« 「舟を編む」みた。 | トップページ | 劇場版「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」みた。 »

2013/04/19

「リンカーン」みた。

Lincoln

スティーブン・スピルバーグ監督によるアメリカ合衆国第16代大統領:エイブラハム・リンカーンの半生が描かれた物語で、主に南北戦争における悲惨な現実と、奴隷制度廃止のためにどうしても必要不可欠な「憲法第13条」の修正法案を下院で通過させるまでの苦悩が描かれた映画。国民に最も愛された大統領だと言われているリンカーンという人間を描いた映画だった。

このころのアメリカは、リンカーンが大統領として「奴隷解放宣言」を発したものの、白人(特に既得権益を奪われた南部)の強い反発と抵抗により、制度完全撤廃への道は高く険しいものになっていた。そして南北戦争は泥沼化の一途をたどり国はすっかり疲弊。戦争を終わらせるには南部の主張を受け入れるか、奴隷制度の廃止を完全なものにしてしまうか、もはやそのどちらかしかなくなっていた。
けれど当然リンカーンには後者による終戦しか考えられない。そして長期化した戦争の終結のためならば制度の廃止に賛同しようという白人が増えてきた今が、「憲法第13条」修正の最初で最後のチャンスだとさえ思っており、反対派や身内(同党)の慎重派を抑え、何としても近日中に下院で法案を通過させるよう画策をめぐらしていた。ところが、敗戦色の濃くなってきた南部側が和平への動きを見せ始めたことで、より迅速かつ確実な票集めをしなければならなくなる。
世間は平和を、終戦を望んでいる。にもかかわらず南部の和平交渉を政府が拒めがどうなるか。またそれによって終戦してしまえば、”終戦のための”「憲法第13条の修正」という大義名分は意味消失し、それ自体も有耶無耶にされかねず、リンカーンにとってはあまり都合の良くない事態となる。
でもこうしている今もこの瞬間にも若者たちが無駄に命を散らしており、大統領として国民のためにも、いち個人の親としても一日も早い終戦を願っている。しかし奴隷解放は悲願であり、世界的にも未来永劫に向けた奴隷解放への礎ともなる千載一遇のチャンスは絶対に逃したくないといった葛藤にリンカーンは苦悩する。

リンカーンが最後に下した決断は、「やはりリンカーンは”政治家”なのだ」と思われるものだったが、結果論としても「偉大な決断なくして偉業はなされない」と思うところだし、「政治家は何があってもぶれちゃイカンね」って思うものだった。(戦術として、毅然と意見を変えて見せたスティーブンス議員の勇気にも感服したけれど)。

それにしてもリンカーンは弁護士だったから弁が立つというわけでもないだろうが、例えや故事の引用を持って誰にでも判り易く自身の意図を伝えたり、場を和ませたりするのがうまかったようだが、本当に大得意だったのかな?さすがに何でもかんでもとなると鬱陶しく思ったりしそうだけど、ちゃんとオチまでついてる話は聞いてて面白いし、あの場での「ワシントンの肖像画」の話は良かったなぁ。

日本は身分云々はあれど国民同士における人種差別はいまひとつピンとこない社会問題。それが幸いなことなのかどうかは良くわからないが、南北戦争で不要になった武器が日本に輸出され、戊辰戦争という内紛で使用されたという事実を思うと、戦う理由は違えど「どんな人間も結局は同じ人間」って思えてくる。正義とか平等とかその定義はとても難しいけれど、良い意味で同じ人間として仲良く共存していくことは本当に不可能なのだろうかと考えてみるものの、やはりそう簡単に答えにはたどり着けそうにない。

アカデミー賞作品賞こそ逃しはしたけれど、主演男優賞受賞のダニエル・デイ=ルイスやトミー・リー・ジョーンズなど名優が揃っており、骨太で見応えのある作品としてオススメしたい。

好感度:★★★★

予告編ではいつもあの「ナウ、ナウ、ナーウ!!!」に、「今でしょ!」という決断を促す流行り言葉を重ねていた。実際のこのシーンでの語意は少し違っていたけれど、「今しかないのだ。今やらないでどうするのだ。」と主張するリーンカーンに、やっぱ同じだよね、ってほくそ笑んでしまった。

|

« 「舟を編む」みた。 | トップページ | 劇場版「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」みた。 »

