« 引っ越し作業、ほぼ完了。 | トップページ | 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア」みた。 »

2015/11/06

「ミケランジェロ・プロジェクト」みた。

The_monuments_men

ジョージ・クルーニー監督×脚本×主演、そしてマッド・デイモンも出演しているこの映画。理由は知らないけれど、日本での公開が大幅に延期されてしまったものだけに、無事に公開されて喜んでいる。
第2次世界大戦終盤、ナチスに略奪された美術品の奪還作戦が描かれた、分類としては戦争映画。とはいってもいわば斜め後ろで活躍していたチームのお話。”オーシャンズ”っぽい軽さもあって見やすい映画で、面白かった。

邦題を原題である「Monuments Men(モニュメンツ・メン)」にしなかったのは、マーベル作品等のヒーローものと誤解されないためへの配慮かな?内容を鑑みると十分彼らも”英雄”に値するものに思えるけれど、直訳だと確かに勘違いされかねないか。

第2次世界大戦時、ナチス・ドイツによって名だたる美術品が略奪されたことは薄ら知識として知っていたけれど、”モニュメンツ・メン”の存在はもちろん、どのように奪還したのか、どのくらいの数だったのか、どのような名作がそこに含まれていたなどは全く知らなかった。
聴けば奪還に成功した作品数は約400万点で、そこには「最後の晩餐」「モナ・リザ」「ひまわり」など、誰もが知っているような作品が含まれていたというから驚いた。それだけでも現在の価値にしてスゴイことになるのに、全部となると想像を絶する額になることだろう。

上層部には美術品の保護の必要性を軽んじられながらも、命をかけてでも奪還に取り組んだ”モニュメンツ・メン”。
果たして、人の命と美術品、どちらが大切なのか。作中でも度々天秤にかけられている。

それはもちろん命の方が尊いけれど、人は戦争において何のために戦っているかといえば、自分たちの生活を守る為であり、とどのつまりは”文化”を守る為ということになる。ならばそれらの礎ともいえる美術品の喪失は何を意味するのか?と問われれば言葉に詰まってしまうことだろう。(一つの文明・文化が消え去ってもまた新たなるそれらを人間はつくりだすとも言えるんだけどね)。
ただ実際に奪還作戦の途中にメンバー2人が命を落としている。彼らは文字通り命を懸けて彼らの文化を守ったわけであり、それだけの価値はあったのだと私も思いたいとは思う。

そんなこんなでシビアな面もあるけれど、どちらかといえばライトな映画。一応軍人として奪還任務にあたった”モニュメンツ・メン”は一般兵士に比べて2周りも3周りも高齢なチームであり、美術オタクが揃っているだけに、スマートに行かなかったり、ベテランの機転であったりのコミカルなシーンが多用されている。また音楽も軽い。

キャストの豪華さはもちろんだが、ノルマンディ上陸作戦後の浜辺とか、レマゲン鉄橋とかがさらりと登場するなど、別視点・別角度からとらえた作品として新鮮で面白いものだと思った。

好感度:★★★★

ナチスの美術品略奪から戦後処理としては、『黄金のアデーレ』の公開が間近。こちらも楽しみ。
ソ連の話は触れる程度で精いっぱいなのかな?とかも思うけど。

|

« 引っ越し作業、ほぼ完了。 | トップページ | 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア」みた。 »

コメント

たいむさん☆
今回のこの邦題はナイスでしたね。
戦時中強奪された絵画を取り返す話は前にもあったように思うのだけど、400万点も奪還しただなんて凄い話、今まで全く知らなかったのでびっくりしました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015/11/09 14:27

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
「モニュメンツ・メン」に知名度があればそのままでも良かったのでしょうけど、私も含めてその存在を初めて知ったって日本人は多そうですよね。
そう思うと、なかなか良い邦題でしたね。

