« 「ヒッチコック」みた。 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖④』 三上 延(著) »

2013/04/06

「世界にひとつのプレイブック」みた。

Silver_linings_playbook

ようやく地元でも公開。「好みが分かれるかも・・・」と言われていたけれど、それは精神的に病んでいることによる暴言と奇行の部分についてなのかな?
確かに傍から見れば迷惑千万であったり、嫌悪感を覚えそうな感じのところもあったけれど、基本コメディ寄りに作られていたし、なにより最後はハッピーエンドが待っていると思うと、そうした一つ一つも私はほとんど気にならず、楽しめたと思う。

それにしても主人公とヒロインの両方ともが心を病んでいるという設定は凄いと思う。
なにしろ病んでいるのだから、そうそう一筋縄には似たもの同士で傷を舐め合い慰め合うという展開にはならない。逆に相手の傷を抉ることで少しずつ他者の痛みを感じ取れるようになり、自分を取り戻していくような感じで、見ていると切なくなるし、痛々しく思ってしまう。
けれどそんな強烈な2人だったからこそまさかの化学反応が起きたわけで、この映画は足し算ではなく、マイナスの掛け算なんだなと思った。(マイナス×マイナスの場合、どんな値だって答えはプラスになると言う意味で)。

ラスト、勘違いして逃げる彼女を追いかけて愛の告白は王道中の王道だけど、私もティファニーと同じように大粒の涙を一粒だけポロリ。やっぱ嬉し涙は良いよね。

ジェニファーのオスカー受賞も納得。ほか主演・助演すべてにノミネートされただけのことはあるという感じで、名優たちのおかげで結構危うい内容がヒューマン・コメディの枠にしっかり押しとどめられたのではないかなという印象。

好感度:★★★★

|

« 「ヒッチコック」みた。 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖④』 三上 延(著) »

コメント

結末がどうなるのか分からない展開で、
最後は見事なまでのハッピーエンド♪
本当に良い作品に巡り合うことが出来ました。

投稿: BROOK | 2013/04/06 20:02

■BROOKさん、こんにちはsun
ウォッカ2杯には、いつ足をもつれさせるのかドッキドキ。
きっと負けないって思ってても、5.0はガッツポーズでしたw

ほんと良い感じの作品でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/07 20:42

たいむさん、こんばんは☆彡
ドラゴンボールZ観たくても、さすがにひとりでは
鑑賞できない私です(苦笑)

さて、アカデミーの作品賞にノミネートされたこの作品ですが、コメディよりでヒューマンドラマになっていて、私も単純に、素直に楽しめました♪
ハッピーエンドがお好きなたいむさん(勿論、私もハッピーエンドが好きです!)ですから、気に入ってもらえるんじゃあないかなあと思っていましたが、楽しめたようで良かったです\(^o^)/

>それにしても主人公とヒロインの両方ともが心を
病んでいるという設定は凄いと思う。

予告編を何度も観ていたので、自然と物語に入っていきましたが、確かに、そうですね、凄い設定(笑)
同じ心の病を抱えているからと思うこともできますが、実際問題、現実ではあり得ないですもんね(^_^;)

投稿: ひろちゃん | 2013/04/09 00:59

■ひろちゃん、こんにちはsun
そのとおりハッピーエンドが大好きなので、ジリジリしながらもラストを期待して楽しめました。

「最強のふたり」もそうでしたが、日本ではまだまだ障害についての扱いがオブラートに包まれている感じで、こうもあっけらかんにコメディ仕立ての作品は作れないと思うんですよね。
映画のヒットを思えば、まったく関心がない話でも、敬遠しなくちゃならない理由も無いように思うのだけど、まだまだ日本人の意識は遅れているのかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/09 11:40

ヤングなレニー・ゼルヴィガーにしか見えなかったジェニファー・ローレンスがこの映画では凄く可愛く見えましたよ。
在り来たりなラブストーリーの展開かも知れませんが、こういうのは個人的に大好きですね。

