« 「ソウルガールズ」みた。 | トップページ | 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」みた。 »

2014/01/31

「アメリカン・ハッスル」みた。

American_hustle

第86回アカデミー賞では作品賞等10部門でノミネートされている話題作。
1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化したもので、詐欺師とFBIがタッグを組んだ”おとり捜査”で真相を暴いた実話をもとにした作品。
何より俳優陣が豪華だし、騙し騙されであれば『アルゴ』のような高揚感も得られようかと楽しみにしていた作品だったのだが・・・あれ?

なんだか思い描いていたものとは全然違っていた。勧善懲悪とまではいかないものの、額面どおりに腐った政治家をギャフンと言わせるストーリーであれば愉しく観られただろうし、そういうものだと思っていたのだけれど、なんだか見ている間中、居心地が良くないというか、嫌悪感すら湧いてくるというか、あのまま後味まで悪いまま終わってしまったらどうしようって本気で心配になってくるものだった。
まぁ最終的には、なんとか後味の悪さをもたらした大元だけは覆してくれたのだけれど、どんでん返しが決まったような爽快感までは得られないものだった。

個々の役者さんは誰もかれもが素晴らしいんだけどね。
特にクリスチャン・ベールの役作りの徹底っぷりは凄いの一言。『ザ・ファイター』の時もヤク中加減を醸し出すために髪の毛を抜いたり歯並びを弄ったりという話だったが、今回のバーコードハゲっぷりも本物だろうか?ブヨブヨポンポコリンのお腹には「これがあの”ブルース・ウエイン”だった人?」と幻滅感すら覚えたりして。
エイミーも大胆ファッションに気合いを感じたし、ブラッドリーもジェニファーも渾身の芝居で魅せてくれた。微妙な髪型のジェレミーも良かった。

けれど、やっぱり気持ちの良い映画が好きだなと思う。
普段あまり映画を見ない方には、アカデミー賞10部門ノミネートの肩書だけで見ないようにと忠告したいかも。

好感度:★★★++

結局オチが分からないまま話を終えてしまった氷上の釣りの話。どんな教訓だったのか、すっごくオチが知りたいんですけど。

|

« 「ソウルガールズ」みた。 | トップページ | 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」みた。 »

コメント

「アルゴ」のような作品を期待していると、肩透かしとなりますよね。

キャスト陣が魅力でしたが、ストーリー展開は小難しく…。
一応、痛快なラストではあったけれど…。

そうそう、氷上の釣りの話のオチ…同じく気になりましたね。

投稿: BROOK | 2014/01/31 19:52

■BROOKさん、こんにちはsun
詐欺師とFBIの一致団結した共闘ものと思っていたが間違いでした。
ついていけない話ではないものの、「何かが違う」「気持ち悪い」って展開でした。
それだけにラストには救われたけれど。

それにしても「オチ」は知りたいですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/01/31 20:42

『ヒューゴの不思議な発明』と同じく宣伝に問題ありかも知れませんね。
まぁこの手の作品は宣伝が難しいものですが、そこを何とかするのがプロのはず。

ともあれ、これは見る人を選ぶ作品でしょうね。

投稿: にゃむばなな | 2014/02/01 17:30

■にゃむばななさん、こんにちはsun
予告編、あんまり見ていなかったのだけど、ミスリードの仕方がずれていると、鑑賞中の感触が全然違ってしまうから困ります。
最初からヒューマン系とあれば心構えも違っていたのに・・・。

スッキリしない後味はひとえに勘違いからだと思うと悔しいかも。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/02/02 09:48

こんにちは♪

>騙し騙されであれば高揚感も得られようかと
 楽しみにしていた

ですね~、全く持って右に同じです。
どの計画も緻密なようで緻密ではなかったしコ
レといった伏線もなしでしたよね。
「スティング」のような展開を期待したんすけ
ど愛憎劇中心だったことで肩透かしってぇとこ
ろだし、その愛憎劇にも巧くのれずでした…。
r(^^;)

