« 『極北ラプソディ』 (著)海堂 尊 | トップページ | 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」みた。 »

2012/02/25

「顔のないスパイ」みた。

The_double20年前に姿を消したソビエト伝説のスパイ”カシウス”の復活から、嘗て”カシウス”を追っていた元CIA捜査官:ポールと、”カシウス”とポールに憧れる若きFBI捜査官:ベンの新たなる闘い。
スパイ&サスペンス・アクションものでリチャード・ギア主演ってなれば、即「観よう」リストに入れちゃうんだけど、なんとなく展開は予想がつく感じ。で、そこんとこは案の定だった。
個人的にはハッピーに見せかけてのバッドエンドでも良かったというか、最後まで「後味の悪い」ラストを期待していたところがあるんだけど、キャストのイメージ的にはやっぱコッチになっちゃうのかなぁ。

邦題では「顔のないスパイ」なんて付けるもんだから、知らないと”カシウス”の正体に全員が疑心暗鬼に陥ってスリルとサスペンスが味わえる映画だと勘違いしそうだが、実は予告編からして”カシウス”の正体は明かされていて、「元CIAエージェントで、冷酷なスパイ“カシウス”の2つの顔をもつ男・ポール」なんてズバリなあらすじも最初から公開されている。・・となれば、自ずと裏の裏を想定しながらみてしまうわけで、「じゃあ何が隠し玉で、何がしたいのか?」なんて考えながらみていると、なんであれ”驚愕”の真実は無いよなぁーってなっちゃった。
ポールは確かに”カシウス”なのかもしれないけれど、リチャードだし、ベンには「動機」を考えろとかヒントをバンバン与えるし、写真なんか自分から渡しちゃうんだもんなぁ。とにかく基本”いい人”臭がプンプンしているんだよね。逆にベンの正体は「そういうことか」だったけれど、こちらも”情”が色濃く感じられたし、きっとそうするんだろうなぁ~ってね。それでも最後、車の中から家族を見つめるベンには、ひょっとして?って良くない方の期待をしたんだけど。

基本的にハッピーエンドが好きだけど、後味が悪くてもパンチが効いているのは良かったって思うし、いずれにしても「まあまあ」って感想になるみたい。

好感度:★★★++

不審者を追って走るシーンや格闘シーンはリチャード本人なのかな?

|

« 『極北ラプソディ』 (著)海堂 尊 | トップページ | 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」みた。 »

コメント

こんばんは♪
今月は観たいのが多くて、これ観たかったんですがちょい遠いシネコンなんで諦めました。
まぁまぁかぁ~DVDで観るとします。

投稿: yukarin | 2012/02/26 22:56

■yukarinさん、こんにちはsun
今月から来月にかけて「観たい!」って作品たくさんありますよね。こちらは時差公開も多いので無理なくみられそうですが。

私も好きじゃないシネコンの単独上映だと断念しちゃうことが良くあります。
でもこれはDVDとかBSで十分と思いますよ~~

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/27 17:50

あまり期待せずに鑑賞したせいか、
意外と面白かったです♪

最後のドンデン返しには少し驚きつつ…
ラストも綺麗に纏めていましたね。

投稿: BROOK | 2012/02/28 14:26

■BROOKさん、こんにちはsun
期待・・してないつもりだったけど、キャストがキャストですしね。
概ね面白くはみていたのだけど、好みでいえばこれは真っ黒仕様が似合いそうじゃない?

綺麗な〆にホッとしつつ、どこかで悪魔の微笑が見たかった気も・・・(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/28 18:45

こんばんは。

>予告編からして”カシウス”の正体は明かされていて

そうなんですねぇ~。
それ、観終わってから知ったので、もうね、この次点で、いくらなんでもネタバレ早いだろうと~その後の二転三転期待して、混沌としちゃいました(汗)
ギア様狙いだったけど、あまり役柄には合ってなかったような…。

投稿: オリーブリー | 2012/03/10 02:00

■オリーブリーさん、こんにちはsun
そっか、私も知らなかったら余計に勘ぐって1人でぐるぐるして必要以上に肩透かし喰らってたかもです。
もしかして、カシウスの正体を予告やチラシで明かしていたのは、「変に勘ぐらずに素直にギア様のカシウスに感情移入してくれ」ってことだったのかも???

ギア様ももう若くないですしね。ワイヤー殺人鬼でアクションとかはしないくても・・って私も思いますわw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/03/10 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/54074281

この記事へのトラックバック一覧です: 「顔のないスパイ」みた。:

» 顔のないスパイ / The Double [勝手に映画評]
ワシントンでロシアと密接な関係にあると言われている上院議員が殺害される。その殺害犯は、伝説の暗殺者“カシアス”なのか・・・。 冷戦終了後のアメリカ。そのアメリカには、冷戦時代の10倍ものロシアのスパイが潜んでいると言う“設定”になっています。“設定”と記したの...... [続きを読む]

受信: 2012/02/26 16:02

» 劇場鑑賞「顔のないスパイ」 [日々“是”精進! ver.A]
裏の、裏にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202280003/ ウォンテッド 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】 ジェネオン・ユニバーサル 2011-06-22 売り上げランキング : 9029 Amazonで詳... [続きを読む]

