« 「プリズナーズ」みた。 | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC episode7-虹の彼方に-」みた。 »

2014/05/15

「ブルージャスミン」みた。

Blue_jasmine

第86回アカデミー賞でケイトが主演女優賞を受賞したこともあって公開を楽しみにしていた作品。
もっとコメディ色が強いのかなと思っていたけれど、さすがオスカー受賞というべきか、ケイト演じるジャスミンの滑稽さが妙にリアルというか、笑うに笑えない雰囲気に包まれていたように感じ、悪くはないがなんとも言えない後味の作品だと思った。

セレブからただの庶民へ転落した女性が、現実を受け止めきれずに過去にしがみ付き、再び這い上がろうとしつつも、結局すり減っていくばかりというお話。

豪遊生活から働かなければ食べることすらままならない生活に一変したジャスミン。それなのに”一般庶民”のあたりまえの生活をバカにした言動を一向に止めなかったり、見栄を通り越して嘘で塗り固めて元の生活に戻してくれそうな男性をモノにしようとしたり、なんかだ呆れ果てるというよりは、可哀想なジャスミンが痛々しいばかりだった。
彼女は決して馬鹿じゃない。セレブな世界では器用に立ち回れる知恵や知識(教養)であり、モノや人を見る目を持っているのだと思う。ただ、夫に飼いならされてしまったというのか、彼に対する盲目的な部分が致命的で、やがて天秤に掛けるものの価値すら判断が付かないくらいに人間としてどこかダメになってしまっていたってことなんだろうと思う。

まさかそんなことで・・・っていうのがことの発端というか真相。もし最初にそれを知っていたら嘆かわしくて観ていられなかったかもしれない。そこがこの作品も巧さかなと。庶民代表のような妹のジンジャーとの対比も良かった。

教訓物語として見ると楽しめるかなぁ~。とにかくケイトのなり切りっぷりが素晴らしい。本当に居そうな没落セレブっぽさが凄くよかった。

好感度:★★★★(ケイト評)

でも、チリもダメだと思うなぁ。悪人ではないのかもしれないけれど、やっぱ「電話機を壊さない男」の方が良いに決まってるってね。

|

« 「プリズナーズ」みた。 | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC episode7-虹の彼方に-」みた。 »

コメント

ケイトがアカデミー主演女優賞を獲るワケですよね♪
見事なまでにセレブから転落した女性を演じていました。

結局のところ、ジャスミンもジンジャーも良い男性と巡り会えなかったということで…
ジンジャーはチリとヨリを戻してましたが、
たしかに“電話を壊さない男性”が良いですよね。

投稿: BROOK | 2014/05/15 17:13

こんにちは。

チリはダメだよねー。
何ていうか、自分の感情のままでしょう~あれも典型的な自己中で、手に負えない感じ。
ジャスミンが「低レベル」扱いするのも分かる(笑)

これって程度は色々とあるんだけど、他人事ではないですよね。
似たような境遇は身近でもありましたし、どこか鏡的にも感じるところはありました。
とにもかくにも、ケイトが凄かった!!
お見事でした!

投稿: オリーブリー | 2014/05/16 15:31

■BROOKさん、こんにちはsun
ケイトはもちろんだけど、ジンジャーのサリー・ホーキンスも微妙な妹役がなかなか良かったです。
笑えない面白さ、ですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/16 16:58

■オリーブリーさん、こんにちはsun
だよねだよね。
泣くわ、喚くわ、壊すわ、自分の感情のままに行動するチリって絶対願い下げの男ですよ。
より戻したって良い時はまだしも、歯車が悪いほうへ回りだしたら最悪な気がする。

>他人事ではない
そうそう、犯罪は絡まないまでも、ある日突然・・なんて話は多かれ少なかれ。リーマンショックのあたりはゴロゴロしていたかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/16 17:03

たいむさん☆
まさに笑うに笑えない話でしたねー
かけ離れたセレブでありながら、でも彼女自身はみんな私自身でもあるのかも。
妹ジンジャーも庶民代表でありながら、ちょっとねーな部分もあり、どっちもどっちだけど、結局勝ち組なのは自分自身の今を幸せと感じられる人なのかなーなんて。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014/05/25 00:09

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
金持ちの度合いはあれど、保証人で借金の肩代わりなんて話は実際にある話だし、誰もが可能性ある話なんですよね。
勝ち負けをお金の有無で換算しちゃって考えたりする事自体がもうダメなのかもです。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/26 17:53

こんにちは。

>教訓物語として見ると楽しめるかなぁ~。とにかくケイトのなり切りっぷりが素晴らしい

間違いないですよね~
ケイトほんとにすごかった~!って思いました。

投稿: Nakaji | 2014/07/03 21:04

映画館で見ました。彼女にはムカついたけど 作品はよかったですよ。

>結局すり減っていくばかりというお話。
 それができなかtったのは 己の見栄っ張り根性が捨てきれなかったからに他ならないですよね。厳しい言い方になりますが・・・

 他のブログでも ボク 「ロッキー」と対比したことコメしましたが
 ロッキーって"2" でアポロとリターンマッチして勝利したあと世間から王者として認知されたものの 甘い生活に溺れ ミスターT演じた 強敵の世界ランカーボクサーにズタズタに負けましたよね。(わからなかったら スミマセン 汗;)

