« 全部乗せ? | トップページ | 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」みた。 »

2011/12/12

「源氏物語 千年の謎」みた。

Genji

恋愛絵巻『源氏物語』と、その作者である紫式部の現実の恋物語が同時進行、あるいはクロスして描かれている作品。
見送っても良いくらいに思う映画なのだけど、中谷美紀に真木よう子という私的に注目の女優さんの共演だし、平安時代の絢爛豪華な衣装とかだけでも観る価値アリかなぁーと観ることにした。

原作もあるようだがそちらは未読。全体的な印象としては、原作者が『源氏物語』から受けた作者:”紫式部”に対する解釈からドラマを起こしたような感じで、身も蓋もない事をいえば、『源氏物語』は紫式部自身を投影させた私小説のようなもの、といった感じだろうか。
光源氏を取り巻く女性の全てが紫式部自身であり、藤壺のように気高く、六条御息所のように激しく、葵のように自分勝手という、それが紫式部みたいな。藤原道長に対する愛憎の全てを仮想道長である光源氏にぶつけて己のバランスを取るようにして描かれたのが『源氏物語』だというかの印象を強く受けた。
最後、藤壺を手の届かないところに遠ざけられた光が、式部に「自分はどれだけ苦しまなければならないのか」と問うた際、「幸せの分だけ不幸を背負う運命なのよ、あなたは」とさらりと言ってのけた式部。
これがすべてだな、って感じた。
確かに、『源氏物語』は浮き沈みが激しい波乱万丈な物語。次々に愛人をこさえて、そのどれも本気だと悪びれない。それでいて一度関係を持った愛人は決して見捨てないとか義理がたいところもあるけれど、歳をとれば嫉妬深くなっていつも因果応報を恐れるような男になっていく光。そこに式部の怨念が籠っていると思うとなにやらストン腑に落ちるような気もしてくる。

大和和紀の漫画『あさきゆめみし』で『源氏物語』を学んだ自分としては、キャストがどうもしっくり来ていなかったのだけど、藤谷演じる毒女:紫式部に、六条御息所の麗奈ちゃんの怪演からはホラーな『源氏物語』が楽しめた感じ。それに真木演じる桐壷の声のあまりの低さに「ええっ」ってなっても、藤壺としてならありに思えてくるから面白いものだ。

そこそこ『源氏物語』を知らないとキビシイ感じがあるけれど、ホラー系愛憎劇と思って観れば楽しめるかも?

総評:★★★++   好き度:★★★+  オススメ度:★★★+

|

« 全部乗せ? | トップページ | 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」みた。 »

コメント

こんばんはー^^

たいむさんも「あさきゆめみし」読んでたのね^^
そうなのよ、あれ読んでると女性キャストのイメージが違うよねぇ^^;

光源氏に全てを負わせて仕返ししてるって感じに思えるよね^^;
でも、それなりに面白かったです^^

投稿: みすず | 2011/12/17 23:27

こんにちは!
私も「あさきゆめみし」で彼女達の思いにすっかり
ハマった1人なのですが、ソコに式部の思いがリンクしてたと思うとまた違った意味で面白いなーーと思いました。
確かに女性陣キャストは微妙だったけど・・。皆さんの美しさに、斗馬くんの美しさに、テンションは上がりっぱなしでございました(笑)
ホラーながら麗奈さんには泣かされたしね-。
見応えあったと思います。

投稿: くろねこ | 2011/12/18 10:45

■みすずさん、こんにちはsun
「あさきゆめみし」はバイブルでしょーバイブル(笑)
漫画と比べると、桐壺は妙に強いし、六条は貫禄不足だしって思うのだけど、見ているうちにこれはこれでアリ?とかおもえるのは女優さんぱわーですかねぇ。

斗馬くんの美しい光る君でしたね(^-^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/12/18 18:52

■くろねこさん、こんにちはsun
「あさき・・」の女性たちはみんな同じ顔なんだけど、個性が際立っていて違いがハッキリわかるのが魅力でしたね~。

でも六条は違うだろ~ってほんと思ったのだけど、ホラーな麗奈ちゃんには脱帽でした(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/12/18 18:54

