« 「モネ・ゲーム」みた。 | トップページ | 「言の葉の庭」みた。 »

2013/05/28

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」みた。

The_place_beyond_the_pines

2時間越えの141分という長めの尺だと思ったら、3つの物語がリレー形式で描かれているものだった。
それぞれ視点が違うのだけど、3つの物語は密接にリンクしていて、邦題ではわざわざ「宿命」と付け加えたくなったのも分かるという感じ。
でもどっちかっていうと「宿命」よりは「運命」のほうが意味合いとしてはあってる気がするけど。

とにかく因果なお話で、ズシっとのしかかってくるようなストーリー。
まず始めは、バイクの技術しかコレと言って取り柄のない若者:ルークが、知らぬ間に元恋人が産んでいた1歳になる我が子に対して過剰な父性愛に目覚め、お金のために銀行強盗に手を染め、結局憐れな末路を迎える話。そこからヘタを打ったルークを追いつめた新米警察官:エイヴリーの視点に切り替わり、実は警察官にあるまじき早計な行動からルークを死に至らしめ、事実を告白できないまま逆に英雄視されたエイヴリーの苦悩と開き直りの出世物語に転じ、最後は15年後に変わり、それぞれの息子が同級生として出逢い、何も知らずに育てられたルークの息子:ジェイソンが真実を知り、彼なりに決着を付けることでようやく因果な物語に終止符が打たれる・・といったものになっている。

まぁいろいろ「それはないだろ~」な感じで、常軌を逸した行動って伝染するのかしら?と思えるのような、良くない意味での出来過ぎた負のスパイラル物語といったところではあるのだけど、それは関係者だけが内に抱える問題であって、世の中にとって表面化していない事実は、無いにも等しい事でしかないんだなぁ~としみじみ思う私だった。
ささやかながらも確かにあった一時の幸せってものが、あっという間に不幸に塗りつぶされちゃうのもちょっと切ない。
15年のビフォーアフター。置かれた境遇で見た目(老け具合)がパッキリ別れていたのが妙に生々しかった気がする。人間、そんなもんだよね。

クライムドラマというよりはヒューマンドラマという印象がするのは私だけかな?
この映画、共感は出来ないのだけど、なんだか解るから、ただ成り行きを見つめるだけしか出来ないんじゃないかなって思った。

妙にごつい胸毛のバカ息子にむかつき、オトシドコロがサッパリ見えなかったのだけど、ワーッと出すもの出してひとりになったジェイソンが、父親の後を追うようにバイクを手に入れ、バイクを駆って去って行く後ろ姿を追ったラストの余韻がとても良かった。

好感度:★★★★

|

« 「モネ・ゲーム」みた。 | トップページ | 「言の葉の庭」みた。 »

コメント

こんばんは。

>ごつい胸毛のバカ息子

そうなのよねぇ~~ブラッドリーとローズ・バーンのお子にしたら、それはないだろう、、、みたいな(苦笑)
赤ん坊の頃はみんな可愛らしいものだけど、いきなりの15年後にそこも付いていけなかったわ。
ホント、どこまで行くのか、落しどころが見えなくて、息子編はいささか退屈だった。
ラストは何とかしまりましたね。

強盗パートナー(って、バイク回収だけ?爆)の例のチンピラ、「ジャッキーコーガン」よりはマシだった(笑)

投稿: オリーブリー | 2013/06/01 01:02

■オリーブリーさん、こんにちはsun
なんか、悪くないんだけど、いろいろ無理やりな感じのところもたくさんで、もう少し自然に繋げて欲しかったですね~(^^;
そして、本当にこれどうなったら終わるの?って感じで、私も息子編はストレス感じちゃってました。
ジェイソンがソコソコ良い子に育ってて良かったわ~

>「ジャッキーコーガン」よりはマシだった(笑)
ぶはは!また知的?でテクニックを活かした計画性がありましたよね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/06/02 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/57477717

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」みた。:

» それは因果、宿命として [笑う社会人の生活]
27日のことですが、映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」を鑑賞しました。 元恋人が自分の子を産んでいるとわかり 2人を養うため銀座強盗に手を染めるライダー ルーク ある日銀行を襲撃したルークは逃走の際、野心的な新米警官エイヴリーに追われて・・・ こ...... [続きを読む]

受信: 2013/05/31 21:37

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [心のままに映画の風景]
移動遊園地のバイク曲芸ライダー、ルーク(ライアン・ゴズリング)は、元恋人のロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会する。 彼女がルークの子供を生んでいたと知り、その日暮らしの気ままな生活から抜け出...... [続きを読む]

受信: 2013/06/01 01:02

» 父の背中を~『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 [真紅のthinkingdays]
 THE PLACE BEYOND THE PINES  天才的なバイクのドライビング・テクニックを持つルーク(ライアン・ゴズリング) は、サーカスの曲乗りで生計を立てる流れ者。ある日、かつての恋人ロミーナ...... [続きを読む]

受信: 2013/07/02 21:38

» 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 これはパスティーシュ? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  公開前に何度も予告編を観ていたけれど、予告編はわざと劇中の時系列をぼかしていたので、てっきり銀行強盗と警察官が対決する話だと思ってしまった。まずは物語の構造が判らないように予告編を編集してくれたことに感謝したい。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は構造こそが一番面白いところだから。  ここではアッサリ書いてしまうが、本作は親子二世代の歴史を描いた年代...... [続きを読む]

受信: 2014/01/05 17:18

» 「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」 [ここなつ映画レビュー]
ライアン・コズリングを観たくて鑑賞。私の中でライアン・コズリングは「君に読む物語」の人ではなくて、「ドライヴ」で強烈な犯罪者役者としてのデビューを飾り、「L.A.ギャングストーリー」でそのポジションを不動のものとした、とにかくイケてる犯罪者。そして女を守る男。色んな意味で女好き。車やバイクを手足のように操り乗り回し、華麗なガン捌き。とまあ、色んなものが混じってる訳ですが。 でも今回のライアン・コズリングは、相変わらずカッコ良くて、バイクをぶんぶん乗り回し、挙句に銀行強盗にも手を染める役なん... [続きを読む]

受信: 2014/02/24 13:52

« 「モネ・ゲーム」みた。 | トップページ | 「言の葉の庭」みた。 »