« 「PSYCHO-PASS 」はどこまで続く? | トップページ | 「ウルヴァリン:SAMURAI」みた。 »

2013/09/12

映画以外にも色々あるんですが。

なんだか映画やアニメ以外のアップって久しぶり。
特に公開したい話題がないというか、わざわざ記事にしようと思わなくなったというのもあるんだけど、「折角なのに」という気持ちがまだ残っていないこともないんだよね。
パソコンも新調して、WIN8にはやや苦戦しつつも、スペックアップからサクサク動くマシンは快適だし、何もないなんてことは決してないのだから。

ということで、その”折角”を報告。

先日、相棒と一泊で函館に行ってきた。
行きは札幌から車でのんびり一般道を5時間くらい?まずは定山渓方面へ向かって、羊蹄山近辺?洞爺湖の山側?を回って長万部へ抜け、そのまま海沿いひた走る、そんな感じ。
いかにも”北海道らしい”風景を見たかったが、実は丘に連なる一面の畑とか、牛の放牧場とかはこっち方面にはあまりないらしい。どこへ行ってもそうした風景が見られると思ってた認識は改めないといけないようだ。広大な北海道はまちがってもひとくくりにはできないってね。
けれど、聞いたことのある地名につくたびプチ感動。おかげさまで「マッカリ村」や「オシャマンベ」で喜べる世代ですから。またスキーでおなじみのニセコやルスツ。でもルスツは”留寿都”でカタカナではなかったと初めて知ったりも。

小高い丘(山?)の上に見たことがあるっぽいリゾートホテル。初めて来たのにこの既視感は何かと思えば、2008年”洞爺湖サミット”の会場だと気がついた。(裏側だから湖はひとっかけらも見えなかったが)。そこからしばらく走ったら柵のなかに馬が見えた。牛はたまに見ることがあったが、馬は初めて。しかも「サラブレッドっ!」と思ったら、そこはメジロ牧場だった。競馬はしないけど、知っているというだけで高揚しちゃうものだ。(停車してまで写真を撮ろうとしないあたりが守備範囲外なんだけど)。
北海道の広大さには高速道路が欠かせないけれど、こういうことがあるのが下道の醍醐味ってものだ。

Goryoukaku

そして観光客であふれる五稜郭へ。幕末から明治維新のドラマや映画などでおなじみではあるが、つい最近アニメ『薄桜鬼-碧血録』を見たおかげで歴史的背景が記憶に新しく、妙に親近感が湧いた。土方さん・・・。
本当に日本の”ペンタゴン”。タワーに昇ればなんとなく星形に見える。(ちゃんと中も散策してきたけれど、入ってしまえば形はわからないし、特別なにがあるというわけでもなく)。

やはり函館といえば夜景、ということで夜まで休憩。ただしこの時期夜間は自動車での乗り入れがNG。あいにく雨も降ってきたため、行きは頂上まで安価なバスを利用。(帰りはロープウェイで一気に下りてバスを乗り継ぎ)。4合目あたりと7合目あたりから一瞬広がる景色に早くも感動。ロープウェイは早くて便利だけど、高額なうえずっと同じ景色しか見られない。しかも窓際をゲットしなければ意味がない。対してバスはグルグル山を回り込み、いろんな角度から見下ろせるところが良い。

Hakodateyamayakei

函館山山頂は観光客がごった返し。さらに強風&雨のため撮影もなかなかうまくいかなかったが、何とかベストポジションを陣取ってカシャリ。 (それでもピンボケはご愛嬌)
Hakodateyamahiruちなみに翌日には車でもう一度山頂へ。昼間は眼下に点在する観光名所を地図で見るように見つけられちゃう視界の良さだ。教会群なんて近い近い。ひと手間になるけど個別訪問する前に上から全体図を確認すると感慨もひとしおになるかも。今回は残念な曇り空ではあったけれど、逆サイドではうっすら津軽半島や下北半島も確認できたしね。

Kanemoriakarennga

ショッピング&グルメということで、「金森赤レンガ倉庫」へ。
函館山から見た左側の湾の手前あたりに位置しているのだけど、こちら側から函館山を見るとこんな感じ(←)
このレンガ倉庫の一つ一つに複数のショップが入居しており、接続はされているものの全部を見て回るとそれなりに大変。
まぁ中身は飲食店のやら、水産物スーパーやら、名物・土産物やら、ガラス製品やら、オルゴール館やら、どこの観光地にも有り勝ちなラインナップだったけど。

ランチには地ビールを堪能したかったところだが、長旅の運転手を横目に一杯はさすがにできないので、函館№1のB級グルメと名高いらしい”ラッピ”こと「ラッキーピエロ」へ。ちょうど30万人突破記念をやっていて”オリジナルキャンディセットとロゴの缶バッチ”をいただいた。まさにラッキー♪ お味はといえば、一番人気というセットを頼んでみたがB級グルメはB級グルメ、普通に美味いといったところ。

