« 『旅猫リポート』 有川 浩 〔著〕 | トップページ | 「ロックアウト」みた。 »

2012/11/23

「人生の特等席」みた。

Trouble_with_the_curveクリント・イーストウッド主演作品。ただし監督はロバート・ローレンツ。
確か『グラン・トリノ』で俳優はもうやらないと宣言したとかしないとか小耳にはさみ、当時から「そんなこと言わないで~」と俳優業の続行を望んでいたのだけど、まさかの復帰ともいうべきこの作品の公開を知り、とても楽しみにしていた。
疎遠だった父親と娘の和解を描く定番中定番といった内容ながら、使いつくされたネタとは思えない心地良さが感じられる作品で、とても良かった。

いま頑固で偏屈で不器用で本当は愛情深い老人をやらせたら右に出るものは居ないのではないか、と思うくらいガスの役がハマっていたイーストウッド。そしてそれが若い頃の正義感に満ちたはみ出し者の延長戦にも見えるから面白い。(もちろん役としてだが)。
また娘役のエイミーも頑固オヤジに引けを取らない娘っプリだったし、ジョニー役のジャステンの良い人っぷりにホレボレ。

メジャーリーグの敏腕スカウトマンであるガスは、娘のミッキーが6歳のころ最愛の妻を亡くし、直後、娘とは距離を置くようになる。幼い娘は母親を失っただけではなく、父親からも見捨てられたと思い、父と娘は親子という体裁は残しつつも、意思疎通のない関係を続けていた。
しかし、今シーズンの指名を間近に控えたある日、ミッキーは年老いたガスがスカウトマンとして致命的とも言える目を患ったことを、ミッキーを幼い時から良く知るガスの親友かつ球団フロントの一員であるピートから聞かされ、弁護士としてのランクアップのチャンスを目前にしながらも父親の元に駆けつけ、ガスとガスの仕事の補佐を始める。
疎遠になる直前までミッキーはガスの仕事場(野球場から酒場まで)に連れまわされており、意識的にも無意識的にも野球と選手を見る目を培っていたミッキーだ。ガスは愛情表現が不器用なため口にこそ出さないが、ミッキーを誇りに思い、誰よりも愛し信頼しているのが彼の態度から伺われる。

傍から見れば、ガスが素直になりさえなれば、すんなり上手くいくのでは?と思われる父娘関係なのだが、どうも根っこは深いらしく、何故かガスは決して本音を語ろうとはしない。だから互いに頑なで、野球バカで、本当は似た者親子のくせになかなか修復しない親子関係がもどかしい。(まぁガスにはそれだけの理由があったわけだが)。
けれど、言うまでもなく、最後はハッピーエンド。父娘の和解への道と共に同時進行していた仕事(スカウト)も、ミッキーの恋愛も、野球なだけに一発逆転サヨナラスリーランホームランといったところ。
嫌な奴は嫌な奴、良い奴は良い奴とわかり易く、そうなるだろうとわかっていても、この手の展開は気持ちが良い。
久々に良質のヒューマンドラマが観られてとても嬉しい。

好感度:★★★★+

ピーナッツボーイは、ボーの胸元にずばっと正確に投げつけたのを見た時から、コイツがキーマンになるのかと直感したのだけど、あまりの出番の遅さには「やっとだよ~」であり、「そうだろ、そうだろ」って自分の中だけで意味のない優越感に浸らせてもらった。

|

« 『旅猫リポート』 有川 浩 〔著〕 | トップページ | 「ロックアウト」みた。 »

コメント

こんばんは♪
ピーナッツボーイは私も同じく思いました。
たぶんみんな思ってますよね(笑)

クリント・イーストウッドは偏屈じいさんをやらせたらピカイチですよね^^
彼しかいないと思うくらいハマリ役でした。

先は読めるしお約束な展開ではありましたが、こういうお話は大好きなんですよね~

投稿: yukarin | 2012/11/24 00:37

まさかピーナッツ売りの青年リゴが最後に活きてくるとは思ってもみませんでした。
最後の最後で上手く伏線を回収したと思います。

やはりイーストウッドが絡む作品は素晴らしいですね。
改めて認識させられました。

投稿: BROOK | 2012/11/24 14:57

■yukarinさん、こんにちはsun
お約束でも何でも、私もこうしたお話は大好きです。
偏屈ジイさんには「素直になれよ~」って娘視点でイラっとするところはあったけれど、ゆるぎないものっていうのは気持ちが良いですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/11/24 16:31

■BROOKさん、こんにちはsun
リゴくん、あまりに出番が遅いのであのまま出番が無いのかと、キャッチポールの音には、一瞬ジョニーが戻ってきた?とかも思ったんですよね。
上手い演出でしたね。

「イーストウッドにはずれなし」で連勝中。まだまだ続きそうで嬉しいです。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/11/24 16:34

ピーナツボーイの出番はちょっと遅すぎますよね。
どうせならスカウトマンが押し寄せる決勝戦で活躍してくれてもよかったのに。
あっ、でもチームに所属していないからダメか~。

投稿: にゃむばなな | 2012/11/24 18:23

こんにちは!