>400万点
名作だけでなく、手当たり次第に回収してた感じ?そんなにどうしたかったのでしょうね、ヒトラーは。


投稿: たいむ(管理人) | 2015/11/09 15:17

全く知らない実話だったので、
とても興味深く鑑賞することが出来ました。

ノルマンディー上陸シーンやバルジの戦いのシーンでは、
「プライベート・ライアン」や「バンド・オブ・ブラザース」が脳裏に浮かんで来たりと♪

たしかにオーシャンズっぽかったですよね。
最後まで楽しんで鑑賞出来る作品だと思います。

投稿: BROOK | 2015/11/10 16:27

■BROOKさん、こんにちはsun
日本史もまだまだですが、世界史はもっともっと知らないことがいっぱいですね。
軽めに作られていましたが、立派に戦争の爪痕を強く感じる映画でした。

色々な戦争映画と合わせて見たくなりますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/11/11 15:57

文化を守るのは価値のあることですね。
今作、別視点から過去の戦争映画を思い出し、美術品はユダヤ人救出と同じような観点でした。
でまた、ヒトラーをますます嫌いになりました(苦笑)

投稿: オリーブリー | 2015/11/12 15:28

■オリーブリーさん、こんにちはsun
美術品のような文化はもちろんですが、日本の職人技も絶やして欲しくないと思います。
それだけの価値があると思いますし。

ヒトラーって何なんですかね?
大昔に「知ってるつもり」という偉人や有名人の生涯を紹介する番組がありましたが、もう一回ヒトラーの回とか見て観たいかも。
これほどまでに同情の余地すら感じられない故人も珍しいかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/11/12 18:13

こんにちは。

普段額縁に入り頑丈にガードされている作品達、
額縁を外すと、とってもかよわい姿になっている事に、
いまさらながら気付き、
守って受け継いでくれてありがとう、と思った映画でした。

民家で、これ本物ですね!な場面、萌えました。
さすがプロフェッショナル!。

投稿: みぃみ | 2015/11/13 15:23

■みぃみさん、こんにちはsun
絵って布とか紙に書かれているんですよね、本当は。
机代わりになっていた教会の名画も恐れ多いというか、恐いもの知らずというか。

いろいろビックリな事実を知ることが出来てありがとうという感じでもありました。

価値観の問題はあれど、やはり文化は守りたいですよね、これからも。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/11/16 15:47

こんにちは。
助かった美術品はありがたいことでした。
たとえ無傷だったとしても「総統美術館」で見るものじゃあないですしね。
ミケランジェロの聖母子像などは、やはり礼拝堂にあるからこそ感動するのだという気がします。

投稿: ここなつ | 2015/11/27 13:23

■ここなつさん、こんにちはsun
こんなにもたくさんの美術品が救済されていたとは驚きでした。
名品だけでなく、手当たり次第というのも酷い話です。

ほんと宗教的なものはそういう場所にあってこそ、ですね~

投稿: たいむ(管理人) | 2015/11/27 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/62625613

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミケランジェロ・プロジェクト」みた。:

» ミケランジェロ・プロジェクト [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(F) 芸術のエキスパートは泥棒には向いてない。 [続きを読む]

受信: 2015/11/07 23:32

» ミケランジェロ・プロジェクト [心のままに映画の風景]
第二次世界大戦末期のヨーロッパ。 ヒトラーの命を受けたナチスドイツは、侵攻した各国で数々の歴史的名画や彫刻の略奪を繰り返していた。 これに危機感を募らせたハーバード大学付属美術館の館長ストークス(ジョージ・クルーニー)は、ルーズベルト大統領を説得し、美術品や歴史的建造物を保護する部隊“モニュメンツ・メン”を結成する。 中世美術に精通したグレンジャー(マット・デイモン)や建築家キャン...... [続きを読む]

受信: 2015/11/08 19:38

» 「ミケランジェロ・プロジェクト」 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
魅力的な題材なのだ。 今までかつてクローズアップされてこなかった分野である上に、戦争賛美にならずに堂々と戦士を称えることもできるし。 こんなにワクワクする作戦が成功をほぼ納めて、爽快な映画なはずなのだけど・・・・... [続きを読む]

受信: 2015/11/09 14:16

» ミケランジェロ・プロジェクト [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
もっと痛快なアクションが見られると思ったけど、地道な調査活動が丁寧に描かれていた。ケイト・ブランシェットの存在感が際立っていた。もう少しメリハリがあればよかった。 [続きを読む]

