« 「ライジング・ドラゴン」(試写会)みた。 | トップページ | 「舟を編む」みた。 »

2013/04/13

「ジャンゴ 繋がれざる者」みた。

Django_unchained

もともと地元での公開が4月6日からというのもあったけれど、やっと「ジャンゴ」を観ることが出来た。
いやぁ~面白かったなぁ~。
とにかく「痛い」シーンは見てるのも苦手な私で、何かってーともげたり飛び散ったりが満載なタラちゃんの作品では色々と覚悟をもって挑まなければならないのだけど、容赦のないぶっ放しっぷりは潔くって後に残らないのが逆に清々しくも思えるし、渋い顔をしながらも笑うしかないって感じですっかり楽しませてもらった。

マカロニ・ウエスタンに南北戦争前の南部の奴隷制度を絡めたクエンティン・タランティーノ監督の意欲作。
「南部が舞台だからウエスタン(西部劇)なんだけど南部劇」っていうタラちゃん談を今さらながら納得するところで、オリジナル脚本賞でオスカーを受賞したのも頷ける。とにかくなんちゅうバランス感覚の持ち主なのだろうかと改めて感心してしまうものだった。

内容は一見復讐劇なのだけど、どちらかと言えば純愛劇に近いように思う。例えるなら、悪魔(キャンディ)に連れ去られたお姫様(ブルームヒルダ)を勇者(ジャンゴ)が命懸けで助け出すといったもので、ジャンゴに力を授ける魔法使いが、ドクター・キング・シュルツといったところだろうか。当然最後はハッピーエンド。でもこの作品の残酷さと過激さはハンパなく、とくにダルタニアンのところはまともに見ていられないくらい。
これをおとぎ話で例えるななんてといった感じでもあるのだけど、黒歴史を純愛仕立てで真っ向勝負しているんだから、そんなイメージも決して間違いではないと思う。

そして意表の付けどころ、緩急の付け方は相変わらず抜群。上げて落して倍返しって展開は大好きだ。あの爽快感がたまらない。
それにしても、あの手配書があんな伏線になっていたとはね。まさに”幸運のアイテム”になったわけで、一世一代の大芝居が可笑しくておかしくて。大ウソに真実を混ぜた効果は絶大だね。そして誰よりもスゴイ散り方をしたタラちゃん。やってくれるなぁ。

長尺がまったく気にならない大作に拍手!!

爽快度:★★★★

例え1万人に1人の確率でも、確かにその1人は存在する。目にもとまらぬ早撃ちでの瞬殺はスカッとした。

|

« 「ライジング・ドラゴン」(試写会)みた。 | トップページ | 「舟を編む」みた。 »

コメント

いやぁ~~、観ることができましたよ。
こちらの最終日でした。
タラちゃんらしいっちゃぁ、らしいんですけど
今回のドンパチはあまり嫌じゃなかった。
なんて言うか、悲壮感みたいなのが少なかったせいでしょうか?そう、純愛でしたね。
タラちゃんの出演も良かったです。

投稿: mariyon | 2013/04/14 17:39

長時間が苦にならない作品になっていましたね♪

台詞が多いシーンとアクションメインのシーンを上手く織り交ぜて構成してあったと思います。

最後もスカッとして終わったのも良かったです。

投稿: BROOK | 2013/04/14 20:48

こんばんは。

タラちゃん節炸裂って感じでしたね(笑)
特にレオくん登場するまでの前半、シニカルな笑いが何とも言えない面白さで。
もうね、KKKの頭きんの件は爆笑もんでしたよ。
しかもジョナ・ヒルはあれだけのために出たんですね(笑)
確かに、グロイシーンのオンパレードだけど、スカッと爽快になっちゃう。
サミュエルがまた良かったですよねぇ~。

投稿: オリーブリー | 2013/04/14 23:39

■mariyonさん、こんにちはsun
まにあって良かったですね~
私も時間長いしどうしようかと思ったのだけど、そんなんで見逃したら後悔しそうだったので、時間作りましたよ。

凄い過激なんだけど、あまりにもあっけないから唖然とするだけで、気持ち悪くなってる暇がないのよね。
ヒーローを捕まえるとどうして悪役は雄弁になるのか。いつも無駄に講釈してるから逆にやられちゃうんだよ~って思っているだけに、このサッパリ感が心地良くもあります(爆)

爆破シーンは大音響がベスト。見逃さなくて良かったですw

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/15 09:21

■BROOKさん、こんにちはsun
ドラマパートとアクションパートがパキッとしてましたね~
けど、冒頭など、話している途中でズドン!は度肝を抜かれました(笑)

爽快感抜群の映画でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/15 09:23

■オリーブリーさん、こんにちはsun
計算された笑いから天然の笑い、笑うしかない笑いと何でこんなに上手いのか。
頭きんもだけど、屋根の上の歯がビヨンビヨンと揺れるなど、決してコメディではないのにコメディ並みに笑えるのよね。

