« 「ヘイトフル・エイト」みた。 | トップページ | 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」みた。 »

2016/03/07

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」みた。

The_big_short

所謂”リーマンショック”はこうして起きた、であり、その経済破綻危機の兆候を察知し対応策を講じ実行した4組の実話をもとに描かれた映画。
けれど、” 華麗なる大逆転”とした邦題には少しばかり物申したい感じかなぁ~。結果として「出し抜いた」のは事実なのだろうけれど、そんな爽快なものじゃないよね。
あとは、勉強不足を痛感し反省。「CDO」と「CDS」の似た字面に混乱しちゃった。一応所々で簡単な例え話にした解説が入るので話の流れにはなんとかついて行ったって感じだけれど、説明しろと言われたら自信ないな。

「サブプライムローン」、「モーゲージ債」、「CDO(債務担保証券)」「CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)」、「空売り」、せめてこのくらいはちゃんと事前に勉強して理解しておくべきだった。
まさかこんな本格的な内容だとは思っていなかったわけで、ぼんやりとした頭を切り替えてダーっと進んでいく話に必死に食らいついていくって感じだった。
午前中の鑑賞が幸い。でもきっと経済的な部分で捉えられたのはイイトコ骨格くらいかなぁと。

実際に経済破綻を目の当たりにしている我らで、確かに、それでいいのかっていい加減なローンの仕組みだったり、権力に言い成りの格付け会社と評価だったり、本当はまったく無い価値を2重3重にして有るように見せかける商売だったり、「そりゃぁ破綻して当然だろっ」て嘆かわしい話に唖然となるばかりだったし、色々勉強にもなったけれど、愚かな人間は歴史を繰り返すのが大得意なわけで、禊が済んだらどうなるのか、今からなんだか恐ろしくもなった。

4組は先手を打ったことで巧く危機を乗り切りったどころか、逆に大儲けした事実は事実かもしれないけれど、やはり、それに有頂天となった若いトレーダー達をブラット・ピットが「破綻を喜ぶな。それがどういうことなのか、世の中が、影響を受けた人々がどうなるのかを考えろ。」というようなところを指摘し、一喝したところが印象深い。

とにかく、映画をどれだけ理解できたかは微妙なのだけど、やがて敵は手を変え品を変えて襲ってくるものと、「ウマイ話には裏がある」と「タダほど高いもの無し」と危機管理意識を高め、目先の利益にとらわれず、勉強すること熟考することの大切さを忘れないようにしたいと思った。

好感度:★★★++

内容にも興味はあったけれど、キャストにつられたところも大きいミーハーではやっぱ難しいわ。

|

« 「ヘイトフル・エイト」みた。 | トップページ | 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」みた。 »

コメント

やはり問題は邦題ですよね…
“華麗なる大逆転”って、誰も大逆転していなかったような気がします。
利益は出たけれど、全く嬉しがっていませんでしたよね。

経済用語が飛び交いまくりで、ついていくのに必死でした。
何となく解ったけれど、私も誰かに説明するのは難しそうです(苦笑)

投稿: BROOK | 2016/03/07 20:00

こんにちは。

解説のタッチは軽めで頭には入りやすいけど、専門用語の知識、「CDO」と「CDS」はどっちがどっちか即座に理解できませんから分かりづらいものは残りましたね。
(苦笑)
全体的に切り口や見せ方は面白かったです。
ほんと、華麗でもなければ大逆転でもない。
痛快をイメージさせるようなミスリードは、作品にも失礼かと思いますけどねー。

投稿: オリーブリー | 2016/03/14 17:06

■BROOKさん、こんにちはsun
勝ち組が結果を出す(破たんするまで)2年かかっていると思えば支払った利息も膨大だし、たしかに逆転なのかもしれませんが、後味のよい話でもないのでそれを前面に押し出す映画の宣伝はどうかって感じですよね。

経済学、基本知識くらいは知っておいた方がいいのかな?って少し思ってしまいました。

投稿: たいむ(管理人) | 2016/03/15 08:49

■オリーブリーさん、こんにちはsun
ギャンブルで例えるとか噛み砕いた例え話は解りやすくて面白かったですね。
ただ、ほんと、「CDO」と「CDS」は解説から違いは判っていても、字幕をおってるだけの素人には会話の内容が即座に理解できないの。

>痛快をイメージさせるようなミスリード
ほとんどがダメージを受けた実話。
銀行とかは自業自得なのかもしれないけれど、良くないほうに掛けて勝つって葛藤のある話なのだしもう少し配慮があっても良かったかと。

投稿: たいむ(管理人) | 2016/03/15 09:01

4組が途中から協力して、悪行横行していた
銀行に一泡食わせるみたいな。。。。。予告イメージだったもんで、やっぱり、あの邦題に騙された感がありあり(;´・ω・)
それにしても、サブプライムのころに、いろんな情報が入ってきて(NEWSとかで)けっこう見てたんですが、格付け会社の話は驚きでした。
いろいろ勉強になる映画ではありました!

投稿: mariyon | 2016/03/20 10:11

■mariyonさん、こんにちはsun
タイトルも宣伝も、内容をぼかした客寄せ重視って感じでイメージ違いを感じるものでしたよね。

勉強にはなったけれど、まだまだ勉強不足なんだろうなぁってつくづく感じます。。

投稿: たいむ(管理人) | 2016/03/22 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/63312693

この記事へのトラックバック一覧です: 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」みた。:

» 劇場鑑賞「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 [日々“是”精進! ver.F]
ピンチは最大のチャンス… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603040000/ 【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】世紀の空売り 世界経済の破綻に賭...価格:950円 【楽天ブックスならいつでも送料無料】世紀の空売り [ マイケル・ルイス(ノンフィク...... [続きを読む]

受信: 2016/03/07 19:58

» マネー・ショート 華麗なる大逆転 [心のままに映画の風景]
2005年、アメリカ。 風変りな金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、格付けの高い不動産抵当証券に、信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。 しかし、好景気に沸くウォール街で彼の予測に耳を傾ける者など一人もいなかった。 そこでマイケルは、“クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)”という金融取引で、バブル崩壊...... [続きを読む]

受信: 2016/03/14 16:54

» マネー・ショート 華麗なる大逆転/THE BIG SHORT [我想一個人映画美的女人blog]
「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を ウィル・フェレルの「俺たち」シリーズのアダム・マッケイ監督で映画化 この監督の映画好き 「俺たちニュースキャスター」「タラテガナイト」「俺た...... [続きを読む]

受信: 2016/03/16 11:41

» マネー・ショート 華麗なる大逆転 [映画的・絵画的・音楽的]
 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のアカデミー賞脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、まず「実話に基づく(based on a true story)」との字幕が出て、さらに「どんなに...... [続きを読む]

受信: 2016/03/29 21:06

« 「ヘイトフル・エイト」みた。 | トップページ | 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」みた。 »