« 「終物語(下)」西尾維新/著 | トップページ | 「プリズナーズ」みた。 »

2014/05/01

「テルマエ・ロマエII」みた。

Terumae2

2012年公開の『テルマエ・ロマエ』の続編。
前作は概ね原作をリスペクトしたつくりに感じられたけれど、今回はよりコメディ色を強くした感じで、ワンパターンをテンポよく見せることでマンネリ感を上手く吹き飛ばしていたように思った。
とにかく、阿部ちゃんが古代ローマ人にすっかり成りきって演じているのが何よりで、愉しませてもらった。

時空移動から未来の日本の風呂技術や環境を古代ローマ風にアレンジして取り入れて大成功をおさめたことで、すっかりハドリアヌス皇帝の信頼を得、民衆にもすっかり人気者になった浴場設計技師(テルマエ)ルシウス。そして新たにハドリアヌスからコロッセオのグラディエーターたちを癒す浴場の改装を依頼される。けれどもとをただせばこれまでのものは異世界の真似事で造り上げたもでしかなく、安請け合いに頭を悩ませることになる。
しかし、天はルシウスを見放すことはなく、ふたたび、みたびと、ルシウスにタイムスリップさせて、様々な驚愕体験から持ち帰ったアイディアで成功を収めさせるのだった。

とにかく、生真面目なルシウスの右往左往の繰り返しが半分以上といった感じで、ほとんどストーリーらしいストーリーはない。けれど、もともとこの映画にシリアスパートは期待できないというか、笑いこそがウリと思えば、それで良いように思ったりする。

何にも残らないけれど、数少ない”日本でも声を出して笑う人が沢山いる映画”だし、軽いデートムービーとしてオススメかな、と。

好感度:★★★++

局が違うし、阿部ちゃんつながりというのとも違うけれど、なんだかお笑いのネタが一層『トリック』っぽくなっていたのは気のせいじゃないよね?
それにしても、”松島トモ子”ネタや”浪越徳三郎”ネタにすんなり笑える世代ってせいぜい40代以降では?とか思ったり。

|

« 「終物語(下)」西尾維新/著 | トップページ | 「プリズナーズ」みた。 »

コメント

さすがにツキノワグマが温泉に入るシーンは、無い無いと思ってしまいましたが…
ルシウスが現代の日本の文化に驚く場面は面白かったですよね♪

若干、後半のシリアスな展開が微妙な感じもしましたが、
最後まで楽しめました。

投稿: BROOK | 2014/05/01 16:02

コロッセオのシーンが、コメディぽくなくて
ちょっとびびりましたが、
まあ、せっかくの大セットをシリアスに生かしたかったのかな?

阿部ちゃんと言えばトリックだったけど
これでキャラ確立でしたね。
でも、次はもういいかも。

投稿: mariyon | 2014/05/02 14:00

■BROOKさん、こんにちはsun
驚くたびにこれでもかって目をどんぐりにして見開く阿部ちゃんは最高ですw
たくさん笑わせてもらいました(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/02 17:22

■mariyonさん、こんにちはsun
そうそうコロッセオでは結構グロそうな勢いに面喰いました。でもR-指定はなかったですし、大丈夫かなって薄眼で見てました(笑)

ルシウスはもはや彼しかいませんね。外人さんより嵌ってるのが笑えますw

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/02 17:25

たいむさん、こちらにもコメント。

一昨日観たけど、まだ記事に出来てないので、コメントのみで・・・。(苦笑)

さすがに先週末に、前作を観ちゃってるので、パターンが読めてしまいますね。(笑)
「平たい顔族」の協力が楽しめた前作だったのが、今回は内政が絡んでしまって、ちょっと興醒め感がありました。

しかも、前作ヒットのおかげで「Ⅱ」製作決定感も、イマイチ・・・話の繋がりがねぇ~。
あれなら、アントニオスを皇帝に据えてからの方が繋がりに違和感なかったかも?
ルシウスの驚き表現は、純粋に楽しめましたけどね。

投稿: Brian | 2014/05/03 06:29

たいむさん☆こちらにも
私も同感です~~
そもそも浪越さんとか松島トモコとか、笑える人数少数ではないかしらねぇ。
ただ、前作でも感じた、お年寄り(特におじいちゃん)を大切にしているかんじが、原作もこの映画もいい所ではありますね。
年配の人に観てほしいのかも~~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014/05/04 12:55

