« 「メン・イン・ブラック3」(3D字幕版)みた。 | トップページ | 「幸せへのキセキ」(試写会)みた。 »

2012/05/26

「おとなのけんか」みた。

Otonanokenka地元でようやく公開。
大人げないやりとりの予告編とジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリーという豪華俳優陣からとても楽しみにしていた作品。
でもあけてビックリ。こんなシリアスに本音丸出しの会話劇だったとはね。もっとコメディな感じをイメージしていただけに、少しばかり面喰ってしまった。

舞台劇が元ネタと知らなかったので、まさか最初から最後までロングストリート家で終わるのにも心の準備が出来ていなかった。
私としては、場面転換で緩急が付くものと思っていたので、延々と途切れなく醜態が繰り広げられたのがちょっとキツかった。

内容は、子供の少しばかり行き過ぎてしまったケンカが切っ掛けで、親同士が話し合いの場を持ち、最初は穏やかに話し合っていたものが、ふとしたことから不協和音が奏で始め、やがて箍がはずれて本音丸出しでの”おとな同士の大げんか”に発展するというもの。
そういう話を作るべくして作っているのだから、どちらの両親も褒められた行いをしないし、そうした互いの言動をチクリチクリと失礼なツッコミを入れて、微妙な空気を誘いまくる。そして互いが互いの逆鱗に触れあったらあとはノンストップで修羅場に突入だ。

他人が我を忘れて本音をぶちまけるって話って大笑いしたり爽快になったりするものなのだけど、ここまで何から何までとなると、私は逆に笑えなくなってしまった。正確には笑い飛ばすことが出来ず、不愉快ですらあったっていうのかな。基本、生真面目な性格で融通がきかないところがあるので。それに、きっと私ならこんな茶番に最後まで付き合わず途中で切り上げちゃうと思うんだよね。
また別要因の一つとしては、実力派俳優が揃い過ぎていたために、「ブチッ」って血管が切れる音が聞こえたんじゃないかと思うほど、あまりにリアルに感じてしまったからかもしれない。(リバースのトコは吐き気がしたし)。
でも、例えば、もしこの場に第3者がいて、第3者の回想で騒動が語られたのならば大笑いしたかもしれないし、舞台で観たのならば違ったかもしれないとは思う。

まぁ、映画で大らかな気持ちで楽しめなかったのは残念だけど、人間というものは、つくづく本音と建前で生きているわけで、それぞれの言い分(本音)にアルアルとか思うところもあるし、悪くはなかったということにしておこう。

好き度:★★★

|

« 「メン・イン・ブラック3」(3D字幕版)みた。 | トップページ | 「幸せへのキセキ」(試写会)みた。 »

コメント

こんにちは♪

楽しめなかったですか…残念…><
まぁ、もともと舞台チックな密室劇や他人のケンカ
は最高のエンタメと思っているんでかなりハマっち
ゃいました。
気を張ってた中で、フと肩の力が抜けるような演出
でフェイドアウトの如何にも舞台的な終わり方も好
きでした♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2012/05/27 11:37

確かに、気の合う長年の友人じゃあるまいし、ここまで本音や恥さらすか、、、みたいには思いましたが、傍聴しながら、自分の嫌なところを見せらてるようなトコもあり(苦笑)
ケイトのスプラッターはインパクトありすぎ。
普通、すぐ帰るだろう(爆)

投稿: オリーブリー | 2012/05/27 14:17

■風情♪さん、こんにちはsun
「キサラギ」みたいなのは好きなんですけどね~
時々敵味方のタッグが変わったりするトコとか、頷けるだけに面白かったりするんだけど、終始醜く言い争っている様子を見続け無くてはならず、まるで終わりが見えないのは、映画でも疲れます。

でも、これ見よがしなEDは結構気に入っているんですよ。
子供たちは、親がどうあれ仲直りしていた見たいだったから(^^)


投稿: たいむ(管理人) | 2012/05/27 15:36

■オリーブリーさん、こんにちはsun
>自分の嫌なところを見せらてるようなトコ
誰もがこの醜態のどこかに自分を見るってのはあるように思います。
大人っておとなって・・・だもん(笑)
まぁ「大人でいる」って窮屈ですよね。

