« 「リミットレス」みた。 | トップページ | 『翁‐OKINA 秘帖・源氏物語 : 夢枕獏(著)』よんだ。 »

2012/02/08

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(試写会)みた。

Monosugoku「9.11文学の金字塔」と言われるベストセラー小説の映画化。
これがタイトルなの?とそれだけで気になる感じなのだけど、原題が「Extremely Loud and Incredibly Close」ということで、特別邦題としてアレンジしたようなものではないどころか、そのままでなければならないということが後で判るものだった。
9.11で最愛の父親を亡くした少年の苦悩から再生の物語。あまりの痛々しさに何度となく涙がこぼれた。

内容はといえば、最愛の父親を9.11同時多発テロで失ったオスカー少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨークを駆け巡るという、ほんの1-2行で表現できてしまうもの。けれど様々な人々との出会いから癒されていくようなこれまでにも良くあるようなものではなく、父親と息子の関係性、一筋縄では表せないオスカーの性格、息子を見守る母親の存在、メッセージ(鍵穴)のヒントらしい”ブラックさん”探索、訪ね歩いて出逢った様々な”ブラックさん”たち、同行者となった祖母の”間借り人”との疎通などなど、それぞれに非常に濃ゆいヒューマンドラマと意図的に隠された”謎”や”秘密”練り込まれており、巧みな演出からも強く強く作品に引き込まれてしまうものだった。

感情移入すると同時に、ずっとオスカー少年を分析するような視線で観ていた私。
オスカー少年は元来”アスペルガー症候群”を思わせる症状を持っていた。(検査は”不確定”だったようだが)。父親はオスカーを独自の教育方法から好奇心を煽って導き、オスカーと絶対的な信頼関係を築いていた。そんな父親を失ったオスカーがますます閉鎖してしまうのは当然と感じられるが、彼の言動はとにかく自分を追い込むものばかりで、あまりに痛々しくて、切なくて、どうしたらこの子の心を手が届くのだろうかとそればかり考えていた。
”秘密”を抱え込み、今にも崩壊寸前のオスカー。彼の反射的な攻撃性と天の邪鬼気質は防衛本能によるところと思うのだけど、知能の高さ故にオスカー自身もそこに気付いており、無意識にも意識的にも少しずつ開放することでやっとこ自分を維持している状態。恐怖と闘いながらどんなに探しても”鍵穴”にたどり着けず、焦りと不安いっぱいに足掻くオスカー。
私としては、どう考えても彼は彼自身が納得しなければ終われないのだと思い、ただ見守るしかないのだろうという結論に至る。
ところが、”鍵穴のメッセージ”は意外な形で結末を迎えることになる。そして母親こそが父親の最大の理解者であり、その意思(方針)を引き継ぎいたカタチで根気よくオスカーを見守り続けていたことが判明する。母親も様々なものとずっと闘っていたわけだ。

すべてが終わり、現実に対して前向き生きはじめるオスカー。そして・・・。
率直な彼の言葉に涙し、ミッションの達成によって呪縛から解放されたかの彼の笑顔に救われるラスト。(多分オスカーはラストまで一度も笑っていなかったんじゃないかな?)。”感動”なんて便利なコトバでは片付けたくない、そんな作品と思う。

好感度:★★★★++

トーマスくんもお見事だったが、さすがはトムとサンドラか。”抱きしめない”演技でそれ以上の親の愛情がビンビン伝わってきたからね。また、扱いにくいオスカーと対峙する祖母と間借り人、ブラックさん達のユーモアにも溢れたやり取りがとてもステキだった。

|

« 「リミットレス」みた。 | トップページ | 『翁‐OKINA 秘帖・源氏物語 : 夢枕獏(著)』よんだ。 »

コメント


たいむさん
こんにちは、やっぱりわたしたちもテレビでとはいえ、リアルに目の当たりでみた9,11だから
尚更ほんとうにあったことかのように錯覚して映画というよりリアルに近い物語として感じちゃうんですよね、
少年が新人とは思えない演技で、サンドラとのやりとりにも涙でした〜(泣)

投稿: mig | 2012/02/08 12:08

■migさん、こんにちはsun
冒頭からしてガツンでしたね。
私もライブ映像でビルの崩壊を見てましたし、3.11のリアルタイム映像とか翌朝の光景とかいろいろ被っちゃいますよね。

これは小説だけど「怖いものが増えた」というところは当事者のリアルさを感じたし、原作は読んでいないけれど、映画化として事実を反映した素晴らしいものだと思いました。

賢い子供ならではの演技というか、本当の親子のようなシェル家だったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/08 12:22

