« 「チャッピー」みた。 | トップページ | 「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(Pert1)」みた。 »

2015/06/04

「あん」みた。

An

樹木希林さんを見に行った。
さすがは希林さんというものだった。
そして市原悦子さんが見事にとどめを刺してくれた。

優しくて厳しい、厳しくて温かい、奥深い映画だった。

ハンセン病元患者への差別と偏見を扱っている作品。
ハンセン病を扱った作品でまず思い出すのは松本清張の『砂の器』であり、それによってハンセン病についての知識は多少なり得ている。『砂の器』は昭和30年代に書かれた小説。近年でも映画やTVドラマで何度となく映像化されていることもあり、ハンセン病と元患者に対する世間の理解はもう少し進んでいるものだと思っていたのだけど、この映画から、「そうでもないのか?」と愕然となった。

人間は、大多数の一部であることに安堵し、根拠のないフツウを重んじる生き物。同じでないモノ、フツウでないモノを排除したがる生き物。
それがすべて悪いとは言わないし、そんなものに左右されるなとまでは言わないけれど、「無知は時として罪になる」ということくらいは知っておくべきなのだと、この手の作品を観るといつも思う。

”あん”の美味しさから行列が出来るようになったどら焼き屋。その”あん”を元ハンセン病患者が作っていると噂が広まると、ぱったり客足が途絶えてしまうどら焼き屋。
なんてあからさまな世間の反応だろう。
道徳を持ち合わせている一般の人々は、それを酷い事だと感じるだろう。
けれど病気について理解していても、噂が広がったこのどら焼き屋に通い続けることが出来るだろうか?美味しいからと友人・知人へのお土産として購入することが出来るだろうか?
「はい」と即答する人がどれだけいるか。きっとほとんどが言葉に詰まるだろう。何かしらの言い訳を考えるだろう。

世の中は、一筋縄ではいかない。
この映画からは、怒りや憤りというよりも、そんなどうしようもないモノに対するもどかしさを感じた。けれど、諦めているということではなく、努力は続いている、ということなのだと思う。

世間の無理解に苦しみながら、それでも逞しく明るく生きた徳江さん。希林さんの名人芸から、とても自然に受け取ることができた。

好感度:★★★★

無理解者の代表のようなオーナー夫人役の浅田さんも憎らしくってとても良かった。

|

« 「チャッピー」みた。 | トップページ | 「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(Pert1)」みた。 »

コメント

たいむさんおはようございます♪TB&コメント有難うございました♪

ハンセン病に関しては自分の周りに患者さんがいませんし、それこそ本作のような映像・または書籍などから得た情報のみなので実際の現状は分からないものの、それでも本作から垣間見るハンセン病に対する世間の無知と無理解がもたらす偏見の類は酷いし少し怖いなとも思いましたね。
あんなに評判の良かったどら焼き屋なのに、店員が病気持ちなんじゃないかと聞くと途端に閑古鳥・・。端から見れば憤りを覚えますけど、ただ自分も病気の詳細を何も知らず同じ立場だったらどうだろうか・・と考えさせられてしまう部分もありました。確かにもどかしいですよね。自分なら絶対そういう差別はしない!って断言出来るかと言えば、正直自信が無いですから・・(汗


あと希林さんはやっぱり凄かったですね。永瀬さんと普通に自然にやり取りしてる感じでもあったので、あんまり演技してるって風に見えなかった気がしますw

投稿: メビウス | 2015/06/06 08:54

■メビウスさん、こんにちはsun
良い映画でしたね。
この手の作品は偽善的な感想になりがちなのであまり書きたくなかったのですけど、放置もしたくない感じで。

希林さん、素晴らしかったです。
客はやたら平均年齢が高かった気がしましたが、自分もそろそろ仲間入り?とか思ったり。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/06/09 16:14

いろいろと考えさせられる作品になっていました。

ハンセン病患者への差別…
無知の恐ろしさ…

それらを踏まえつつも、
何とも清々しいラストへ♪

とても素敵な映画に出逢えたと思います。

投稿: BROOK | 2015/06/17 16:49

■BROOKさん、こんにちはsun
決して面白い作品ではないので、若い人にはなかなか勧められませんが、いつか自ら思い立つ日が来るんじゃないかと思ったり。自分がそうだったし。

つつましく押しつけがましくもないけれど、メッセージが膨大にこめられた映画だと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/06/17 17:58

たいむさん☆
ハンセン病をテーマにした重たくなりがちな問題でありながら、明るく希望に満ちていて、心が軽くなってくる見事な映画でしたね。
それでも伝えたいことをしっかり伝えてくる。

最近はSNSですぐに無責任な噂が飛び交う時代です。
深く考えずにリツイートしていくことが噂を広める一因でもあることを改めて考え直してみたいと思いました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015/07/25 22:58

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
この病気をはじめ公害病やらアスベストがらみやら震災での原発問題も含め、今となっては訴訟や裁判での結果をニュースで見るくらいしかない第3者。それですら結局「最後は金目でしょ」という目でみてしまいガチですが、ソコではないところを見せてくれる優しい映画でした。

いろいろ難しいことなのですが、無知と無責任の意味と代償をしっかりと受け止めなければと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/07/26 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/61698612

この記事へのトラックバック一覧です: 「あん」みた。:

» あん [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。そのお店の常連である中学生のワカナ。ある日、その店の求人募集の貼り紙を見てそこで働くことを懇願する一人の老女、徳江が現れ、どらや...... [続きを読む]

受信: 2015/06/06 08:53

» 劇場鑑賞「あん」 [日々“是”精進! ver.F]
生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別) ... [続きを読む]

受信: 2015/06/17 16:48

» [映画『あん』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老女...... [続きを読む]

受信: 2015/06/18 05:29

» 日のあたる場所、月との約束。〜「あん」〜 [ペパーミントの魔術師]
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね〜。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...... [続きを読む]

受信: 2015/07/02 09:59

» 『あん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> あることが...... [続きを読む]

受信: 2015/07/10 08:26

» 「あん」☆行間の美 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。 [続きを読む]

受信: 2015/07/25 22:58

« 「チャッピー」みた。 | トップページ | 「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(Pert1)」みた。 »