« 「終の信託」みた。 | トップページ | 「シャドー・チェイサー」みた。 »

2012/10/28

「009 RE:CYBORG」(3D)みた。

009_recyborg故・石ノ森章太郎氏の未完作品『サイボーグ009』を神山健治監督が完全オリジナルストーリーで映画化。昨年10月に制作発表された時には「なんで009なの?」と思ったものだが、それはそれとして、現在に舞台を移しつつ、それでいてある程度まで未完の原作のその先を描きながら、でも「確かにこれは神山監督作品だなぁ」と思える作品に仕上がっていると感じた。
「009」にはまったく思い入れが無い私だからこそかもしれないが、神山作品としてであり、テーマも好きな類かなと。

西暦2013年、世界各国で続く同時多発テロから、チームの解散以後国元に戻るなど散り散りになっていた”ゼロゼロナンバーサイボーグ”たちはギルモア博士によって召集が掛けられる。
爆破や爆撃という物理的な破壊活動と証拠隠滅処理から、世界を陰で操ろうとする黒幕ありとの陰謀説が浮上、それらしき情報から序盤では米国が糸を引いているのではないかとされるが、やがてそれは”神”へと移行する。
”聖書”の一節ようで”聖書”でもないクダリで始まる冒頭。そして不気味な絵画や発掘された”天使”のような化石、”彼の声”に操られている人間たち。

原作はもとより、事前に情報や前知識をまったく入れてておらず、「攻殻S.A.C」のようなアクションと社会派の融合くらいにしか考えていなかっただけに、「009」がこんなにもオカルトチックで宗教的な内容なのかと、早速居住まいを正すことになった。

おそらく、「”神”とは何か」、という概念が自分なりに整理できていないとこの映画の解釈は難しいように思う。また脳は「ひとが見たいと思うものを見せることが出来るし、聞きたいことだけを聴かせることが出来る」という前提を理解していないと意味不明のままになってしまうようにも思う。そしてこれまでの神山作品から方向性のようなものを知っているかいないかで受け止め方が違ってくるかもしれない。
まぁ映画としてはジョーがストレートに誰にでも分かるカタチで答えなき答えを神(彼)に訴えることで、それに応じた結果を見せてくれている。そっちは曖昧だけど。
でも、こうしたテーマを扱いながらこの結末には賛否の意見対立が激しそうな・・・。(長すぎる黄色のマフラーがああなっちゃうのはちょっと笑ってしまったし)。まぁ私としては、在ると仮定した上での結論から、ひとことで言うならば「優しいなぁ」かなと。(乗り越えられない試練を与えない神の優しさから世界に反映されたジョーの優しさそのものと、バットエンドにしない優しさの両方のからなので「甘いなぁ」でもあるけど)。
それでも彼らは彼らの正義の在り方を自負したと思えば、この世界でこの先何とどう戦かっていくのか見てみたいと思った。

映像は一見の価値ありと絶賛しておこう。新しい技術での3DCGアニメはSF作品なだけにとても相性がよく、「攻殻SSS(3D)」とは比較にならないほど進歩していた。
”ゼロゼロナンバーサイボーグ”たちの周辺に絞ったストーリーで展開していたのも良かった。ジョーが曖昧な存在になることで人間としての黒幕の役を同時に担っていたし、そもそもただでさえメンバーが多いからそれぞれに見せ場を持たせるのは大変だもんね。チラ見せじゃ物足りないし。更に早期退場者?を出すことで謎が深まったりもしたし。(ただジョーとフランソワーズの濃い目のラブシーンはいるのかな?)
そして、テロの手口は「個別の11人」風と思い、円卓会議は「攻殻S.A.C」でのブリーフィング風景を彷彿し、ギルモア博士は荒巻課長に見えてきて、イワンとハインリヒのパートになんとなくニヤニヤしてしまうのは”攻殻ファン”だから仕方が無いよね。
ほかの作品でいえば、「UNGO」とか「十二国記」とか、その他いろいろ思い出しちゃったりしたのだけれど、作画も含めてこれはまぎれもなく神山健治作品。やっぱり好きだな、と思う。

