« 『銀の匙 Silver Spoon (1-6巻)』よんだ。 | トップページ | 『俺!!物語』(1-2巻)読む。 »

2013/01/26

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2D字幕)みた。

Life_of_piたぶん、この映画は3Dで観てこそではないかと思われたが、時間の都合もあって2D字幕で鑑賞。
原作は未読。アカデミー賞候補に選ばれた作品だし、壮大で非常に困難な撮影を乗り越えて作り出した映像美は素晴らしいものだろうと予告編からも想像は付くのだが、「トラと少年の漂流物語」と聞けば中身は大体想像がつくわけで 、個人的には”衝撃”だというラストが気になっての鑑賞といった感じ。

ネタばれはしないけれど、「なるほど”衝撃”とはそういうことか」、というところがさすがに印象的だったように思う。
失ったもの、守り切ったもの、そして得たもの。
真実は一つだけれど、人間とは謎であればあるほど自分の聞きたい真実を求めるもので、そんな事をしみじみと考えつつ、長いエンドロールをぼーっと見つめていた感じだったと思う。どっちかって言えば、私だってトラと旅した方だし。

2D鑑賞でも映像の素晴らしさは感じられたと思うし、3Dだったらどう見えるかも想像が出来た。何より”リチャード・パーカー”が生身のトラ以外の何物にも見えなかったのが凄い。(まぁ本物だったらもっと驚いたと思うけど)。

評判どおりだと思うし、本心から素晴らしい作品だと思うけれど、私の好みでいえば普通かな?(冒頭は眠気との闘いだったから)。ほかにあまり感想が思い浮かばないや。

好感度:★★★★

けれど、「トラはやっぱ猫科だもんね」、と思っちゃう猫派の私って冷め過ぎ?

|

« 『銀の匙 Silver Spoon (1-6巻)』よんだ。 | トップページ | 『俺!!物語』(1-2巻)読む。 »

コメント

たしかにリチャード・パーカーが“本物”にしか見えませんでしたよね。
CG技術があそこまで進化していたとは…ビックリしました。

ストーリーは単なるサバイバル映画ではなかったのが良かったと思います。
ちょっと変わっていたとは思いますが。

投稿: BROOK | 2013/01/26 19:45

■BROOKさん、こんにちはsun
リチャード・パーカーの本物っぽさは見事なもので、今だから作れるようになったというのも解りますね。
神秘的な海は宇宙みたいなものだなーとは思うのだけど、半年以上も漂流って出来るものなのかと思うとちょっと現実味が無さすぎにも思ってしまうのでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/26 23:10

こんにちは。

たまたまこの前テレビで見たんですけど、インドの小学校って、九九を二桁で覚えるんですよね!
さすが数字に強い国は違う^^

宗教観が前面に出ていたわけではないけれど、ちょっと哲学的なところもあったし、おとぎ話な感じもするかも。
後からリチャード・パーカーについて検索したら、ますますなるほどな~と思ったわ。
追悼作品でもあるんでしょうね。

投稿: オリーブリー | 2013/01/27 14:51

アメリカって動物プロダクション大国だけに、あのトラは本物だと思っていましたが、ほぼCGには驚きましたよ。

それにしてもこの映画の余韻、どこか見る人の人生の長さに比例するような素晴らしさを感じましたね。

投稿: にゃむばなな | 2013/01/27 15:43

■オリーブリーさん、こんにちはsun
インドの子供の数学能力は凄いですよね。とはいってもπをあそこまで暗記したのは意地だと思うけど(笑)
宗教的でおとぎ話ちっくなのは原作がそうなんじゃないかなと。
この映画で深読みするか否かは人それぞれで、私はあえてしない方を選びました。

>リチャード・パーカー
私はあとで知りましたが、知ってて観るとまるで違った感慨になったかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/27 15:51

■にゃむばななさん、こんにちはsun
トラは本物以上に本物っぽかったですね~
でも、半日もボードのロープに爪を掛けてぶら下がっているとかやっぱあり得ないんだろうなぁ~って。
比例すると感じられるのは、この物語って体験談なわけだから、経験値の多い大人ほど重ね合わせるネタを持っているからだと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/27 15:54

ボートでの漂流生活が始まってからは、
海原での危機管理読本のようでもありましたが、
あの退屈な前振りが、どこにでてくるのか?!で、頭はイッパイに(笑)
だって、いかにも必要なさそうなエピソードばっかりだったから、いかにも怪しいhappy01
あの航海日誌を無くしたのがね、上手いわ(笑)

投稿: kira | 2013/01/28 19:04

たいむさんこんばんわ♪

眠気こそ耐えましたが、冒頭は自分もちょっと長く感じちゃいましたね^^;同じく原作を知らないので、やはりなんだかんだで注目したのはトラとのサバイバルだったのですが、『そこ』はリチャード・パーカーの激クオリティも手伝ってかなりハラハラ。・・ただそのサバイバルに終始すると勘違いしてたとこもあったので、結果的には自分もちょっと好みとは違ってたかな~と。
トラとの別れも意外に虚しかったので・・(汗

