« 「おとなのけんか」みた。 | トップページ | BSプレミアム『SHERLOCK』第2シーズン、続報。 »

2012/05/28

「幸せへのキセキ」(試写会)みた。

Zoo新しい人生にチャレンジし、愛する人の死を乗り越えた英国のコラムニストだったベンジャミン・ミーの実話をもとにした動物園と家族の再生の物語。聞くところによると本当は奥さんは家を買ってから病気を再発したとのことなので、息子の反抗とか、引っ越しの動機とか、どこからどこまでが真実の話なのか良く分からないのだけどね。
原題は『We Bought a Zoo』とそのまんま。邦題は「軌跡」と「奇跡」を掛けた”キセキ”なようだ。日本人は「幸せ」ってコトバが好きだよね。

もともとマット・デイモンが好きなんだけど、今回はパパ役がとてもしっくりハマっていて、また惚れ直すくらいに素敵だった。
”ジェイソン・ボーン”のシリーズが終わって以来、様々な作品での役づくりもあってすっかりふっくらしてしまったマット。けれどそのふっくら加減がフツーのパパ役にぴったりで、私生活でも小さな娘たちのパパであることもあってか、父と娘の関係はこれ以上ないくらいに温かくしっくりなじんだ親子に見えた。娘役の子も、会話からしぐさまですべてがめっちゃカワイかったし。

思春期に差し掛かった14歳の息子とまだ7歳と幼い娘を残して逝ってしまった最愛の妻。息子はやり場のない喪失感から荒れはじめていたが、ベンジャミンは自身が立ち直れておらず、やっとこ娘のケアをするのでいっぱいいっぱいだったから、正直息子までは手が回らず、事実上持て余していた。(ほかにも理由はあるのだが)。
そこで息子の退学処分を切っ掛けとし、息子の反発には耳を貸さず、強引に引っ越しを決める。もちろん、ベンジャミンだって息子の痛みは重々承知している。だからせめて妻(母親)の思い出が残る地を離れ、環境を変えることで何かに踏ん切りをつけたいと思ったわけだ。
ただし、求める条件を満たしていた物件は、さらにオマケとして動物園が併設されていた。コラムニストとして世界各地を回り、様々な体験(冒険)をしてきたベンジャミンだったが、”動物”にかんしては素人。実の兄にも辛うじて残っていた動物園のスタッフにも、「半端な気持ちでは無理だ」と諭されるのは当然だろう。

資金難に続発するトラブル、ちっとも心を開かず変わらない息子。ベンジャミンは何度も折れそうになる心を奮い立たせて動物園の再開を目指す。
でもそういう姿が何より人間の心に響くし、最後には想いを届けてくれるものなのだよね。

実際はもっと過酷で深刻な話だと思うけれど、映画では愉快なベンジャミンの実兄とか、粘着質な”検査官”&面白検査グッズとか、脱走して街中でふらふらしているクマに遭遇しちゃうとか、シリアスな中にクスッと笑ってしまうエピソードがたくさん。また息子との和解や「たった20秒の勇気」にまつわるあれこれにはジンとさせられた。
なんとか試験を突破し、100年に一度の大型ハリケーンをも無事に回避しちゃうのは出来過ぎだけど、まさに”キセキ”ってことにして、素直に心温まる家族の物語だったと絶賛しておこう。

好感度:★★★★+

追記:6/7の「奇跡体験アンビリバボー」で本当のベンジャミン・ミーのお話が特集されていたけれど、やはり映画はかなりアレンジしてあったようだ。
けれど、なんであれ大変だったは本当で、映画効果から動物園運営に少しでも貢献できれば嬉しいよね。

|

« 「おとなのけんか」みた。 | トップページ | BSプレミアム『SHERLOCK』第2シーズン、続報。 »

コメント

たいむさん☆
巧く行き過ぎーってところもありましたが、ほのぼのといいかんじに展開していって、心温まるお話でしたね。
ちょっとふっくらマットがいいお父さんを好演していて惚れ直しますねっ☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2012/05/29 18:07