帰りはほぼ高速道路を利用。しかし地形に沿って苫小牧経由となるため行きより距離が100km近く長くなるのだから時間はあまり変わらないんだよね。ドライバーがちょっぴり楽なだけで。(眠気との戦いもあるが)。

往復1000km当たり前のような北海道。改めてそのデカさを痛感した旅だったかも。

|

« 「PSYCHO-PASS 」はどこまで続く? | トップページ | 「ウルヴァリン:SAMURAI」みた。 »

コメント

こちらにもお邪魔します。

日帰りコースですが、盆休みを利用して自分も函館にはたまに行ってますね。目的は主に駅周辺での食べ歩きなんですけども、やはり何度言っても飽きなくてw
あと五稜郭も駅から結構近いのでタクシーを使って時々行ってますけど、それもまた目的はタワーの近くにある『ラッキーピエロ』でもあったりで・・(どんだけ食い意地張ってるのやらw)

ただタワーも頂上からペンタゴンを見れば絶景ですけど、郭内は正直自分も『1回行けばいいかな・・』という感じ^^;
タワーの1階のグッズ販売で薄桜鬼関連でも置けば集客も増えると思うんですけどねぇ?・・・ちなみに自分は千鶴ちゃんが好き♪


でも札幌~函館までゆったり5時間ということは、青森からだと倍くらいは掛かりそうですね。さすがにそれじゃ日帰りは無理そう・・。函館にはまだ飽きてませんけど、毎回『函館止まり』というのもアレなのでそろそろ奥の方にも進出しようかなと思ったんですが・・・やっぱり飛行機使った方が早いかもしれませんねコリャw

投稿: メビウス | 2013/09/16 22:33

■メビウスさん、こんにちはsun
やはり北海道はデッカイドーです。
本州では5-6県にまたがるところ一纏めって大丈夫か?って改めて思うところですし。

JRだと函館が入口だし来やすいのかな?
メビウスさんのとこなら、海の幸なら地元でも十分のような気もしますが、「函館ブランド」ってやつかしら(笑)
駅周辺は朝市はじめ一回りしましたが、どこも似たり寄ったりで、客引きもややしつこめだったので私的には不評でした。値段も意外に高いしね。
飽きないといわれるメビウスさんは良いスポットとかご存じなのかなぁ~。

>タワーの近くにある『ラッキーピエロ』
真ん前にありましたね(^^)
修学旅行生であふれていたので、そこはスルーしましたが。
それにしても函館の主な観光名所付近には必ず有りそうなんだけど、どうして函館駅前にはないのかしらね(笑)

>1階のグッズ販売で薄桜鬼関連
わずかながら薄桜鬼グッズは見かけたように思いますよ。新選組関連で「誠」のノボリとかはタワーの上にもありましたし。でも基本的に五稜郭は土方さんだけですし、需要は少ないのかも。


>千鶴ちゃん
女の子は彼女しかいないじゃないですか!
いい子だけど、女子的にはちょっとうざい(笑)
もともとは腐女子向けのゲームなんですよね?自分が千鶴に成り代わって、あの中のだれかとラブラブみたいな・・・(^^;
あえてそういう意味で選ぶなら、私も土方さんだけど(笑)
・・・というか、ロックオン?(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/09/17 17:29

おぉ!函館山登頂&夜景、ご覧になったのですね~☆。
何がどこにあるかはっきり見えるという事は、とっても澄んだ空気なのでしょうね。
私が行った時は強風のためロープーウェイが動かず、諦めたのですが、バスがあったとはっ!。。。
次回は、バスでリベンジします。

ラキピも行かれたのですね。
あそこでは、チャイニーズバーガーが美味しかった記憶が…。
ハセストのやきとり弁当もなにげに好きです。
五稜郭、超近代的な建物ですよね?。びっくりでした。

金森倉庫…。金森美術館がまだあったらよかったのに…。
バカラのすんごいのが間近で鑑賞できたのです。
北海道のどこかにもし移転していたら、超おすすめです。

投稿: みぃみ | 2013/09/19 15:09

■みぃみさん、こんにちはsun
はい!行ってきましたよ~
一度は見ておいて損のない光景でした。

>とっても澄んだ空気
まぁそういうことになるのかもしれませんが、常に海風が通り抜ける幅でしかないですからね、霞むほうがどうかしているような?
それに函館山って標高334mで東京タワー程度しかないんです。なので遠くはともかく足元なんてばっちり見えて当然かもしれません(^^;

