« 『3月のライオン(9)』羽海野 チカ (作) | トップページ | 「レッド・ドーン」みた。 »

2013/10/06

「ランナウェイ 逃亡者」みた。

The_company_you_keep

ロバート・レッドフォード監督・主演の社会派サスペンス作品。
それにしても、原題は『The Company You Keep』なのに、どうして「逃亡者」なんて邦題にしちゃったのか。「逃亡者」といえば、やっぱりハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズを彷彿しちゃうんだよね。
確かに主人公:ニックは”逃亡者”ではあったけれど、この映画はスリリングな追跡劇でのハラハラドキドキを楽しむようなものではない。見ごたえのある作品だけに、もう少し上手い邦題をつけられなかったものかと勿体無く思ってしまった。

1960年代の学生運動が盛んな時代、ベトナム戦争が引き金となって運動が過激化し、一部の学生たちがテロリストに変貌するといった実話を事の発端としてベースにした作品。
そのテロ集団”ウェザーマン”は連続爆破事件を最後にして忽然と姿を消すのだが、30年後、元メンバーの1人が逮捕されたことを切っ掛けに、野心家の若手新聞記者が過去の事件の真相を追い始めるというもの。

真実はともかく、シャイアくん演じる新聞記者:ベンは割とあっさり”ウェザーマン”のメンバーであるロバート演じる指名手配犯:ニック・スローンに辿り着くことになる。そこでニックは姿をくらまし、FBIに追われる”逃亡者”となるわけだけれど、そちらはただの流れでしかなく、あくまでもベンが物語のけん引役となって事件の真相から真実にたどり着くまで見どころとなる。(とはいえ、真実については見ている側には早々に大ヒントが与えられているので意外性はないのだけれど)。
その中でもベンと逮捕された元メンバーのシャロン・ソラーズの緊迫した会見のシーンが印象深い。本当の意味でそこから動き出したというところでもあり、そこで一気に惹き込まれた。
それでもスクープ至上主義体質で表面上の正義風を吹かすだけのベンのしつこさはウザく感じられるばかりだったけれど、真実にたどり着いた後、ニックによってグサリと刺された釘の意味を熟考して出した結論は記者としてのベンの成長を感じさせるものだった。
人間社会では、知らないほうが良いこととか、正論だけが正しいわけではないとか、やっぱりあるんだよね。

平均年齢が高くてベテラン揃いというところからも、概ね穏やかな雰囲気で進行していく展開。言葉がなくても伝わってくるようなベテラン同士のやり取りはどこも見ごたえがあったけれど、シャイアくんも負けないだけの存在感を主張できていたと思う。

何がってほどのことはないのだけれど、良い作品だったと思う。あえて音声をカットしたラストシーンも想像が膨らむもので良い余韻となった。

好感度:★★★★

|

« 『3月のライオン(9)』羽海野 チカ (作) | トップページ | 「レッド・ドーン」みた。 »

コメント

結構批判的なレビューが目立ち、鑑賞前はちょっと不安でしたが…
いざ上映が始まると、一気に惹き込まれました。
かなり面白かったです♪

そうそう、ラストの音声がカットされてのシーンは非常に良かったですよね。
ああいった演出、かなり好きです!

投稿: BROOK | 2013/10/08 15:09

■BROOKさん、こんにちはsun
そうですか、あまり評判良くないんですか、これ。
私は熟年による落ち着いた展開が嫌いじゃないですけど。

父娘の再会シーン。大げさに抱き着くこともなく、何を話しているのかはわからないまま、やがて歩き出してだんだん遠ざかっていくのをしみじみ見つめちゃってました。よいですよね、あの終わり方は。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/10/08 16:20

レッドフォード大好きだったので、
主演で幼い子供のいる設定に、ちょっと迷いましたが
観ておいて損はない秀作でした。

ただ、どこまでが事実かと言うことを全く知らなかったので、途中までは「大統領の~」の再来か・・と思ったり。

でも、脇が豪華でほんとうに見ごたえありました。

邦題・・・ひどすぎですね。

投稿: mariyon | 2013/10/10 11:02

こんにちは。

とにかく、この豪華メンバーを見るだけでも損のない作品でした。
シャイア君、良かったですよね。
そうそう、あのウザさがね~若さありきって感じで(笑)

確かに、邦題はちょっとジャンルが違うと思った。
でもこの原題だと、観客の興味を引く表現にするのも難しそう。

老けちゃったけど、レッドフォードっていつまでもレッドフォードだな~と思います(意味分かる?笑)

投稿: オリーブリー | 2013/10/11 11:54

■mariyonさん、こんにちはsun
そうですね、どこまで事実を取り上げたものなのかいまだにわかってませんが、私は基本的に時代設定以外は概ねフィクションと思ってみてたので違和感はなく。

評判はともかく、豪華な脇役陣は見ごたえあったし、中身も悪くないと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/10/11 15:59

■オリーブリーさん、こんにちはsun
ベテラン揃いの渋さ、見ごたえありました。
シャイアくん、なんとなくヒーローよりもねちっこくて往生際の悪いウザい役が似合いそうって思っていたけど、ばっちりでした。
実際も役どころもジジババに囲まれながらよく健闘してましたよね。