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
うまく行きすぎなところが実話なの創作なのか気になるところですが、この手の展開はわかってても嬉しくなるし、心地良いですよね。

>ふっくらマット
おおらかさの顕れかな~って思いますね。
息子につらく当たるにしても、極端にトゲトゲしていないし、優しさが感じられましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/05/29 20:48

やってましたね、TVで本物さんの話を。
あれを公開前日に放送するのは微妙な感じでした。
私は映画を楽しみたかったので全く見ないようにしてましたが。

それにしてもマット・デイモンは本当にいろんな役を見事にこなしますよね。

投稿: にゃむばなな | 2012/06/08 21:58

■にゃむばななさん、こんにちはsun
映画と事実が思いのほかかけ離れていたんで、映画さきで良かったと少し思いました。

でも、マットとスカちゃんだし、子供たちはかわいいし、動物園の宣伝になったのなら「まいっか」ってと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/08 22:57

邦題が微妙な感じもしますが、
お話自体はとても心温まる感じがして、
最後に妻との出会いを語るシーンが非常に印象に残りました♪

家族のことと動物園のこと…
どちらも綺麗に描き切っていたと思います。

投稿: BROOK | 2012/06/09 05:26

■BROOKさん、こんにちはsun
最後、思い出の場所に訪れて子供たちに語って聞かせるところは良かったですよねw

かなり映画的な脚色になっていたようですが、イイ感じで嫌味もないし、マットも素敵なパパさんで好印象です。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/09 13:31

こんばんは♪
そう、そのアンビリバボーを見ちゃったので、かなり違ってたのについていけませんでした、トホホ。

投稿: yukarin | 2012/06/10 00:34

たいむさんこんばんわ♪

この手の実話モノって『アンビリーバボー』や『世界まる見え』でたまに放映されることありますよねぇw昨日から公開されてる『ソウル・サーファー』も実話で、その話は自分もまる見えで知ったのですが、でもいざ知っちゃうとアレンジ部分が丸分かりで『え!?』と思っちゃうとこが無きにしも非ずですから、個人的に今回は知らなくて良かったかなと思ってますね。おかげで自分も素直に感動できましたし、楽しめました。

そうそう、マットの実直なパパさんぶりも良かったですね。ふくよか体系はイイ意味で自分からもボーンシリーズからの脱却をさせてくれたかなと。
・・あとは本物のベンジャミンさんのようにツルッぱげにすれば完璧でしたね(笑

投稿: メビウス | 2012/06/10 22:15

こんばんは~♪
アンビリーバボー、見なかったんですよ~。
知らないから素直に受け止めたけど、
先にみたら、ウムム・・となっていたでしょうか?

でも、あの子役たちは文句無く可愛かったし、
コドモの為と言いながら、実は自分の為の引越しだったマットパパ(笑)も
かなり高感度アップだったです~happy01

投稿: kira | 2012/06/12 00:27

■kiraさん、こんにちはsun
私も試写会でTVより先に映画をみたので、素直に見られましたが、結構ギャップがあるので、TVの後だったら、「違うじゃん」って思ったかもしれません。
こればっかりはタイミングだし、仕方がないですよね。

ストーリーはともかく、ファミリーは素敵だし、役者もみんな良かったですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/12 17:44

■yukarinさん、こんにちはsun
実話は随分と違ってましたからね~
私もTVでみてビックリしましたよ。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/12 17:45

■メビウスさん、こんにちはsun
実話と比べると、どうしても綺麗事とかドラマティックな作りが鼻についたりしますよね。
原作つきの映画化と同じで、知識やイメージのあるなしで受け手の反応が違ってくるものだし、あとは好みですよね、ここまで来ると。

そういう点ではキャストも重要で、マットはすっごく良かったと思ってます。子供たちもね。
だた、スカちゃんのモデルが似ても似つかないってところには理想と現実をみる感じですがw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/12 17:50

たいむさん、こんばんは☆彡
たいむさんの評価だけ見せて頂いて(ファミリーツリーの時)、高評価でしたので期待していましたが、いや~~良かったです!