コメント

淡々と進む展開ながらも、惹き付けられる内容で、
2時間半の上映時間があっという間でした♪

ダニエルのリンカーンの演技は、さすがアカデミー賞を獲得しただけはありましたね。

投稿: BROOK | 2013/04/20 17:46

こんばんは♪
思ってたよりも淡々とした作品でした。
しかしダニエル・デイ=ルイスのリンカーンの演技に引き込まれてました。主演男優賞は納得ですね。

投稿: yukarin | 2013/04/21 00:05

こんにちは♪

伝記&史実ものとしては飽きることはないし、見応
えも十分なんだけど、リンカーンの偉業等に対して
再度「なるほどね」と思う程度で終わってしまいま
した。
言わんとするところも解るんですけど、日本の歴代
首相に対してもなんら特別なものを持ち合わせてな
いのにましてや海の向こうのとなると尚更という感
がなくもですし…r(^^;)

>政治家は何があってもぶれちゃイカン

ブレまくりのどこぞの指導者たちも見習ってほしい
ところですね♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2013/04/21 10:25

■BROOKさん、こんにちはsun
投票だけでこの尺を使うとはね~
票集め請負3人組がイイ感じに軽くしてくれたりもしたし、面白い・・とは少し違うんだけど、面白かったです。

良い映画でした(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/21 16:52

■yukarinさん、こんにちはsun
ダニエル・デイ=ルイスのリンカーン、良かったですね~
優しさと激しさと、緩急のある演技が素晴らしかったです。

暗殺シーンにドキドキでしたが、それは結果だけでほっとしました。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/21 16:54

■風情♪さん、こんにちはsun
そっか、私は奴隷解放宣言と南北戦争につついて知識としては知っていたつもりのところが、裏事情も含めたこの映画で理解度が深まった気がして面白かったです。

そしてリンカーンのブレない姿勢も良かったけれど、実は、スティーブンスや寝返った議員さん達の決断にちょっと感動しちゃったかなぁ。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/21 16:58

こんにちは。

>あの「ナウ、ナウ、ナーウ!!!」に、「今でしょ!」

やっぱりそうだよねぇ~~!!
別に狙ったわけではないのだろうけど、あまりにもタイムリーで笑える^^

リンカーンの南軍に対する姿勢というか、初めて知りました。
言われてみればそうですよね、同じ国民なんだもの。
もし、リンカーンでなければ、、、とか考えたりすると、どこぞの国のように二分したまま、、、ってこともあったのかもとか(怖)
同じ奴隷解放の目的でも、政治家であったリンカーンとトミーリーの対比がまた良かったですね。

投稿: オリーブリー | 2013/04/21 17:39

■オリーブリーさん、こんにちはsun
予告編のナウは、もしかしたら広報が便乗させた可能性もあるのかなぁ~って思うけれど、どちらにしても、流行り言葉としてではなくて、優柔不断で決断力のない日本人には特に耳に痛い言葉でもあって、そう言う意味で教訓めいた言葉だと思ってます。

>同じ国民
そこなんですよね。
某国のことはともかくとしても、アメリカの歴史ってあまり勉強したことがないので、もう少しそこに至る過程というか前後の歴史を知りたいとか思いました。
西部の開拓については「大草原の小さな家」とかで少しは知ってるつもりなんだけど(笑)

>リンカーンとトミーリーの対比
そうそう、そこが興味深かったです。
簡単に言えば一部緩和からか即全廃かの違いなんだろうけれど、違いがきちんと描かれていたのでわかり易かったです。
本当はどうしてもすべてが平等と主張したかった彼の事情もわかって良かったですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/21 18:16

はじめてコメントさせていただきます!

リンカーン、途中難しく感じたところもありましたが、とても素晴らしかったですね!
政治家の決断の重みや、その決断に至る過程の困難など詳細に描かれていて、今の日本やアメリカの状況と重なるなーと思いました。
トミー・リー・ジョーンズに泣かされました!!

トラックバックさせていただきます!