投稿: メビウス | 2013/01/28 20:56

■kiraさん、こんにちはsun
私はあんまり伏線とか考えてなかったのだけれど、あとになって、「ああそうか~」ってなるんですよね、コレ。
航海日誌が飛ばされた時は「迂闊な!」って思ったけれど、それがあのように作用したことにはびっくりでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/28 22:23

■メビウスさん、こんにちはsun
相手がトラだけに友情とかそんなものではないとは思っていたけれど、「あー、そう言うことねー」って内容は、今更深く考えるほどのことでもなかったというか、私にはアツクなれるような作品ではなかったです。
でも映像は素晴らしいんでね、内容も含めて全体としては観る価値のある作品だと思いますが。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/28 22:27

序盤こそ退屈だったけど
3Dで観て正解でしたよ〜
あの美しい映像体験、そして立体感で臨場感溢れて
点数たぶん2Dよりあがると思われます 笑

投稿: mig | 2013/01/29 00:28

■migさん、こんにちはsun
そうですよね、これは3Dで見るべきって思ったのだけど、もともとそれほど「見たい!」って映画じゃなくって、オスカー候補にならなかったらスルーしたかもしれないくらいだったのですよ。
ケチったわけじゃないんだけどー(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/29 11:24

今回はあえて3D字幕で観ましたけど効果はありましたよ~。
トビウオのシーンは思わず避けたくらいです。
私も猫好きなのでパーカーが海から切ない表情をした時が猫っぽくて可愛いと思ってしまいました。
前半はちょっと退屈でしたよね^^;

投稿: yukarin | 2013/01/30 12:58

■yukarinさん、こんにちはsun
やっぱ3Dですよね、これは。
トビウオのところが、何気にバシバシとパイやトラにあたる音も良かったなぁ(笑)

猫は水嫌いで泳いでるのは見たことがないけれど、トラは泳ぎが上手いというのは驚きでした。
でも、自分で飛び込んでボートにはい上がれなくなった時の情けない顔は良かったですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/01/30 14:34

こんばんは。
自分も劇場の都合で2Dで鑑賞する事になりました。
絶望的状況の中でも希望を捨てずに活路を見出す。
パイにもトラにも言える事ですが、生きる力の強さを感じる事が出来る作品でもありました。
でも自分は、こんな体験したくありません(汗)

投稿: | 2013/02/03 22:25

こんばんは。
すみません。前にある名無しのコメントは自分です。

自分も劇場の都合で2Dで鑑賞する事になりました。
絶望的状況の中でも希望を捨てずに活路を見出す。
パイにもトラにも言える事ですが、生きる力の強さを感じる事が出来る作品でもありました。
でも自分は、こんな体験したくありません(汗)

投稿: FREE TIME | 2013/02/03 22:26

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
私も嫌だし、生存は無理(笑)
そこのところは改めて思うところですが、やっぱこの映画は映像美を堪能する感じ?
3Dで見たかったですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/05 22:19

たいむさん☆
これ絶対3Dオススメです!
3D苦手な私が、やっぱり3Dって凄いんだわ!と初めて思わされたくらいですから~

はじめは私もあまり感想を持てないかんじだったけど、じっくり考えれば考えるほど深い哲学的なものが見えてきて、あとからじわじわくる映画でした。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013/02/14 10:14

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
やっぱりそうですよねぇ。
でも予告編見てもあんまり興味が湧かなくってね、今思えばそれでも3Dで観ておけば良かったと思うのだけど。

あとは哲学ちっくな流れになるって知らなかったのが痛恨の極みかも。

投稿: たいむ(管理人) | 2013/02/14 21:48

冒頭眠かった~はよ本編はいって~なという(^^;
でもちゃんとそこにも伏線があったわけですね。
名前にも意味があって。
円周率をやたらいうてたのも・・・アハハ。
無駄なもんなどなかったわけで。

とにかく映像美と迫力がすごかった。
3Dで見なかったことを初めて後悔した作品でした。
・・・って劇場にも行ってないけど。(^^;

投稿: Ageha | 2013/06/20 11:00

■Agehaさん、こんにちはsun
漂流するところまで長かったですよね~
最終的にはソコも大事な伏線だったとわかるけど、
やっぱり苦痛に感じた印象の方が強いかも。
どんなに映像美がスゴかろうとも(^^;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2013/06/21 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/56629650

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2D字幕)みた。:

» 劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 [日々“是”精進! ver.F]
希望は、失わない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301250003/ Life of PiSoundtrack Sony Classics 2012-11-20売り上げランキング : 2018Amazonで詳... [続きを読む]

受信: 2013/01/26 19:40

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [だらだら無気力ブログ!]
幻想的な映像美は見応えあり。 [続きを読む]

受信: 2013/01/27 00:43

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [心のままに映画の風景]
小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、...... [続きを読む]

受信: 2013/01/27 01:28

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [to Heart]
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス 監督 アン・リー 音楽 マイケル・ダナ 出...... [続きを読む]

