« 「ドラゴン・タトゥーの女」みた。 | トップページ | 「TIME/タイム」みた。 »

2012/02/13

「キツツキと雨」みた。

001

役所さん×小栗くんの共演で、”ソンビ映画”を撮影する・・・といった内容に惹かれて鑑賞。
人里離れた山間の村できこり(林業)を営んでいるのが役所さん演じる克彦さん。”ソンビ映画”の監督として克彦さんの住む村にロケで訪れるのが小栗くん演じる浩一くん。
人との出逢いと些細な切っ掛けが人生に良き変化を齎すというほんのりあったかいハートフルストーリー。素朴な雰囲気がとても良かった。

親子ほど離れた2人が出逢い、やがて交流がはじまり、互いに見えなくなっていたモノを見つけだす、という良くある話なのだけど、きこりと映画監督という設定が斬新だし、また”ゾンビ映画”だからこその効果にはニンマリしてしまうわけで、よくよく計算された作品だと後になって分かってくるものだった。

克彦さんは、3年前に妻に先立たれたヤモメ男で、仕事を辞めて家でゴロゴロしている不甲斐ない息子が心配の種。どう接して良いのか分からずにイライラの元にもなっている。
浩一くんは、”監督”とはいうもののスタッフには支持ひとつ満足に伝えられないグズグズの監督で、現場はバラバラ、当然自分の思い描く撮影など出来るはずもなく、現場を逃げ出すくらいに精神的に追い込まれてしまっている迷える青年だった。

最初はハッキリせず煮え切らない浩一くんに、自分の息子を重ねるように苛立つ克彦さんだった。けれど思いがけずに関わることになってしまった”ゾンビ映画”の台本を浩一から譲られ、一気読みして感動すら覚えた克彦さんは、浩一くんの於かれた状況を専門的にはわからないなりに理解し、自分の世界観で浩一くんを励ましはじめる。
冷静さを取り戻し態度も顔つきも意欲的に変わる浩一くん。地元エキストラの招集など克彦さんの援護射撃によって活気がでてくる撮影現場。浩一くんの変化からスタッフもアイディアを出し始めて雰囲気は一変、撮影は順調に進み始める。
そして、ついに撮影は最終日を迎えることになるのだが・・・。

撮影に備えた”村中ゾンビ”には爆笑。素人の大真面目なボケだったり、”味付けノリ”のペタペタ加減など日常にアルアルな笑いだったり、特に後半はシリアスに潜むナチュラルな可笑しさにクスクス笑いっぱなしだった。

畑が違う2人の交流から図らずも浩一くんは父親というものの想い、克彦さんは息子なりの想いを知ることになり、それぞれに持っていた殻をひとつ破る事となった。他人同士だからこそなせた業。
押しつけがましくない自然なながれによる成功とか達成感が心地よい作品だった。

好感度:★★★★

味付けのりを指にくっつけて食べる父息子の食卓、いいなぁ~

|

« 「ドラゴン・タトゥーの女」みた。 | トップページ | 「TIME/タイム」みた。 »

コメント

ぴあの満足度一位だそうですね。何だかホッとして、ちょっと可笑しくて、ちょっと嬉しくてみたいなところが良かったのかな。
2人の掛け合いの絶妙さ、特に軽トラのなかでストーリーを聞く所とかもう可笑しくて。ええおっちゃんやなぁって…。役所さんさえないおっちゃんがはまり過ぎです^^;

投稿: KLY | 2012/02/14 17:51

■KLYさん、こんにちはsun
最近こういう感じの邦画が無かったし、気に入ってます。
ご飯を食べる映画にハズレはないですね(笑)

B級以下っぽいゾンビ映画なのにピュアな克彦さんの反応が面白かったですね。それに対する浩一くんの戸惑いも面白かったですw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/14 17:58

ちょっとブログをお休みしていました。ご無沙汰してましたが、やっと映画復帰です。
よくある笑ってほろっとして…ってのでなく、とにかくおかしくって、それでいて、最後にほのぼのする映画でした。

>シリアスに潜むナチュラルな可笑しさ
そうなんです、わざとらしさが少ないし、泣かせようともしていない。
息子がお母さんの三回忌の用意をしているところもよかったですね。
海苔のべたべた。。あるあるです。

投稿: mariyon | 2012/03/05 07:21

■mariyonさん、こんにちはsun
ミクからの自動配信メールで、うっすら状況は存じておりましたが、何もアクションせずにごめんなさいね。
昨年はたびたび里帰りされていましたものね。お悔み申し上げます。

さて、すっかり安定感のある役所さんの天然っぷりがとても良かったです。
小栗くんも、シリアスでかっこよい役よりも2枚目半~3枚目が好き。
実際にあの若さで映画監督されているし、思うともなくあれこれ思いながら見ていた感じでした。