受信: 2012/02/28 14:25

» 「顔のないスパイ」 凡百のスパイ映画に埋もれていく作品 [はらやんの映画徒然草]
スパイものというジャンルは好きなんですよね。 敵味方の心理戦、正体がばれてはいけ [続きを読む]

受信: 2012/02/29 21:33

» 顔のないスパイ/The Double [LOVE Cinemas 調布]
『3時10分、決断のとき』や『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントの初監督作品。20年前に死んだソ連のスパイを追いかける元CIA職員とFBI捜査官のコンビを描いている。主演は『HACHI 約束の犬』のリチャード・ギアと『スパイダーマン3』のトファー・グレイス。共演にマーティン・シーン。... [続きを読む]

受信: 2012/03/01 00:30

» 映画「顔のないスパイ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「顔のないスパイ」観に行ってきました。旧ソ連時代の凄腕スパイ「カシウス」の行方を巡って繰り広げられる、リチャード・ギア主演のスパイ・アクション作品。「顔のないスパイ... [続きを読む]

受信: 2012/03/02 00:10

» 『顔のないスパイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「顔のないスパイ」□監督・脚本 マイケル・ブラント □脚本 デレク・ハース □キャスト リチャード・ギア、トファー・グレイス、テイマー・ハッサン、スタナ・カティック、       スティーヴン・モイヤー、マーティン・シーン、オデ...... [続きを読む]

受信: 2012/03/03 09:02

» 顔のないスパイ [食はすべての源なり。]
顔のないスパイ ★★☆☆☆(★2つ) リチャード・ギア、トファー・グレイスの主演で描くサスペンスアクション。 米ワシントンで上院議員が殺害される事件が発生し、その手口から死んだとされている旧ソ連の伝説のスパイ、カシウスの存在が浮上する。米ソ冷戦時代にCIAで活躍した元諜報部員ポールは、事件の謎を解明するために呼び戻され、若きFBI捜査官ギアリーと組んで捜査にあたることに。捜査が進むにつれカシウスの存在が明らかになっていく・・・。 早い段階でカシウスの正体が明らかになるから、もうオチはそれし... [続きを読む]

受信: 2012/03/03 22:44

» 顔のないスパイ/THE DOUBLE [いい加減社長の映画日記]
リチャード・ギアが好きだし、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」の純愛も、いい加減食傷気味だし・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ワシントンで起きた上院議員殺害事件。 その手口から捜査線上に浮上したのは、すでに死んだと思われ...... [続きを読む]

受信: 2012/03/04 22:20

» 顔のないスパイ/THE DOUBLE [いい加減社長の日記]
リチャード・ギアが好きだし、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 」の純愛も、いい加減食傷気味だし・・・ 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 ワシントンで起きた上院議員殺害事件。 その手口から捜査線上に浮上したのは、すでに死んだと思わ... [続きを読む]

受信: 2012/03/04 22:27

» 顔のないスパイ [だらだら無気力ブログ!]
リチャード・ギアは渋くてカッコいいものの、盛り上がりに欠ける感が。 [続きを読む]

受信: 2012/03/05 00:24

» 顔のないスパイ [心のままに映画の風景]
ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口からすでに死んだはずのソビエトの殺し屋「カシウス」の名前が挙がる。 CIA長官(マーティン・シーン)は、かつてカシウスの追跡に実績を残した元エージェン...... [続きを読む]

受信: 2012/03/09 18:08

» 顔のないスパイ [Movies 1-800]
The Double (2011年) 監督:マイケル・ブラント 出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、オデット・ユーストマン、マーティン・シーン 引退したCIA諜報員がFBIの若手捜査官と組み、幻の旧ソ連暗殺者を追うサスペンス。 予告編から想像できる通り、早い段階で暗殺者の正体はわかってしまうので、サスペンス色は薄い。 残るはその行動の理由が焦点となるものの、定番の色恋系なので新味はなく、クライマックスで明かされる一件もどこかで観たことあるような感じで、驚くほどのことでもない。 本国アメ... [続きを読む]

受信: 2012/03/13 00:53

» 顔のないスパイ [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★☆☆“ゴメン、結局誰が本当のカシウスかわかりません!”チラシでも予告でもポールがカシウスだと言っているので確定事項なのですけど、カシウスの捜索が始まって割と早い段階にポールは自分がカシウスだということを観客は知ってしまうんです。 そうすると、ベンがポールがカシウスだということをどのように気づくのかが気になってきますよね。 でも自分の中ではいろいろな疑問の答えが二転三転し映画が終わってから、本当にポールがカシウスだったのかと疑問が残ります。 この作品の原題は“The Double”で、二重スパイ... [続きを読む]

受信: 2012/03/13 11:13

» 顔のないスパイ [映画 K'z films 2]
Data 原題 THE DOUBLE 監督マイケル・ブラント 出演 リチャード・ギア  トファー・グレイス  テイマー・ハッサン  スタナ・カティック  スティーヴン・モイヤー 公開 2012年 2月 [続きを読む]

受信: 2012/03/13 21:31

» 顔のないスパイ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
顔のないスパイ 11:米 ◆原題:THE DOUBLE ◆監督:マイケル・ブラント ◆出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック ◆STORY◆ワシントンで起きた上院議員殺害事件。その手口から捜査線上に浮上...... [続きを読む]

受信: 2012/08/15 23:35

« 『極北ラプソディ』 (著)海堂 尊 | トップページ | 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」みた。 »