そうですね。源氏物語は自らの映し絵巻とでもいうか。まあそれが誕生の謎と言うことなんでしょうけど、流石に元を全く知らないとしんどいかもしれませんね。
個人的に東山さんと生田くんの相関関係が上手い感じにはまっていたと思います^^

投稿: KLY | 2011/12/20 00:23

こんにちは♪。
あちらにも(笑)、TB&コメント、ありがとうございます。

桐壺が、弘徽殿女御に対し、めっちゃ強気な顔を見せた時は、きゃ~!笹本絵里だっw( ̄▽ ̄;)と、一瞬びびりましたが、光源氏を拒否して受け止めて自分からさようなら~した藤壺、真木さん、いがいと合ってるかも~と思いながら見ていました。
光源氏を受け入れる時の凛とした佇まい、良かったです(^^)。

麗奈ちゃん、上手でしたね。
陰陽師さえもはねかえす、六条の光源氏への強い想い、迫力でした。
で、その六条の想いは、常ににっこり微笑む紫式部の道長への気持ち。
そう考えると、源氏物語って「本当はこわい○○話」?。

紫式部が、数々の女性を愛し愛されながらも幸せにはなれない光源氏を綴りながら、登場する女達には自分自身を投影…。
それって、もしかして、光源氏を愛したゆえ満たされない女達同様、式部も寂しい「愛」に震えていたのかも…。なぁんて思ったりもします。

投稿: みぃみ | 2011/12/21 16:55

■みぃみさん、こんにちはsun
そういえば、弘徽殿さんもちょっぴり出てましたねぇ。どちらかというとお笑い担当みたいになったけど(笑)

>笹本絵里
ですよねぇ~
今にも折れそうなかよわいイメージしかない桐壺だったから、ギャップに椅子から落ちそうでしたもん。
けど、藤壺はもともと凛として強い御方だったので、よく似合っていたと思います。

>源氏物語って「本当はこわい○○話」?。
ははは、そうかも。
この物語は原作者の想像のものと思うけれど、そう解釈するだけに何かは感じられる作品ですよね、「源氏物語」は。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/12/21 17:36

■KLYさん、こんにちはsun
ホントのところはどうだか分からないけれど、なんだか式部と道長の間でありそうに思えてくるから面白いですよね。
創作としても、うまくリンクさせてあって原作者の想像力を讃えるところです。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/12/28 17:36

華やかな衣装華やかな踊りの場面。楽しめました。
ホラー?
ある意味そうかも・・・・
現代の女性作家が紫式部の心理をこう表現してました。
モテ男を不幸にしたいと。なるほど納得・・・
栄耀栄華を極めるけど、最晩年は不幸ばかり
自業自得でもあるけど・・・
夕顔葵の上横死(汗)。
全て光の責任ですけど
shock
六条御息所が生霊になって葵の上の祟る原因になった
車争いの件が端折られていた。
私はあの姫を憎んでるわけではない
自分の心の闇に気づかぬ
知らず知らず押さえつけてたから、生霊になったのよ。
光が「どこまで私を苦しめる」と式部に言う。
モテ男を不幸にしたいのが作者の願望だから・・・
源氏物語って、女の恨みを綴った物語だとも言われてますからね~。


投稿: カモミール | 2011/12/31 17:26

■カモミールさん、こんにちはsun
「大奥」とか、こういうのお好きみたいですね。

源氏物語にはさほど造詣がないけれど、源氏物語の「あわれ」と、枕草子の「おかし」を比較していても、陰と陽は明らか。

実に面白い解釈だと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/01 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/53449272

この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語 千年の謎」みた。:

» 源氏物語 千年の謎 [LOVE Cinemas 調布]
日本最古の恋愛小説「源氏物語」をモチーフに作者の紫式部の生きる現実世界と光源氏の生きる物語の世界が交錯する。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。主演は『ハナミズキ』の生田斗真と『阪急電車 片道15分の奇跡』の中谷美紀。共演に東山紀之、窪塚洋介、真木よう子、多部未華子、芦名星、田中麗奈、榎木孝明、甲本雅裕といった若手ベテランが勢揃いした。豪華絢爛な平安絵巻から目が離せない。... [続きを読む]