投稿: にゃむばなな | 2013/04/09 20:52

■にゃむばななさん、こんにちはsun
少しだけ特殊なハードルがあったけれど、実は定番のラブストーリーなんですよね。
私も好きでしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/11 19:03

アカデミー絡みで色んな批評家さんのコメントを見聞きしたもんだから、期待しすぎちゃったみたいで、残念ながらいまひとつだったわ。
病んでることはともかく、笑えるには笑えたんだけど、なーんかホロリとできなかったのよね(苦笑)
もう少し二人の歩み寄りを感じるシークエンスがあって欲しかったかも。

投稿: オリーブリー | 2013/04/12 22:21

■オリーブリーさん、こんにちはsun
そっか、私は観たいなと思ってはいたし、オスカーだしねとまでは思っていたのだけど、誰の感想も観ていなかったし、実はそれ程期待はしていなかったんで、そこそこグッとくるものがありました。
最後だけだけど(笑)

>もう少し二人の歩み寄りを感じるシークエンス
あー、それはあるかも。
手紙に気付くのとダンスに復活したことがそれに当たるとしたらちょっと薄い気がしてました。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/13 18:51

こちらにも、、、、

このカップルはうまくいかなそうという感じを受けるけどまぁいいか、
途中からやっぱり良かった。
あまりアカデミー賞作品賞ノミニーといわれても
ピンとこないけど面白かったですよね〜

投稿: mig | 2013/04/16 00:31

■migさん、こんにちはsun
一度病んだ人間同士だと再発も無きにしも非ずだしねぇ。確かに長続きするかどうかはこれからなんですよね。

でもベタな感じも、ハッピーエンドも好きでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/04/16 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/57117403

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界にひとつのプレイブック」みた。:

» 劇場鑑賞「世界にひとつのプレイブック」 [日々“是”精進! ver.F]
歩むべき本当の道への第一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302250000/ 世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)マシュー・クイック 佐宗 鈴夫 集英... [続きを読む]

受信: 2013/04/06 20:01

» 劇場鑑賞「世界にひとつのプレイブック」 [日々“是”精進! ver.F]
歩むべき本当の道への第一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302250000/ 世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)マシュー・クイック 佐宗 鈴夫 集英... [続きを読む]

受信: 2013/04/06 20:03

» ★世界にひとつのプレイブック(2012)★ [Cinema Collection 2]
SILVER LININGS PLAYBOOK 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。 上映時間 122分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2013/02/22 ジャンル コメディ/ドラマ/ロマンス 映倫 G 【解説】 それぞれに最愛の人を失って心のバランスを崩した ...... [続きを読む]

受信: 2013/04/09 01:01

» 『世界にひとつのプレイブック』 [こねたみっくす]
世界にひとつのメンタルヘルスラブストーリー。 31年ぶりにアカデミー賞俳優全4部門にノミネートされたこの映画は、久しぶりに見たクリス・タッカーに懐かしさを覚えるどころか、 ... [続きを読む]

受信: 2013/04/09 20:52

» 世界にひとつのプレイブック [心のままに映画の風景]
妻の浮気が原因で、心のバランスを壊したパット(ブラッドリー・クーパー)は、ようやく精神病院から退院する。 心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻とやり直せると思い込み、実家で社会復帰...... [続きを読む]

受信: 2013/04/11 01:33

» 世界にひとつのプレイブック /Silver Linings Playbook [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click   去年のトロント映画祭で観客賞(最高賞)受賞 それにブラッドリー・クーパーなので楽しみにしてた#9825; 公開前ギリギリで行われた試写にて鑑賞。22日から公開。 2013年アカデミー賞で、主演男優賞...... [続きを読む]

受信: 2013/04/16 00:30

» No.340 世界にひとつのプレイブック [気ままな映画生活]
それぞれに最愛の人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、笑いや涙を交えて描いたヒューマンコメディ。主演は「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパーと「ハンガー ... [続きを読む]

受信: 2013/04/30 22:49

« 「ヒッチコック」みた。 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖④』 三上 延(著) »