受信: 2013/01/27 14:21

» 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 [こねたみっくす]
トラと漂流した227日に及ぶ神秘の世界。 ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの小説を映画化したこの作品は、あのラストをどう解釈するかで評価も別れてくるものの、宗教という神秘 ... [続きを読む]

受信: 2013/01/27 15:39

» ライフ・オブ・パイ [Akira's VOICE]
人生って冒険なのよね。   [続きを読む]

受信: 2013/01/27 17:51

» ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化 来月発表になる、アカデ...... [続きを読む]

受信: 2013/01/27 23:51

» [映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...... [続きを読む]

受信: 2013/01/27 23:51

» 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞”では、少々残念な結果に終わっちゃいましたが、アカデミー賞では11部門にノミネートされています。さあ、如何なる結果になりますやら?  小説を書くために、インドにやって来たカナダ人ライター(レイフ・スポール)。しかし結局書くことが出... [続きを読む]

受信: 2013/01/28 00:24

» ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】アン・リー 【出演】スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/アーユッシュ・タンドン/ゴータム・ベルール/レイフ・スポール 【公開日】2013年 1月25日 【製作】アメリカ 【ストーリ...... [続きを読む]

受信: 2013/01/28 20:56

» 映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。 カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。 第85回アカデミー賞に11部門ノミネートを果たしている作品でもあります。 今作は、映画の原作「パイの物語」の作者であるカナダ人作家ヤン・マーテル本人が、小説の... [続きを読む]

受信: 2013/01/28 22:06

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [とりあえず、コメントです]
ヤン・マーテル著の『パイの物語』をアン・リー監督が映画化したファンタジックな作品です。 トラと漂流している予告編を観た時から、一体どうなるのだろうと気になっていました。 美しい映像に魅せられながら、少年パイの冒険に引き込まれていきました。 ... [続きを読む]

受信: 2013/01/29 08:41

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...... [続きを読む]

受信: 2013/01/30 12:55

» ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D [そーれりぽーと]
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始まった...... [続きを読む]

受信: 2013/02/01 01:01

» ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 : 圧倒的な映像美と骨太のあらすじ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 柔道全日本女子の園田隆二監督の問題は、対応のまずさがうきぼりになりましたねぇ。教会の理事連中も園田監督と大差ないダメダメ人間ですね。では、本日紹介する作品は、こんな [続きを読む]

受信: 2013/02/01 13:36

» 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜なぜ少年は、生きることができたのか〜2012年  アメリカ映画  (2013.01.25公開)配給:20世紀フォックス映画   上映時間:127分監督:アン・リー原作:ヤン・マーテル  『パイの物語』(竹書房刊)脚本:デヴィッド・マギー/ディーン・ジョーガリス...... [続きを読む]

受信: 2013/02/02 20:41

» 映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 [FREE TIME]
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013/02/03 22:18

» 『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・ドパル...... [続きを読む]

受信: 2013/02/03 22:21

» 映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」映像の魔法に身をゆだねる心地よさ [soramove]
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/3D鑑賞」★★★★ スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、 ジェラール・ドパルデュー出演 アン・リー監督、 127分、2013年1月25日より全国公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:LIFE OF PI ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「3D映像が... [続きを読む]

受信: 2013/02/06 07:57

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー [西京極 紫の館]
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...... [続きを読む]

受信: 2013/02/07 00:37

» 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る [はらやんの映画徒然草]
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と [続きを読む]

受信: 2013/02/09 21:19

» 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo... [続きを読む]

受信: 2013/02/14 10:04

» 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 [シネクリシェ2.0]
 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎないだろうとタカをくくっていました。  しかしながら、最後にあのようなどんでん返しが隠されているとは予想もしませんでした。  ストーリーは大きく分けて3部構成ですが、全体を大人になった主人公が回想するという形式を取っています。...... [続きを読む]

受信: 2013/02/16 09:53

» 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 [シネクリシェ2.0]
 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎないだろうとタカをくくっていました。  しかしながら、最後にあのようなどんでん返しが隠されているとは予想もしませんでした。  ストーリーは大きく分けて3部構成ですが、全体を大人になった主人公が回想するという形式を取っています。...... [続きを読む]

受信: 2013/02/20 05:18

» ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かったにも関わらず、今朝頑張って早起きしたが、あいにく波無かった、しばらく塩分不足にな...... [続きを読む]

受信: 2013/02/26 13:27

» 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』’12・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじインドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中 [続きを読む]

受信: 2013/03/02 22:08

» ファンタジーにしといてほしかったな〜。〜「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」〜 [ペパーミントの魔術師]
漂流してるうちにトラと仲良くなりましてんっていう ありえない奇跡かと思ってたんですが、全然違ってましたね。(^^; DVDで鑑賞。 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイDVD (初回生産限定) [Blu-ray] by G-Tools 大人になったパイが回想す...... [続きを読む]

受信: 2013/06/20 11:02

« 『銀の匙 Silver Spoon (1-6巻)』よんだ。 | トップページ | 『俺!!物語』(1-2巻)読む。 »