« 「駆込み女と駆出し男」みた。 | トップページ | 「ハケンアニメ!」(著)辻村深月 »

2015/05/26

「蟲師 (特別編) 鈴の雫」みた。

Musisi

原作は漆原友紀の『蟲師』で、原作コミックの最終巻(10巻)最終話として収録されている「鈴の雫」をアニメ映像化したもの。
とにかく原作を厳密に踏襲し、雰囲気つくりから音と音楽にこだわり抜き、アニメとして昇華させた長濱博史監督渾身の作品。
特別編が劇場で上映されるのは初。同時上映の「棘のみち」を含むこれまでの特別編3編はTVで放送されていたのだが、前後編の長編となった原作を分割することなく観て欲しいという監督の強い思いから劇場公開が実現されたとのこと。
その思いは伊達じゃなく、とても素晴らしい作品だったと思う。

このシリーズは何から何まで独特の世界観で出来ているので、かいつまんで説明できるものではないのだけれど、ごくごく簡単に言えば、本来関わることのない”ヒト”と”蟲”とが稀に接触してしまった時に起こる様々な事象から、人間の深いドラマが描かされている。

原作の感想で書いたことだが、『蟲師』のお話には関わる蟲の種類・特性から、自己犠牲系(家族愛タイプ)・再生系(自然の掟・自浄作用・守護タイプ)、特殊能力系(寄生タイプ)、現象系(ナガレモノ:共生タイプ)、天罰系(自業自得タイプ)等がある。今回の「鈴の雫」も「棘のみち」も自己犠牲系で、胸が締め付けられるような切ない話。けれど、決して暗い気持ちをだけを引きずってしまうようなものではなく、どこか希望のようなものが感じられ、優しく温かい余韻を感じて終わることが出来るようなものになっているところが素晴らしいと思っている。

とにかく、うまく説明できないので「観てみて」としか言いようがない。世界観はファンタジーだとしても、人間模様はリアルそのもの。あとは好みの問題。

ただ、「1本で」という監督の願いは叶い、個人的には幸運にも完成系を鑑賞できたことを嬉しく思いはするけれど、いかんせん上映館が少なすぎるのが残念で、勿体無いとも思う。
劇場へ足を運ぶことが出来ない長年のファン、TVでアニメを見ていた人たちの為にも、出来ることなら「鈴の雫」もいつかTV放送してくれたらと思う。

好感度:★★★★

|

« 「駆込み女と駆出し男」みた。 | トップページ | 「ハケンアニメ!」(著)辻村深月 »

コメント

たいむさん☆
「蟲師」大好きです。
続章からは持ってないですが、DVDもコミックも全巻娘が持っています。
キングオブ切なさですよね~
映画やってるなんて、知らなかったわ…
これは続章でやったお話だったかな?

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015/05/26 10:25

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
私も大好きです!
原作でもアニメでも切なさに何度泣いたか分かりません。

娘さんと同じく、引っ越し前はDVDも原作も持っていたのだけど、泣く泣く処分してしまって大後悔中。

映画は現在公開中で始まったばかりです。
2本立ての1本目は続章の合間に放送されたものですが、2本目は完全新作です。
原作の最終回同様、ああ、終わってしまったなぁ~と感慨深くなります。

投稿: たいむ(管理人) | 2015/05/26 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/61646911

この記事へのトラックバック一覧です: 「蟲師 (特別編) 鈴の雫」みた。:

« 「駆込み女と駆出し男」みた。 | トップページ | 「ハケンアニメ!」(著)辻村深月 »