好感度:★★★★+

こんどは2Dで観る!

|

« 「終の信託」みた。 | トップページ | 「シャドー・チェイサー」みた。 »

コメント

こんにちは♪

基本、昭和&平成版のアニメのみで出来あがってる
ファンなんで、原作同様に宗教&哲学色の濃い本作
にいまいち馴染めなくて、チョイと残念な結果とな
ってしまいました。
おまけに神山監督作品も未見なんで、尚更と言った
ところです。

にしても007&008の早期退場はいかがなもんかと思
えてならんですわ…。
特に008好きとしてはマジで言葉も無いと言ったと
ころですよ…( ̄‥ ̄)=3 フン

投稿: 風情♪ | 2012/10/29 22:13

■風情♪さん、こんにちはsun
私は逆にまったくアニメを見たことが無く辛うじて井上和彦氏の島村ジョーと009の「加速装置!」を知っているくらいなので、そんなものかと受け入れてました。

早期退場もいろいろ言われてますね~。
そこも私は一向に気になりませんでしたが。
失礼ながら、008って地味っぽいけど人気あるの?

まぁ全員が赤服着て勢ぞろいしなかったのは確かに残念かも。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/10/29 22:23

この時点で、既に2回(2D、3D)観た…というと、最近の劇場頻度からすれば、驚異的!なんですが、今夜、また観に行こうとしている自分です。(汗)

009は、コミック、アニメ、ずっとファンでしたし、石森章太郎だった頃から「彼は天才」と思っていたのでした。(笑)>漫画家になろうとしていた時期と被るし…(滝汗)

これは、1回目では「なんじゃい」と思うこと、たくさんありましたけど、どうしようかな、と思いつつ、2回目観たら、すごく納得できちゃった。原作のあるものって、本当にたいへんですね。だけど、精神世界(一部宗教?)の前提をなしにしても、とてもわかりやすく具体的なメッセージがセリフとして用意されています。平時に聞いたり、生の人間が言うのでは、素直に受け入れられそうにない文言が、こうした映像と音響というシチュエーション(?)のもとに発せられる時、シンパシーというのか、同期しちゃう自分に「ああ、まだ若いのかな?」(爆)なんて思います。

そうそう、3Dは、すごく進化してましたね。
「RE: 」という意味、そうなんだ、と腑に落ちました。勝手な解釈かもしれませんけど、別に構わないよな~って思います。

投稿: あかん隊 | 2012/10/30 17:50

たいむさん、こんばんは!

「009」の物語はけっこう「神」にまつわる話をとりあげていますね。
なので、本作などはけっこう「009」らしい話だなと最初は思ったのですけれど、その「神」の取り扱いがどうも曖昧なのが最後まで気になりました。
ちょっと逃げて曖昧なままにしているかなぁと。
そこが残念。
ジョーは優しく、そして孤独。
「009」はチームの物語でありながら、ジョーの背負っている「孤独」は際立ってます。
これを一人だけ老けることのない存在として描いたのはよかったです。

投稿: はらやん | 2012/10/30 20:36

■あかん隊さん、こんにちはsun
もう2回鑑賞されましたか!
確かに1回目だと「アレ?アレ?」と感じますね。
でも終わってからも色々反芻していると「あ、そういうことかな?」なんて思ってきて、私はこの記事を書きあげて、読み返しては微修正してやっと一つの形に出来た感じです。

巷の反応は、風呂敷を広げ過ぎとか、伏線が全然回収されていないから謎だらけとか言われてますが、私も具体的なメッセージがセリフに含まれていると感じましたし、ストレートに入ってきますよね?若さかどうかは別にして(笑)