投稿: ゆーきねこ | 2013/04/21 19:34

■ゆーきねこさん、こんにちはsun
時代は変わり、より複雑化している世の中ではあるけれど、今の政治家にもこの位の気概が欲しいものです。

政治色は強いものの人間を描いた映画なわけで、それを見事に演じ切ったダニエルやトミー・リーが素晴らしかったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/21 22:29

仕事と家庭が絡み合った幾つものジレンマ。
まあ一国を率いるというのはこういう事なんでしょうね。
やはり政治家というのはよほどの覚悟が無いとなっちゃいけない職業だと思います。
然るべき人が然るべき時を必然として任されんでしょうね。

投稿: ノラネコ | 2013/04/23 23:13

■ノラネコさん、こんにちはsun
何かを犠牲にしなければ大統領なんて務まりっこないんですよね。
奥さんだって「ファーストレディ」としての相応の責任がもれなく付いてきたハズで、覚悟の無い政治家の妻の代表例にも思いました。
まぁその割には、スティーブンスに嫌味を言う感じに旦那を援護射撃していた様子もあったけれど。

世の中、たぶん全てが必然なんですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/25 14:57

おはようございます。
自分が学んだリンカーンの印象とは、ちょっと違った部分を見る事が出来ました。
ダニエル・デイ=ルイスは、まさにリンカーンそのものでした。
アカデミー賞受賞も納得ですね。

投稿: FREE TIME | 2013/04/29 08:29

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
図書館の子供向けの伝記ものには書かれていないような、意外と知らないリンカーンでしたね。

でもほんとダニエル・デイ=ルイスの見た目も含めて、リンカーンってこんな感じだったのかな~って思わされましたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/29 17:28

おはよう!

最初は睡魔に襲われてどうなるかと思ったけど、うち勝ってからはガンガン引き込まれて良かった!
ダニエルは本当に凄い俳優さんだね^^
観るのどうしようかと思っていたけど、観て良かったです♪

投稿: みすず | 2013/05/05 08:54

■みすずさん、こんにちはsun
ダニエルはリンカーンに見た目が良く似ていたし、実際説得力ある演技が素晴らしかったですね。

アカデミー作品賞は伊達じゃないですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2013/05/05 13:40

たいむさん☆
この「ナウ、ナウ・・・」を聞きたいがために観に行った私ですが、ただ似せていただけでないダニエル氏の背中の演技に、主演男優賞も納得!でした。
「人間はみな同じ人間」と誰もが思っていれば、世界ももっと平和になるのでしょうけど・・・・

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013/05/08 22:55

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
>「人間はみな同じ人間」
人類みな兄弟って何十年前の標語でしたっけね。

意外と知らなかったアメリカ史だったので、トーンの低い作品ながら、全く眠気を催すことも無く、すっかり入り込んでみていた私でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/05/09 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/57204686

この記事へのトラックバック一覧です: 「リンカーン」みた。:

» リンカーン [Akira's VOICE]
賛成なう。   [続きを読む]

受信: 2013/04/20 11:59

» 劇場鑑賞「リンカーン」 [日々“是”精進! ver.F]
鉄の意志… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304190002/ LincolnSoundtrack Sony Classics 2012-11-06売り上げランキング : 59543Amazonで詳しく見る by... [続きを読む]

受信: 2013/04/20 17:44

» リンカーン [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【LINCOLN】 2013/04/19公開 アメリカ 分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ 命を...... [続きを読む]

受信: 2013/04/20 23:42

» リンカーン [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・スピルバーグ  出演:ダニエル・デイ=ルイス      サリー・フィールド      デヴィッド・ストラザーン      ... [続きを読む]

受信: 2013/04/21 10:15

» リンカーン [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・スピルバーグ  出演:ダニエル・デイ=ルイス      サリー・フィールド      デヴィッド・ストラザーン      ... [続きを読む]

受信: 2013/04/21 10:16

» リンカーン [心のままに映画の風景]
南北戦争末期。 国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国...... [続きを読む]

受信: 2013/04/21 16:55

» リンカーン(ネタバレ) [movie memo]
作品解説(映画.com) スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育...... [続きを読む]

受信: 2013/04/21 19:35

» 『リンカーン』 本当は弱い大統領 [映画のブログ]
 「世論、民意に従うのが本当の政治ではない。」  小峰隆夫氏のこの言葉は印象的だ。  民意を汲み取らずして、何の民主主義だろう。  そう突っ込みたくなるかもしれないが、そも民主主義なる用語は誤訳...... [続きを読む]

受信: 2013/04/21 21:32

» いつやるの「今でしょ」はめっちゃ大変(^^;〜「リンカーン」〜 [ペパーミントの魔術師]
今度はヴァンパイア混じってないからね。(違) 宇宙人ジョーンズ大活躍(だからそうじゃないって) そうそうビルボが走る走る(バギンズじゃないよ) ・・・・・失礼しました。 奴隷制度を永遠に葬り去るために合衆国憲法修正第13条をなんとか可決させちゃおうと奮...... [続きを読む]