>若い頃の正義感に満ちたはみ出し者の延長戦にも見えるから面白い。

そうそう、それが牽引してるよねぇ~珍しくもない定番な流れのストーリーでも、イーストウッドだからの良さが全体に溢れている。
「いまいましい!」とテーブル蹴り壊す爺さま、最高!!(爆)
あっ、やっぱり甘めになっちゃってる?^^

さり気無くも期待を持たせるピーナッツボーイが良かった。
分かっていてもスッキリ壮快でした。

投稿: オリーブリー | 2012/11/25 12:22

■にゃむばななさん、こんにちはsun
ピーナツボーイは部活にも入ってなかったですからね~
でも、他球団のスカウトマンがたくさんいたら、ほかの球団も動き出しちゃうかもしれませんでしたしね。
隠し玉で良かったのかも。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/11/25 20:41

■オリーブリーさん、こんにちはsun
馬小屋でのシーン、あれ本物だった気がしたのですが気のせいですかね?
あのシーンは「ダーティハリー」とか彷彿しちゃいましたし、ハリーが82歳になったらガスかなって思えるんですよね。

>あっ、やっぱり甘めになっちゃってる?^^
イーストウッドってだけでのアドバンテージはそうした歴史の積み重ねって私も思いますよ~

分かってても爽快で心地良い、奥深さはないけれど素敵な作品でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/11/25 22:33

たいむさん、こんにちは♪

もう、こんなに予想通りの展開でいいのか?ってくらい(笑)王道の物語ですが、勧善懲悪(ちょっとオーバー?)、幸せな結末っていう映画は、後味が良くて
いいですよね(^_-)-☆

>傍から見れば、ガスが素直になりさえなれば、
すんなり上手くいくのでは?と思われる父娘関係

そうなんですよね。ガスの頑固で偏屈な態度に、思いっきり、ミッキーに感情移入して観ちゃいましたよ(笑)ですが、根が深かったんですね。。。

確かに、ストーリーとかに奧深さはないですが、
良質なヒューマンドラマって、映画館を出る時の気持ちがいいですよね(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2012/11/27 11:14

■ひろちゃん、こんにちはsun
イーストウッド作品のような社会派要素が組み込まれていないので、奥深さはさすがに出しようがないですよね。
でも、その分、都合よくみんながハッピーになっても全然問題なしってことで、とっても心地よい映画でした。

ガスの不器用さをわかってても、身内じゃ感情的になり過ぎるし、どのみち言葉足らずは誤解を招くものですよね。
でも、どれもこれも上手く収拾してくれて、嬉しくなりました。

こういう王道作品は大好きですw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/11/27 14:49

こんばんは。
本当にガスとミッキーは頑固者同士の似た者親子でしたね。
疎遠だった2人の距離が縮まっていく過程もよく描かれていました。
あと自分もピーナッツ売りの少年がキーマンになると思っていました。

投稿: FREE TIME | 2012/12/09 20:25

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
親娘の再生が気持ちよく描かれていたと思います。
そして、ミッキーは新しい恋もちゃっかりゲット。
心地よい作品は大好きです(^^)

ピーナツ君は「きっと」と思いながらも出番が遅かったですねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/12/10 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/56174369

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の特等席」みた。:

» 人生の特等席 / TROUBLE WITH THE CURVE [勝手に映画評]
『グラン・トリノ』で、半分引退の様な事を言っていたクリント・イーストウッド。ここ最近の作品は、自身が監督・主演か、あるいは監督専業と言う事が多かったが、今回の作品の監督が愛弟子ロバート・ロレンツと言う事もあってか、俳優専任として登場している。 渋いねぇ...... [続きを読む]

受信: 2012/11/23 18:44

» 人生の特等席 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...... [続きを読む]

受信: 2012/11/24 00:30

» 人生の特等席 [心のままに映画の風景]
数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が主流で、昔気質のスカウ...... [続きを読む]

受信: 2012/11/24 02:33

» 劇場鑑賞「人生の特等席」 [日々“是”精進! ver.F]
父の背中は、特等席だった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211240005/ Trouble With the CurveSoundtrack Varese Sarabande 2012-10-16売り上げラン... [続きを読む]