たいむさん、マット好きだったんですね。私は役者としては上手いと思いながら、カッコイイとはとうてい思えなかったのですが(すみません)、このマットは
最高でした。たいむさん惚れなおしたのなら、私は惚れたかも(笑)

深刻なお話なのにユーモアを交えた展開が好きでした。大きな感動とかではなく、じわじわ来る感動で、
映画を観終った後は、なんか幸せな気持ちになりました♪

投稿: ひろちゃん | 2012/06/13 01:33

■ひろちゃん、こんにちはsun
公開直前にTV放送された実話の特集の余波があるように思うけれど、観ていなかったり、抜きに考えることができる方は、概ね好印象を持つ映画になっているようで嬉しいです。
私の場合、TVより先に見たし、マットが主演だったしでもう文句なしでしたからwww
ひろちゃんにも気に入ってもらってよかったです。特に最近感想が食い違っていることが多かったしね(^^)

>カッコイイとはとうてい思えなかった
うはは(^^;
実は、皆さんに言われますよー
確かに、一般的にも「カッコイイ」がしっくりハマるひろちゃんご贔屓のジョニーとはかけ離れてますからね~
でも、見た目とかセクシーさとかじゃなくって、なんか好きなんです。だから少なくとも、私の目にはカッコ良く映ります。

お約束感もあるけれど、素直に素敵と言える映画でしたよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/14 12:38

こんにちは。

私もテレビ観てないので、普通に良い映画でしたけど、観た観ないで印象が変わるのは仕方がないでしょうね(苦笑)
でも伝えたい軸が明白で、そこがこちらに嵌ってくるなら、アレンジはそれでも良いかなと。

マットファミリーと飼育員たち、キャストが皆さんステキでした。
マットはアクションでも、基本、誠実な人が多いでしょう?
今回のパパぶりは、まんまな感じがしてナイスでしたよぉ~。

投稿: オリーブリー | 2012/06/16 12:29

■オリーブリーさん、こんにちはsun
原作つきであれ、実話のアレンジであれ、比較対象がある場合、知っているか知らないかで印象は違ってくるものですものね。でも映画を愉しむとしたら、順番は意外に影響力が大きいんですよね(^^;

登場人物はみんなが良かったですよね。
みんなで家族って見えたし。

>基本、誠実な人
「グッド・ウィル・・」の若さを思うと、パパになったなぁって思うけれど、リアルも役者としてもイイ感じに年を重ねてますよね。
ベンのように制作には行かず、このまま役者でいて欲しいなぁって思ってます。
役者としてオスカーを取って欲しいし。


投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/16 17:26

どうして、実話のまんまじゃいけなかったんでしょうか?
家族の構成とか、奥様の亡くなったこととか、
そういうのはお話に合わせての変更はわかるんですが、
家さがしをしてて、動物園がついていた!
それを買おうと思った!って、いくらなんでも・・・。
この部分は、実話でなければ「ありえねぇ~~」って気分。w

マット、お父さんピッタリでしたね。

投稿: mariyon | 2012/06/18 07:51

■mariyonさん、こんにちはsun
実話でも十分ドラマチックなのにね。
あそこまで設定をいじるのならば、実話をもとに制作したフィクションくらいの触れ込みにすれば良かったのにって思います。

>家さがしをしてて、動物園がついていた!
実は、アンビリバボーを見るまでは本気で信じてました(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/18 21:50

こんにちは!