来週、2回目に行く予定にしています。
きっとDVDも買っちゃうんだろうなって思うけれど、2Dでも出来れば大スクリーンでみたい映像ですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/10/30 21:51

■はやらんさん、こんにちはsun
神様のお話に結論付けるのは勇気がいるどころか、誰でも避けるんじゃないかなぁと思えばこんなものかなと、私は思いますが、人が頭ん中で作り出したと言う割に、実際にキセキが起こるし、混乱はしますね。(そこのところが「十二国記」でいうところの天帝みたいだなぁと思ってました)。

009の原作を知らないので、細かな設定は良く分かりませんが、万年高校生の理由もしっかり説明されていたし、パンフでの説明をみると、うまいなぁって思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/10/30 22:00

原作ファンには「否」が多いようですが、原作を読んで育ち、神山作品ファンですが、すごく面白い作品に仕上がったんじゃないかと思います。


ビジュアルもアクションも表現も、今までの009アニメの中で一番かっこいいです。3Dはアメリカ映画だと「見ろ!」って感じで押し迫ってきますが、009の3Dは、視点を補完し、強化するためにあり、だから自然に、物語の中に入り込めるような気がします。

エンディングには、いろいろな隠喩が含まれていそうなので、細かい設定を知る意味でも、小説版を読もうかと思ってます。

投稿: 日月 | 2012/11/28 15:08

■日月さん、こんにちはsun
私は手塚・石ノ森世代より少し後(ファーストガンダム世代)なので、「009」は原作もアニメもあまり馴染みが無いのですが、神山監督ファンであり、神山作品として堪能しました。

残念ながら、ラストは否定的な意見が多いように感じられますが、私もアリです。
小説は読んでいませんが、コンプリートガイドは購入。ラストでのフランソワーズの私服(デザイン)には「おお」という感じでした。
内面を探るには小説、映像の仕込みを確認するならガイド、みたいですね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2012/11/28 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/55989964

この記事へのトラックバック一覧です: 「009 RE:CYBORG」(3D)みた。:

» 009RE:CYBORG感想と先生のお墓参り [桜夢記]
昨日、公開された『009RE:CYBORG』を友人のⅠちゃんと見に行ってきました [続きを読む]

受信: 2012/10/28 22:11

» サイボーグ009 RE:CYBORG [回る滑車の先へ]
 初日に観てきました。そしてあまりにも面白くてその当日にもう一回。そして今日も予定を調整し時間を捻出してさらに1回観てきました。  高層ビル倒壊に重なる、聖書の引用にも似たモノローグ。川井憲次...... [続きを読む]

受信: 2012/10/28 22:55

» 『009/RE:CYBORG』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
最初にサイボーグ戦士たちのキャラクター・デザインを見た時はガッカリしたのだけれども、実際に見てみると一本の映画として楽しめるものになっていて、まずはメデタシメデタシ。 2013年、全世界に同時多発テロが勃発。 かつてない世界の危機に、ギルモア博士は世界各地に散らばっていたサイボーグ戦士たちを招集する、というのは如何にもなパターンだが、従来のようなレーサーだったり、バレリーナだったり、長距離トラックの運転手だったり、というのとは違う現職が、スパイアクション物っぽくて新鮮に感じた。 サイボ... [続きを読む]

受信: 2012/10/29 20:30

» 「009 RE:CYBORG」 「神」についての認識の曖昧さ [はらやんの映画徒然草]
石ノ森章太郎さんのあまりに有名な「サイボーグ009」の映画化です。 「009」と [続きを読む]

受信: 2012/10/29 21:46

» 「009 RE:CYBORG」 [或る日の出来事]
2013年。超高層ビルを爆破する連続事件が世界中で起こっていた。ギルモア博士は、それぞれの故郷に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ戦士たちに召集をかける。 [続きを読む]

