« 「嗤う分身」みた。 | トップページ | 「フューリー」みた。 »

2014/11/22

「インターステラー」みた。

Interstellar_2

地球環境の変化から食糧難となり人類滅亡が迫った近未来を舞台に、家族とはじめとした人類の未来を守るため、外宇宙へと旅立った元宇宙飛行士でエンジニアだった男(父親)を描いた作品。
宇宙移民モノは数あれど、クリストファー・ノーラン監督が手掛けるとひと味もふた味も違って思えるのだからスゴイ。迫力ある映像、深い人間ドラマ。3時間近い長尺ながら時間を感じさせない見応えたっぷりなSF超大作だった。

滅亡間近の地球(とはいっても地球規模なので今日の明日のという話ではないが)の代わりに人類が住めそうな星を探査し、人類移住計画が託されたのが元宇宙飛行士のクーパー。
実は計画は、土星近くに突如出現したワームホールの発見から、廃止されたはずのNASA関係者や宇宙飛行士時代の知己の教授らによりずっと以前から隠密裏に進められていた。クーパーは偶然的にも必然的にも彼らの研究施設に辿り着いてしまい、参加を要請されることになる。
実際の彼の任務は、ワームホールを通過して別の銀河へ旅立った先発隊より送られてきた探査結果から3つの候補地へ趣き、人口冬眠で待っている彼らのピックアップと、人類移住の可能性あるいは種族保存かの、方向性の見極めを行うというものだった。
ちなみに、地球上は砂漠化により荒廃しており現代よりも文明的に後退してしまっているかに見えるのだけれど、既に宇宙船とか人口冬眠とかの技術が確立されている、技術的には現代より数段進歩したのちの世界であるということを言っておきたい。とにかく、「惑星移住も含めて人類はそれだけの技術力を有している」ことが大前提の世界、その中で行動しているわけだ。
それなのにこの映画が妙にリアルに感じられるのはやたらと持ち出させる”相対性理論”であり、人間ドラマの深さからだろうか?(”相対性理論”については、まぁそう難しく考えず”ウラシマ現象”程度の知識があればついていける範疇とは思うけど)。

ポイントは、時間と距離、そして重力。加えてブラックホールの無限の可能性といったところ。
正直、人間模様もトラブルも、オチに至るまで想定内のお話ではあった。
特に「時間の相対性と不可逆性から時間にとらわれないのは重力のみ」という話があり、重力の権化とも言える「ブラックホールの探索」を行うことにしたこと、「幽霊はちっとも怖くなかった、むしろ・・」という娘の発言が揃ったとき、細部はともかくその後の展開は概ね見当ついてしまった。それでも愛が時空を超えた時はグッと来る。(予想以上にハッピーエンドに着地したところは少しばかり予想外ではあったけれど)。

俳優陣、それぞれに熱演も素晴らしかった。個人的にはユーモアたっぷり正直度90%の支援AIロボットがツボ。

デートムービーにはちょっと重いものの、”愛”が世界を救う話でもあるので、SF好きでもそうでなくても老若男女誰が見ても良い作品だと思えるものと思う。

好感度:★★★★

あの人があんなことになるのは個人的に残念。いいひとキャラが多いのに・・・weep

|

« 「嗤う分身」みた。 | トップページ | 「フューリー」みた。 »

コメント

かなり面白かったです♪
難しくなりがちなお話ですが、
意外と分かりやすくしていたのは良かったと思いますね。

3時間近くの上映時間もさほど苦にはなりませんでした。

投稿: BROOK | 2014/11/22 17:35

■BROOKさん、こんにちはsun
面白かったですね。
「ワームホールが球体」って説明も解り安かったですし、見ごたえありました。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/22 19:07

こんばんは。
面白かったですね。
3時間近くの長丁場もあっという間でした。
一見、難しそうな内容ですがわかりやすかったのもあって楽しめました。
正直度90%のロボットがいい味出してましたね。

投稿: yukarin | 2014/11/23 00:14

■yukarinさん、こんにちはsun
あの手のロボットにはほんと目がなくって(^^)
前半部分の伏線の回収が見事でした。
面白かったですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/24 11:06

良かったですよねー面白かったです!!
この種のテーマは、おそらく誰でも嵌りやすいだろうけど、計りしれない距離感があるにも関わらず、こんなに深いドラマになるなんて、予想の範疇を超えました。

SFには欠かせないロボキャラですが、今作、ビジュアル的には凄く時代遅れな気すらしたのに、アン救出にはまさかのキュンものでしたよ(笑)
まさかと言えば、たいむさんのお好きなあの方もまさかでしたねー(苦笑)
これ、もう一度観たいなー、IMAXはどんな感じなんだろう?

