« 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」みた。 | トップページ | 「レッド・ライト」みた。 »

2013/02/15

「ゼロ・ダーク・サーティ」みた。

Zero_dark_thirty911アメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされる国際テロ組織「アルカイダ」の指導者:オサマ・ビンラディンが実際に暗殺されるまでの過程が明かされた衝撃作。
初めて予告編を見た時も「2011年5月の出来事がもう映画に?」と思ったものだが、ビンラディンの居場所を特定したのがCIAの女性情報分析官だった・・・というのも映画には持ってこいだったのだろうと斜めに考えたのは私だけ?
映画は、終始ピリピリした緊張感に包まれ、まるでドキュメンタリーを見ているようなリアリティさだった。

「アルカイダ」に報復宣言をしたものの、莫大な予算をつぎ込みながら、結果どころか手掛かりすらも得られないまま時間ばかりが過ぎ、人々の記憶からも薄れ始めていたビンラディンの存在。イラクの大量破壊兵器の空振りという前例があるだけに、存在の不確かなモノの捜索は難航を極め、閉塞感から諦めにも似た気持ちに苛まれるスタッフたち。更に追い打ちを掛けるように”拷問による捕虜の尋問”が本国から禁止され、もはや手の打ちようがない。しかし、敵はそれを嘲笑うかのように爆弾テロを繰り返す・・・。

前半はCIAの女性情報分析官:マヤの着任から、そうした当時の実状を淡々と説明するもので、経過として内容に興味はあるものの、さすがにほとんど進展しない話に瞼が重くて仕方が無かった。
ようやく目が冴えたのは、CIA職員に死亡フラグがたったところからだった。やっと掴んだ糸口に喜々とする女性職員。「ケーキなんて作っちゃってヤバそうだ・・」と思っていたらやっぱりヤバかった。
そして、見落していた手掛かりをマヤに届ける若い女性職員。本当はマヤじゃなくて彼女こそが最大の功労者では?とか思ったりするが、作戦をモノにしたのはマヤだしなぁ。「写真はみんな同じ顔に見えるんですが・・・」と思っていたら、それもやっぱりソコがオチだった。

実際に作戦が実行されるまでのウダウダはまぁそういうものだと思う。「間違いでした」では済まない話だから、上層部が二の足を踏むのも分からないではない。
それでもイザ作戦決行となれば”ドラえもんのポケット”を使いまくり。きっとアメリカこそが世の中に”無い”とされているものをアレコレ持っているのだろうな。

隠れ家への突入からは目が釘付け。でもヘリが堕ちたのは事実?爆破したとはいえ無いハズのものの残骸は残ったってことだよね?(だから映画でも発表したのか?)
何よりシールズのメンバーの反応、特に「おれ、3階の人を撃っちゃった」とやや放心気味に言う彼が一番自然だった気がする。
マヤが主人公だけど、マヤがどんな人間で何を思っていたのか、結局良く分からなかったから。最後の涙も、実際にはマヤのじゃなくって、監督の想いじゃないかなって思ったりして。

余韻に浸る、そんな映画だった。

好感度:★★★★

|

« 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」みた。 | トップページ | 「レッド・ライト」みた。 »

コメント

たしかに同僚の女性職員が嬉しがってケーキなんて作っちゃっていたので、
死亡フラグが立っていたようでしたね(汗)
それが、あんな結果になろうとは…。

ラスト40分は見応えたっぷりに描かれており、大興奮でした。
ネイビーシールズ、カッコイイです♪

投稿: BROOK | 2013/02/16 16:22

■BROOKさん、こんにちはsun
同僚の死がマヤに火を付けた感じもあったけれど、何がマヤを駆り立てたのかはさっぱり分かりませんでした。
これだけの映画ですが、傍観者でしかない日本人とアメリカ人の気持ちの温度差は確実にありそうです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/16 20:56

