« 「丕緒の鳥 十二国記」読んだ。 | トップページ | 「ハングオーバー!!! 最後の反省会」みた。 »

2013/06/29

「真夏の方程式」みた。

Main_large

『容疑者Xの献身』に続く《ガリレオ》シリーズ劇場版第2弾。
今回は湯川が仕事先で遭遇した変死体事件に心ならずも関わることになり、そこからとある家族が必死に守ってきた重大な秘密に触れてしまうことになる・・というもの。そこで真実は明らかになるが結論はあってないような、だからこそ湯川は未来を考えて最善と思われる方を選択するという話。
「容疑者・・」と同じく、シリアスよりに作られているところが劇場版らしい重厚感を出しており、無関係ではないものの管轄外から必要以上に警視庁の岸谷が絡まなかったのも良く、纏まっている映画と思う。

原作は未読。だから犯人もトリックも何も知らないままの鑑賞だったが、予告編を見る限りでは、おそらくキーマンになるのは”子供”なのだろうと想像していた。そしてそれは当たらずとも遠からずといったところで、このままではなんとも良くない後味を感じさせる方向へ進み始めた。
でも、さすがというのか、現場を調べることで導き出された仮説を確信した湯川の対応は早く、真実は真実として慎重に事を運ぶことで、真相の発覚を抑え込み、出来うる限りの時間的猶予を作り出した。大人の義務と責任そして愛情から子供に手を差し伸べる湯川には救われる思いがした。

「愛する人を守るため」の自己犠牲という部分では『容疑者Xの献身』と同じような事件だった。その際に第3者を犠牲にするところも近いものがあった。けれど思慮が浅く自己中心的としか言えない今回の容疑者にはまったくの感慨も浮かばないところが大きく違っていた。
殺されてしまった元警視庁の刑事も「今更事件を掘り返す気はない」と言いつつ何をどうしようと思って島にやって来たのか、何故こんなにも時間が掛ったのか。
原作では違うのかもしれないけれど、この映画では、犯人あてもトリックもそれほど重要ではなく、ひとえに湯川という大人による少年の救済を眩しく見せるためだけに作られたようにも感じられなくもない。

「ハカセ、ハカセ」と湯川に妙に懐ついてしまう少年と、何度も繰り返されるペットボトルロケットの実験から本番で見せる美しい海底の様子、あくまでも物理学者というスタンスながら理科が苦手だという少年に食卓の身近な材料から手ほどきするところがとても楽しげで羨ましかった。
父親が「さっぱり分からない」と投げてしまった実験データを見つめるところからも、何事もなければこの少年はこのまま科学に目覚めて、やがては帝都大の湯川”教授”を目指しちゃうんじゃない?とか、思っちゃったりして。

楽しめたけれど、「容疑者・・」に比べたらインパクトは薄。いつもより人間臭くて情が見える湯川を楽しむ映画かと。

好感度:★★★++

|

« 「丕緒の鳥 十二国記」読んだ。 | トップページ | 「ハングオーバー!!! 最後の反省会」みた。 »

コメント

たしかに「容疑者Xの献身」の方がインパクトはあったと思いますね。
今作は湯川と恭平のやり取りが面白く、
トリック等は別段驚くこともなかったです…。

そうそう、美砂が必要以上に絡んでこなかったのは良かったです。

投稿: BROOK | 2013/06/29 17:59

■BROOKさん、こんにちはsun
岸谷は内海に比べてもガキ過ぎて生意気だし、ヘンに絡まなくて本当に良かったです。

子供嫌いの湯川が大丈夫だった恭平くんとのやり取りが愉しかったですね。
でも中身は前作とあまり違わなかった感じで、これなら「聖女」を劇場版にしても良かったかもとか思ったり。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/06/29 19:40

こんばんは♪
確かに前作よりはインパクトは薄いかもしれませんね。
でも切ないお話でした。
湯川センセと少年とのやりとりは微笑ましかったです。
アルミホイルは家に帰ってやってみました(笑)

投稿: yukarin | 2013/06/29 22:06

■yukarinさん、こんにちはsun
前回は堤さんの渾身の演技が良かったですしね。
もちろん今回も悪くはないのだけど、有耶無耶にしなければならないというのがどうしても引っ掛かるところで。

少年に幸あれですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/01 09:45

こんばんは。
自分も「容疑者Xの献身」の方がインパクトありましたが、今回の「真夏の方程式」も湯川の魅力や、複雑な事件の背景などを感じる事が出来ました。
物理の世界は、さっぱりわかりませんが、勉強になった部分も多かったです。

投稿: FREE TIME | 2013/07/04 00:40

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
今回の湯川センセ、良かったですよね。魅力的でした。

私も、物理は苦手になっちゃったけど、科学は嫌いじゃない。
習った先生の影響って大きいですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/04 10:19

たいむさん、こんばんは☆
コメントではチョーお久しぶりで~す:(;゙゚'ω゚'):
たいむさんもそうかもですが、最近は、PCに向かう時間が減って、自分の記事書くのと、コメつけてくれた方へのお返しでいっぱいいっぱい・・・気になりながら、中々お邪魔できませんでした。久々に時間が取れたので、今日は、ご迷惑かもですが、まとめて読ませていただきます♪
この作品の前に・・・

あれ~~いつのまにか道民になっちゃってる~(゚д゚)!
東京からますます遠くになっちゃいましたね(泣)
半永久的にですか?