たいむさん☆
いやー泣きましたねー
この映画のすごいところは、オスカーのみならず彼を取り巻く全ての人に感情移入できちゃうところかな。
トーマス君の演技も素晴らしかったです。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2012/02/10 14:55

こんばんは。

この監督は
映画にやを潜ませながら
本筋を進めていくのが実に巧いですね。
で、最後はそのすべてが明らかになって
どっと感動が押し寄せる。
ある意味、映画作りのツボを知り尽くしている。
この物語、3.11でなくても通用しちゃうところが
さらに素晴らしかったです。

投稿: えい | 2012/02/13 21:42

■えいさん、こんにちはsun
たくさん寄り道にはヒントが隠されていて、核心に迫りそうでかわされるといった感じが絶妙でした。
散々期待を裏切りながら最終的に期待通りの結末。
本当に素晴らしかった。

9.11、3.11、確かにどんなケースにも観た人が自分用に変換出来ちゃう作品だと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/14 17:48

自傷するオスカー少年はきっと自分の気持ちには気づいていたはず。
でもそれを素直に表現する方法が見つけられなかったんでしょうね。
それを根気よく見守っていた母親。
ありえないほど近くにあった親の愛に素直に涙でした。

投稿: にゃむばなな | 2012/02/18 15:33

最後に残る“希望”…
それが心に響くような作品でした。

いやはや、なんともいえない余韻を残してくれます。
観終わって、いろいろと考えてしまいました。

投稿: BROOK | 2012/02/18 15:59

良い物語でした。

共感と悲しみと前向き!

充実のドラマが良い!

トムとサンドラがさすがの存在感を見せていましたね。

くすっと笑える所もあって好き。

投稿: AKIRA | 2012/02/18 18:48

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
順番を間違ってて、遅くなってしまってごめんなさい。

自然に涙がポロポロこぼれちゃう感じに私もいっぱい泣きました。
ほんと、オスカーだけでなくって、大人としていろんな大人に共感して感情移入出来る作品でした。

トムにサンドラの配役もぴったりで納得です。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/18 21:29

■にゃむばななさん、こんにちはsun
オスカーくんは、ほとんど確信犯ですから。
頭が良すぎるから、石橋を叩き過ぎて壊してしまうタイプ。だからビビリ。

父親の方針を引き継いだ母親の根気強さ、泣けましたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/18 21:31

■BROOKさん、こんにちはsun
あの笑顔は「希望」そのものだったと思います。
こころの傷の癒し方に答えなんてないし、ひとつの例として、素晴らしかったと思います。

3.11を間近に控え、様々な想いを馳せてしまいますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/18 21:34

■AKIRAさん、こんにちはsun
どこもかしこも必然の流れと言うのか、どこにもムダがなくって素晴らしかったです。

シリアスなだけじゃなくって、ホっとできるところとか、笑えるところもあって良かったですしねw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/18 21:36

こんばんは、たいむさん。

>”抱きしめない”演技でそれ以上の親の愛情がビンビン伝わってきたからね。

そう、そこなんだよね。
心配してるのは伝わるんだけど、何か親子間に壁があって、ママ、このままでいいのか~と思ってたら、、、。
ああー、そうだよ、今は前面に出て必要以上に頑張る母親が多いけど、母親って、そんな愛なんだよぉ~。
素直に泣けました。

オスカーを取り巻く大人たちが皆いいの!
管理人も鍵屋のオヤジも、ぶっきらぼうだけど心がある。
家族の存在を強く認識できたら、きっと周りにも目が向けれるのでは、、、と思いましたよ。
人として一番大事な物を気づかせてくれるゲームでしたね。

投稿: オリーブリー | 2012/02/21 01:40

■オリーブリーさん、こんにちはsun
母親だって最愛の夫を亡くした喪失感はオスカーとなんら変わらないんですよね。ただ、守るべき子供がいる「大人」だという違いでしかないわけで。
その子供が難しい子だから、抱きしめてどうにかなるものじゃないってちゃんとわかってるし、本音混じりの言葉にどれだけ傷ついたかと思うと切なくなります。
バックアップにのみ尽力した母親がすごいと思いましたよ。

オスカーを見守る懐の深い大人たち、ほんと誰もかれも良かったですね!

