« 『定本 百鬼夜行-陽』、でた。 | トップページ | 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」みた。 »

2012/03/27

「サラの鍵」みた。

Sara

地元でようやく公開。
予告編では、「1942年のパリのユダヤ人迫害事件」をひも解くうちに、まさかの事実に直面する主人公・・・ということから少しばかり期待して待っていた作品。
現代と過去が交差しつつ、中盤までは、弟はどうなった?その後のサラは?とドキドキする展開が続く。後半に入ると主人公のプライベートが無駄にゴタゴタして失速感が否めないが、ラストでの”キリンのオチ”にはヤラレタ感があり、歴史を知る上でも良い作品だったと思う。

まず、この映画は物語の部分をネタバレさせてしまうとそれだけで終わってしまうもので、”観てナンボ”の作品だと思うので物語の内容には触れないことにする。

さて、劇中若い雑誌記者が「1942年のパリのユダヤ人迫害事件」を知らないという描写があるのだが、実は私も予告編の段階では”ナチによるユダヤ人迫害を題材にした映画”だと思っていたわけで、”ヴェルディヴ”はもちろん、”パリ警察”(フランス人)による在仏ユダヤ人迫害事件があったことすらを知らなかった。他国のこととはいえ、実にお恥ずかしい次第。
ただ映画はこの事件が発端になった物語ということで、”ヴェルディヴ”でのことも、収容所でのことも、さらりとすくい上げた程度の説明でしかなく、「そういう事があった」という事実を知るだけではある。けれどサラの悲劇的な人生は人の心に消えることなく残り続ける戦争の爪痕を生々しく印象づけるもので、「ユダヤ人迫害」に限らず、人が誰しも持っているだろう抗いきれない残忍性による悲劇の多くが”戦争”が絡んだゆえに発露してしまうという事なのではないかと思うものだった。つまりは完全に無関係な人なんてありえないってことではないかと思う。兎角”戦争”というものはなんでもアリにしてしまうものだし。とはいえ、なんでも”戦争”のせいにしてしまうのは少し違う気もするわけで、「知らない(知らなかった)」という部分ををどう捉えるかなのかもしれない。

若い記者を引き合いにしたのは、過去にこれだけのことがあったにもかかわらず”風化”し始めていることであり、結果論でモノを言い、我関せず的になりつつある現代を懸念したものと思われる。
自国の負の歴史も他国のそれもまだまだ知らないことがたくさんあるようだ。この映画は若干それみよがしなところも感じるが、繰り返し繰り返しこのような映画がつくられるのは良いことだと思う。
邦画でいえば、原爆をテーマに『夕凪の街 桜の国』に近い感じだろうか?もちろん雰囲気とか感覚的に近いと言うだけで、題材もテーマも全然違うけれど。

好感度:★★★++

|

« 『定本 百鬼夜行-陽』、でた。 | トップページ | 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」みた。 »

コメント

こんばんは。

過去の過ちや辛い出来事は、時間の経過と共に自分の中で折り合いをつけたりしていくものですが、サラの場合は、自分の成長と共にますます後悔の念がつのったのだろうと推測すると、本当に胸が締め付けられました。
ただ、私は現代パートにいまひとつノレなかったのでした(苦笑)

投稿: オリーブリー | 2012/04/03 02:03

■オリーブリーさん、こんにちはsun
そうなんですよね。
両親も「お前のせいで!」ってなじっていたし、自ら無残な遺体を見てしまったし、自責の念は消えることがなかったものと思います。ましてや、自分だけ幸せになんかなれないって思ったことでしょうし。
それでも、残された日記からは子供のために頑張ろうとしていたようにも感じられ、じわじわくるものがありました。

現代パートは、私もいまいちノれず。
ほんと最後だけ、”ルーシー”にグッときました。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/04/03 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/54297354

この記事へのトラックバック一覧です: 「サラの鍵」みた。:

» 「サラの鍵」(2010) [INUNEKO]
フランスがナチに協力して国内のユダヤ人を収容所に送った時の話。 パリのユダヤ人が一斉検挙連行された時、少女は弟をアパートの納戸に隠して助けようとした。 それきりドイツに連れてかれて殺されるとは思ってませんからね。 現代パートの主人公、フランス人と結婚してフランスに暮らすアメリカ人雑誌記者(文章下手でスミマセン)を演じているのが「ミッションインポッシブル」無印でフェルプスのチームにいてイーサンと地下へ潜入した年増美人。思わぬ再会にちょっと嬉しい。 その少女サラのその後と、60余年後偶然そのアパートを... [続きを読む]

受信: 2012/03/27 18:39

» サラの鍵/Elle s'appelait Sarah [LOVE Cinemas 調布]
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行してゆく。主演は『ずっとあなたを愛してる』のクリスティン・スコット・トーマス。監督はジル・パケ=ブランネールが務めた。... [続きを読む]

受信: 2012/03/27 20:41

» サラの鍵 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”と話し、ジュリアにサラのことを調べようとするのを止めるように言います。 第二次世界大戦を体験したパリの人々の間には、“知っていたとしても口にしてはいけない”、“目を向けてはいけない”というような、自らが罪を犯してしまったかのような後ろめたい空気があ... [続きを読む]

受信: 2012/03/29 11:42

» 『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭 [だらだら無気力ブログ!]
素晴らしくて見応えのある作品でした。 [続きを読む]

受信: 2012/03/30 00:29

» サラの鍵 [心のままに映画の風景]
1942年、ナチス占領下のパリ。 フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。 一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。 2009年。 パリに暮らすアメリカ...... [続きを読む]

受信: 2012/04/02 20:36

« 『定本 百鬼夜行-陽』、でた。 | トップページ | 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」みた。 »