さて、前置きが長くなってしまいすみません:(;゙゚'ω゚'):

たいむさんは、既読でご覧になったと思ったのですが、
未読とは意外でした。
こどもがキーマンになるって言うのは、さすがはたいむさんですね。私なんて、コミカルな部分の担当かと思ってしまいましたもん(苦笑)

「容疑者~」に比べると、やはりインパクトは弱かったですが、湯川博士の意外な1面も見ることができたのは良かったと思います。
いろいろと納得出来ない部分を自分なりに消化しましたが、やはり、恭平くんの将来は気になりました・・・
理科嫌いだった彼が、湯川博士目指してくれたら嬉しいですね♪

投稿: ひろちゃん | 2013/07/06 17:55

■ひろちゃん、こんにちはsun
貴重なお時間を私のために回してくれてありがとう!
私も気になっていたのですが、縮小営業中なので思いだす前にPC落してたりしてすっかりご無沙汰してしまいました。

東野作品は、実は一つも読んでません。
だってすでに映像化が多すぎるんだもん。
速いペースで次々出てますし、映像を楽しむなら読んでいない方が比較しないで素直に楽しめる分だけオトクな気がします。

子供はね~「この家族は全員が隠し事をしている」って台詞から、ならば子供が犯人では?って考えました。幼い子供の無自覚な犯行か、ほとんど事故のようなものか。
だから”少年”を守るために家族が嘘をついているって推測していたんですよね。
でも、そういう意味では真逆でしたねぇ。それどころか・・・って嫌な事件でした。
別の子供を守るためという部分では正解だったけど(笑)

実験は楽しかったですね。彼が罪に押しつぶされることなく、別のカタチで世の中に償いをしていくためにも、科学者の道に進んでくれたらって思うラストでした。

それから、道民も一時的なものかと。しばらくはいると思うけれど。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/07 08:41

容疑者Xでは男泣きに泣かされちゃったけど、今回は男たちの--悔いはない--そんな笑顔に泣かされましたわ~。
とはいえやはりそれは手前勝手なこと。
少年はもう気づいていただけに先生の導きだした答えは正しかったといえそうですね。
家族へ。少年へ---。
厳しさと優しさを兼ねた先生の言葉にもじん~とさせられました。
センセらしくないトコロ?がまたステキでしたね(笑)

投稿: くろねこ | 2013/07/07 15:10

湯川がというよりは
福山さんが「俺は子供が大好きだ~~」を
スクリーンに出しちまったような作品でしたね。(^^;


父親の深い愛情に涙する作品ではありましたが
・・・確かに前作の容疑者・・でみせた
堤さんの激しくも内に秘めた愛ほど
インパクトはなかったね~・・・。
ってかそもそも、ミステリーでありながら
謎解きはどうでもいいみたいな
・・・人情ものにシフトするんだよね
特に劇場版は。

投稿: Ageha | 2013/07/09 14:09

■くろねこさん、こんにちはsun
そうそう今回は手前勝手な感じが私にはしっくりきませんでした。

TVシリーズでの湯川にはあまり見られないものが劇場版では見られますよね。
変人には違いないのだろうけれど、湯川先生は真っ当な人間なんですよね。
彼はジンマシンが出なかったら大丈夫って設定が都合良いけれど、少年とのやり取りが良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/10 09:23

■Agehaさん、こんにちはsun
福山って子供好きだったっけ?
今回の映画は、まったく関係ないのだけど「そして父になる」がなにかしら影響してたりするんじゃないかと邪推したくなるような湯川だったように思います。

前回は堤さん渾身の男泣きでしたからねぇ。
内容的にも比べるものではないのだけど、アレを見せられたあとだけにって感じですね。
内容的にも、いろいろと面倒な事件なだけに、結局犯人の思惑通りにせざる得なかった部分はやはり釈然としないものが残るものでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/10 09:28

おひさしぶりです。

湯川先生、今回は、数式解かなかったですね。
彼の頭の中では解けていたはずなのでしょうけど、それを公にする事は避けた。
わかっててやった若者と知らずにやってしまった子供のために、答えに向かう過程にいる人達に解答を委ねた。
あの少年の事を考えると一番いい答えなのかもしれませんが、ずっとあの重荷を背負って生きていくのはかわいそうな気もしました。

