« 「コードギアス 亡国のアキト -最終章-愛シキモノタチヘ」 | トップページ | 「キャロル」みた。 »

2016/02/11

「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」

Photo_2

小野不由美原作のホラー作品の映画化。
この原作は未読。小野ホラーは後味の気持ちが悪さが苦手で、(『十二国記』シリーズは大好きなのだが)、相棒がどうしてもというので付き合いで鑑賞。
結果、案の定。
でも、無関係と思われた断片がいつしか繋がりをみせ、パズルのピースが嵌っていく過程は面白かった。
不意打ちと如何にもなお化け、カメラワークで恐怖を煽るホラー作品は苦手だけど、正攻法というのか、こんな感じならミステリ好きでホラーが苦手な人でもなんとか行けるのではないかと思えるものだった。

まぁタイトルどおりで、残された「穢(けが)れ」(=死者の怨念)が、現代に良くない影響を及ぼすというホラーの定番ではある。

引っ越してきたマンションの部屋で度々畳を擦るような音がする。不気味に思って近所に話を聞けば、その部屋の住人の回転は速く、また他の部屋でも似たような現象があったりなかったりとの噂はあるという。そこで事故物件かと問い合わせてもマンションでの事故・事件は皆無との回答。
ならばマンションが建つ以前の土地に何かあるかと調べを進めてみれば、かつての住人が曰く付きで、当時の異変がポツリポツリと判明していく。
さらに紐を手繰りよせれば出るわ繋がるわ、事の根深さに驚愕することになる。

結果、実話だという怪談を追求していくうちに自分も巻き込まれてしまいました、で終了。
オチはなんとなく想像できてはいたものの、いやな予感が的中するのはやっぱり心地が悪い。

主演の竹内結子さんが”リアリスト”なホラー作家を淡々と演じてくれるので見やすかったように思う。話を持ち込んだ女子大生役の橋本愛さんも、必要以上に怖がって見せたりしないのが良かったし、途中から絡む佐々木蔵之介さんが絶妙。

自分は2度は見ないと思うけれど、これならミステリ感覚でオススメできるホラー作品に思った。

好感度:★★★★

|

« 「コードギアス 亡国のアキト -最終章-愛シキモノタチヘ」 | トップページ | 「キャロル」みた。 »

コメント

ホラーというよりはミステリー色が強い作品でしたよね。
ところどころに恐怖シーンはあるものの、そんなにビクッとする感じでもなく…。

劇中はなんてことなかったのですが、
観終わってから、ちょっと音が気になるようにはなりました(苦笑)

投稿: BROOK | 2016/02/11 13:33

■BROOKさん、こんにちはsun
そうなんです。
ホラーというよりはミステリーでしたね。

>ちょっと音が気になる
ああ、それ、分かります。
畳はないけど、深夜、自動製氷機のガラガラって音にもびくつきましたよ(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2016/02/11 22:50

たいむさん☆
私、この映画は見てないのですが原作読んだんです~
原作も『怖くないと思えばちっとも怖くない』というスタンスで、でも『怖くなりはじめるとめっちゃ怖い』っていうところが面白かったですね☆
彼女の作品、後味悪いですか~~??
うちの娘は小学生のころから『十二国記』シリーズと『屍鬼』大好きでバイブルのようにして何百回も読んでいたので、本がもうボロッボロです(笑)
人が「恐ろしい」と感じる『もの』の方に気持ちを寄せて書いているところが私は好きです~~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016/02/12 11:27

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
後味っていうと語弊があるかもですね~
基本、ホラーは苦手なんで。

で、私はその『屍鬼』の途中経過がダメだったんですよねぇ。そのまま途中放棄したから微妙な後味になってしまったかもしれません。
あと旦那さんの作品も感覚的に混ざってるかも。

裏を返せば・・・みたいなところは私も好感を持っていますが。

投稿: たいむ(管理人) | 2016/02/12 19:39

こんにちはー

面白そうなホラーなので楽しみにしてました。
怖さはあまりなかったんだけど、あのCGみたいに這ってくるアレをなんとかしてほしかった 笑
ああいう風にされるとちょっと興ざめ。
演出はなかなかだったので引込まれました☆

投稿: mig | 2016/02/19 12:14

あ、CGみたいに、じゃなくてCGの。の間違いです 笑

投稿: mig | 2016/02/19 12:14

■migさん、こんにちはsun
とくに最後のアレですか(^^;
私も、あーゆーのがないところが良いいなって思ってました。
空気とか勝手な想像で感じる恐さがやっぱ一番。
でも、うん良い感じのホラー(意味不明)でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2016/02/23 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/63190545

この記事へのトラックバック一覧です: 「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」:

» 劇場鑑賞「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」 [日々“是”精進! ver.F]
“穢れ”に、触れたら… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602020000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】残穢 [ 小野不由美 ]価格:637円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2016/02/11 13:31

» 残穢 ざんえ ‐住んではいけない部屋‐ [我想一個人映画美的女人blog]
小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を 「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督が映画化。 部屋でする、着物をひきづるような音。それは、はじまりにすぎなかった。 小説家の「私」に、読者である 女子大生の久保さんから届いた...... [続きを読む]

受信: 2016/02/19 12:12

» 残穢―住んではいけない部屋― [映画的・絵画的・音楽的]
 『残穢―住んではいけない部屋―』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)竹内結子と橋本愛が出演するというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、「Mさんが未だ小学生だった時のこと。九州にあるKさんの家に泊まったことがあった。小さな家だった」と、語...... [続きを読む]

受信: 2016/02/22 06:54

» 『残穢 住んではいけない部屋』を丸の内ピカデリー1で観て、心霊実話テイストの到達点だふじき★★★★(ネタバレ的) [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★この年になって心霊実話テイストで長編映画を見れるなんて思いもしなかった。内部に『呪怨』を取りこもうとしている攻撃的な内容が凄い】 原作未読。 ... [続きを読む]

受信: 2016/02/23 22:19

» 「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」第28回東京国際映画祭 [ここなつ映画レビュー]
コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、怖さの内容が謎解きの体で解かれて行くので、引き込まれる。いやー、流石。ジャパニーズ・ホラーは「わーっ‼︎」や「きゃーっ‼︎」だけじゃないのよね。監督・中村義洋、原作・小野不由美。これだけでもホラーファンには頭の中に金字塔が立つのだと思う。制作過程で、どうしたらより観客を怖がらせることができるのか?を追求... [続きを読む]

受信: 2016/02/26 17:26

» 残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐ [だらだら無気力ブログ!]
コレはコレで結構怖い。 [続きを読む]

受信: 2016/02/28 22:46

« 「コードギアス 亡国のアキト -最終章-愛シキモノタチヘ」 | トップページ | 「キャロル」みた。 »