バスはたまたま駅前から直通が出ていたので乗ったみたいな感じでしたが、意外とバスのほうが面白いかもしれません。多少は時間もかかりますが、ロープウェーの混雑と待ちを思えば大差なく、おすすめかもしれません。

>チャイニーズバーガー
そうそう、それ食べました。
甘酢アンのから揚げバーガーは本州では見かけませんよね。
やきとり弁当は知らなかったなぁ。次回があれば、食べ損ねた函館ラーメンとそれを目標にしたいかも。(美味しい焼き鳥好きデス♪)

それにしても、みぃみさん函館にお詳しいですね。旅好きでしたっけ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/09/19 19:41

再び、こんにちは♪。

函館、ほんの一度の来訪ですので、詳しくないですよ~。
バスの事も函館山の高さも知らなかったですしΣ(ノ≧ڡ≦)。
たいむさんに、いい情報いただけ、得した気分です。
(次はバスで、と決意中:笑)

んっと、ハセストのやきとり弁当は、やきとりと銘打ってますが、豚さんです。
焼いた豚さんです。豚さんが焼き鳥みたいに串にささってます。
味は、焼き鳥お好きなら、大丈夫かと思いますので、
よろしければぜひ☆。

私も焼き鳥好きです~。
実はね、近所にラーメンと焼き鳥のとっても美味しいお店があるのです。
香川来訪の際は、ご一報いただければ、お店情報お伝えいたします~。

投稿: みぃみ | 2013/09/20 14:52

■みぃみさん、こんにちはsun
再訪&補足感謝♪
あはははは、ヤキトリとは豚串のことでしたかhappy02
何分北海道に来てまだ日が浅いものですから。。。
確かにスーパーの肉コーナーにも一見”ネギマ”のようなヤキトリ風串がいっぱい並んでいるのですが、よく見ると”角切り豚&ネギ”なんです(笑)
でも、こっちの豚丼は美味しいですし、やきとり弁当もきっとうまいに違いないっ!

>香川来訪
うぉ~~~
実は、四国はいまだに上陸したことがないんですよ。
何年か前に広島までは行ったのですが。
機会があったらぜひ訪問したいところです。
讃岐うどんも大好きです!

投稿: たいむ(管理人) | 2013/09/20 17:40

えっと。こちらにもコメントしようと思っていました。(汗)
函館生まれなんですが、昔とはずいぶん変わってしまって、なんだか情緒が…。朝市は、地元の人間は行きませんね>割高感。デパートの地下食料品売り場でも、もう少し感じが良いです。
夜景も昼景も、よいアングルで撮れてます!Good!
元町から函館山には、徒歩で登れます。登山道を行かず、直進道(あるのです)だと15~20分くらいで登れます。ハイヒールでは無理ですが。(汗) 街中のちょっと寂れた感じのお店が、結構良かったりするのですけどねぇ。
隠れ家的洋食レストランなんかがチラホラできていて、案外繁盛しているようです。老舗洋食レストランは、「五島軒」(ごとうけん)てのがあります。そこは、変わらないな。お土産に魚とか野菜とか購入するなら「自由市場」(函館・新川町)が良いです。地元の人も御用達です。

北海道は広すぎて、産業もさほどなく、広さの割に人口少なくて、道(どう)としての経済は厳しすぎて。JR北海道、こんなに事故っちゃマズイけど、無理もない、と言えるものがベースに横たわっているような気もする、北海道産人ですた。

投稿: あかん隊 | 2013/10/04 23:40

■あかん隊さん、こんにちはsun
アドバイスありがとうございました。
温泉は無理でしたが、おすすめスポットは逃さないように頑張りましたw

やっぱり朝市は観光客目当て商売になってますよね?「値段見て逃げないでよ~。当たり前なんだから話だけ聞いてって」ってしつこい呼び込みがイヤでした。

>夜景も昼景も、よいアングルで撮れてます!Good!
えへへ、写真を学んだ方にそういっていただけると嬉しいなぁ。
もう少し天気が良ければ良かったのだけど。

>元町から函館山には、徒歩で登れます。
昼の時は登っている人、何人か見かけました。高さ的には”朝飯前”ですよね。
マジで朝めし前に登ろうとは思いませんが(笑)

>「五島軒」
レトルトカレーで知ってます!
ちょっと気になったのだけど、1泊2日の少ない食事回数では組み込めず・・・。

>JR北海道
ちょっと悲惨ですね。函館市は大得意さんでなくてはならないものでしょうし、しっかりとした立て直しから、立ち直って欲しいものです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/10/06 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/58179035

この記事へのトラックバック一覧です: 映画以外にも色々あるんですが。:

« 「PSYCHO-PASS 」はどこまで続く? | トップページ | 「ウルヴァリン:SAMURAI」みた。 »