受信: 2012/10/29 22:03

» 009 RE:CYBORG [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  アニメ&SF&アクション  監督:神山健治  出演:宮野真守      玉川砂記子      小野大輔      大川透 【物語】  2013年、ロンドンやベルリンなど ... [続きを読む]

受信: 2012/10/29 22:07

» [映画『009 RE:CYBORG(3D)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆凄いや!  アニメは、もう『ヱヴァ』だけで充分だと思っていたら、『まどか☆マギカ』で驚かされ、『アシュラ』で「これもありだな」と思い、ここにきて、またも凄いのを観せられた・・・。  大概、『009』級のビッグタイトルだと、古くから知っている人の心の中に...... [続きを読む]

受信: 2012/10/29 23:02

» 009 RE:CYBORG  監督/神山健治 [西京極 紫の館]
【声の出演】  宮野 真守(009/島村ジョー)  斎藤 千和(003/フランソワーズ・アルヌール)  小野 大輔(002/ジェット・リンク) 【ストーリー】 2013年、現代。世界中の大都市にある超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意志で計...... [続きを読む]

受信: 2012/10/30 01:26

» 『009 RE:CYBORG』 「神々との闘い」との闘い [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『009 RE:CYBORG』の公式サイトに踊る惹句が胸に突き刺さる。  「終わらせなければ、始まらない。」  そうだろうか。終わらせなければ、始まらないのだろうか。そもそも終わらせ...... [続きを読む]

受信: 2012/10/30 07:44

» 009 RE:CYBORG [だらだら無気力ブログ!]
サイボーグ009なのに、ラストまで9人が一堂に勢揃いしないのはどうよ!? [続きを読む]

受信: 2012/11/04 02:03

» 009 RE:CYBORG [ダイターンクラッシュ!!]
2012年10月27日(土) 21:05~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参) 『009 RE:CYBORG』公式サイト まず、3Dについて。そもそも、3D CGアニメーションで作られたそうなのだが、態々セルアニメのテイストにしている。その為、逆に3D効果が無くなっている気がするのだけど。3D実写の人間が平たく2層3層に見える感覚だ。言ってること解る? さて、団体に属することが嫌いな俺がサイボーグ009ファンクラブに入っていて、会合に2回も参加した... [続きを読む]

受信: 2012/11/04 04:30

» 009 RE:CYBORG [映画 K'z films 2]
Data 監督 神山健治 原作 石ノ森章太郎 出演 宮野真守  斎藤千和  小野大輔  大川透  玉川砂記子 公開 2012年 10月 [続きを読む]

受信: 2012/11/19 00:56

» ・・・「神」都合よくね?〜「009 RE:CYBORG」〜 [ペパーミントの魔術師]
これは、震災前に旅行で行った仙台駅のコインロッカー。 思わず写真撮った。 これがオリジナルの009のビジュアル。 随分変わっちゃったな〜。 どうせなら全員ちゃんと特殊能力使いませう〜。 特にピュンマそれだけかいっってツッコミいれたひとは私だけじゃないは...... [続きを読む]

受信: 2012/11/21 13:27

» 現代に蘇った、サイボーグたちの「戦い」は… [映画] 009 RE:CYBORG [日々の書付]
攻殻機動隊S.A.C.シリーズ、精霊の守り人の神山健治監督の「009 RE:CYBORG」を観てきました。神山監督ファンとしてはやはり「聖地」であるバルト9で観なきゃだろ!と思い、009の制作発表が行われた新宿バルト9へ。観に行った時はエヴァが公開されたばかりで、エヴァ一色でしたが…(´・ω・`)ガッカリ… ・「完全な悪」のいない現代の、絶対的な正義とは…? さて、現代に蘇った、サイボーグたちの「戦い」を描いた009 RE:CYBORG。 今まで観てきた「サイボーグ009」でのサイボーグ... [続きを読む]

受信: 2012/11/28 14:53

« 「終の信託」みた。 | トップページ | 「シャドー・チェイサー」みた。 »