマと同期生だったのには驚き。学年8位の成績というからかなり優秀な士官候補生。ドズルに懇願されて泣く泣くエリート街道を断念したのかな?ミネバは概ね母親似なんだね。
などなど、ちょいネタ的にザビ家のアレコレが沢山描かれているのが楽しい「THE ORIGIN」に思う。

それはそうと、シャアにそそのかされたガルマを筆頭にした学生たちの連邦軍に対する武装蜂起が「暁の蜂起」ということで、これが事実上「1年戦争」の発端ということだったけれど、そう考えると実はシャアの罪ってものすごく重いのでは?とか考えてしまった。

いよいよレイ親子がサイド7に移住し連邦のMS開発も本格化。次回で「シャア・セイラ編」は終了するけれど、引き続き「ルウム編」の製作が決定したとのこと。まだまだ楽しませてもらえそうでとても嬉しく思う。
とりあえず、秋公開予定の第4話「運命の前夜」を楽しみに待ちたいと思う。

|

« 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」みた。 | トップページ | 「スノーホワイト 氷の王国」みた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/63676984

この記事へのトラックバック一覧です: 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」みた。:

» 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III/暁の蜂起』(2016) [【徒然なるままに・・・】]
キャスバルがテキサス・コロニーを出て、ジオンへ入国しようとしているとの情報を得たキシリアは、密かにキャスバル暗殺を計画する。だがエドワウことキャスバルは、自分と瓜二つのシャアと入れ替わることで危地を脱し、シャアになりすまして士官学校へと入学する。士官学校では学科、実技ともトップの成績を残すシャア。ザビ家の末子ガルマにはそれが面白くない。が、やがて自分を特別扱いしないシャアに好感を抱き、信頼を寄せるようになる。しかし本物のシャアを知っていた同級生のリノは、旧友シャアのあまりの変貌ぶりに違和感を抱き、や... [続きを読む]

受信: 2016/06/03 19:42

« 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」みた。 | トップページ | 「スノーホワイト 氷の王国」みた。 »