« 「her 世界でひとつの彼女」 みた。 | トップページ | 「複製された男」みた。 »

2014/07/13

「マレフィセント」みた。

Maleficent

古典的名作である『眠れる森の美女』を実写化。邪悪な妖精:マレフィセントの視点から描いた作品。
マレフィセントはアンジーが担当し、妖しくも魅力のあるマレフィセントになっていた。オーロラ姫にはエル・ファニング。順調に可愛く成長しているのに安堵。幼少期のオーロラ姫を娘ビビアンが担当。角を生やしてコワイメイクでいつもと違うママンなのに臆せず「だっごだっこ」とせがむあたり微笑ましかったなぁ~。

視点が変わっただけで、物語としては王様が裏切るわ、羽はもがれるわ、生まれたてのオーロラに呪いがかけられるわ、16年後にはしっかり糸車で倒れるわ、王子様がちゃんと現れてキスするわで、大筋のあらすじは原典と変わらない。
けれど、マレフィセントが復讐に至った経緯とか動機とかその本質が表面に現れると、これまでの印象とは180度変わって見えてしまうのだから面白い。

”勧善懲悪”こそが夢物語という考え方が定着しつつある現代でもあり、どっちが本当というよりどちらもどちらにも都合のよいお話として、両方を残していきたい気がした。

ポイントは《真実の愛》とは何か、これだよね。《愛》にもいろいろ種類があるわけで、いいなぁと思う解釈(変更)だった。というか、なんとなく想像がついていたことでもあり、にわか王子様のキスごときじゃダメだってなったとき、「そーだろそーだろ」って笑っちゃった。

《眠れる森の美女》の解釈も「なるほど」という感じで、オーロラ姫の事ではなく、怒りと憎しみから目を曇らせて安易に復讐に走った、マレフィセントこそが森に心を眠らせてしまった美女だったのだとは、いやはや。

『アナと雪の女王』に続いて、これまでのディズニーの名作の悪役側をフィーチャーするのが最近の流行りっぽくなっている感じだけれど、いろいろ観てみたい気がしてきたかも。

アンジーの妖艶且つコミカルなマレフィセントに拍手!

好感度:★★★★+

|

« 「her 世界でひとつの彼女」 みた。 | トップページ | 「複製された男」みた。 »

コメント

アンジーのマレフィセントはまさにハマり役でしたよね♪

ファンタジーの要素を上手く映像化しており、
さすがディズニーといった感じでした。

投稿: BROOK | 2014/07/13 12:59

たいむさん☆
にわか王子、笑えましたねー
妖精たちにやってやって~みたいに言われて、「え?いいの??」みたいなかんじで。
そりゃ、目覚めないわー(爆)

もう出世欲や愛欲に駆られる男の愛なんて、そこに真実はない!というのが女性の出した結論なのでしょうか。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014/07/14 13:46

■BROOKさん、こんにちはsun
アンジー、ピッタリでしたね。
あのメイクもアニメに近かったし(笑)

シリアス風でもちょこちょこさしこまれる笑いがディズニーっぽくって甘いスパイスになっていたと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/07/16 13:21

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
そうそう、あの王子様ってば。
ちょっと可哀想な扱いではあったけれど、最後もちゃんと居たし、めでたしめでたし、ですw

それにしても、どんどん女性が強くなっていきますよね>ディズニー作品。
アンジーがやるからなおさらに(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2014/07/16 13:24

こんばんは。

たいむさん、「アナ雪」観なかったよね?
これと通じるものありましたよ。
そうそう、あの母娘シーンが微笑ましかったわ~思わず顔がほころんじゃう。
子供の為にも頑張るアンジーだからこそ、納得できるお話でした。

ところで「ミケランジェロ~」上映中止になったって知ってた?
楽しみにしてたのに、残念!!!

投稿: オリーブリー | 2014/07/19 00:24

■オリーブリーさん、こんにちはsun
「アナ雪」はいまだ未見。
来年あたりTV放送したら見るかなぁ~(笑)

アンジーなんでもう少しアクが強いかと思ったら、思いのほか良い雰囲気の作品になってましたね。
やはりそこはディズニーmagic?

>「ミケランジェロ~」上映中止
え=!!知らなかったです。
あのメンツだし、すっごい楽しみにしていたのに・・・残念過ぎ。
いつかWOWOWならやってくれる??