投稿: 風情♪ | 2014/02/02 10:37

たいむさん☆
私も同感です。
ちょっとアカデミーノミネート作品という目で観たのが失敗だったのかもしれませんが。
豪華俳優を揃えすぎたのも敗因かも。
髪の毛は抜いたのだそうですが、驚きの変貌ぶりに目を奪われすぎちゃって、その分お話が驚けませんでした。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014/02/02 22:39

■風情♪さん、こんにちはsun
うまい具合に予想をはずしてくれるのは気持ちが良いけれど、私も逆効果だったです。
「世界に・・・」と同じく、人間臭いドラマでヤヤ癖があるって思ってみれば違っていたのかも?とか。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/02/03 09:16

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
アカデミーノミネート作品の肩書は絶大ですからねぇ。
概ねハズレはないのだけれど、好みという点ではやっぱりね。しかも予告編がアレで、去年の「アルゴ」効果が残っていることもあって、気持ち的に失敗でした。

ベイルのアレは本物ですか!!役者魂に頭が下がりますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/02/03 09:18

GG賞はコメディ部門だったし、いくら時代と言ってもあの男性陣たちのヘアースタイルはギャグじゃんと思っていたから、逆に「アルゴ」のような騙しは頭になく、単純な笑いを期待してた(爆)
それが良かったのかなー。
私はとっても楽しめました。
キャラが多いから、多少の散らばりはあったけど、善であるはずのFBIが一番イカレてる皮肉が面白かったです。

投稿: オリーブリー | 2014/02/03 17:51

■オリーブリーさん、こんにちはsun
うんうん、日本で言えば昭和の香りがするファッションはそれだけで笑えます。
ジェレミーなんか、失礼ながら、なだぎ武のディラン(消臭力のCM)とか思い出しちゃった。

勘違いがあったんで、ヤバイ展開に良心がうずく感じで居心地が悪かったのだけど、途中からでもブラック系のコメディと捉えることが出来たら違っていたかも。

>善であるはずのFBIが一番イカレてる
全くです。
その先の逆襲がオチだと見抜けなかったのが敗因かなぁ。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/02/04 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/59044820

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカン・ハッスル」みた。:

» 劇場鑑賞「アメリカン・ハッスル」 [日々“是”精進! ver.F]
最後に笑う者、泣く者は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401310001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/AMERICAN HUSTLE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別) 【送料無料】アメリカン・ハッスル 上 [ ロバート・グリーン ]価格:882...... [続きを読む]

受信: 2014/01/31 19:50

» 『アメリカン・ハッスル』 [こねたみっくす]
人は信じたいものを信じる。 詐欺師コンビがFBIに捜査強力して大物政治家を罠に嵌める爽快感はないものの、最後の最後で巧いこと詐欺師に騙されたというニンマリだけは確実に残る ... [続きを読む]

受信: 2014/02/01 17:33

» 映画『アメリカン・ハッスル』観たよ〜 [よくばりアンテナ]
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、 アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。 まずは1本目。 詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。 実話を脚色したってことらしい。 期待してなかったからなのか、面白かった(*´∀`*) クリスチャン・ベイルの演技がお見事で目が離せない。 ターゲットの市長とホ...... [続きを読む]

受信: 2014/02/01 20:08

» アメリカン・ハッスル [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  サスペンス&犯罪  監督:デヴィッド・O・ラッセル  出演:クリスチャン・ベイル      ブラッドリー・クーパー      エイミー・アダムス      ジ ... [続きを読む]

受信: 2014/02/02 10:22

» 「アメリカン・ハッスル」 自分騙し [はらやんの映画徒然草]
ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされている [続きを読む]