こんにちは♪

9.11被害者たちの悲痛な声からの始まりに一気に
緊張感が高まり、いきなり心をガッチリと掴まれ
てしまいました。
派手さはないけど、圧倒的なリアルな作りに2時
間半の長丁場も全くダレることもなく、最後まで
オモシロく観ることができたし、世界的な歴史の
一幕を観れたことも価値があったと。
ですが、世界を巻き込んでのアメリカが振りかざ
す正義に疑問、悪感情があるだけに、いろいろと
思うことがあって本作を素直に受け入れら無いと
ころがあるのも事実なんすよねぇ…r(^^;)

投稿: 風情♪ | 2013/02/17 11:01

■風情♪さん、こんにちはsun
9.11の生の声からのスタート気持ちを盛り上げる抜群の演出でしたね。
けれど、淡々を事実を追っているだけの前半は眠かったです。
事実の裏にあるどうしようもない部分を、監督はどっちよりの考えで作ったのか。
ラストの涙?

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/17 14:14

たいむさん、こんにちは!

「ハート・ロッカー」とは違って、それほど人物にスポットを当てるという感じではなく、出来事を粛々と追っていくという感じでしたね。
出来事が出来事なんで、長尺でありながら緊張感はずっと持続していましたが。
テロ自体は防がなければならないのですけれど、この映画を観てやはり僕もアメリカという国の恐さみたいなものも同時に感じてしまったのですよね。
彼らの正義が、世界の人々の考える正義とずれていったときが恐いなと。

投稿: はらやん | 2013/02/17 17:34

■はらやんさん、こんにちはsun
これだけのスピード制作は、とにかく事実を伝えよう!ってことだったみたいですね。
脚色・演出がどれくらい効いているのかすらわからないリアルさは大したものでした。

けれど、どうしても風化の阻止と作戦の正当化という狙いが一番に感じられるんですよね。
マヤにしても隠れた実績をプロパガンダとして利用されたように思えなくもないし。

やはりアメリカ合衆国には底知れないものを感じますよねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/17 18:57

こんばんは。
観終わった後も何か後味の悪さを感じる程の重苦しい内容でした。
でも、作品としては力作だったし、マヤ役のジェシカ・チャスティンの熱演も誇張抜きに素晴らしかったです。
劇中内でも爆破テロのシーンが多かったけど、日本ではありえない分、かえって怖かったです。

投稿: FREE TIME | 2013/02/17 22:36

>「間違いでした」では済まない話だから、上層部が二の足を踏むのも分からないではない。

慎重派のオバマさんゆえの事もあっただろうけど、それにしても100日以上は長いよね。
でも、アメリカの威厳にかけて、子ブッシュの二の舞だけは避けなければ(苦笑)

映画的にはもっと突っ込んで欲しい部分があって、大満足とはいかなかったけど、もしプロパカンダがあるとしたら、ラスト、無言のマヤの感情をどれだけの人が共感するか、それによって風化させてはいけない事実の認識なのかもしれませんね。
うまく言えないけど…(苦笑)

投稿: オリーブリー | 2013/02/17 23:48

こんばんは☆

>さすがにほとんど進展しない話に瞼が重くて仕方が無かった。

前半から中盤にかけて私も眠気と戦いました 笑
でもちゃんとみれたけど、脚色した部分も多いらしいですね。
ビンラディンは抵抗もなくなので
ある程度、最後はもう覚悟してたのかなー

上空からあんな防御の家あったら目立ちますよね
そりゃ。
写真も人影もうつらないよう電話もネットもやらずで徹底してるしね。

投稿: mig | 2013/02/18 00:32

■migさん、こんにちはsun
中盤以降は前半の眠気が一気に吹き飛びましたが、仕事上がりだったし、前半はほんと戦ってました(笑)

で、あれでも脚色あり?
実はホテル爆破の時は巻き込まれていないとか?