受信: 2015/11/09 23:13

» 劇場鑑賞「ミケランジェロ・プロジェクト」 [日々“是”精進! ver.F]
人の命と美術品の価値… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201511100000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ミケランジェロ・プロジェクト (上) ナチスから美術品...価格:907円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ミケランジェロ・プロジェクト ...... [続きを読む]

受信: 2015/11/10 16:23

» ミケランジェロ・プロジェクト [風に吹かれて]
命がけで守られた美術品たち 公式サイト http://miche-project.com 実話に基づく物語 原作: ミケランジェロ・プロジェクト ナチスから美術品を守った男たち (ロバート・M・エドゼ [続きを読む]

受信: 2015/11/12 16:01

» 映画:「ミケランジェロ・プロジェクト」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成27年11月13日(金)。 映  画:「ミケランジェロ・プロジェクト」。 監  督:ジョージ・クルーニー 脚  本:ジョージ・クルーニー/グラント・ヘスロフ 原  作:ロバート・M・エドゼル キャスト: フランク・ストークス:ジョージ・クルーニー …... [続きを読む]

受信: 2015/11/13 15:13

» ミケランジェロ・プロジェクト [だらだら無気力ブログ!]
ま、面白かったけれど、微妙。 [続きを読む]

受信: 2015/11/16 00:16

» ミケランジェロ・プロジェクト [風に吹かれて]
命がけで守られた美術品たち 公式サイト http://miche-project.com 実話に基づく物語 原作: ミケランジェロ・プロジェクト ナチスから美術品を守った男たち (ロバート・M・エドゼ [続きを読む]

受信: 2015/11/17 08:53

» ミケランジェロ・プロジェクト [映画的・絵画的・音楽的]
 『ミケランジェロ・プロジェクト』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)ジョージ・クルーニーが監督・主演の作品だということで見に行きました。  本作(注1)の冒頭では、「Based on a true story」のクレジットが映し出された後、ベルギーのヘントの大聖堂の中。ファ...... [続きを読む]

受信: 2015/11/24 07:32

» 「ミケランジェロ・プロジェクト」 [ここなつ映画レビュー]
真面目に、丁寧に作られた作品。事実を基にして作られているが、戦時下という特殊性と、芸術を守るという崇高なテーマの下、かなりドラマチック。事実は小説よりも奇なり、の正にそれである。ナチスによって各国・各家庭から奪われた美術品を、永遠に失われる前に取り戻すプロジェクトが、第二次世界大戦終戦間近にアメリカ合衆国の手により行われた。派遣されたメンバー彼らこそ「THE MONUMENT MEN」(原題)。「戦争」により、多くの人の命が奪われる中で、国土や人命ではなく美術品を奪還するという目的は、理解・共感を得... [続きを読む]

受信: 2015/11/27 13:21

» 『ミケランジェロ・プロジェクト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ミケランジェロ・プロジェクト」□監督・脚本 ジョージ・クルーニー□原作 ロバート・M・エドゼル□キャスト ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、       ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャ...... [続きを読む]

受信: 2015/11/29 07:59

» 映画「ミケランジェロ・プロジェクト」 [FREE TIME]
映画「ミケランジェロ・プロジェクト」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2015/12/01 00:28

» ミケランジェロ・プロジェクト [象のロケット]
第2次世界大戦末期、ナチスは侵攻したヨーロッパ諸国で、美術品や重要文化財を次々と略奪していた。 米国ハーバード大学付属美術館の館長ストークスは、ルーズベルト大統領を説得し、特殊部隊「モニュメンツ・メン」を結成する。 彼らの任務は略奪された美術品を奪還し、元の持ち主に返還することだった。 ところが、敗北を悟ったヒトラーは、強奪した美術品の破壊を決断する…。 歴史サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2015/12/01 17:02

» ミケランジェロ・プロジェクト [とりあえず、コメントです]
第二次世界大戦中に美術品を守るために活躍した美術専門家たちの姿を描いた作品です。 ジョージ・クルーニーがまた仲間たちを集めて楽しそうな映画を創っているなあと気になっていました。 軽快な音楽と共に描かれる物語は、全てを破壊しようとする戦争の恐ろしさと文化の大切さを伝えてくれました。 ... [続きを読む]

受信: 2015/12/05 13:08

« 引っ越し作業、ほぼ完了。 | トップページ | 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア」みた。 »