投稿: オリーブリー | 2014/11/24 16:37

■オリーブリーさん、こんにちはsun
愛は物理的距離を超えましたね(笑)
アンの希望説もまんざらじゃない?って回収も良かったです。

>今作、ビジュアル的には凄く時代遅れ
私としてはあのカタチに何か意味がありそうな予感がちょっとありました。
エヴァンゲリオンのモノリスを彷彿しちゃったりもしたし。
それにしても、意外と多機能でしたね。歩行はすっごく不自由そうなのに、走る(回転)とお姫様だっこにはびっくり(爆)

ご贔屓のあの方には「えー」って、ちょっとショック受けました。孤独が人を変えたのだって無理やり納得しようとしたけど、あの豹変と末路には(泣)。

もう一度見たいけど、3時間は厳しいわ~

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/24 17:15

そうですね、アメリカのジミー大西(顔が似ているだけ)がああいう役を演じるのは淋しくもありますよね。

それにしても既視感ありの物語なのに感動をきちんともってくるあたり、これがクリストファー・ノーラン監督の底力なんでしょうね。

投稿: にゃむばなな | 2014/11/24 23:56

こんばんは★
これ日本ではヒットですねー
長過ぎるのが難点だったけどなかなか良かったです。
マコ様がまたいい!!

投稿: mig | 2014/11/25 01:24

3時間の尺が、ぜんぜん長さを感じない
素晴らしい出来だと思いました。

たいむさんも書いてるけど、宇宙移民物は昔からあるし
わたしには今ひとつわからないけど、
相対性理論で時間のタイムラグが出て歳をとらないとか
さほど目新しいものはないのに、
ノーラン流にアレンジされると、新鮮で、すごく面白い。

ロボットはその極め付け?
あんな形のロボットって、、、(笑)
もう、最高でした。

大物俳優の悪役キャラは、個人的には
ぜんぜん違和感なくて良かったです。

投稿: mariyon | 2014/11/25 18:19

■にゃむばななさん、こんにちはsun
マン博士、この手の作品には良く出てくるキャラとはいえ、あまりにお約束通りで悲しくなりましたよ(泣)

バリバリSFなのだけど、〆は愛。ノーラン監督の発想力にはまいど脱帽です。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/26 14:06

■migさん、こんにちはsun
マコさん、いつぞやの不良上司役が頭から離れなくって(爆)

もう少しコンパクトにまとめられそうな気もしますが、前半にも伏線盛りだくさんでしたし、どうしてもこうなっちゃうのかな~って。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/26 14:08

■mariyonさん、こんにちはsun
あっというまとは言いませんが、みっしりと充実感ある3時間だったと思います。

私もちゃんとした相対性理論だの量子力学だのはさっぱりポンなので重力と時間の関係はそういうものだと思うしかなかったけれど、その先はすべて可能性による自由創作みたいなところだし、そこに新鮮味があったのだと思います。

TARSくん、海兵隊かなにかのおさがりでしたっけ?それにしても、なぜあの形にしたのか、その意図は是非知りたいものですね。

某博士は、悲しいけれど、ハマってましたよね(泣)

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/26 14:17

たいむさん☆
人口知能ロボットくん、私もツボでした。
無機質な四角い箱なのに、ハタハタと走っていく姿など、だんだん可愛らしく見えてくるから不思議です。
ユーモアもあってなかなかいいですね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014/11/30 23:59

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
すっかりおそくなってごめんなさい。

ロボくんのあのカタチ!一周して斬新でさえありました!
まさかまさかの役割を思うと、なんとなくあのカタチが最善にさえ見えたりも(笑)

ぎっしりいろんなものが詰まった良い映画でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/12/10 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/60693954

この記事へのトラックバック一覧です: 「インターステラー」みた。:

» 劇場鑑賞「インターステラー」 [日々“是”精進! ver.F]
約束は、必ず守る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「インターステラー」オリジナル・サウンドトラック [ ハ...価格:2,592円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2014/11/22 17:34

» インターステラー/家族の絆は時空を超える [MOVIE BOYS]
『ダークナイト』シリーズや『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が贈るSFドラマ。滅亡が近づく地球から一人の男が人類の未来をかけて遠い宇宙へと旅立つ―。主演は『ダラス・バイヤー』のマシュー・マコノヒー。ヒロインに『レ・ミゼラブル』のアン・ハサウェイ、他にも『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャスティン、マイケル・ケイン、マット・デイモンらが出演している。... [続きを読む]

受信: 2014/11/22 21:39

» インターステラー/INTERSTELLAR [我想一個人映画美的女人blog]
 「ダークナイト」3部作、「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督最新作 インターステラーとは、惑星間移動を意味する。 著名な理論物理学者キップ・ソーンの理論を基に、宇宙のワームホー ルを利用して惑星間を旅する人類の限界を超越した冒険を...... [続きを読む]

受信: 2014/11/22 22:27

» インターステラー [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【INTERSTELLAR】 2014/11/22公開 アメリカ 169分監督:クリストファー・ノーラン出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、エレン・バースティン、マイケル・ケイン、マッケンジー・フォイ、ティモシー・シャラメ、ジョン・リスゴー、デヴ...... [続きを読む]

