« ロビ(Robi)、その5。 | トップページ | 「紙の月」みた。 »

2014/11/13

「マダム・マロリーと魔法のスパイス」みた。

The_hundredfoot_journey

原題は「The Hundred-Foot Journey」。直訳で「100フィートの旅」であり、実際、「遠回りしちゃったけど・・・」な感じで最後は”雨降って地固まる”ようなお話でそのものズバリに近いタイトル。なのにどうしてこんな邦題になってしまったのだろう?まぁ見ればまったくの的外れでもなく、そうした理由は分からなくはないのだけれど。
ただ予告編を見る機会がなかっただけに、ヘレン・ミレン中心のキービジュアルから全然異なるイメージを持っていて冒頭からしばらく目を白黒させてしまったよ。
とにかく、タイトルからイメージしてしまうような、美味しそうな料理がドラマを牽引し同じものが食べたくなってくるようなものではなく(美味しそうではあるけれど)、概ねヒューマンドラマだということを言っておく。そしてとっても素敵な映画には違いないとも。

お話は、南仏でマダム・マロリーが経営するミシュラン1つ星の老舗レストラン「ル・ソール・プリョルール」の真向いに、インド人一家が引っ越してきてインド料理レストラン「メゾン・ムンバイ」を開店。それぞれの文化や慣習の違いから互いを否定し、双方のオーナーの頑固な性格も災いし、バチバチと火花を散らして対立することになる。けれど、料理人として優れたセンスを持つ「メゾン・ムンバイ」のメインコックであり次男坊のハッサンが架け橋となり、またとある事件を切っ掛けに、人としての行いや互いの誤解を正し、やがて双方の溝が埋まる…どころか友好関係へと発展していく。そしてハッサンも天性の才能を発揮しシェフとして出世。けれど、自分の望む本当の気持ちに気が付いて・・・といった感じ。

双方の店(家)の玄関から玄関までの距離が100フィート(約30m)なんだね。物理的にはそれだけの距離なのだけど、人の心次第で遠くも近くもなる。逆に物理的に遠ざかってみて初めて気が付くこともある。
それはそれとしても、美味しいご飯は人を笑顔にするものだし、仲良くさせる絶対的なツールだなって思うところ。

対立から和解、成功(進化)から原点回帰。ストーリーはありきたりだけど、対立時のマダムとパパのバトルは笑えるし、それだけに雪解け時が微笑ましい。若い2人の恋愛模様も自然で程よくスパイスが効いていたし、全体的に見ていて心地のよい映画だった。

好感度:★★★★+

パパ(オム・プリ)の低ーいお声が素敵だったなぁ。

|

« ロビ(Robi)、その5。 | トップページ | 「紙の月」みた。 »

コメント

こんにちはー。
雪景色ですか?
ご自愛下さいねー。

私も予告を全く観ていなかったから、同じく、冒頭からしばらくは、何だこれ?って感じでしたよ(笑)
食文化の違いはあるけれど、お腹を満たすだけではなく、心の距離が縮まっていく感覚が心地良かったです。

そうそう、パパはステキな低音でしたね。
私はここの長男の一言一言がツボでした(笑)
綺麗なお姉さんのナマステ勧誘(爆)も面白かったわ!!

投稿: オリーブリー | 2014/11/14 16:25

■オリーブリーさん、こんにちはsun
インド人のお話とか全然思っていなかったし、空港の入国審査のシーン、ほんと意味不明で???
そして意外にお金持ちだったのにもびっくり。
「全部パパとママのお金だ~」はちょっと爽快だったりも。

長男くん、後半はモブになってしまったけれど、なかなかいい味出してましたね。
妹もほんとかなりの美人さん。
フランス料理が口に合わなくて「うえ」ってやったり、ジャガイモをむくチビちゃん達も愉快だったし、インド人一家が素敵でした♪

投稿: たいむ(管理人) | 2014/11/14 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/60644770

この記事へのトラックバック一覧です: 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」みた。:

» マダム・マロリーと魔法のスパイス/入り交じる感情がスパイスそのもの [MOVIE BOYS]
原作はリチャード・C・モライスの小説。伝統的なフランス料理の1つ星レストランと、その目の前に新しくできたインド料理店の争いを巧みな人間模様を絡めて描く人間ドラマだ。プライド高く頑固な仏料理店オーナーを『RED』のヘレン・ミレンが、そのライバルのインド料理店オーナーをオム・プリ、そして若き天才シェフをマニッシュ・ダヤルが演じる。監督は『HACHI 約束の犬』のラッセ・ハルストレム。 ... [続きを読む]

受信: 2014/11/13 18:04

» マダム・マロリーと魔法のスパイス [心のままに映画の風景]
インドのムンバイでレストランを営むカダム家の次男ハッサン(マニシュ・ダヤル)は、料理人の母から絶対味覚を受け継いでいた。 ある晩、暴動により店は全焼し、母親は亡くなってしまう。 失意の父(オム・プリ)は子供たちを連れヨーロッパに移住、南フランスの山間にある自然豊かな小さな町にたどり着くと、廃墟となっていたレストランを購入し、インド料理店をオープンする。 しかしその店の前には、夫を亡...... [続きを読む]

受信: 2014/11/14 15:06

» 映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」新しいものを受け入れる、それはとても難しい [soramove]
映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」★★★★★ ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、 シャルロット・ルボン、ミシェル・ブラン出演 ラッセ・ハルストレム 監督、 122分 2014年11月1日公開 2014,アメリカ,ディズニー (原題/原作:THE HUNDRED-FOOT JOURNEY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい... [続きを読む]

受信: 2014/11/26 15:24

» 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」□監督 ラッセ・ハルストレム□脚本 スティーブン・ナイト□原作 リチャード・C・モライス□キャスト ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、シャルロット・ルボン、       ミシェル・...... [続きを読む]

受信: 2014/11/26 17:21

» マダム・マロリーと魔法のスパイス [to Heart]
THE HUNDRED-FOOT JOURNEY 上映時間 122分 製作国 インド/アラブ首長国連邦/アメリカ 原作 リチャード・C・モライス『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(集英社刊) 脚本 スティーヴン・ナイト 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ヘレン・ミレン/オム・プリ/マニシュ・...... [続きを読む]

受信: 2014/11/26 23:01

» マダム・マロリーと魔法のスパイス [映画的・絵画的・音楽的]
 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作(注1)は、予告編を見て面白そうだなと思い、映画館に行ってきました。  本作の舞台は、南フランスの小さな町サン・アントナン。そこで伝統的なフランス料理を出すレストランの目の前に...... [続きを読む]

受信: 2014/11/27 06:52

» 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 [ここなつ映画レビュー]
ラッセル・ハルストレム監督作品。名優ヘレン・ミレンが作品に正にスパイスを効かせる。南フランスの美しい田舎町に、ある日インド人の一家がやって来た。世界一のインド料理の店を出す為に。しかし、自信たっぷりの彼らが構えた店の真向かいには、ミシュランの星を一つ獲得している老舗のフレンチ・レストランがあったのだ。そして、二つの店の料理バトルの火蓋が切って落とされる…。「インド料理は食べない」と言われているフランスの地で、一家のチャレンジは無謀にも思えた。だが彼らは故郷ムンバイで暴徒が起こした火災によって店と母親... [続きを読む]

受信: 2014/11/27 12:38

» 映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」新しいものを受け入れる、それはとても難しい [soramove]
映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」★★★★★ ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、 シャルロット・ルボン、ミシェル・ブラン出演 ラッセ・ハルストレム 監督、 122分 2014年11月1日公開 2014,アメリカ,ディズニー (原題/原作:THE HUNDRED-FOOT JOURNEY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい... [続きを読む]

受信: 2014/11/28 23:32

« ロビ(Robi)、その5。 | トップページ | 「紙の月」みた。 »