ニュースが駆け巡った当時も
時間はかかったけれど「あっけないなぁ」って印象があって、逃亡生活に疲れていたんだろうと思っていたけれど、ほんとそんな感じでしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/18 14:56

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
最近は少しばかり海の方が剣呑な雰囲気になっていますが、日本って宗教観が希薄で治安も良く、平和な国ですよね。
映画としてはとても評価が高いけれど、本当の意味ではどれだけ日本人の心に留まったのだろう・・と思うところです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/18 15:17

■オリーブリーさん、こんにちはsun
やっぱり、ジュニアの失策とCIA拷問問題から慎重にならざる得ないところはあったようですよね。
でもさすがに100日以上ってなると、腰ぬけ呼ばわりされても仕方がない感じ。
「何もしないことの罪」は良いセリフでした。

マヤの涙はね~。正直、マヤが真にどっちよりの人間なのかがよくわからなかったものだから、どう述べていいやらなんですよ。
私が感じたことと、作品の技術的なところと、内容に対して思うことと、なんだか凸凹していて上手く感想が書けません。
皆さんの感想も、どの方向から書かれているのか判断にまようところで、受け答えも難しいです。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/18 15:36

ビンラディンを殺害しても大きく世の中は変わっていないという現状をこの映画は最後のマヤの涙を用いてうまく描いていたと思いましたよ。
本当にこの映画は見応えがありました。

投稿: にゃむばなな | 2013/02/18 20:54

こんばんは♪
リアル感たっぷりの作品でした。
ラストの突入シーンは緊迫感ありましたね。
2時間半の長さも気にならないほど見入ってしまいした。

投稿: yukarin | 2013/02/18 22:32

■にゃむばななさん、こんにちはsun
もし、9.11からこれほどまでに時間がかかっていなかったら、世界の反応はもう少し違うものになっていたように思います。
でも、ここまでかかってしまったし、その時間の分だけ人々の気持ちも変わってしまっていた。
そんなもんかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/20 14:29

■yukarinさん、こんにちはsun
突入作戦はニュース映像でみたものそのままのロングバージョンといった感じでしたね。
ほんと見入ってましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/20 14:39

どもども。「ハート・ロッカー」は良かったので、これも観ましたが、なんだかなぁ、でした。
アメリカって国は、「敵」がいないと成り立たない、みたいなこと、読んだ覚えがあります。
どうして「テロ」になってしまうのか、根本的なところを考えないとダメなんじゃないか、と思っているので首謀者を抹殺したところで第2、第3の首謀者がどこからでも沸いてくるんじゃない? 自爆テロになるほど、憎まれているのは何故なのか、考えなくちゃいけないんじゃないの? そりゃ、無差別テロという手段は、間違っているけど。

投稿: あかん隊 | 2013/02/21 23:54

■あかん隊さん、こんにちはsun
「ハート・ロッカー」はすごく良かったですよね。
私もそっちのほうが良かったと思っているんですよねー。

この映画はとにかく事実だけって感じがします。
再現としては素晴らしいと思いますが・・・

アメリカの実態はとりあえず置いておくにしても、憎んでいるほうも、生まれた時からそう教え込まれているだけの可能性もありますしね、解決策なんてあるのかないのか。

レスリング界では、オリンピック問題からアメリカとイランが共闘・・なんてニュースもありますが。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/22 15:36

たいむさん☆
もう映画にしちゃうの?って驚きましたねー

前半は私も瞼が重くて、肝心なところを聞き逃したりしました。
そしてフラグが立った人が、やっぱり自爆テロに巻き込まれて・・・

ラストの涙が監督の涙なら、きっと不毛な復讐劇への虚しさからくるものだと思えました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013/02/23 00:24

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
事実を再現するだけならばこのタイミングもあるだろうけれど、もう一歩人間に踏み込んだものはやっぱり無理だったのかなって思いました。
私としては、このクオリティで更に関係者の心の奥底にまで踏み込んだ作品が見たかったですから。

>監督の涙
細かく言えば、監督がマヤに流させた涙かな?と。
あの直後のマヤに、本当に涙を流す余裕があったかどうか。
本当に流したとしたら、そこに感慨はなく、ただこぼれたって感じじゃないかと。

事実をありのまま見せて「これがなんなの?」といったメッセージを込めた作品なのかもと、いまになってツラツラ思ってます。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/23 13:45