>ケイトのスプラッター
あれはダメ~~~(><)
直ぐに貰っちゃうから酔っ払いの介抱が一切出来ない私ですし。

ホント長居は無用の用件ですよねぇ(^^;;

投稿: たいむ(管理人) | 2012/05/27 15:41

結局時と場合によってこの4人の大人の対立の組み合わせが変わるんですよね。そういうのって子供と同じやん!と。皮肉でした(苦笑)

投稿: KLY | 2012/05/28 01:46

■KLYさん、こんにちはsun
所詮大人も子供も人間なんですねw
夫婦タッグ、性別タッグ、志タッグアリ、立ち位置がいろいろ代わるところはアルアル感満載で面白かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/05/29 20:36

こんにちは。
これ良かったナぁ
たいむさんは普通だったかな?
皆ハマってましたよね。
まさか吐くとこまであんな大胆に 笑

投稿: mig | 2012/06/08 09:00

■migさん、こんにちはsun
面白いとは思うんだけど、あまりのイタさと大人げなさの誇張にちょっと疲れちゃった。

ゲロはマジ苦手なんで、思いっきり渋い顔で見てたと思うし(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/08 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/54804105

この記事へのトラックバック一覧です: 「おとなのけんか」みた。:

» おとなのけんか/Carnage [LOVE Cinemas 調布]
オリヴィエ賞とトニー賞に輝いたヤスミナ・レザの舞台劇を、『ゴーストライター』のロマン・ポランスキー監督が映画化。子供同士のケンカを解決しようと集まった両方の両親が最初は平穏に話し合うも、徐々に本音と本性が表面化しバトルを繰り広げ始める姿を描いたコメディーだ。出演はジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー。... [続きを読む]

受信: 2012/05/27 00:30

» おとなのけんか [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 フランス&ドイツ&ポーランド  コメディ&ドラマ  監督:ロマン・ポランスキー  出演:ジョディ・フォスター      ケイト・ウィンスレット      クリストフ・ヴ ... [続きを読む]

受信: 2012/05/27 11:37

» おとなのけんか [心のままに映画の風景]
ニューヨーク・ブルックリン。 子ども同士のケンカを解決するため、カウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツ、ケイト・ウィンスレット)は、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、ジョディ・フォスター...... [続きを読む]

受信: 2012/05/27 14:12

» 「おとなのけんか」 カチンとくるスイッチ [はらやんの映画徒然草]
予告編を観たときから、ぜひ観たいと思っていた作品。 期待通り面白かった! 二組の [続きを読む]

受信: 2012/05/27 22:32

» おとなのけんか [ここなつ映画レビュー]
よくもまー、これだけ芸達者な役者が集まって、彼らが板付くシーンはリビングとバスルームとエレベーターホールのみの、場面転換なしのお芝居を、馬鹿馬鹿しいまでに真剣に演じてくれたもんだ!いや、恐れ入ります。そして、おとなの極上の息抜きをさせてもらえました! 原作は、「大人は、かく戦えり」という舞台劇。子供同士の喧嘩で、一人がもう一人に手を出して相手の前歯を折ってしまった事に端を発する、大人同士の善後策対談。両者ともできるだけ穏便に済ませようと、“子供の喧嘩に親が出る”と言われるような事態... [続きを読む]

受信: 2012/05/31 14:54

» おとなのけんか [だらだら無気力ブログ!]
ケイト・ウィンスレットの豪快な吐きっぷりに惚れた! [続きを読む]

受信: 2012/06/05 00:31

» おとなのけんか/ CARNAGE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「戦場のピアニスト」や前作「ゴーストライター」の評価も高いロマン・ポランスキー監督脚本の最新作 NYで本作の予告篇を劇場でみてから超楽しみにしてました 原作は、パリ、ロンドン、NYのブロードウェ...... [続きを読む]

受信: 2012/06/08 09:01

« 「メン・イン・ブラック3」(3D字幕版)みた。 | トップページ | 「幸せへのキセキ」(試写会)みた。 »