■Brianさん、こんにちはsun
今回はマイリカバリーみたいな自分で2番煎じやっちゃってますから、ひとえに阿部ちゃんの演技の賜物といった印象。
史実を交えるのならば、無駄に恋愛要素とか入れずにメリハリ付けた方が良かったかもです。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/05 10:25

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
笑いのネタがちょっと古いですよね。
これって実は年配をよりターゲットにしているのかしらね?
まぁ邦画のコメディ部門も40-50代の動員数を増やしたいって事なのかもしれないですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/05 10:28

こんにちは~プチ、お久しぶりです!

なんかね、これ、実写で成立してるってだけでスゴイのかもしれないと思っちゃった(笑)
まあでもあまり続くとパターン化に飽きてしまうのも難点ですが、、、。
とにかく、阿部ちゃんのお尻、完璧で美しかった~(爆)

投稿: オリーブリー | 2014/05/10 12:40

■オリーブリーさん、こんにちはsun
>実写で成立してる
そうかも。前作で「これはいける」って確信しての今回というy感じもあるし、うまくギャップ笑いを生かせてましたよね。

でもそろそろネタ的に限界ですよねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/12 17:29

こんにちは(^^)。
今回も楽しかったですね♪。
曙も琴欧洲も好きな力士さんだったので、再び公の場所で姿が拝めたのも嬉しかったです。
平たい顔に貴闘力もいたらな~~と思ったのは、ひ・み・つ。

私は北村一輝さんラブなので、彼のおしりと色っぽい数々の姿を見る事ができたのも収穫大でした☆。

与作、よ~さく~としばらく脳内リピ。
へいへいほ~って歌いながら入るお風呂気持ちよさそうなのですもの。

投稿: みぃみ | 2014/05/15 13:31

■みぃみさん、こんにちはsun
最近の力士って良く分からないのだけど、彼らはギリギリ知った顔で笑いについていけました(^^)

>貴闘力
おお、こっちは良く分かる!平たい顔代表になれそうですよね(爆)

>北村一輝さんラブ
二重人格化と思ったら双子?たらしのほうが似合ってたような???(笑)

>与作
ですね~。でも、ネタとしてはみんな古いんですよね~~~

投稿: たいむ(管理人) | 2014/05/15 15:30

こんにちは。

そうそう!!トリックのような小ネタでしたよね~
これって若い子わかるのかな?って思いながら爆笑しておりました(笑)

投稿: Nakaji | 2014/06/15 21:27

■Nakajiさん、こんにちはsun
すっかり大ヒット作品なりましたね。
古いネタにもしっかり笑える良いで世代です(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2014/06/22 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/59563810

この記事へのトラックバック一覧です: 「テルマエ・ロマエII」みた。:

» 劇場鑑賞「テルマエ・ロマエII」 [日々“是”精進! ver.F]
温泉の理想郷を、作りたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404270001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】テルマエ・ロマエ2 ムジカ・コレクティオン [ 住友紀人 ]価格:3,240円(税込、送料込) テルマエ・ロマエII 草津温泉風入浴剤価格:888円(税込...... [続きを読む]

受信: 2014/05/01 16:00

» テルマエ・ロマエII [だらだら無気力ブログ!]
今回、阿部寛のアレを絶妙なカメラワークで隠すシーンが無かったのは残念。 [続きを読む]

受信: 2014/05/03 01:32

» 「テルマエ・ロマエⅡ」☆漫画原作の落とし穴 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
まあ、面白い。普通に面白い。 前日に「テルマエ・ロマエ」の1作目が放送されたこともあって満席の会場も、和やかに笑ってはいるものの爆笑ほどではなかった。 ぐっと原作に近い(と思われる)マンガちっくな仕上がりは、本来のこのお話の良さを忘れかけていて・・・・... [続きを読む]

受信: 2014/05/04 12:51

» テルマエ・ロマエII [Brianの独り言]
『テルマエ・ロマエII』今月1日の映画の日に観てきました。 映画の日=1,000 [続きを読む]