たしかに、マヤの10年の長さは、たった3時間やそこいらでは・・・でしょうが、ちょっと進展まで長くって(-_-;)
アカデミーがらみの、ビグロー監督だし、眠くなるなんてあってはいけない・・と思ったもののでした。

中盤をもうちょっと短くしてもらいたかったです、はい。

>最後の涙

ですよね、あの、顔を確認したのも、彼女のはずはない気がしましたが。。。

投稿: mariyon | 2013/02/26 22:15

■mariyonさん、こんにちはsun
一連の流れとしては、とりあえず失敗の連続から・・ってのは分かるのだけど、映画で再現ドラマだけしてても、実際に面白くない思いをしていた長い期間の話は、映画にしたって面白くないですよね。

私もね~、見ながら「アルゴ」を彷彿してました。
あっちがすごく面白かっただけに、辛くなってるところもあるかも?

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/27 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/56776888

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼロ・ダーク・サーティ」みた。:

» 劇場鑑賞「ゼロ・ダーク・サーティ」 [日々“是”精進! ver.F]
執念と狂気の先にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302150002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換します...... [続きを読む]

受信: 2013/02/16 16:17

» ゼロ・ダーク・サーティ : 衝撃のニュースの裏側にあるもの [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件。私が生まれてから見てきたニュースの中で、未だにNo.1の衝撃度です。次の日、会社に出社しても何となく落ち着かなかったの [続きを読む]

受信: 2013/02/16 16:25

» ゼロ・ダーク・サーティ [Akira's VOICE]
迫真を体感。全身疲労。   [続きを読む]

受信: 2013/02/16 17:13

» ゼロ・ダーク・サーティ / Zero Dark Thirty [勝手に映画評]
9.11の首謀者といわれるオサマ・ビン・ラディン。彼を追い詰め、殺害に至るまでを、事実を下に描いた作品。微に入り細に入り描かれているので、機密の漏洩を疑われ大問題になったといわれる作品。 私は陰謀論者じゃ無いですが、この手の作品って、ある意味世論誘導的な意...... [続きを読む]

受信: 2013/02/16 17:14

» 「ゼロ・ダーク・サーティ」 アメリカ、やはりちょっと恐い [はらやんの映画徒然草]
イラク戦争を題材にした「ハート・ロッカー」でアカデミー賞を受賞したキャスリン・ビ [続きを読む]

受信: 2013/02/17 06:52

» ゼロ・ダーク・サーティ / ZERO DARK THIRTY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click   ゼロ・ダーク・サーティ:米軍軍事用語。 AM 0:30を表す。ビンラディン捕縛作戦決行の時間と言われている。 ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だったmdash; この驚きの実話を 「ハー...... [続きを読む]

受信: 2013/02/17 09:57

» ゼロ・ダーク・サーティ [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  サスペンス&戦争&アクション  監督:キャスリン・ビグロー  出演:ジェシカ・チャステイン      ジェイソン・クラーク      ジョエル・エドガートン ... [続きを読む]

受信: 2013/02/17 10:49

» ゼロ・ダーク・サーティ [心のままに映画の風景]
2003年、CIAパキスタン支局に、情報分析官マヤ(ジェシカ・チャスティン)が派遣されてくる。 国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン追跡チームには手詰まり感が漂っていたが、マヤは次第に...... [続きを読む]

受信: 2013/02/17 18:26

» 年月の重さ。『ゼロ・ダーク・サーティ』 [水曜日のシネマ日記]
911全米同時多発テロの首謀者ビンラディンの殺害計画をCIAの目線から描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2013/02/17 20:23

» 映画:ゼロ・ダーク・サーティ ZERO DARK THIRTY 21世紀初の巨悪を執念深く追いつめる女。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
オープニングから拷問シーンで、のっけから重い重い。 そこに投入されるは、まだ20代の女性CIA分析官(写真) オサマ・ビンラディンを追いつめるべく闘う彼女の苦闘。 監督キャスリン・ビグローは演出は、事実を描いているだけに固め。 たんたんと最後の結末に向かっ...... [続きを読む]