受信: 2011/12/13 00:27

» 源氏物語〜千年の謎〜 [みすずりんりん放送局]
 『源氏物語〜千年の謎〜』を見た。  【あらすじ】  何故、紫式部は「源氏物語」を書かねばならなかったのか。  絢爛豪華な平安王朝の時代。時の権力者・藤原道長(東山紀之)は、娘・彰子(蓮佛美沙...... [続きを読む]

受信: 2011/12/17 23:28

» 源氏物語〜千年の謎〜感想♪ [★ Shaberiba ]
式部はこの物語に何を封じ込めたのでしょうか・・ [続きを読む]

受信: 2011/12/18 10:29

» 映画「源氏物語 千年の謎」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「源氏物語 千年の謎」観に行ってきました。日本最古の長篇小説である「源氏物語」の誕生と、その作者・紫式部の謎に迫る歴史スペクタクル作品。原作である「源氏物語」からし... [続きを読む]

受信: 2011/12/18 11:54

» 映画「源氏物語 千年の謎」 [FREE TIME]
映画「源氏物語 千年の謎」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011/12/18 19:19

» 源氏物語 千年の謎 現実と物語と自分の夢の中を行ったり来たり・・・(^-ω-^)Zzz.. [労組書記長社労士のブログ]
【=66 -12-】 「世界最古の長編小説」または「世界最古の恋愛小説」、昔からなんども何度も読もうと思って結局挫折しまくった源氏物語、、徹底的に映画やドラマや舞台に使われてきたであろう、今回の映画「源氏物語 千年の謎」の原作はコミックだそうだ。  平安王朝の...... [続きを読む]

受信: 2011/12/19 15:10

» 映画:「源氏物語 千年の謎」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年12月14日(水)。 映画:「源氏物語 千年の謎」。 【監 督】鶴橋康夫 【監 修】朧谷寿 【脚 本】川崎いづみ 【原 作】 高山由紀子 【キャスト】生田斗真 (光源氏)・中谷美紀 (紫式部)・窪塚洋介 (安倍晴明)       東山紀之 (…... [続きを読む]

受信: 2011/12/21 16:24

» 「源氏物語 千年の謎」 物語世界に投射される女の情念 [はらやんの映画徒然草]
世界最古の恋愛小説と言われる「源氏物語」。 それを書いたのは紫式部であるというの [続きを読む]

受信: 2011/12/25 22:05

» 源氏物語 千年の謎(2011-112) [単館系]
源氏物語 千年の謎 源氏物語は紫式部が書いた書物とされ それの新解釈(?)の映画化。 藤原道長(東山紀之は、娘が天皇の寵愛を得るために 娘の女房役である紫式部(中谷美紀)に誰もが夢中になるよ...... [続きを読む]

受信: 2011/12/27 00:57

» 『源氏物語 千年の謎』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「源氏物語 千年の謎」 □監督 鶴橋康夫 □脚本 川崎いずみ、高山由紀子□原作 高山由紀子 □キャスト 生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名 星、       蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、榎木孝明、...... [続きを読む]

受信: 2011/12/28 08:23

» 源氏物語 千年の謎 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; おこちゃまには、官能的過ぎたのでしょうか nbsp;映画を見ながらもそもそとしているお嬢様がたが nbsp; 見受けられました。内容的には15禁でしょうか。 nbsp; 紫式部は、源氏物語をとおして藤原道長への nbsp; 恋心、嫉妬心などを盛り込んだのが nbsp; 当時の人々に受けたのでしょう。 nbsp; しかし、いつも... [続きを読む]

受信: 2012/01/02 22:17

» 源氏物語―千年の謎― [映画的・絵画的・音楽的]
 『源氏物語―千年の謎―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作では、原作小説(注1)に従って、光源氏を中心とする純然たるフィクションの物語と、紫式部を中心とするいわば“映画的”な「現実」の物語とが交錯して描かれていて、その狙い自体は随分と興味をひかれると...... [続きを読む]

受信: 2012/01/06 06:27

» 源氏物語 千年の謎 : いや~、誠に古い [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 米兵、沖縄の民家侵入の上、傷害事件ですか…。KYにもほどがありますね。外出禁止令は、何だったんでしょう。こんなことをして喜ぶのは、中国共産党だけですからね。では、本 [続きを読む]

受信: 2012/11/02 17:38

« 全部乗せ? | トップページ | 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」みた。 »