受信: 2012/11/24 14:51

» 劇場鑑賞「人生の特等席」 [日々“是”精進!]
「人生の特等席」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶりに主演を務める感動ドラマ。キャリア最後のスカウトの旅へと出たメジャーリーグの老... [続きを読む]

受信: 2012/11/24 14:52

» 『人生の特等席』 [こねたみっくす]
子供にとって親の背中こそが人生の特等席。親にとって子供の成長を見守る場所こそが人生の特等席。 『グラン・トリノ』で俳優業から引退するかも知れないと囁かれていたクリント ... [続きを読む]

受信: 2012/11/24 18:23

» 「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる [はらやんの映画徒然草]
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve [続きを読む]

受信: 2012/11/25 22:31

» 映画『人生の特等席』 [健康への長い道]
 20年ぶりに監督兼俳優ではなく、俳優専任で出演したクリント・イーストウッドの4年ぶり主演作『人生の特等席』を新宿ピカデリーにて。雨が降って、寒い1日でした。 Story 家庭を顧みず、メジャーリーグのスカウトマンとして生きてきたガス(クリント・イーストウッド)…... [続きを読む]

受信: 2012/11/26 20:53

» 映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...... [続きを読む]

受信: 2012/11/27 00:31

» 映画「人生の特等席」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な... [続きを読む]

受信: 2012/11/27 01:04

» 人生の特等席/TROUBLE WITH THE CURVE [いい加減社長の映画日記]
クリント・イーストウッド主演ということで、ちょっと楽しみにしていた作品・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。 伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱って...... [続きを読む]

受信: 2012/11/27 08:12

» ★人生の特等席(2012)★ [Cinema Collection 2]
TROUBLE WITH THE CURVE スカウトマン、娘1人。 キャリア最後の旅に出る。 上映時間 111分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/11/23 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶり...... [続きを読む]

受信: 2012/11/27 11:15

» 「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトランタ・ブレーブス”の敏腕スカウトとして、長年にわたり多数の名選手を発掘してきた。しかし最近、著しく視力が低下。『失明の恐れあり』と医者に診断されるも、引退を恐れたガスはこれを無視して、今年の目玉選手の最終チェックのため、ノ... [続きを読む]

受信: 2012/11/29 00:49

» 「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトランタ・ブレーブス”の敏腕スカウトとして、長年にわたり多数の名選手を発掘してきた。しかし最近、著しく視力が低下。『失明の恐れあり』と医者に診断されるも、引退を恐れたガスはこれを無視して、今年の目玉選手の最終チェックのため、ノ... [続きを読む]

受信: 2012/11/29 01:00

» 人生の特等席 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2012年米国 上映時間:111分 監督:ロバート・ロレンツ  最近監督業に専念していたクリント・イーストウッドが、監督をロバート・ロレンツに任せて、『グラン・トリノ』以来4年振りに主演を務めた感動作である。不器用で目が見えなくなり始めたプ... [続きを読む]

受信: 2012/12/01 11:43

» 凄ーくイイ話なんだけれども・・・。『人生の特等席』 [水曜日のシネマ日記]
長年メジャーリーグのスカウトマンとして働く男性とその娘の絆を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2012/12/04 09:45

» 映画「人生の特等席」タイトルが立派すぎる、もっとしみじみした映画 [soramove]
映画「人生の特等席」★★★★ クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、 ロバート・パトリック、マシュー・リラード出演 ロバート・ロレンツ 監督、 111分、2012年11月23日より全国にて公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:TROUBLE WITH THE CURVE) 人気ブログランキングへ">>... [続きを読む]

受信: 2012/12/05 07:06

» 映画「人生の特等席」 [FREE TIME]
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012/12/09 19:54

» 人生の特等席 [映画的・絵画的・音楽的]
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...... [続きを読む]

受信: 2012/12/14 05:26

» 『人生の特等席』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、ロバ...... [続きを読む]

受信: 2012/12/16 09:12

» 「人生の特等席」:純粋な音を聞いた [大江戸時夫の東京温度]
映画『人生の特等席』は、俳優クリント・イーストウッドの(引退宣言からの)復帰作。 [続きを読む]

受信: 2012/12/16 23:09

» 野球と娘と向き合いながら、 [笑う社会人の生活]
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...... [続きを読む]

受信: 2012/12/27 19:02

» 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...... [続きを読む]

受信: 2013/04/26 07:17

« 『旅猫リポート』 有川 浩 〔著〕 | トップページ | 「ロックアウト」みた。 »