« 「コードギアス 亡国のアキト -第4章- 憎しみの記憶から」みた。 | トップページ | 「HERO」みた。 »

2015/07/18

「バケモノの子」みた。

Bakemononoko

細田守監督の異世界とリアルが交差したファンタジー作品。、
『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』は監督の結婚やお子さんの誕生など私生活における変化が作品に大きな影響を与えたという話だったけれど、今回は自身の”父親”としての成長とか自覚からくるものなのかな?
絆の物語は良いのだけれど、細田色が薄れて作風がジブリっぽくなってしまうのはイヤだなぁ。

物語をざっくりまとめると、舞台は人間の世界と化け物の世界が並行して存在している渋谷の街。母親を突然の交通事故で亡くし、ぽっかり胸に穴をあけてしまった少年:蓮(九太)は、偶然にも必然にもバケモノの世界に迷い込み、武闘家の熊徹と出会う。そして紆余曲折のはて2人は師弟関係を結び、仲良く喧嘩しながらお互いの足りないものを補いあうかのように暮らし、いつしか8年歳月が流れていた。しかし、17歳になった九太が「蓮」に戻って人間世界へとの行き来をはじめたことで、人間とバケモノとの価値観の違いから2人の関係にヒビが入ってしまう。さらにバケモノ界での世代交代が事態をより混乱させ、人間界にまで多大な影響を及ぼすことになる…といった感じで、成長の物語であり、父と息子の絆の物語になっている。

ちゃんとグッとくるし、テーマも伝わってくるのだけど、雰囲気的には『千と千尋の神隠し』と『もののけ姫』を混ぜた感じといった印象。決して悪くはない、良いうちに入るのだけれど「無難」と感じた。
少年期は丁寧だったが青年期に入ってからバタバタし始めてしまった。その分ドラマは上っ面に流れ、アチコチでご都合主義が発動、唐突感を見せ始める。

一郎彦のことはともかく、チコの正体もまぁ良しよしても、どうしてもツッコミたいのは何故『白鯨』??
『白鯨』だけに込められたモノは解らなくはないが、せめて母親あるいは父親が好きだったとか、アニメを見ていたとか、それらしい理由の片鱗があったら良かった。どう考えても9歳から無学の少年がイキナリ手に取る本じゃない。

まぁそれはそれとして、『サマーウォーズ』での”キングカズマ”よろしく、熊徹や九太のアクションシーンは見応えがあった。宗師さまがウサギっぽいところは嬉しかったし。

「無難」に老若男女が楽しめるアニメ作品。あまりジブリ化せずに次回作も頑張って欲しい。

好感度:★★★★(オマケ)

名だたる女優・俳優の声優起用は悪いとは言わないし、今回はとても上手かった方だと思うけれど、どうしても中の人が透けてしまうのが困りもの。

|

« 「コードギアス 亡国のアキト -第4章- 憎しみの記憶から」みた。 | トップページ | 「HERO」みた。 »

コメント

たしかにちょっとジブリ色が強くなった感がありますよね。

展開は胸熱くなる感じで最後まで楽しめました♪
アクションシーンも見応えがあったと思います。

声優陣については、どうしても顔が浮かんできてしまいました…。

投稿: BROOK | 2015/07/18 13:50

こんにちは~。

宗師様の極めっぷり、よかったです~~。
彼に見守られた熊徹が次は九太に繋いでいくのは命の育み見ているようでほっこり。
恩と愛情を描いてある部分は、泣きそうになりました。

白鯨は謎ですね(^w^)。

卵ご飯とお大根 食べたくなりました(^^)。

投稿: みぃみ | 2015/07/19 10:00

■BROOKさん、こんにちはsun
ジブリとは少し違った感じが好きでしたが、「おおかみ・・」あたりから近くなってきた感じです。

アクションシーンはとても良かったです♪

投稿: たいむ(管理人) | 2015/07/20 08:30

■みぃみさん、こんにちはsun
宗師様、ナイスキャラでしたね♪熊徹が彼だけには頭が上がらないところも可愛かったし。
血の繋がりの有無に関わらず、親子愛、師弟愛って素敵でカッコよいって思います。

生卵ご飯は私も苦手なので、うぇ~ってなる九太に気持ちが良く分かりました(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2015/07/20 08:42

細田作品で、一番泣いたのはもちろん、おおかみこども・・
面白かったのはサマーウォーズ。
でも、この作品のできは、すごぶる良い気がしました。
個人的な好き嫌いで言えばちょっと違うけど、子供、特に少年の成長と言う意味では、観る人によってぜんぜん違う気がします。大人の目からみると、九太のバケモノ世界は、彼の精神世界のような気がして、そこから無理なく戻ってきたところに、少年の成長を感じたりします。
小学生なら単純に戦い場面を楽しんでほしいし、反抗期の中学生ならどんなふうに育っても、自分の居場所は無くならないと感じてほしい。
小中学生にこそ観てほしい気がしました。
宮崎作品ではどうしても悪意を感じる親の描き方も、とても普通なのがいいです。

投稿: mariyon | 2015/07/25 18:33

■mariyonさん、こんにちはsun
良い作品でしたね。
アニメ版「ベストキッド」かと思いきや、複雑な事情も絡めてあって、子供から大人まで楽しめる作品に仕上がってました。

個人的には、監督はクジラが好きだなぁ~とか、ウサギが好きだなぁ~とか、雑念もチラホラよぎってましたけど(^^;

ちなみに私は「サマー・・」が一番好きかなぁ。
「おおかみ・・」はやっぱ後味がちと切ないですもん。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/07/26 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/61906473

この記事へのトラックバック一覧です: 「バケモノの子」みた。:

» 劇場鑑賞「バケモノの子」 [日々“是”精進! ver.F]
意味は、自分で見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201507110000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子 オリジナル・サウンドトラック [ 高木正勝 ]価格:2,700円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】バケモノの子(1) [ ...... [続きを読む]

受信: 2015/07/18 13:45

» バケモノの子 試写会TOHOシネマズくずはモールにて。 [ペパーミントの魔術師]
パスポート期間中なんですが、試写会あたりました。イェ〜イ!!!!! 7月2日にくずはで見てまいりました〜(^-^)/ 渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、 バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く...... [続きを読む]

受信: 2015/07/21 16:30

» 『バケモノの子』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「バケモノの子」□監督・脚本 細田 守□キャスト(声の出演) 役所広司、宮?あおい、染谷将太、広瀬すず■鑑賞日 7月17日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 細田監督が『おおかみ...... [続きを読む]

受信: 2015/07/29 21:39

» バケモノの子 [映画的・絵画的・音楽的]
 『バケモノの子』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)細田守監督による『サマーウォーズ』が面白かったので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗い画面に炎などが見える中、「昔、ほんのすこし前の出来事。10万のバケモノを束ねる宗師の卯月が...... [続きを読む]

受信: 2015/07/31 22:12

« 「コードギアス 亡国のアキト -第4章- 憎しみの記憶から」みた。 | トップページ | 「HERO」みた。 »