>お母さんの三回忌
すっかり映画に没頭していたお父さんに文句ひとつ言うことなく、淡々と・・・・。

当たり前になっていたものを再確認するような、小さな幸せがいっぱい詰まっていて素敵でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/03/05 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/53963776

この記事へのトラックバック一覧です: 「キツツキと雨」みた。:

» キツツキと雨 [LOVE Cinemas 調布]
『南極料理人』でヒットを飛ばした沖田修一監督最新作。今回の舞台は山間の小さな山村だ。そこで林業を営む男と、そこにゾンビ映画を撮りに来た新人監督が何故か心を通わせていく姿をハートフルかつユーモアたっぷりに描いている。主演は『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』の役所広司。共演に小栗旬、山崎努、古舘寛治、高良健吾ら若手ベテランの実力派が出演している。... [続きを読む]

受信: 2012/02/13 19:57

» 気弱な監督のウルルン滞在記(笑)〜「キツツキと雨」〜 [ペパーミントの魔術師]
木こりが〜ゾンビ映画と〜であった〜。 って、あの某番組の間延びしたほわっとした声で ナレーションしたくなるような映画だった。 「南極料理人」の監督だしある意味安心して見に行った作品。 ただし、キャラ設定上 小栗旬がやってた、新米映画監督の立ち振る舞いは ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/14 02:16

» キツツキと雨 [あーうぃ だにぇっと]
キツツキと雨@東京国際映画祭。 [続きを読む]

受信: 2012/02/14 18:51

» 映画「キツツキと雨」ただ懸命に取り組むこと、ただそれだけ [soramove]
「キツツキと雨」★★★☆ 役所広司、小栗旬、高良健吾、 臼田あさ美、伊武雅刀出演 沖田修一 監督、 129分、2012年2月11日公開 日本,角川映画 (原題:キツツキと雨 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ある日、ゾンビ映画の撮影隊が村にやってきた、 監督らしくない若い監督と 山仕事をしていた男の奇妙な関係が やがて村全体... [続きを読む]

受信: 2012/02/16 07:49

» キツツキと雨 [花ごよみ]
ある村で木こりとして、 暮らす男には役所広司、 気の弱い映画監督には小栗旬。 この二人の出会いから物語は始まります。 監督は沖田修一。 共演は高良健吾、嶋田久作、 平田満、伊武雅刀、山崎努… ある山村に、映画の撮影隊が訪れる。 映画の撮影の手助けをするこ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/17 09:01

» 「キツツキと雨」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「南極料理人」の沖田修一監督・脚本。役所広司・小栗旬主演。無骨な木こりと新人映画監督の、奇妙な出逢いと交流を描くハートフル人情コメディ。  映画の撮影に偶然巻き込まれ、そのままなし崩し的に協力。いつしか村民全員が参加しての一大ロケに発展…という、ある意... [続きを読む]

受信: 2012/02/24 22:10

» 「キツツキと雨」 やるの?やんないの? [はらやんの映画徒然草]
「やるの?やんないの?」 新人映画監督、田辺幸一(小栗旬さん)にカメラマンが言う [続きを読む]

受信: 2012/02/26 20:15

» キツツキと雨 [映画的・絵画的・音楽的]
 『キツツキと雨』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)この映画は、出演者の好演もあって、まずまずの仕上がりではと思いました。  といっても、新人の映画監督と木こりとが交流を深めていく中でお互い成長するという話がメインであって、マアありきたりといえばあ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/28 22:00

» チェンソーと役所さん「キツツキと雨」 [茅kaya日記]
nbsp;その昔、まだ20代だったころ、チェンソーの広告の仕事をしていた。チェンソーのベンツともいうべき(?)ドイツ製のSTIHL社の商品で、そのPR誌を作るため全国各地の農家や山の中の取材に歩きまわった。 チェンソーの話を長々しても仕方がないがあれは、慣れていないとほんとうに扱えるものではない。ましてや、木を切り倒すとなると素人には無理…(-_-;)役所さんのチェンソーの扱いは(スタントを使って入ると思うけど)、少なくともちゃんとしているように見えた。ほんとうにすごい!... [続きを読む]

受信: 2012/03/05 07:22

» 「キツツキと雨」(2011 角川) [事務職員へのこの1冊]
鶴岡まちなかキネマは文字どおり街にすっかり定着したようで、平日の一回目、しかもメ [続きを読む]

受信: 2012/04/12 23:52

» ■映画『キツツキと雨』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
『南極料理人』の沖田修一監督が、映画撮影の地方ロケでの若手監督と60歳の木こりのおじさんとの交流を描いた映画『キツツキと雨』。 実際に映画監督の経験を持つ小栗旬が、木こりのおじさんを役所広司が演じています。 小規模な映画撮影現場の“現場あるある”や、沖田監督... [続きを読む]

受信: 2012/05/14 01:22

« 「ドラゴン・タトゥーの女」みた。 | トップページ | 「TIME/タイム」みた。 »