あの男の子が、背負った荷物と湯川先生からの優しさを胸に、しっかりした生き方をしてくれたらいいな☆と思います。

解明することに全力投球の湯川先生の中に、証明できない感情というものも存在していた事を知り、ちょっぴり湯川先生を解読できたかも☆です。

投稿: みぃみ | 2013/07/10 14:51

■みぃみさん、こんにちはsun
数式を解くような事件でも無かったですしね、とっかかりを見つけてしまったらイモズル式の一目瞭然で。
いち早く見抜いてしまった大人としての最善の対応。
湯川らしいようならしくないような。

事実と真実の違いであり、真実を暴く(証明する)ことが必ずしも・・・という、探偵のジレンマが湯川に上手く当てはまった作品だったと思います。

復活されて、早速こちらにも顔を出してくださって嬉しいです。
これからもぽつぽつお話しましょう!

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/11 08:27

こんにちは!

北海道にいらっしゃるんですねー^^

映画面白かったです^^
わたしも一番は岸谷の絡みが少なかったのがとっても良かったです♪
親が子を思う愛って感じだったので、親目線で見て泣けて仕方がなかったですー^^

投稿: みすず | 2013/07/24 13:20

■みすずさん、こんにちはsun
そうなんです。今、北海道なんですよ。
涼しいですよ~

親子の愛情がややねじ曲がった感じではありましたが、それが親子なのかと思うところでもあり・・ねすね。
けど、それでもそこに無関係な子供を巻き込んじゃイカンです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/07/25 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/57688243

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夏の方程式」みた。:

» 劇場鑑賞「真夏の方程式」 [日々“是”精進! ver.F]
“答え”の先にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306290002/ 真夏の方程式 (文春文庫)東野 圭吾 文藝春秋 2013-05-10売り上げランキング : 23Am... [続きを読む]

受信: 2013/06/29 17:57

» 真夏の方程式 : 無償の愛を方程式で解くと? [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、久々に2本映画を観ました。2本とも中々良かったですよ。ちなみに、本日紹介するのは本日公開のこちらになります。 【題名】 真夏の方程式 【製作年】 2013年 【製 [続きを読む]

受信: 2013/06/29 22:03

» 真夏の方程式 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/06/29公開 日本 129分監督:西谷弘出演:福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏、山崎光、風吹ジュン、前田吟、田中哲司、塩見三省、白竜、西田尚美 解いてはいけない、愛が閉じ込めた謎。 [Story]きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。...... [続きを読む]

受信: 2013/06/29 22:07

» 真夏の方程式 [勝手に映画評]
東野圭吾原作の人気小説、ガリレオシリーズが原作。 原作からは、それ程大きな改変はない・・・、って言うか、そもそも原作では“岸谷”なる刑事は出てきていないので、そう言う意味では、大きな改変があるとも言います。ただこれは、内海にも同じ事が言えていて、彼女も原...... [続きを読む]

受信: 2013/06/30 16:44

» 愛する人を守る罪深さ。『真夏の方程式』 [水曜日のシネマ日記]
テレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾です。 [続きを読む]

受信: 2013/06/30 20:42

» 真夏の方程式を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
西口「俺の出番無しっすか?」 真夏の方程式 を観てきました 2010年6月に ハードカバー版を読み [続きを読む]

受信: 2013/06/30 21:46

» 真夏の方程式  監督/西谷 弘 [西京極 紫の館]
【主演】  福山雅治  吉高由里子   杏  山崎 光 【ストーリー】 きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦の甥...... [続きを読む]

受信: 2013/07/02 23:24

» 映画「真夏の方程式」 [FREE TIME]
映画「真夏の方程式」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013/07/04 00:30

» 「真夏の方程式」感想♪ [★ Shaberiba ]
これは事故が殺人か?湯川が気づいてしまった真相とは--? [続きを読む]

受信: 2013/07/04 00:55

» 映画「真夏の方程式」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
あまりにも印象的で哀しい、とある少年の夏休み 子供嫌いの湯川先生と恭平少年の交流が微笑ましい。列車内の出会い、緑岩荘での再会、子供が近寄るとじんましんが出る湯川先生だけれど、何故か恭平には...... [続きを読む]

受信: 2013/07/04 01:32

» 映画「真夏の方程式」解いてはいけない方程式 [soramove]
映画「真夏の方程式」★★★ 福山雅治、吉高由里子、杏、前田吟 、風吹ジュン、白竜、塩見三省、 山崎光、西田尚美、田中哲司出演 西谷弘監督、 129分、2013年6月29日より全国公開 2013,日本,東宝 (原題/原作:CONTRABAND ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位を飾った。 今年公開の実写映画では一番良い成... [続きを読む]