>レッドフォードっていつまでもレッドフォードだな~
ちょっと世代が違うけれど、言っている意味はたぶん、わかる、かな?(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/10/11 16:10

こんばんは~♪
後にも先にも、レッドフォードらしい雰囲気に終始していた
作品という感じですよね~。
スーザン・サランドン以外は、やっぱりもう一世代若くして欲しかった(笑)
やっぱり経過年数とか、数字が出てくるんだもの、
最後までそのシニアなキャストと子供たち(孫にしかみえない)に違和感が~bleah

投稿: kira | 2013/10/26 20:52

■kiraさん、こんにちはsun
>後にも先にも、レッドフォードらしい雰囲気
まぁ良い意味で分かりやすかったです。
でも、やっぱり年齢的な厳しさは否めず。
いくら自分でやりたい事でも、内容的に主演は考えても良いかもですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/10/27 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/58331690

この記事へのトラックバック一覧です: 「ランナウェイ 逃亡者」みた。:

» 劇場鑑賞「ランナウェイ 逃亡者」 [日々“是”精進! ver.F]
全てを懸けてでも、守りたい存在のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310080001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送料無料】ランナウェイ/逃亡者 [ ニール...... [続きを読む]

受信: 2013/10/08 15:08

» ランナウェイ/逃亡者 [心のままに映画の風景]
1969年、ベトナム戦争反対を訴える過激派グループ“ウェザーマン”は、政府機関への襲撃などその活動を先鋭化させ、FBIの最重要指名手配犯となるが、ほどなく彼らは忽然と姿を消す。 30年後、元メンバーのシャロン・ソラーズ(スーザン・サランドン)が逮捕され、地元紙の野心的な若手記者ベン・シェパード(シャイア・ラブーフ)は、弁護士ジム・グラント(ロバート・レッドフォード)を取材する。 ...... [続きを読む]

受信: 2013/10/11 11:48

» ランナウェイ 逃亡者 / The Company You Keep [勝手に映画評]
実話を下にした作品。 へぇ。シャイア・ラブーフって、こう言う演技もできるんだ。ロボット生命体に引きずり回されていたり、女の子をチャラチャラ追いかけているだけじゃ無いんですね。でも、そのイメージが強くて、ちょっとこう言う硬派な役回りには、ちょっとだけ違和...... [続きを読む]

受信: 2013/10/11 22:04

» ランナウェイ/逃亡者 [だらだら無気力ブログ!]
アナ・ケンドリック目当てで観に行ったのに、アナ・ケンドリックの出番少ねぇ。 [続きを読む]

受信: 2013/10/13 22:12

» ランナウェイ/逃亡者 シニアな豪華俳優陣のせいで大混乱 [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【57うち今年の試写会6】この映画は試写会が当選していたのに、仕事関係の飲み会へ急に拉致されたせいで観に行けなかった映画。  1969年、ベトナム戦争反対を世に訴えるために連続爆破事件を起こした過激派組織ウェザーマンはFBIの最重要指名手配リストに記載された後、突如消息を絶つ。30年後、元メンバーの一人(スーザン・サランドン)が警察に捕まる。再び話題を呼んでいる事件を調査する新聞記...... [続きを読む]

受信: 2013/10/18 13:15

» ランナウェイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ランナウェイ 逃亡者』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)ロバート・レッドフォードが、監督のみならず久々に出演もする作品(2007年の『大いなる陰謀』以来)だというので、映画館に行きました(注1)。  本作は、妻を交通事故で亡くしていたにもか...... [続きを読む]

受信: 2013/10/18 21:36

» 『ランナウェイ/逃亡者』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ランナウェイ/逃亡者」 □監督 ロバート・レッドフォード □原作 ニール・ゴードン □キャスト ロバート・レッドフォード、シャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、       スーザン・サランドン、リチャード・ジェンキンス、...... [続きを読む]

受信: 2013/10/19 07:26

» 映画:ランナウェイ/逃亡者 The Company You Keep 社会派には珍しい、豪華出演陣に大満足しつつ... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
俳優というより最近は「社会派監督」が先にくる ロバート・レッドフォード。 「大いなる陰謀」以来5年ぶりに、主演 兼、社会派監督ぶりを発揮。 2003年 ニール・ゴードンによる小説の映画化。 ベトナム戦争反対のうねりが社会現象になった1969年。 「ウェザーマン」...... [続きを読む]

受信: 2013/10/19 08:51

» ランナウェイ/逃亡者 [to Heart]
原題 THE COMPANY YOU KEEP 製作年度 2012年 上映時間 122分 脚本 レム・ドブス 監督 ロバート・レッドフォード 出演 ロバート・レッドフォード/シャイア・ラブーフ/ジュリー・クリスティ/サム・エリオット/ブレンダン・グリーソン/テレンス・ハワード/リチャード・ジェ...... [続きを読む]

受信: 2013/10/24 13:17

« 『3月のライオン(9)』羽海野 チカ (作) | トップページ | 「レッド・ドーン」みた。 »