« 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」みた。 | トップページ | えーん、テレビが・・・ »

2011/12/19

「ロボジー」(試写会・舞台挨拶付き)みた。

Robog

このところずっと惨敗続きだった試写会が久しぶり当選。しかも矢口作品の新作「ロボジー」だったのが嬉しくて、会場と時間しかチェックしていなかったのだが、チケット引き換えの時点になってはじめて上映後に舞台挨拶があると知り、小躍りした次第。
撮影OK&質疑応答ありと一粒で二度も三度もオイシイ試写会に参加出来てラッキーだった。

物語は、おおよそ予告編のまんまからオチも想像ができるもの。
ロボット博に出品予定の制作中のロボット”ニュー潮風”が、完成どころか大破したことから急場しのぎにロボットを着ぐるみ状態にし、その中には73歳のおじいちゃん(鈴木さん)が入ることになる。ほんの出来心であり一回こっきりのつもりだったにもかかわらず、”ニュー潮風”は調子に乗った鈴木さんの暴走から”ロボット”として高く評価され、注目まで浴びて人気者になってしまったからさぁ大変。もはや「嘘でした」といえる状況になくなり、引き続き鈴木さんに”ロボット”を演じてもらうことにするのだが、実は鈴木さんはかなりのクソジジィでやりたい放題だったり、ロボットオタクの女子大生が関わってくることで、事態は良くも悪くも変化していくことになる。

正直言って私はロボットが大好きなだけに、”インチキ・ロボット”で増長する可愛げのないジジイや木村電器社員には許せないところがあり、笑い要素では笑えるものの、嫌悪感が勝ってイマイチ乗り切れない感じだったのだけど、事実を知って一度はブチ切れたオタク女子大生が心境の変化を起こしたように、最終的には私も「まぁいいか」的心境になっていたということは、それだけの魅力はあるってことなんじゃないかと思う次第。(”コスプレイベント”との絡みはナイスアイディアだったし)。

内容的に好き嫌いで言えば「好きではない展開」なのだけど、”ニュー潮風”自身にはなんの罪もなく、「素朴なロボットいいなぁ~」って思っちゃうのはロボット好きの性かなぁ。

総評:★★★++  好き度:★★★++  オススメ度:★★★++

監督が面白かったらどんどん口コミで広げて欲しいと素直におっしゃっていたのに免じて、やや甘めに。(撮影許可もツイッター等の影響力の大きさを考慮したものだろうし)

F1010030

さて上映後の舞台挨拶だが、矢口監督と鈴木じいいちゃん役の五十嵐信次郎さん、そして”紙ジー”が登場。”紙ジィ”とは、紙で成形された”ニュー潮風”もどきで、これがなかなか良くできていた。
五十嵐さんの真っ赤なジャケット姿には、つい直前までステテコ姿でさえないジイサンの鈴木さんを見ていただけにギャップに打ちのめされる感じ。またEDテーマ曲を物凄くカッコヨク歌っている五十嵐さんにも驚くところだったが、五十嵐さんの正体を知れば納得する人は少なくないかと。世代は選ぶかもしれないが正真正銘有名なミュージシャンだし。(クレジットでは音楽のミッキー吉野さんに気を取られていたが、ミッキー繋がりだったとはなぁ)。

質疑応答から、”ニュー潮風”は危険なシーンを除き、フルマスクの時もすべて五十嵐さんが入られていたとのこと。けれど重さが約30kgあり、一度装着するとネジでしっかり固定するため飲食はもちろんトイレも不可能ということで、1回3時間が限界なのだそうだ。また「今回も”鈴木さん”ですね」という指摘には、監督はどこにでもいる身近な名字を付けることで親しみやすさを表現していると回答。そして、基本的にキャストはオーディションを行ったということだが、”鈴木役”では当日になっての”病欠”が何人もいて、73歳のジイさんを主役に抜擢する難しさ?を痛感し、また撮影は初日がマイナス2度であったなど過酷な環境の中で行われることも多く、五十嵐さんのような矍鑠とした御仁に出逢えた幸運を喜ばれ感謝していた。