受信: 2014/11/22 23:51

» インターステラー [心のままに映画の風景]
近未来の地球。 環境は加速度的に悪化し、植物の激減と食糧難で人類滅亡の時は確実なものとして迫っていた。 居住可能な新たな惑星を求め、元テストパイロットで農夫のクーパー(マシュー・マコノヒー)、生物学者のアメリア(アン・ハサウェイ)らは、宇宙の彼方へと過酷なミッションに挑むことになる。 クーパーは、息子トムと残って欲しいと泣きじゃくる娘マーフィー(マッケンジー・フォイ)に、必ず帰って...... [続きを読む]

受信: 2014/11/24 16:40

» 「インターステラー」 時空を越え、人の想いを [はらやんの映画徒然草]
クリストファー・ノーランの最新作です。 例によって2時間半を超える長尺の作品です [続きを読む]

受信: 2014/11/24 21:40

» 『インターステラー』 [こねたみっくす]
私の幽霊、それは五次元世界から愛を届けてくれた124歳のパパ。 ついにクリストファー・ノーランがスタンリー・キューブリックの世界に足を踏み入れ、既視感のある物語を時間や重 ... [続きを読む]

受信: 2014/11/25 00:27

» 映画「インターステラー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『インターステラー(字幕版)』 (公式)を本日、劇場にて鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら90点にします。 ざっくりストーリー 近未来、地球規模の食糧難と環境変化で地球の寿命が終わろうとしていた。元エンジニアでパイロットのクーパー(マシュー・マコノヒー)は、人類存亡の危機を救うため、宇宙で新た...... [続きを読む]

受信: 2014/11/26 16:01

» 『インターステラー』 スピルバーグ版とのラストの違い [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。  ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められているに違いない。  そんなにSFが好きなのか!  私は、地球からの脱出を図る計画の名がラザロ(Lazarus missions)...... [続きを読む]

受信: 2014/11/29 11:58

» 映画「インターステラー」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
アーサー・C・クラークの未発表の小説が発見され、それをクリストファー・ノーランが映画化したと言われても驚かないレベルのSF映画。 壮大な計画は秘密裏に行われ、誰の手も届かない場所で、人間の未熟さや自己中心的な身勝手さや裏切りから頓挫しそうになる。だが主人公は何らかの方法を見つけ(或いは導かれて)人々は救われる。 古本屋で買った水色の背表紙のハヤカワ文庫にありそうな物語。悪...... [続きを読む]

受信: 2014/11/29 16:35

» 映画:インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ...... [続きを読む]

受信: 2014/11/30 00:35

» 「インターステラー」☆愛は時空を超える [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
壮大である。 荒廃した地球の過酷な自然環境と対比をなす宇宙の美しい姿。 惑星に降り立つ途方もないSFなのに、真実味のある映像とストーリーは、何より裏打ちされた理論があってこそ。... [続きを読む]

受信: 2014/12/01 00:00

» 「インターステラー」 [或る日の出来事]
あいかわらず、ノーランズ(ノーラン兄弟)、壮大だな~。 [続きを読む]

受信: 2014/12/03 22:51

» インターステラー [だらだら無気力ブログ!]
もの凄く見応えのある内容で大満足。 [続きを読む]

受信: 2014/12/04 13:48

» インターステラー [映画的・絵画的・音楽的]
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐...... [続きを読む]

受信: 2014/12/06 21:25

» インターステラー [miaのmovie★DIARY]
映画 インターステラー Interstellar ポスター 42x30cm 【並行輸入品】()Interstellar商品詳細を見る 【INTERSTELLAR 】 制作国:アメリカ 制作年:2014年 近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡の カウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの 遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは...... [続きを読む]

受信: 2014/12/10 13:41

» 最新号の WIRED US はなんと! インターステラー特集、ていうか、ノーラン特集。ファンにはマストの出来! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
実は 前号から、既に怪しい動きはあった。 インターステラーのマニアックな記事が3pに渡って載っていた。 しかも、妙に テクニカル な内容(笑) で最新号。 今号の Guest Editor は、何とクリストファー・ノーラン Chrisotpher Nolan ! 既に表紙からして、ヤ...... [続きを読む]

受信: 2014/12/14 18:46

» 映画 インターステラー Interstellar を今年のナンバー1に押さなければいけない理由について [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
監督クリストファー・ノーランが、初めて挑戦した本格的 S F インターステラー。 タイトルのように、今年のナンバー1に押さなければいけないと考えている。 その理由を、未だ観賞していない方にネタバレにならないように注意しながら、説明したい! 映画のベース...... [続きを読む]

受信: 2014/12/14 18:47

» [映画][☆☆☆☆★]「インターステラー」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン監督、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー主演。異常気象と植物の枯死により、人類滅亡の危機に瀕した近未来、地球に代わる生命が移住可能な星を探すため、宇宙へと旅立つ宇宙飛行士達の姿を描くSF... [続きを読む]

受信: 2014/12/17 19:56

« 「嗤う分身」みた。 | トップページ | 「フューリー」みた。 »