受信: 2014/02/02 21:20

» 「アメリカン・ハッスル」一九分けの下にある真実 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
うーん、これがアカデミー賞6部門ノミネートなの? だとしたら、このCGで嘘ばかりの現代に、見事な肉体改造で醜く挑んだクリスチャン・ベイルへのご褒美というところか。 最後まで続く騙し合いの誰を信じてよいのかわからないモヤモヤの中で、真実はこのブヨブヨの体とハゲ散らかした頭だけ。... [続きを読む]

受信: 2014/02/02 22:40

» アメリカン・ハッスル [心のままに映画の風景]
アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師だったが、ある時、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されてしまう。 アーヴィンとシドニーは、無罪放免を条件に、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするというおとり捜査の協力を持ち掛けられる。 カーマイン市長(ジェレミー・レナー)に近づくと、...... [続きを読む]

受信: 2014/02/03 17:41

» 『アメリカン・ハッスル』 [時間の無駄と言わないで]
クリスチャン・ベイルが何か物凄いコトになってる映画。 こんなに笑い所の多い作品だとは思わなかったわ。 主要人物のヘアスタイルが一九分け、パンチ、巨大リーゼント。 ヒロ ... [続きを読む]

受信: 2014/02/04 00:54

» みんな自己中。『アメリカン・ハッスル』 [水曜日のシネマ日記]
政治家などの収賄スキャンダル事件を題材にしたサスペンスドラマです。 [続きを読む]

受信: 2014/02/04 12:40

» アメリカン・ハッスル / American Hustle [勝手に映画評]
実話を下にした作品。って言うか、作品クレジットでは“いくつかの事実を含む”と言う感じでしたかね(笑)。ちょっと、脚色が強かったと言うことでしょうか。 下敷きとしたのは、1979年にアメリカ政界に巻き起こったアブスキャム事件。詐欺師グループをおとり捜査に使ったと...... [続きを読む]

受信: 2014/02/04 22:57

» 「アメリカン・ハッスル」一九分けの下にある真実 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
うーん、これがアカデミー賞6部門ノミネートなの? だとしたら、このCGで嘘ばかりの現代に、見事な肉体改造で醜く挑んだクリスチャン・ベイルへのご褒美というところか。 最後まで続く騙し合いの誰を信じてよいのかわからないモヤモヤの中で、真実はこのブヨブヨの体とハゲ散らかした頭だけ。... [続きを読む]

受信: 2014/02/05 09:51

» 映画「アメリカン・ハッスル」 [FREE TIME]
映画「アメリカン・ハッスルを鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2014/02/05 22:55

» 映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、...... [続きを読む]

受信: 2014/02/07 05:18

» アメリカン・ハッスル [映画的・絵画的・音楽的]
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...... [続きを読む]

受信: 2014/02/14 20:50

» アメリカン・ハッスル/AMERICAN HUSTLE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 70年代後半に実際に起った汚職スキャンダルを基に、FBI捜査官に捜査協力を依頼された天才詐欺師が 政治家たちにオトリ捜査を仕掛けていくドラマ。 3月発表のアカデミー賞にて、作品賞含む最多部門で...... [続きを読む]

受信: 2014/02/20 01:56

» 映画「アメリカン・ハッスル」詐欺師の起死回生の一矢 [soramove]
映画「アメリカン・ハッスル」★★★★ クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、 エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、 ジェレミー・レナー、ロバート・デ・ニーロ出演 デヴィッド・O・ラッセル 監督 138分、2014年1月31日公開 2013,アメリカ,ファントム・フィルム (原題/原作:AMERICAN HUSTLE) > <リンク: [続きを読む]

受信: 2014/02/22 09:38

» [映画][☆☆☆★★]「アメリカン・ハッスル」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督、「ダークナイト」シリーズのクリスチャン・ベール主演。1970年代後半に起こった汚職スキャンダル「アブスキャム事件」を基にした、クライムストーリー。 ちなみにタイトルに使われている「ハッスル(H... [続きを読む]

受信: 2014/02/23 21:58

« 「ソウルガールズ」みた。 | トップページ | 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」みた。 »