受信: 2013/02/17 21:40

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」 [FREE TIME]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013/02/17 22:23

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」 [FREE TIME]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013/02/17 22:37

» [映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・これは、非の打ちどころの無い傑作ですな。  二時間四十分、真実に裏打ちされた硬質の物語を堪能した。  女監督 キャスリン・ビグローの、デビュー当時から変わらない執拗さが、完璧な形で表出しました。  凄い!  ちなみに、私は、反原発運動などの、安売...... [続きを読む]

受信: 2013/02/18 06:18

» ゼロ・ダーク・サーティ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【ZERO DARK THIRTY】 2013/02/15公開 アメリカ PG12 158分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング、カイル・チャンドラー、エドガー・ラミレス、ジェー...... [続きを読む]

受信: 2013/02/18 11:24

» ゼロ・ダーク・サーティ 21世紀の最初の10年間を考える衝撃の問題作! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=12 試写会2】 この映画は是非観たかった、それをいち早く試写会で鑑賞することが出来た!(2月7日、よみうりホールにて)  2003年、パキスタンにあるCIAに情報分析官マヤが派遣されてくる。捕虜の拷問に最初は目を背けるマヤだが、次第にそんな状況に慣れていく。...... [続きを読む]

受信: 2013/02/18 15:53

» 『ゼロ・ダーク・サーティ』 [こねたみっくす]
ビンラディンを追い詰めた執念が涙に変わっても、テロリストとの戦いは終わらない。 これはアメリカを賛美する映画ではありません。キャスリン・ビグロー監督がビンラディン殺害 ... [続きを読む]

受信: 2013/02/18 20:59

» ゼロ・ダーク・サーティ [だらだら無気力ブログ!]
凄く重厚で見応えある作品だった。 [続きを読む]

受信: 2013/02/19 00:33

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」観に行ってきました。 2001年のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンの所在を10年にわたって探し続け、ついに殺害するに至ったCIAの女性分析官にスポットを当てたサスペンス作品。 映画のタイトルは、2011年5月2日、パキスタンのアボッターバー... [続きを読む]

受信: 2013/02/19 20:52

» 午前零時半~『ゼロ・ダーク・サーティ』 [真紅のthinkingdays]
 ZERO DARK THIRTY  9・11以降、止まないテロ事件と行方知れずのアルカイダの首謀者、ビン・ ラディン容疑者に、CIAは苛立ちを募らせていた。パキスタン支局に派遣され た若き分...... [続きを読む]

受信: 2013/02/21 07:52

» 「ゼロ・ダーク・サーティ」涙のわけ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ビンラディンを殺したことで、二度とテロは起こらないのか? [続きを読む]

受信: 2013/02/23 00:25

» No.338 ゼロ・ダーク・サーティ [気ままな映画生活]
2011年5月2日に実行された、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン捕縛・暗殺作戦の裏側を、「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督が映画化。テロリストの ... [続きを読む]

受信: 2013/02/24 23:34

» 『ゼロ・ダーク・サーティ』 スパイアクションを楽しもう [映画のブログ]
 ハリウッド映画と聞いて、芸術性の高い作品や難解で思弁的な作品を期待する人は少ないはずだ。たいていの人はハリウッドに、判り易くて面白く、手に汗握ったりワクワクする作品を求めていよう。  特にアク...... [続きを読む]

受信: 2013/03/02 19:51

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ 」出色の出来。それでもまだ、よく分からない [soramove]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ 」★★★★ ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー マーク・ストロング、カイル・チャンドラー エドガー・ラミレス出演 キャスリン・ビグロー監督、 131分、2013年2月15日より全国公開 2012,アメリカ,ギャガ (原題/原作:ZERO DARK THIRTY ) 人気ブログランキングへ">>→  ... [続きを読む]

受信: 2013/03/07 07:10

« 「ダイ・ハード/ラスト・デイ」みた。 | トップページ | 「レッド・ライト」みた。 »