受信: 2013/07/04 06:55

» 『真夏の方程式』 ミステリーの危うさ [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『宇宙戦艦ヤマト』を見て科学を志した子供は多いだろう。  『宇宙戦艦ヤマト2199』の科学考証を担当する半田利弘氏(鹿児島大学理学部物理科学科・大学院理工学研究科教授)も、ヤマ...... [続きを読む]

受信: 2013/07/04 08:12

» 『真夏の方程式』('13初鑑賞58・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 6月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013/07/04 21:46

» [映画][☆☆☆☆★]「真夏の方程式」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 東野圭吾原作、福山雅治主演で大ヒットを記録した人気テレビシリーズ「ガリレオ」の劇場版第二弾。美しい海の町・玻璃ヶ浦を舞台に起こる殺人事件と、その裏に隠されたある家族の哀しい秘密に、天才物理学者・湯川学が挑む。 原作は発売とほぼ同時期に購入・読了。「ガリ... [続きを読む]

受信: 2013/07/05 19:27

» ★真夏の方程式(2013)★ [Cinema Collection 2]
解いてはいけない、 愛が閉じ込めた謎。 上映時間 129分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2013/06/29 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 G 【解説】 変わり者の天才物理学者・湯川学が難事件を解決する東野圭吾の 人気ミステリー・シリ...... [続きを読む]

受信: 2013/07/06 17:55

» 真夏の方程式 [単館系]
真夏の方程式 MOVIXさいたま 6/29公開 きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。 その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。 ...... [続きを読む]

受信: 2013/07/06 22:33

» 全てを知ってから自分の道を決める。〜「真夏の方程式」〜 [ペパーミントの魔術師]
吉高ちゃんはまだ 自分のキャラが確立しないうちに映画の撮影にはいっちゃったからか ドラマ版ほどのウザさ(わわわ)はないものの、 今回は地味だったな〜。 成実演じる杏があまりにも健康的な海の少女だったこともあって 妙に顔色が悪かったというか、目の下クマなかっ...... [続きを読む]

受信: 2013/07/09 14:11

» 真夏の方程式 [映画的・絵画的・音楽的]
 『真夏の方程式』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)映画館では、3つものスクリーンをこの作品のために用意し、少しずつ時間をずらして上映していますが、各回ともかなり混雑しているようです。  さて、映画の冒頭では、1998年冬と時点が示され、道路を走っている者...... [続きを読む]

受信: 2013/07/10 05:45

» 『真夏の方程式』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
『容疑者xの献身』を見終わった後、また映画で<ガリレオ>見たいなあと思っていましたが、5年経ってそれがようやく実現しました。ただ個人的には第三長編の本作(『真夏の方程式』)ではなく、第二長編である『聖女の救済』を見たかったのですが……。 順番としては小説→TVドラマ→映画として楽しんだ<ガリレオ>シリーズですが、実際は短期間で集中的に「読んで」「見て」だったもので、湯川学というと福山雅治が演じた映像版のイメージが強く、今回の作品もすんなりと入り込めました。 映画公開前にはTVの第2シリー... [続きを読む]

受信: 2013/07/10 22:30

» 「真夏の方程式」 [大吉!]
(2013年7月9日・ユナイテッドシネマ・ポイント鑑賞・自由席・12時55分~) 開発計画の説明会に招聘された湯川は、玻璃ヶ浦開発の反対活動にのめりこむ成実と、その両親が細々と経営する旅館に滞在する...... [続きを読む]

受信: 2013/07/10 23:11

» 『真夏の方程式』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「真夏の方程式」 □監督 西谷 弘□脚本 福田 靖□原作 東野圭吾□ キャスト 福山雅治、吉高由里子、山崎 光、北村一輝、杏、風吹ジュン、前田 吟        西田尚美、田中哲司、塩見三省、白竜、永島敏行 ■鑑賞日 7月7日(日)...... [続きを読む]

受信: 2013/07/13 07:56

» 真夏の方程式 [みすずりんりん放送局]
 『真夏の方程式』を見た。  【あらすじ】  美しき海の町で、真夏の夜に起きた不可解な事件。  それは事故か殺人か。  複雑に絡み合う因縁。重ねられた嘘と罪。  そして深まりゆく「謎」  ガリレオ湯川は、その哀しき方程式を解き明かすことが出来るのか。  【...... [続きを読む]

受信: 2013/07/24 13:21

» 真夏の方程式 [だらだら無気力ブログ!]
吉高由里子が超キレイ! [続きを読む]

受信: 2013/07/28 01:30

« 「丕緒の鳥 十二国記」読んだ。 | トップページ | 「ハングオーバー!!! 最後の反省会」みた。 »