 アポロから 「おまえが負けたのは 甘い生活に溺れ  ”虎の目”をした鋭さを 失ったからだ」
 エイドリアンからも厳しく「戦うときは負けるコトだってあるでしょ!」(内気で人前で話せなかった彼女が ここまで厳しく言ったのは ホントに驚いたthink)

 ロッキーはこう言ってくれた人がいたから立ち直れましたが ジャスミンは そういってくれた人はいなかった。ジンジャーもどことなく甘かったとこあったし。

 >”一般庶民”のあたりまえの生活をバカにした言動~~なんかだ呆れ果てるというよりは、可哀想なジャスミン ボクは はっきりいって呆れました。今までの 生活にどっぷりつかりすぎると なかなか抜けれなくなる つらさは わかるケド 周囲の人たちをバカにする権利はないでしょうにね。

ラストなんか ”虎の目”どころか”虚ろな目”でしょ!!!
 漢字は似てるけど

投稿: zebra | 2014/07/06 09:34

■Nakajiさん、こんにちはsun
ケイトだからすっごいリアルに感じられたってのはありそうですよね。
リーマンショックの頃はあんな感じのセレブが溢れていたりして・・・

投稿: たいむ(管理人) | 2014/07/07 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/59647500

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルージャスミン」みた。:

» 劇場鑑賞「ブルージャスミン」 [日々“是”精進! ver.F]
見栄の果てに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405100001/ ※GW期間限定【300円,100円クーポン】【メール便送料無料】SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【ブ...価格:5,029円(税込、送料別) スペシャル・プライス!【送料無料】 ミッドナイト...... [続きを読む]

受信: 2014/05/15 17:10

» ブルージャスミン [心のままに映画の風景]
ニューヨークでセレブ生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、夫ハル(アレック・ボールドウィン)のビジネスが崩壊し、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。 再出発を図ろうとするものの、質素な暮らしや周りに馴染めず、虚栄心が捨てられない。 神経をすり減らす日々が続いたある日、お金持ちの外交官、ドワイト(ピーター・サースガード...... [続きを読む]

受信: 2014/05/16 11:21

» ブルージャスミン [to Heart]
原題 BLUE JASMINE 製作年度 2013年 上映時間 98分 脚本:監督 ウディ・アレン 出演 ケイト・ブランシェット/アレック・ボールドウィン/ルイス・C・K/ボビー・カナヴェイル/アンドリュー・ダイス・クレイ/ピーター・サースガード ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し...... [続きを読む]

受信: 2014/05/17 23:32

» 『ブルージャスミン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K ■鑑賞日 5月11日(日)■劇場 10...... [続きを読む]

受信: 2014/05/22 08:32

» ブルージャスミン/BLUE JASMINE [我想一個人映画美的女人blog]
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞で主演女優賞受賞の ウディ・アレン作品 基本的にアレン爺出てない方が好きとは以前も書いたかもだけど今回も監督&脚本のみ。 ニューヨークで、裕福な実業家の夫ハルとリッチな生活を送っていたエレガントな女...... [続きを読む]

受信: 2014/05/24 23:00

» 「ブルージャスミン」☆しあわせの見つけ方 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した作品。 他の作品の女優たちも、かなりいい演技だったからケイトが突出して素晴らしかったとは思えないけど、自然体でありながらも、人生に翻弄されて戸惑う心を表現した彼女の演技はやっぱり見事だった☆... [続きを読む]

受信: 2014/05/25 00:10

» ブルージャスミン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を受賞したということで映画館に行ってきました。  本...... [続きを読む]

受信: 2014/05/26 20:27

» 映画:ブルー・ジャズミン Blue Jasmine 落ちぶれた元 NYセレブ主婦を演じるケイト・ブランシェット。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。 今回の主演はケイト・ブランシェット。 彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞でオスカー獲得か?と騒がれている。 (The Aviatorでキャサリン...... [続きを読む]

受信: 2014/06/04 00:58

» 憂鬱な夜に咲く花~『ブルージャスミン』 [真紅のthinkingdays]
 BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文に転落していた。血 の繋がらない妹で、シングルマザーのジンジャー(サリー・ホーキンス)の 元へ身を寄せ、心機一転を図るジャスミンだったが、華やかな生活が常に フラッシュバックし・・・。 ...... [続きを読む]

受信: 2014/06/12 21:13

» ジャスミンの運命 [笑う社会人の生活]
映画「ブルージャスミン」を鑑賞しました。 資産家ハルと結婚しセレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンはハルとの生活が破綻し地位も資産も全て失ってしまう。 妹のもとに身を寄せるが過去のセレブ生活にとらわれ神経をすり減らすが、それでも再び華やかな...... [続きを読む]

受信: 2014/11/12 06:32

» ブルージャスミン [いやいやえん]
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」 かつてセレブ界の華と謳われたジャスミンは、現在は無一文ながら纏うのはシャネルなどのブランド品ばかり。過去の栄光に浸り、ひたすらに堕ちていく彼女の運命は。 ケイト・ブランシェットさんの独壇場、このジャスミンと言う女性には誰しも共感出来ないと思う... [続きを読む]

受信: 2014/11/18 13:04

« 「プリズナーズ」みた。 | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC episode7-虹の彼方に-」みた。 »