受信: 2014/05/05 13:41

» 映画 テルマエ・ロマエ? [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 nbsp; 冒頭は1作目の方が面白かったのにと思ってしまう程 nbsp; スローな始まりでした。しかし、中盤から大いに盛り上がり nbsp; 平たい顔族のパロディー満載。 nbsp; そして、ルシウスが日本で起こす騒動は、大笑いです。 nbsp; 原作が完結したので、今作品が映画としては nbsp; 最後になるのではないでしょうか。 ... [続きを読む]

受信: 2014/05/05 14:22

» 「テルマエ・ロマエⅡ」 文化ギャップ [はらやんの映画徒然草]
前作は小規模での公開でしたが、関係者も驚く大ヒットとなり、たちまち続編が作られる [続きを読む]

受信: 2014/05/06 21:47

» 『テルマエ・ロマエII』を世界に広めよう! [映画のブログ]
 「人生の目的とは、自分を魂として昇華させること。  私にとって映画は芸術だ、ビジネスである前に。」  映画史上の傑作『エル・トポ』を撮ったアレハンドロ・ホドロフスキーにそう云われては、映画はビジネスじゃなく芸術であるべきだと思ってしまう。  しかし、この言葉はホドロフスキーのしたたかさの表れでもあるだろう。  押井守監督は、作った映画の評判が良くなかったとしても、自分で「失敗し...... [続きを読む]

受信: 2014/05/08 00:54

» 「テルマエ・ロマエ Ⅱ」 [ここなつ映画レビュー]
前作は、あまりに原作漫画を読み込み過ぎて、期待と知識が作品の展開と合わず空回りしたような雰囲気を感じ、まあもういいかな、続編出ても観に行かないだろうな、と思っていたものの、やはり「Ⅱ」が出てしまうと行かざるを得ず…っていう強制力は何に関してもないのだし、こういう作品なら尚更なのだけれど…まあ、気楽に鑑賞しましょ、って事で。存外、「Ⅱ」は面白かった。期待し過ぎなかったのが良かったのか何なのか、肩のチカラを抜いて軽く観られる作品としては極上。小ネタ満載で、笑える所も多いし、場面転換…というか、古代ローマ... [続きを読む]

受信: 2014/05/08 13:37

» テルマエ・ロマエII [心のままに映画の風景]
古代ローマ帝国。 平たい顔族(日本人)のアイデアを採り入れ、斬新なテルマエで評判となったルシウス(阿部寛)は、ハドリアヌス皇帝(市村正親)からグラディエイターたちを癒すテルマエを建設するよう命じられる。 またもや現代の日本へタイムスリップしたルシウスは、風呂雑誌のライターになった真実(上戸彩)と再会を果たすのだったが…。 古代ローマの浴場設計技師が現代の日本へタイムスリップす...... [続きを読む]

受信: 2014/05/10 12:35

» 『テルマエ・ロマエ?』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ?」□監督 武内英樹 □脚本 橋本裕志□原作 ヤマザキマリ□キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、市村正親■鑑賞日 4月27日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0...... [続きを読む]

受信: 2014/05/10 23:12

» 映画「テルマエ・ロマエII」 [FREE TIME]
映画「テルマエ・ロマエII」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2014/05/12 00:23

» テルマエ・ロマエII  監督/武内 英樹 [西京極 紫の館]
【出演】  阿部 寛  上戸 彩  北村 一輝  宍戸 開 【ストーリー】 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウスは、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこ...... [続きを読む]

受信: 2014/05/24 00:53

» テルマエ・ロマエII [単館系]
テルマエ・ロマエII ユナイテッド・シネマ浦和 4/26公開 ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、 剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、 またもや現代の日本へタイムスリップ。 そこで風呂雑誌の記者になっていた真実(上戸彩)と再会を果たすも、 やがてローマ帝国を二分する争いに翻弄(ほんろう)されるこ...... [続きを読む]

受信: 2014/05/25 22:05

» テルマエ・ロマエ? [映画的・絵画的・音楽的]
 『テルマエ・ロマエ?』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前作はDVDで見ており(注1)、本作(注2)も当初パスするつもりでしたが、時間に余裕ができたにもかかわらず他に見るべきものが見当たらなかったので、次善の策として映画館に入ったものです。  本作の時代...... [続きを読む]

受信: 2014/05/28 21:28

« 「終物語(下)」西尾維新/著 | トップページ | 「プリズナーズ」みた。 »