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/21 11:44

からっぽの棺桶に怒るオスカー君。ソレは泣き叫ぶことのない母親を重ねていたもかもですね~。
音に敏感な息子の為に隠れて泣いてただろう彼女。
そして息子をずっと見守っていた彼女は、ホントに素晴らしい母親だと思いました(涙)
オスカー君もきづいてくれて本当によかったと思いましたです。
言葉がなくとも皆の思いが伝わってくる・・・。
本当に秀悦な作品だったと思います。感動しました~(涙)

投稿: くろねこ | 2012/02/25 01:37

■くろねこさん、こんにちはsun
この作品、オスカーが中心で注目されがちだけど、私は母親が一番ではないかと思ったりしてます。
そういう意味でも、サンドラの起用は間違いなし。

震災を別にしても、私もとても良い作品だったと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/27 15:50

こんばんは。
非常に長いタイトルでしたが、その分、インパクトの大きい作品でした。
911のテロ事件の記憶が残っている分、観ていてやりきれない気持ちにもなりましたが、そのテロで父を失った悲しさを乗り越えて成長したオスカーの成長を感じました。

投稿: FREE TIME | 2012/02/29 00:50

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
インパクトあるタイトルでしたが、そのまんまでしたね~。
9.11や3.11を生で見ていた時の衝撃が思い出されました。
まだまだ、きっと永遠に気持ちに整理のつかない関係者も少なくないと思いますが、温かく見守ってあげるだけでもできる自分でありたいと思いましたよ。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/29 11:36

こんにちは!

胸がいっぱいになる映画でしたねー!
とても良かったです^^
見守るような気持ちになりますよね^^
ラストの笑顔はとても可愛らしかったです。笑ってなかったとわたしも思いました^^

投稿: みすず | 2012/03/06 19:49

■みすずさん、こんにちはsun
最後の笑顔のために・・・って演出かもしれないけれど、実際にはそんな遺族がたくさんいるかと思うと切なくなりますね。
外野は見守るだけしか出来ないのだけど、思いやりを持って見守らなくちゃですね。ブラックさんたちみたいに(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2012/03/07 17:24

こちらにもお邪魔します^^

なるほど!抱きしめない演技・・・確かに二人ともオスカーを大切に思い、深い愛情も持っているのに抱きしめていなかったですね。でも、二人の愛情はヒシヒシと伝わってきました!さすが、オスカー俳優(笑)

実は、私、最初は、母親目線なので、と言うかサンドラの立場だったので、彼が、アスペルガー症候群だったとしても、お葬式に出ないで、身勝手で生意気なことを言って母親を困らせているオスカー君にあまり感情移入できなかったんです(^_^;)

ところが、彼が、なぜあんなに必死に、夢中になってブラックさん探しをしていたのかがわかって行くうちに、彼の秘密がわかって行くうちに、もう、彼の痛々しさが堪らなくなってしまって(涙)

もう中盤から、最後まで、泣く、泣く、泣く~と
ボロボロでした(苦笑)
脚本、監督、キャスト、音楽すべて文句なく好きでした!さっき、ヒューゴ~にもコメ書かせて頂きましたが、父の形見から~と言うお話なら、断然こちらのほうが好みでした(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2012/03/08 02:04

■ひろちゃん、こんにちはsun
断然こちらがお気に召したようですね、ひろちゃんは。
私は逆にこっちはあんまり涙が出なかったんですよ。どちらかと言えば、第3者的視点?っていうのかな?オスカーにも母親にも感情移入していなかったし。しいていうならブラックさんかな?(笑)
他人の胸の内を完全に理解するのは不可能なことで、何かを切っ掛けにその人自身が決着付けるのを見守るしかないって思ってます。けれども、この母親の忍耐力には頭が下がりました。

最後はオスカーより、母親を抱きしめたい感じでしたよw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/03/08 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/53925680

この記事へのトラックバック一覧です: 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(試写会)みた。:

» ものすごくうるさくてありえないほど近い [★tip of the iceberg★]
ユナイテッドシネマ豊橋18にて試写会。 会場は超満席でした。 前から2列目の席で画面もありえないほど近かった。 話の内容は、前半「ハマった」と感じるものの、後半どんどん良くなって行きました。 同じくユナイテッドで試写会に当たった『P.S.アイ・ラブ・ユー』に...... [続きを読む]

受信: 2012/02/08 10:51

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/08 12:06

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud [LOVE Cinemas 調布]
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のエリック・ロスが脚本を務めるという超豪華な布陣だ。主演のトーマス・ホーンの熱演にも注目!... [続きを読む]

受信: 2012/02/08 18:20

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [ラムの大通り]
(英題:Extremely Loud Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...... [続きを読む]

受信: 2012/02/08 23:15

» 「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆ [続きを読む]

受信: 2012/02/10 14:27

» [映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死にゆ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/10 18:36

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 [映画のブログ]
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...... [続きを読む]

受信: 2012/02/14 23:12

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [うろうろ日記]
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ [続きを読む]

受信: 2012/02/14 23:33

» 少年の一歩 [笑う学生の生活]
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...... [続きを読む]

受信: 2012/02/17 16:45

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画の話でコーヒーブレイク]
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共...... [続きを読む]

