« 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」みた。 | トップページ | 「攻殻機動隊ARISE」、カッコイイかも! »

2013/02/08

「もうひとりのシェイクスピア」みた。

Anonymous_2

英国王室が絡んだ作品は面白いものが多いけれど、この映画ではエリザベス朝にシェイクスピアが掛け合わされ、大胆な仮説がダブルで楽しめるようになっていて、歴史サスペンスとミステリーを存分に堪能させてもらった。
ただ邦題は少しニュアンスが違っているように感じた。“もうひとりいる”って感じの話じゃないからね。でもまぁ大きな意味では間違いではないし、この邦題だから目に留まったってところもあるか。

シェイクスピアの作品は「4大悲劇」はじめ、有名な作品は結構読んだと思うのだけど、特別好きでも嫌いでもなくといった感じ。「別人説」も言われてみれば聞いたことが有る様な・・といったところで、「諸説あるけれど・・・」と前置きされた上ではじまるこの映画の、なかなかに黒々しい仮説はとても良く出来ていて面白かった。
予告編でもわかるように、この作品では一般的別人説から「シェイクスピアは英国貴族の第17代エドワード・オックスフォード伯だった」という説を採用したもので、貴族の身分で戯作を書くなど許されなかったことから、オックスフォード伯は自ら選んだ戯作者のゴーストライターとなり、世間に自分の作品を発表しようとするわけだ。そして思惑とは食い違いを見せながらも、発表された作品は民衆に影響を与えることになり、時代は動きはじめ、隠されていた歴史までもが紐解かれていくことになる。

映画では、「シェイクスピア」の有名作が劇中劇としていくつか上演され、有名なセリフにニヤリとしながら聞き入ったりするのだけれど、基本的にはオックスフォード伯の人生が中心として描かれ、時間軸も過去と現在を行ったり来たりしながら、少しずつ話が進むかたちになっている。おかげで頭の切り替えが大変なのだけど、とにかく彼の人生は常に過酷で誤算だらけだったというのが良く分かる。
後見役の掌の上で踊らされ、“シェイクスピア”は欲深い男に奪われ、信じた男には最悪のタイミングで裏切られてしまうオックスフォード伯。さらに付きつけらえた衝撃的なわが身の出生の秘密。
結局、老いた彼が唯一許されたのは「匿名」で書き続けることだけ。それによって大切な息子の命を救うことは出来たけれど、これまで引き換えにしてきた全てのものの大きさを思うと、切ないやら、悔しいやら。

ひとつの仮説として、とても見応えのある作品。
英国王室の歴史について、多少なり知識があるとより楽しめる作品かもしれない。例えば映画の『エリザベス』『ゴールデン・エイジ』『ブーリン家の姉妹』とかを観ているだけでもだいぶ違うんじゃないかな?

好感度:★★★★

それにしても、英国王室のいじられっぷりは凄いよね。

|

« 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」みた。 | トップページ | 「攻殻機動隊ARISE」、カッコイイかも! »

コメント

単なる作者別人説かと思っていたのですが、まさかこんなドロドロした話になるとは驚きでしたよ。
いや~この時代に比べると昨今の英国王室は大人しい方ですね。

投稿: にゃむばなな | 2013/02/08 22:22

■にゃむばななさん、こんにちはsun
こんなにも話が広がるとは思っていなかっただけに、まさかなドロドロ加減がツボに入りましたよ。

ほんと王室も随分と変りましたね。でももし、ダイアナさんが生きていたらどうかしらね?

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/09 16:41

たいむさん☆
単なる別人説だけじゃないところに、度肝を抜かれました。(笑)
時代がいったりきたりするので、途中混乱仕掛けたりして・・・
しかしオックスフォード伯は不幸だったかというとそうでもないかも。なにより彼の作品は彼の望みどおり今でも『生き』続けていますからね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013/02/14 22:37

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
そそそ。予告編にはいい感じにミスリードされたところもあって、意外な方向に転がり始めたら喰いいるように観てしまう感じでした。

で、そうそう、オックスフォード伯の顔がどんどん疲れてくる割には、何であれ作品を発表出来ることの方が大事で幸せみたいなところがあって、他人に託して安らかな死を迎えたって感じに思いました。

焼け焦げの原稿はどうしたんでしょうね?発表後に焼いたのかな?

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/16 08:18

>ひとつの仮説として、とても見応えのある作品。

歴史、謎、愛憎などなど、エンタメにもってこいですよね。
役者さん達が上手だったわ!
映画の醍醐味を感じる作品でした。

投稿: オリーブリー | 2013/02/16 11:27

■オリーブリーさん、こんにちはsun
>歴史、謎、愛憎などなど
この時期の英国のお話だから尚更にね(^^)

これぞ映画って感じで、私も堪能しました!

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/16 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/56722293

この記事へのトラックバック一覧です: 「もうひとりのシェイクスピア」みた。:

» 『もうひとりのシェイクスピア』 [こねたみっくす]
ウィリアム・シェイクスピアに纏わる作者別人説だけを扱った歴史ミステリーかと思いきや、実はエリザベス1世を巡る愛憎劇や後継者問題をも巻き込んだ見事なミステリー。ただ映画 ... [続きを読む]

受信: 2013/02/08 22:22

» 「もうひとりのシェイクスピア」いろんな意味で衝撃的 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
あまりシェイクスピアについては良く知らず、実は恥ずかしながら作品に触れる機会も少なかった私。 ましてや、別人説も今回はじめて聞いたけど、割と一般的に言われている事だったのね。 でも!シェイクスピアが別人だったことより、もっと衝撃的な話が・・・・... [続きを読む]

受信: 2013/02/14 22:37

» もうひとりのシェイクスピア [心のままに映画の風景]
16世紀末、エリザベス1世統治下のロンドン。 巷では演劇が盛んに行われ、人々を夢中にさせていた。 しかし、女王の側近ウィリアム・セシル卿(デヴィッド・シューリス)は、芝居に民衆が扇動されることを...... [続きを読む]

受信: 2013/02/15 23:25

« 「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」みた。 | トップページ | 「攻殻機動隊ARISE」、カッコイイかも! »