良かったですよねー^^
とっても面白かったですねー^^
マットも良かったけど、娘ちゃんが凄く良かった^^
可愛かったですよね♪

とんとん拍子に進んで行ったけど、それでも感動してジーンと来ちゃいました^^

投稿: みすず | 2012/07/18 14:10

■みすずさん、こんにちはsun
動物園付きと聞いて「イエーイ」とか言ってる女の子がめっちゃかわいかったですよね。

実際にはスカちゃんのような美しい飼育員なんていないんだけど、「映画として」このくらいの演出はありですよね(^^)

優しくなれる映画でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/07/20 14:03

こんにちは♪
私は結構すきな作品でした!!
娘ちゃんがかわいくてかわいくて癒されましたww

投稿: Nakaji | 2012/08/16 14:10

■NAKAJIさん、こんにちはsun
ほわほわしてて素敵ですよね。
マットもお父さん役が板についてきて・・・
いい感じです!

子役の子はみんなかわいかった。
なかでも妹ちゃん最高!

投稿: たいむ(管理人) | 2012/08/17 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/54811652

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せへのキセキ」(試写会)みた。:

» 「幸せへのキセキ」zooっと [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・? [続きを読む]

受信: 2012/05/29 21:52

» 映画:幸せへのキセキ We Bought a Zoo 妻を亡くした家族が、立ち直るために試みたユニークな方法とは。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
主役マット・デイモン。 彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。 ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」 ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。 ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...... [続きを読む]

受信: 2012/06/05 21:39

» 幸せへのキセキ / We Bought a Zoo [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 家を買ったら、なんと閉鎖された動物園がついてきた パパと2人の子どもたちが、愛する人の死から立ち直り、新しい人生を開く 監督は、「初体験リッジモンド・ハイ」や、トムちんの「ザ・エージェント」「...... [続きを読む]

受信: 2012/06/08 08:59

» 『幸せへのキセキ』私は<軌跡>のほうで。 [Healing ]
幸せへのキセキ We bought a zoo ★★★★ 妻の死、ママの死。 それぞれに必要な グリーフワークは動物園にあり 妻の死から半年。 コラムニストのベンジャミン・ミーが一念発起して 荒廃した動物園を購入。 まったく知識も元手もない中で その動物園の再建を目指すお話です。 人は、深い喪失感にさいなまれたとき、 心機一転、まったく別の土地と家に移って、... [続きを読む]

受信: 2012/06/08 19:19

» 『幸せへのキセキ』 [こねたみっくす]
動物園を買ってもいいじゃなイカ。だって冒険したいんだもん。 映画そのものがサントラのキャメロン・クロウ監督最新作は、妻の死から心機一転とばかりに動物園付きの家を買って ... [続きを読む]

受信: 2012/06/08 21:59

» 劇場鑑賞「幸せへのキセキ」 [日々“是”精進! ver.F]
“20秒間の勇気”を、持とう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/ 幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで... [続きを読む]

受信: 2012/06/09 05:24

» 父親と息子の関係。『幸せへのキセキ』 [水曜日のシネマ日記]
閉鎖した動物園付きの家を買った家族の物語です。 [続きを読む]

受信: 2012/06/09 10:13

» 幸せへのキセキ [to Heart]
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・ヨ...... [続きを読む]

受信: 2012/06/09 18:20

» 幸せへのキセキ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【WE BOUGHT A ZOO】 2012/06/08公開 アメリカ 124分監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ、コリン・フォード、マギー・...... [続きを読む]

受信: 2012/06/10 00:17

» 幸せへのキセキ [心のままに映画の風景]
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン・ミー(マット・デイモン)は、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に、新しい人生を切り開こうと郊外へ引っ越した。 購入した理想の邸宅には、閉鎖中の動物...... [続きを読む]

受信: 2012/06/10 16:23

» 幸せへのキセキ [充実した毎日を送るための独り言]
・映画 幸せへのキセキ (6月8日より上映 マット・デイモン・スカーレット・ヨハンソン出演)閉鎖されていた動物園を買い取り家族とともに再建した英国人ジャーナリスト、ベンジャミン・ミーの回顧録をもとに、最愛の妻を亡くした男が動物園を立て直すことで悲しみを乗...... [続きを読む]

受信: 2012/06/10 21:53

» 幸せへのキセキ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】キャメロン・クロウ 【出演】マット・デイモン/スカーレット・ヨハンソン/トーマス・ヘイデン・チャーチ/エル・ファニング/パトリック・フュジット/コリン・フォード/アギー・エリザベス・ジョー...... [続きを読む]