受信: 2012/02/17 22:28

» 映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud Incredibly Close  [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、その後遺症から立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとする...... [続きを読む]

受信: 2012/02/18 12:01

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [こねたみっくす]
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ... [続きを読む]

受信: 2012/02/18 15:44

» 劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 [日々“是”精進! ver.A]
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げランキング :... [続きを読む]

受信: 2012/02/18 15:56

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [Akira's VOICE]
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。   [続きを読む]

受信: 2012/02/18 18:42

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud Incredibly Close [勝手に映画評]
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/18 21:53

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [A Day In The Life]
初日にての観賞 解説 大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の 残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。 ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクス とサンドラ・ブロックという二人の... [続きを読む]

受信: 2012/02/18 23:09

» 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を駆け巡る息子オスカーと彼に関わる人々を描いた感動の物語。 原作は、2005年にアメリカ人作家ジョナサン・サフラン・フォアが出した小... [続きを読む]

受信: 2012/02/19 00:07

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [心のままに映画の風景]
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...... [続きを読む]

受信: 2012/02/21 01:31

» 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画??』なんて思ったりしたんですが、いやいやどうして、なかなかの感動作でございましたよ。しかし、このタイトルは憶えられんな~(^^;。  9.11のアメリカ同時多発テロで突然、最愛の父・トーマス(トム・ハンクス)を亡くした少年・オスカ... [続きを読む]

受信: 2012/02/22 10:40

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(Extremely Loud and Incredibly Close) [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>> 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。 ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に...... [続きを読む]

受信: 2012/02/23 04:05

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
探しものは何処にある? 9.11の同時多発テロによって、父を亡くした11歳の少年、オスカー・シェルの小さな冒険を通して、大いなる喪失と再生を描いた現代の寓話。 原作は2005年に発表されたジョナサン・サ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/23 21:26

» スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…) 私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス そこで先週末からかかっている映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 アカデミー賞候補にもなっ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/23 21:55

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [★ Shaberiba ]
大好きった人の死を知るその臨場感に震えた・・。オスカー君は素晴らしかったな(涙)。 [続きを読む]

受信: 2012/02/24 01:10

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [だらだら無気力ブログ!]
タイトルが長すぎるよ! [続きを読む]

受信: 2012/02/25 00:44

» 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー...... [続きを読む]

受信: 2012/02/25 08:43

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい [続きを読む]

受信: 2012/02/25 23:37

» 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」形あるものは壊されても、途切れない希望はある [soramove]
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」★★★★ トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、 ジェームス・ガンドルフィーニ、ゾーイ・コールドウェル出演 スティーヴン・ダルドリー監督、 129分、2012年2月18日公開 2011,アメリカ,ワーナー・ブラザース (原題:Extremely Loud and Incredibly Close ) 人気ブログランキングへ">... [続きを読む]

受信: 2012/02/27 07:03

» 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり〜 2011年   アメリカ映画     (2012.02.18公開)配給:ワーナー・ブラザース映画     上映時間:129分監督:スティーブン・ダルドリー原作:ジョナサン・サフラン・フォア  「9・11文学の...... [続きを読む]

受信: 2012/02/28 08:47

» 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 [FREE TIME]
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012/02/29 00:14

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [食はすべての源なり。]
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かったかも。 やっぱり9.11がベースになっているので、あの時の衝撃とか、悲惨さは映画の中で描かれていなくても伝わってくるものがありますね。 ...... [続きを読む]

受信: 2012/03/03 22:34

» ブランコの奇跡。〜「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」〜 [ペパーミントの魔術師]
9.11の当事者にとっては、 こんなもんじゃないのかもしれない。 でも、自分の知り合いが身内がこの事件にかかわっていなくても これは相当痛い映画だった。 感動するというよりは、 少しでも痛みに寄り添うように観客は見るんだろうな。 涙がとまらなかった・・・。...... [続きを読む]

受信: 2012/03/06 11:33

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [みすずりんりん放送局]
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た。  【あらすじ】  9.11が最愛の父トーマス・シェル(トム・ハンクス)を奪ってしまう。オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。  鍵の入っていた封...... [続きを読む]

受信: 2012/03/06 19:49

» ★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★ [Cinema Collection 2]
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 上映時間 129分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル ドラマ 映倫 G  【解説】  「僕の大事なコレクション」の原作『エブリ...... [続きを読む]

受信: 2012/03/08 02:08

» 【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そちら...... [続きを読む]

受信: 2013/04/07 13:28

« 「リミットレス」みた。 | トップページ | 『翁‐OKINA 秘帖・源氏物語 : 夢枕獏(著)』よんだ。 »