投稿: たいむ(管理人) | 2014/07/21 12:39

こんにちは~。
>《眠れる森の美女》の解釈も…
マレフィセントが「真実の愛」がある事を信じられて良かった~♪と満足していたら…。
なるほど!そういう事だったのですね!!。深い~~。

そうですね。
多数に善と認知されてても対峙する側からすれば悪ですもの。
どちらが正しいか、の判断は難しい…。
これまでの童話感、変わるかも…です。

投稿: みぃみ | 2014/07/22 15:10

■みぃみさん、こんにちはsun
高校生くらいのときに、童話の大人バージョンを知って衝撃を受けましたが、今のディズニーのスタイルなど、また違った意味で新しくも今風なおとぎ話が沢山出てきて同じく意識が変わったかもです。

これからも色んなお話で楽しませてくれたらよいなって思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/07/23 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/59976445

この記事へのトラックバック一覧です: 「マレフィセント」みた。:

» 劇場鑑賞「マレフィセント」 [日々“是”精進! ver.F]
True Love Kiss… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】マレフィセント オリジナル・サウンドトラック [ (オリジ...価格:2,700円(税込、送料込) [Blu-ray] 眠れる森の美女 ダイヤモンド・...... [続きを読む]

受信: 2014/07/13 12:57

» マレフィセント [Akira's VOICE]
慈愛のドラマでした。   [続きを読む]

受信: 2014/07/13 14:14

» 「マレフィセント」☆韓流なみのドロドロ愛憎劇 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
①王子様はハンサム②悪者の魔女はやっつけられる③王子様の愛のキスで目覚める の3大お約束をことごとく崩した今年のディズニー映画。 この革新的な進歩に先ずは喝采を贈ろう [続きを読む]

受信: 2014/07/14 13:41

» マレフィセント [心のままに映画の風景]
ある王国、ロイヤル・ベビー、オーロラ姫が誕生し、盛大なお祝いのパーティが開かれる。 招待客が見守る中、妖精たちがオーロラ姫に幸運の魔法をかけていくが、3人目が魔法を授けようとしたその時、“魔女”と恐れられる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が現われ、「16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠りに落ちるだろう。そして、それを解くことができるのは真実の愛のキスだけ」と呪...... [続きを読む]

受信: 2014/07/19 00:15

» マレフィセント [映画的・絵画的・音楽的]
 『マレフィセント』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)待ち合わせまで時間があったということもあって映画館に入ってみました。  本作は、1959年のディズニー・アニメ『眠れる森の美女』を改作したもの。  まず、「人間の国」と「ムーア国」(注1)とが隣り合って...... [続きを読む]

受信: 2014/07/22 21:52

» マレフィセント : 完成度の高さにびっくり! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 野々村竜太郎県議会議員、辞任をされるようで残念です。我が広島県で無免許運転をやらかした正木県議会議員は、リコールされるまで居座り続けていました。野々村氏には、彼くら [続きを読む]

受信: 2014/07/25 20:54

» マレフィセント [だらだら無気力ブログ!]
赤ちゃんの笑顔が超素敵。 [続きを読む]

受信: 2014/07/29 22:09

» マレフィセント [いやいやえん]
真実の愛などない。 「眠れる森の美女」とは違う話。上手にアレンジしていて、マレフィセントがなぜ「呪い」をかけたのかとか、真実の愛のキスとはなにかを描いたファンタジー。 アンジェリーナ・ジョリー、マレフィセントのあの独特の頭(角だった!)違和感ありません。細いしきれいー。存在感がありましたね。アンジーのアンジーによるアンジーのための映画のよう。 マレフィセント自らが呪いをかけた少女オーロラ姫が小さい頃から、あまりの3人の妖精の役たたずっぷりに、最初は呪いの成就を期待して、そして次第に自ら... [続きを読む]

受信: 2014/08/05 06:15

» 「マレフィセント」 真実の愛などない [はらやんの映画徒然草]
多くの人が知っているディズニー作品「眠れる森の美女」。 それを大胆にアレンジし、 [続きを読む]

受信: 2014/08/06 20:57

» 「マレフィセント」 [ここなつ映画レビュー]
アンジェリーナ・ジョリーのアンジェリーナ・ジョリーによるアンジェリーナ・ジョリーのための作品。そしてそれについては全く問題ない、と言うより素晴らしかった!羽根をもがれた時の痛みと悲しみの演技ときたら!大女優の貫禄充分である。今回に関しては脱帽である。全ての面において。アンジェリーナ・ジョリーももちろんだけど、ディズニーの底力を見せ付けられた気がする。「愛で動く人に悪人はいない」というコンセプトだ。「ずっと見守っていてくれたのね、ありがとう(ウフ❤)」というオーロラ(エル・ファニング)の発言が、ストー... [続きを読む]

受信: 2014/08/08 12:53

» [映画][☆☆☆★★]「マレフィセント」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「トゥームレイダー」シリーズのアンジェリーナ・ジョリー×「SUPER8/スーパーエイト」のエル・ファニング主演。1959年公開のディズニーアニメ映画「眠れる森の美女」を、悪役の魔女マレフィセントに視点から描いたアナザー・ストーリー。 勧善懲悪の物語を、悪役と... [続きを読む]

受信: 2014/08/16 19:47

» マレフィセント [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
マレフィセント 14:米 ◆原題:MALEFICENT ◆監督:ロバート・ストロンバーグ ◆主演:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャルト・コプリー、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュノー・テンプル、レスリー・マンヴィル、ブレントン・スウェイツ...... [続きを読む]

受信: 2014/08/16 23:08

« 「her 世界でひとつの彼女」 みた。 | トップページ | 「複製された男」みた。 »