受信: 2012/06/10 22:15

» ★幸せへのキセキ(2011)★ [Cinema Collection 2]
WE BOUGHT A ZOO 最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、 実話から生まれた<奇跡>の物語。 上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/06/08 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 英国の人気コラムニスト、...... [続きを読む]

受信: 2012/06/13 01:53

» 幸せへのキセキ/WE BOUGHT A ZOO [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>> 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は 仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。 そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物...... [続きを読む]

受信: 2012/06/13 17:02

» 「幸せへのキセキ」 20秒の勇気 [はらやんの映画徒然草]
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし [続きを読む]

受信: 2012/06/13 21:47

» 実話なんだけど「幸せへのキセキ」 [茅kaya日記]
nbsp;実話!!!!!この重みは、あり得なさそうな話も、うんうんとうなづく魔力がある。 実際は、家探しをしていて、偶然に見つけたなんて訳ではないらしい。 [続きを読む]

受信: 2012/06/18 07:51

» 『幸せへのキセキ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソ...... [続きを読む]

受信: 2012/06/18 12:08

» 幸せへのキセキ [だらだら無気力ブログ!]
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。 [続きを読む]

受信: 2012/06/19 00:35

» 幸せへのキセキ [映画的・絵画的・音楽的]
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡くし...... [続きを読む]

受信: 2012/06/21 05:26

» 映画「幸せへのキセキ」一歩進むことで自分を変えたかった [soramove]
「幸せへのキセキ」★★★★ マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、 トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、 エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ出演 キャメロン・クロウ監督、 124分、2012年6月8日公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:We Bought a Zoo ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どん... [続きを読む]

受信: 2012/06/25 09:48

» 「幸せへのキセキ」感想 [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 2008年に発表されたベンジャミン・ミーによる回顧録を、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督、「ボーン・シリーズ」のマット・デイモン主演で映画化。  妻を病気で失ったショックから立ち直れずにいる男が、家族と自分自身の再生のために、仕事を辞めて町外れの広大な家を購入する。しかしそこは、47種の動物の有する閉鎖された動物園だった。... [続きを読む]

受信: 2012/06/28 19:11

» 幸せへのキセキ [みすずりんりん放送局]
 『幸せへのキセキ』を観た。  【あらすじ】  半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン(マット・デイモン)、彼の14歳の息子ディラン・ミー(コリン・フォード)と7歳の娘ロージー・ミー(マギー・エリザベス・ジョーンズ)は、いまだ悲しみと混乱の中にいた。  ...... [続きを読む]

受信: 2012/07/18 14:11

» 幸せへのキセキ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
幸せへのキセキ 12:米 ◆原題:WE BOUGHT A ZOO ◆監督:キャメロン・クロウ「エリザベスタウン」「あの頃ペニー・レインと」「ザ・エージェント」「セイ・エニシング」 ◆出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック...... [続きを読む]

受信: 2012/08/22 20:39

» 映画『幸せへのキセキ』を観て [kintyres Diary 新館]
12-54.幸せへのキセキ■原題:We Bought A Zoo■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:石田泰子■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ□脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作:ベンジャミン・...... [続きを読む]

受信: 2012/11/16 18:17

» 幸せへのキセキ [いやいやえん]
素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との絆を取り戻すという話ですが、驚いたことに何と実話に基づいた話だそうで。 飼育員たち、再オープンを待ち望む地元の人々、そして家族みんなのサポートを得て動物園再建を目指すのですが、そこはそれ当初は上手くいくはずもない。 何気ない場面で映し出されるマット・デイモンの顔。この人、いつの間にこんなに巧... [続きを読む]

受信: 2012/11/21 09:35

» 幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ…... [続きを読む]

受信: 2012/12/06 12:57

« 「おとなのけんか」みた。 | トップページ | BSプレミアム『SHERLOCK』第2シーズン、続報。 »