”紙ジー”もなかなか趣があったが、実は本物の”ニュー潮風”も試写会中に展示されており、こちらも撮影OK&(ちょっとなら)タッチOKとのことで、しっかり指の部分を触って来た私だ。映画でも繊細な動きをしていた指の部分だったが、実際固いのに柔らかい動きが出来る仕組みにはチト感動。(ちなみに”紙ジー”とはしっかり握手。白手袋だったけどcoldsweats01)。

F1010026

F1010027

F1010028

左(ロボジー:正面)
中(ロボジー:背面)
右(紙ジー:人間入り)

|

« 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」みた。 | トップページ | えーん、テレビが・・・ »

コメント

相変わらずユニークな観点で作ってくるなぁと感心します。コメディ部分もいわゆる大爆笑だとか、アメリカ的な下品さというのではなくて、軽く「アハハ」と広い年齢層が笑えるというところがステキだなぁと思いました。その場の思いつきでネタを追加することもあったそうですね。工業用機械に振り回されるとこなんかそうだそうだったとインタビューでおっしゃってました(笑)

投稿: KLY | 2012/01/12 22:32

■KLYさん、こんにちはsun
笑いの質といった点では悪くないし、吉高ちゃんが可愛かったし、濱田くんも好きなのだけどねー・・・といった感じです。

朝からロボジーが番宣頑張ってましたね。
きっと人気出ると思います(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/13 20:07

こんな映画を見てしまうと
ロボットの動きが巧妙になればなるほど
「誰かはいってんじゃねーか?」なんてことに(笑)

怪しげな動きはすべてじーちゃんの
バイトかもしれません(違)

ミッキーカーチスと五十嵐信次郎のギャップは
すごいね~マジで。

投稿: Ageha | 2012/01/15 11:23

■Agehaさん、こんにちはsun
>「誰かはいってんじゃねーか?」
そうですね~
今なら私は間違いなく疑いますよ~~(笑)

>ミッキーカーチスと五十嵐信次郎
見た目はもちろんですけど、言いたいこといって自分の思うように行動しちゃうところは案外一緒かもしれないって、舞台挨拶きいてて思いましたよ==

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/15 12:49

実際のオーディションは病欠だらけって面白いですよね~。
そうか、矢口監督は濱田岳ちゃんたちのようにスムーズには行かなかったんですね。
そういうエピもほんわかしてますわ。

投稿: にゃむばなな | 2012/01/15 18:08

■にゃむばななさん、こんにちはsun
気さくな監督ですし、現場の雰囲気がそのまま作品に反映している感じですよね。

久しぶりに舞台挨拶に参加できて良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/15 19:24

こんばんは♪
私もロボット好きだけど、結構素直に楽しめちゃったクチです。
ED曲、じいちゃん歌もイケるんだ~上手いなーと思ってたら実際にミュージシャンでしたね(笑)

投稿: yukarin | 2012/01/15 20:36

■yukarinさん、こんにちはsun
私自身潔癖なところがちょっとあるので、保身のための愚かな行為のような誠実さの欠けた展開って大嫌いなんですよね。
更に鈴木さんは人の弱みに付け込んでやりたい放題だったし。

EDは私も”鈴木さん”だとは思ったのだけど、ノリノリで上手いって思ってました。そしたらミッキー・カーティスさんが目の前に(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/15 23:29

こんばんは。
試写会で本物に会えるとは羨ましいです。
東京以外にも顔を出すものなんですね(^_^)
昨今、企業の隠蔽体質が問題視されていますが、この作品でも3人組は世間だけでなく、自分のところの社長まで騙していたわけですからね(笑)
自分も、バレた方がいいんじゃないと思いながら観ていました。

投稿: FREE TIME | 2012/01/15 23:36

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
コメントを付けようとしたら、スパムエラーではねられたので書き込めませんでした。こちらでのみで失礼を。
監督は著作謙うんぬんよりも広報活動を優先した?というか、ネットや口コミのパワーを良くご存じのようで寛大な措置とともに今回は全国行脚されてる感じでした。
やはり生は良いですね。