人間ですらモノのような、ひとことで言えばヒドイシーンが満載なのに、苦笑い程度で済むのはタラちゃんマジックだと思いますよ~

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/15 09:29

随所に映画愛を散りばめるQT監督。
今回は見事な銃撃戦、回りくどい会話劇、おいしいところ取りの爆死とQT節三昧といった感じでしたね。
やっぱりこの監督の作品は大好きですわ。

投稿: にゃむばなな | 2013/04/15 21:16

楽しめたのネ!!
私はもうタラファンなので大満足アタリマエなんだけど 笑
そうじゃない人も面白いって人多くて嬉しいナ。
サミュエルがまたあくどくて笑えました☆

投稿: mig | 2013/04/16 00:29

■にゃむばななさん、こんにちはsun
これぞクエンティン・タランティーノ監督!といった120%愛の籠った映画だったと思います。

自ら吹っ飛ぶシーンは最高でした(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/16 15:54

■migさん、こんにちはsun
タラちゃんの作品って、うまく言えないけれど出血大サービスな時代劇みたいな感じで安定感があるというか・・・。
作り手も受け手も楽しめる作品はどんなもんであれ面白くなりますよね。

>サミュエル
スッゲー怪演でしたねぇ(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/16 15:59

たいむさん☆
ほんと、タラちゃんやってくれるなぁ~でしたね。
純愛物と過激な血しぶきと、有り得ないほどのぶっ飛んだおとぎ話と黒人差別の黒歴史を見事にバランスよく配合した腕に、舌を巻きました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013/04/20 14:58

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
そうそう、いろんな意味でドロドロなのに、この爽快感は何なんだろうっていつも思います。

タラちゃんって、例えるならば人類で初めてナマコを食べてみようとか思った人というか、子孫かも?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/21 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/57164321

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャンゴ 繋がれざる者」みた。:

» 劇場鑑賞「ジャンゴ 繋がれざる者」 [日々“是”精進! ver.F]
南部一の早撃ちになるだろう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303020003/ ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラックサントラ リック・ロス ...... [続きを読む]

受信: 2013/04/14 20:48

» ジャンゴ 繋がれざる者 [心のままに映画の風景]
1858年、南北戦争直前のアメリカ南部。 賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)によって自由の身となった奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、相棒として旅を続けることになる。 奴...... [続きを読む]

受信: 2013/04/14 23:18

» ジャンゴ 繋がれざる者 /Django Unchained [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 待ってたよ タランティーノの新作 有楽町丸の内ピカデリーにて行われた レオナルド・ディカプリオ舞台挨拶にいってきました〜 お誘いありがとう マカロニウェスタン大好きなタラが10年越しの構想でつい...... [続きを読む]

受信: 2013/04/16 00:28

» ジャンゴ 繋がれざる者 やっぱ鬼才や、タランティーノは!映画じゃ〜っ! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=23 うち今年の試写会3】 4日間の奄美の旅からの帰り道、ずっと晩ご飯何食べようか考えていた、買い物に行くのは面倒なので冷蔵庫にどんな材料があったか、何が食べたいのか・・・。 結局「カレー鍋」に決定、旅の間に不足しがちな野菜を大量摂取したいのと、ターメリッ...... [続きを読む]

受信: 2013/04/16 14:56

» 『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突 [映画のブログ]
 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。  奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...... [続きを読む]

受信: 2013/04/16 19:52

» 『ジャンゴ 繋がれざる者』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ジャンゴ 繋がれざる者」 □監督・脚本 クエンティン・タランティーノ□キャスト ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、        ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ウォルトン・...... [続きを読む]

受信: 2013/04/19 17:18

» 「ジャンゴ 繋がれざる者」お見事タランティーノ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ジャンゴと言えば「B級イメージの「スキヤキウエスタンジャンゴ」が思い出されて、最初はどうしても何でアカデミー賞にノミネートされたの?と納得いかない気分だった。 しかーし!明らかに違う! カメラワークといい、緩急つけた緊張感といい、さすがお見事タランティーノ監督☆なのだ。... [続きを読む]

受信: 2013/04/20 14:53

» 「ジャンゴ 繋がれざる者」 タランティーノ感ありつつも、いつもより見易い [はらやんの映画徒然草]
クエンティン・タランティーノの初の西部劇。 マカロニ・ウェスタン大好きな感じは「 [続きを読む]

受信: 2013/04/20 18:26

» 『ジャンゴ 繋がれざる者』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
黒人のカーボーイ姿もなかなかのもので、マカロニ・ウエスタンがたっぷりと楽しめる。自由を求める黒人は、白人からだけでなく、黒人からも危険視される。男女平等を目指す女の敵が女であったように、黒人の敵は黒人だったという皮肉も描かれる曲者たちのハードな痛快西部…... [続きを読む]

受信: 2013/05/02 10:45

« 「ライジング・ドラゴン」(試写会)みた。 | トップページ | 「舟を編む」みた。 »