受信: 2013/04/21 22:22

» 映画「リンカーン」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「リンカーン」観に行ってきました。スティーブン・スピルバーグ監督製作による、アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンの伝記作品。リンカーンと言えば、去年も彼が... [続きを読む]

受信: 2013/04/22 01:13

» リンカーン・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
真のリーダーに、求められるもの。 所謂伝記映画とは少し違う。 アメリカの歴史上、最も敬愛され、そして最初に暗殺された大統領となったエイブラハム・リンカーンは、南北戦争末期に戦争の終結と奴隷制度...... [続きを読む]

受信: 2013/04/22 22:11

» 【映画】リンカーン [充実した毎日を送るための独り言]
・映画 リンカーン (2013年4月19日より上映 ダニエル・デイ=ルイス,トミー・リー・ジョーンズ出演)スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧...... [続きを読む]

受信: 2013/04/23 00:41

» 映画「リンカーン」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
リンカーンの記録映像を見ているような、そんな不思議な臨場感を感じる映画。 この映画の成功は、修正案13条の成立に的をしぼった事にある。立身出世物語でもなく、暗殺モノのミステリーでもなく。合衆...... [続きを読む]

受信: 2013/04/23 02:00

» 映画『リンカーン』観てきた [よくばりアンテナ]
ダニエル・デイ・ルイスがアカデミー賞主演男優賞受賞した作品。 スティーブン・スピルバーグ監督。 最も愛された大統領を描いたってことですが、 やっぱり日本人だし、 アメリカの歴史にそんなに...... [続きを読む]

受信: 2013/04/27 20:13

» 『リンカーン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「リンカーン」 □監督 スティーブン・スピルバーグ□原作 ドリス・カーンズ・グッドウィン□脚本 トニー・クシュナー□キャスト ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズ、デビッド・ストラザーン、   ...... [続きを読む]

受信: 2013/04/28 09:29

» 映画「リンカーン」 [FREE TIME]
映画「リンカーン」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013/04/28 23:56

» 法の下の平等~『リンカーン』 [真紅のthinkingdays]
 LINCOLN  1865年1月。再選を果たした第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リ ンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、南北戦争を終結させる前に、なんとして も合衆国憲法修正第...... [続きを読む]

受信: 2013/04/29 17:26

» リンカーン : 3度も受賞するだけのことはありますよねぇ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は二日酔いで、ほぼ一日中寝込んでおりました。私のような年齢になると、深酒は禁物ですなぁ。反省です。ちなみに、本日紹介する作品は、歴史上の偉人を描いたこちらになり [続きを読む]

受信: 2013/05/04 11:28

» リンカーン [みすずりんりん放送局]
 『リンカーン』を観た。  【あらすじ】  エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。  アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させ...... [続きを読む]

受信: 2013/05/05 08:56

» 「リンカーン」 理想高きリアリスト [はらやんの映画徒然草]
リンカーンと聞くと、まず思い浮かぶのが有名なゲティスバーグ演説です。 「人民の、 [続きを読む]

受信: 2013/05/06 11:24

» 昔も変わらぬ政治劇 [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「リンカーン」を鑑賞しました。 南北戦争は4年目、再選したリンカーン大統領は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を 下院議会で批准させるまでは戦いは終わらせないという強い意思があり・・・ スピルバーグ監督による リンカーンの...... [続きを読む]

受信: 2013/05/06 17:42

» 「リンカーン」いつ見るの?☆今でしょう~ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
アカデミー賞主演男優賞を獲得したダニエル・デイ=ルイスがリンカーン役を熱演していることで話題の作品。 なんとなく観そびれてしまったのでどうしようか迷っていたけど、観るチャンスはやっぱり「今でしょう?」... [続きを読む]

受信: 2013/05/08 22:46

» リンカーン [タケヤと愉快な仲間達]
【あらすじ】 エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという...... [続きを読む]

受信: 2013/05/14 20:50

» リンカーン 彼が英雄だったのだかどうだか、考えてしまった・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=28 うち今年の試写会5】 さ〜て月曜日、平日早朝出勤前の波乗りがしたくて早起きしたけど今朝も波は無い、夜明け頃は潮が多くて今週は潮も合わないねんけどね・・・、さ〜て、湘南に次に波が上がるのはいつ?    エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が...... [続きを読む]

受信: 2013/05/27 09:41

« 「舟を編む」みた。 | トップページ | 劇場版「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」みた。 »