>企業の隠蔽体質が問題視
嘘はばれるし、秘密を隠し通すのは難しいですよね。最悪の事態が想定出来ないではないのに・・・といつも思います。

まぁ今度のは嘘を本当にしようと必死になっていたので、目をつぶるところですが(上から目線w)

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/16 08:18

大笑いとまでは行きませんでしたが、
適度に笑いの小ネタを持ってきていて、
思わずニンマリしてしまうようなシーンの数々でした。

最後の最後に、またしても同じ方向に?
と、思わず突っ込んでしまいましたが、面白かったです。


そうそう、入院されるとのこと…
急だったので驚きました。
きちんと休んで完全復活を願っています。

投稿: BROOK | 2012/01/17 16:13

たいむさん、こんばんは☆
紙ジーすごくよくできていますね!
本当に五十嵐さんが中にずっと入っていたなんて!それは大変なことですよね。
顔が見えないときは、スタントさんでもよさそうなのにぃ~

コスプレイベントうけた~
特にハガレンのエドがタクシーに乗る時のキメポーズに笑っちゃった☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2012/01/20 22:07

舞台挨拶付きだったんですねー^^
いいないいな~♪
紙製のロボット、凄い!
できがいいね^^

わたし、これかなり気に入っちゃいました^^
わがままじいさんだったけど、なんだか自分の父親と重なって親近感あったし(笑)

コスプレイベントの伏線はなかなか^^

投稿: みすず | 2012/01/22 22:18

■BROOKさん、こんにちはsun
コネタ満載で飽きのこない楽しい映画でしたね。

今作は、ちょっと好みと違いましたが、矢口監督にハズレなしと、次回作も期待して待ちたいです。


■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
見えてなくても人任せにしないというのが、五十嵐さんのポリシーでありプロ意識なのかなーと。
カッコ良いですよね。

エド!成りきってましたよね~
コスプレイベント、傍目には結構イタイところもあるんだけど、楽しそうですよねw


■みすずさん、こんにちはsun
「紙ジー」なかなかでしたよ。
白手袋と白タイツはちょっと生々しいけど(笑)

みすずさんのお父様は偏屈ジジィ?(失礼)
ツンデレジイさんならカワイイですねw


★2週間ほどお休みさせていただき、コメントの返信が遅くなったことをお詫びいたします。
おかげ様で無事に退院いたしました。
またこれからもよろしくです!

投稿: たいむ(管理人) | 2012/01/30 14:51

たいむさんこんにちは♪
たしかにまじめにロボット工学を習っている人から見れば、それは赦されないというか侮辱された気分になるんでしょうね。
吉高さんのようになるのもわかるかも。。。

たいむさんそちらも雪大変ですね。
富山もすごくて凍結も怖いわで早くこいこい春って感じです。

投稿: Nakaji | 2012/01/30 20:18

退院されたので、こちらにもお邪魔しま~す♪
たいむさんは試写会で、しかも監督はじめ豪華なキャストで
ご覧になったんですね♪羨ましい~

>嫌悪感が勝ってイマイチ乗り切れない感じだったのだけど

そういうところが、生真面目?頑固?(笑)なたいむさんらしいです(笑)私は予告編で期待度上げてしまったせいか、期待以上に面白かったわけではないのですが、ゆる~い笑い嫌いじゃありませんでした^^私もロボット大好きですし~♪
コスプレイベントはナイス!でしたよね^^

先日、シネコンに行ったら、ニュー潮風が来てました(笑)
写真撮っていいですよ~とのことで、写真撮りました(笑)

投稿: ひろちゃん | 2012/02/01 16:39

■ひろちゃん、こんにちはsun
コスプレイベント以外は結構予告で見せちゃってますからね~。
矢口作品のゆるい笑いは好きだったんだけど、今回はちょっと引っかかってしまいました。
うん、私ダメなんですよね。騙しとか嘘とかって。それで金儲けして発覚して堕ちて行くとか大嫌い。
だから勉強して本物を目指すくだりがあって良かったなって。

「ニュー潮風」はアチコチに出没してますね。ミッキーさんもTVにでずっぱりだったしw

投稿: たいむ(管理人) | 2012/02/02 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/53523459

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロボジー」(試写会・舞台挨拶付き)みた。:

» 「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした-。』爆笑必至のエンタテインメント作品です。ところで主演の“五十嵐信次郎”って、誰??  弱小家電メーカー・木村電器の木村社長(小野武彦)は、『CMより安く宣伝が出来る』と、二足歩行のロボットを開発してロボット博に出展するよう、社員... [続きを読む]

受信: 2012/01/08 16:47

» ロボジー [LOVE Cinemas 調布]
次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作。ロボット開発を任された3人の技術者がお披露目の1週間前にうっかりそのロボットを壊してしまう。切羽詰った彼らはとある老人に中に入ってもらうように頼むのだった…。主演にミッキー・カーチスが新人俳優・五十嵐信次郎としてデビュー。共演は吉高由里子、濱田岳ら個性的な実力派が揃った。... [続きを読む]

受信: 2012/01/12 00:00

» 映画『ロボジー』@試写会 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
映画 ロボジー(公式サイト) を 思いがけず「舞台挨拶付」の試写会でみせて頂くことができました。   矢口監督、吉高ちゃ [続きを読む]

受信: 2012/01/13 21:42

» 『ロボジー』 サプライズゲスト! [美容師は見た…]
試写会の舞台挨拶に、吉高ちゃんキタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!ハイボール、ウェ~ィ♪(≧∇≦)ノ   モノマネはCMで確認 → こちら『座頭市 THE LAST』での生慎吾ちゃん以来のサプライズに大興奮!待ってたんですよ、この日が来るのを(笑)矢口史靖監督、主演の五十嵐信次郎ことミッキー・カー... [続きを読む]

受信: 2012/01/14 10:56

» ロボジー [うろうろ日記]
試写会で観ました。【予告orパンフの印象】ロボットになったお爺ちゃんが吉高ちゃん [続きを読む]

受信: 2012/01/14 14:27

» 映画・ロボジー [読書と映画とガーデニング]
2012年 日本 社長命令で3ヶ月で二足歩行ロボットを開発しなければならなくなった、家電メーカー、木村電器の窓際社員3人 エアコンIC担当だった小林(濱田岳)、洗濯機営業担当だった太田(川合正悟)、梱包担当だった長井(川島潤哉) ロボット博開催まで数日とな...... [続きを読む]

受信: 2012/01/14 18:25

» ■『ロボジー』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:日本映画、矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫ [続きを読む]

受信: 2012/01/14 22:30

» 意外にあり得そうw 【映画】ロボジー [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】ロボジー 監督に『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖。 【あらすじ】 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 02:02

» 2度ある「落ち」は3度ある(笑)〜「ロボジー」〜 [ペパーミントの魔術師]
昨日たまたま、「日輪の遺産」DVDで見てたんですよ。夜に。 ん? なんや、五十嵐信次郎ってミッキーカーチスやん!!(遅っ) ロックなひとなんで、このフォト見てもびっくりだけど ホンマはおしゃれで渋いファンキーなじーちゃんだ。 だとしたら、この映画の中のジ...... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 11:24

» [映画『ロボジー』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。  後から書き足しをすると思う、あしからず。    ◇  私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良性...... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 16:00

» 『ロボジー』 [こねたみっくす]
物足りない!制服女優・田畑智子さんが制服を着ていないのが物足りない!ミッキー・カーティスさんのロボットコスプレよりも田畑智子さんの制服コスプレを見せてくれ! ジイさん ... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 18:13

» ロボジー [新・映画鑑賞★日記・・・]
2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした−−。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太...... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 18:21

» ロボジー [A Day In The Life]
劇場にて鑑賞 解説 『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などで人気の矢口史靖監督が メガホンを取った、頑固なじいさんとロボットをテーマにした爆笑コメディー。 弱小家電メーカーの3人組が新型ロボットの開発に失敗し、その場しのぎで中に 老人を入れてロボ... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 21:06

» ロボジー [勝手に映画評]
『ウォーターボーイズ』で男子シンクロを、『スウィングガールズ』でビッグバンドジャズを、そして『ハッピーフライト』で航空業界を描いた矢口史靖監督の最新作品。今回は、ロボット業界にメスを入れています(笑)。 何と言っても、主演の『新人』五十嵐信次郎が話題です...... [続きを読む]

受信: 2012/01/15 21:22

» 映画「ロボジー」 [FREE TIME]
映画「ロボジー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012/01/15 23:15

» 『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! [映画のブログ]
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...... [続きを読む]

受信: 2012/01/16 01:24

» ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜! [労組書記長社労士のブログ]
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた...... [続きを読む]

受信: 2012/01/16 11:18

» ロボジー [ダイターンクラッシュ!!]
2012年1月14日(土) 19:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『ロボジー』公式サイト エンドロールの「Mr. Robotto」で、唄の上手い爺だなぁと思ったら、あの爺役ミッキー・カーチスだったのかよ。 ケチつけようと思えば、至る所にケチをつけられる、いい加減な設定のコメディである、いつもの矢口作品。 まあ、そのテキトーさを含めて矢口作品が好きなので、今回も納得のいく極めて高い満足度の内容。 最後のオチが2段構えになっているの... [続きを読む]

受信: 2012/01/16 14:41

» No.296 ロボジー [気ままな映画生活]
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ... [続きを読む]

受信: 2012/01/17 00:47

» 劇場鑑賞「ロボジー」 [日々“是”精進! ver.A]
ローテク・ロボ、参上… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201170004/ 映画 ロボジー オリジナルサウンドトラック ミッキー吉野 スザクミュージック 2012-01-11 売り上げランキング : 7093 Amazonで... [続きを読む]

受信: 2012/01/17 15:59

» 『ロボジー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...... [続きを読む]

受信: 2012/01/18 12:57

» ロボジー [Cest joli〜ここちいい毎日を〜]
ロボジー10:日本 ◆監督:矢口史靖「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」◆出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉 ◆STORY◆家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの...... [続きを読む]

受信: 2012/01/19 23:11

» 「ロボジー」ドモアリガットMr.ロボット [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと! [続きを読む]

受信: 2012/01/20 22:01

» 「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ [はらやんの映画徒然草]
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで [続きを読む]

受信: 2012/01/22 19:36

» 「ロボジー」ROBO-G (東宝=フジテレビ=電通=アルタミラピクチャーズ) [事務職員へのこの1冊]
YouTube: 映画「ロボジー」主題歌 MR. ROBOTO by 五十嵐信次 [続きを読む]

受信: 2012/01/22 20:06

» 「ロボジー」 感想♪ [★ Shaberiba ]
もう間に合わないぃ〜!!ってわかるけど。でもやっぱコレ、やばいよ。ねっ?(わはは!!) [続きを読む]

受信: 2012/01/23 23:14

» ロボジー(2012-005) [単館系]
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...... [続きを読む]

受信: 2012/01/25 22:00

» ロボジー [だらだら無気力ブログ!]
吉高由里子が素晴らしい。 [続きを読む]

受信: 2012/01/26 00:27

» 「ロボジー」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「ハッピーフライト」の矢口史靖監督最新作は、とある事情からロボットを演じる事になった老人と、彼に振り回される家電メーカー技術者の姿を描くドタバタコメディ。  正直、昨今のフジテレビ製作、特にコメディ映画には「オタクら、いつまでバブルの頃みたいな絵が通用す... [続きを読む]

受信: 2012/01/26 18:49

» ★ロボジー(2011)★ [Cinema Collection 2]
クリックよろしくです 変形しない。 戦わない。 働きもしない。 そんなロボットに 日本中が恋をした――。 上映時間 111分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/01/14 ジャンル コメディ 映倫 G 【解説】 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフ...... [続きを読む]

受信: 2012/01/27 17:13

» シネトーク98『ロボジー』●アイデアはグーッなんだけど消化不良な感も否めない [ブルーレイ&シネマ一直線]
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「予告編を見ただけで内容が分かる映画は大概面白くない」 シネトーク98 『ロボジー』 監督・脚本:矢口史靖 出演:五十嵐信次郎/... [続きを読む]

受信: 2012/01/29 02:42

» ロボジー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...... [続きを読む]

受信: 2012/02/01 06:19

« 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」みた。 | トップページ | えーん、テレビが・・・ »