« 「フェア・ゲーム」みた。 | トップページ | 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2D字幕)」みた。 »

2011/11/01

「ミッション:8ミニッツ」みた。

002「このラスト、映画通ほどダマされる」って宣伝文句は、いったい何について言ってるんだろう?
いやに挑戦的なふれこみだったので、映画好きとして負けるもんかとアレコレ勘ぐりながら観ていたけれど、中~後盤にかけてはほとんど思った通りになっていくし、ひょっとして「何かあるぞ!」って深読みさせた=騙されたってことなのかなぁーとか思ったり・・・。
映画自体は面白かったんだけどねー。少しばかり構え過ぎちゃったかな?

おそらくネタばれは致命的と思うので避けたいと思うけれど、となるとなかなか感想が書きにくかったする。
この映画は、何度か予告編を見ていれば1回目を観て「ああ、そうか」ってなるから、いきなり置いてけぼりを喰らうことはなさそうなんだけど、予告編すら観ていないとちょっとキビシイかも?。疑問・質問には一切答えることなく、アイスドールのごとくただ任務の遂行を促す女性オペレータと責任者らしき男にイライラするのは主人公と同じだし。
それでも、少しずつ回答を得ながら2回3回と繰り返すうちに、同じ過去の時間を何度も体験するといった主人公の身に起きている現象は「時間旅行」ではなく「時間変換」だとわかってくるし、そこにすべての答えが詰まっていると言って良いと思う。

とにかく画期的(?)な技術によって生きている人間の意識を死ぬ寸前の人間の意識の残滓に飛ばすことで、死に至った事件の核心を掴み持ち帰ることで未来に役立てよう、っていうプロジェクトに無理やり組み込まれたのが主人公ということになる。
確かに成功すれば多くの命を救うことができたり、犯人の確保に大きく貢献することが可能になり、一見良いことばかりだ。そもそも時間は不可逆なものだから、何であれ既に過ぎ去った時間に何度戻り、何に干渉したとしても決して未来(現在)に影響は無いというのがこのプログラムが成り立つ理由なのだけど、同時にもれなく付いてくる副作用が問題で、映画のオチということになる。

残念ながら、予想はひとつも裏切られなかったし、「『インセプション』を凌駕した」っていうのはちょっとおこがましいように思うけれど、”8分間の繰り返し”でも飽きさせない見せ方になっていたし、最後の8分の使い方がとても素敵で、全体としては悪くなかったんじゃないかな。

総評:★★★++  好き度:★★★++  オススメ度:★★★++

・・とはいえ、主人公と救われた人々のことのみを考えると、「ハッピーエンド」にほっとするところだけれど、最初の世界(ひょっとしたらそれすら最初かどうかも定かじゃないのだけど)の彼女の未来は?それ以前に何度も繰り返された分だけ生まれたものは?とか思うとやっぱり禁忌の技なのかなぁと思ったり。(忘れちゃならんのがショーンの存在。彼だけはどうしたって救えないのんだよね)。

|

« 「フェア・ゲーム」みた。 | トップページ | 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2D字幕)」みた。 »

コメント

スティーヴンスは8分後の世界でも幸せに暮らせているのでいいとしても、そのスティーヴンスに身体と意識を乗っ取られたショーンはどうなるねん!でしたよ。

赤の他人の彼女を奪うプログラムになってしまったソース・コード。
こちらの意味でも画期的なプログラムでもあるんですけどね。

投稿: にゃむばなな | 2011/11/01 21:48

■にゃむばななさん、こんにちはsun
そういえば、ショーンだけは絶対に救えないってことですよね。
現実に影響しない分、無責任にも失念する部分だけれど、自分の世界に都合がよいだけの欠陥だらけなプログラムですねぇ(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/02 11:20

こんにちは♪
宣伝文句はよくわかりませんでしたね^^;
うっかり繰り返しでウトウトしてしまったのでちゃんと理解して観てなかったかもしれません、、、
いまひとつノリきれませんでした。

投稿: yukarin | 2011/11/02 12:44

■yukarinさん、こんにちはsun
ああ確かに、「あなたの助言・・・・(ニッコリ)」って繰り返しと大尉のストレートな暴走の繰り返しは少しウンザリしたかも。

私としては先が読めたんで、読めた分だけずっとほかの可能性を探っていた感じ。
ダメだろ~って部分も残っているけれど、そこを割り切ってみれば面白かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/02 14:00

さすがに『インセプション』は超えてないよね。というか『インセプション』は多層の世界観も面白いんだけど、それを映像として見事に表現している所が優れてると思っているんで、そういう意味ではこの作品は普通だし。
しかし「映画通ほどだまされる」ってホント何に対してなんだろう?映画観る人の殆どは映画通じゃないのに(苦笑)

投稿: KLY | 2011/11/02 17:29

■KLYさん、こんにちはsun
ほんと、映画通って誰だよ、でもありますね。
それにしても、どうして宣伝に映画通だの『インセプション』だのを持ち出すのか。煽り過ぎは失敗のもとだし、本気でそう思ってるならこの宣伝マンはどうかなぁーってね。

設定とか発想は面白いと思うんですが、ツメが甘いのが残念な感じ。もう少し矛盾を整理して練り込んだら良かったと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/03 11:24

ホント、挑戦的な宣伝文句でしたな(笑)

>禁忌の技なのかなぁと

これは感じました。
それじゃあ、ショーンが気の毒とか(苦笑)
まあ、何だかんだと気になっても、面白くは観れました。

投稿: オリーブリー | 2011/11/03 21:29

■オリーブリーさん、こんにちはsun
巷は芳しくないご意見が多いように感じましたが、私も面白く観られました。

まあ、いろいろ御気の毒なことがいっぱいのだけど、大尉が別の未来を掴んだところはほんのり嬉しくなりましたし。

実際にはおそらく不可能な技術ですけど、影響もわからずに手を出しちゃいけないモノってやっぱりありそうですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/04 08:29

たいむさん、こんにちは!

最初の世界の彼女は残念ながら死亡しているんですよね。
けれどスティーヴンスの選択により、ソースコードの中の世界では救われ、新たな世界が出現したということでしょう。
いわゆるパラレルワールドですね。
「映画通ほど」っていうのはタイムマシンものなどを見慣れているので混同してしまうということがあるということでしょうかね。
本作は素直に観れば矛盾点はないんですよね。

投稿: はらやん | 2011/11/06 17:16

■はやらんさん、こんにちはsun
そうなんですよね。
そのまんま「新しい世界」を受け入れればとりあえず矛盾は無いんですよね。置き去りの問題とか、良し悪しは別として。

ただ、第3者がコメントで矛盾をただしたところで、映画を観た人に意図が伝わって無ければ意味が無いのと同じですから、やっぱりツメが甘いんでしょう、この作品は。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/07 17:23

やっと観てきました。(やっぱ映画は1人でいかないと機を逃しますね)
確かに、何に騙されるかは謎でしたが、このラスト大好きです。
大尉が死んで列車事故もあった未来もあれば、列車事故を回避して研究所の中にいまだに大尉がいる未来もあるような気がします。(時空が並行している世界?)
そして。大尉が死んでいないバージョンのショーンは、やがて自分を取り戻すのではないかと・・・。

投稿: mariyon | 2011/11/09 20:38

こんにちはー^^

面白かったです~♪
2回見てきましたが、満足してます^^
ジェイク好きだし、色々な表情の彼も楽しめたからより良かったです^^

投稿: みすず | 2011/11/11 15:26

■mariyonさん、こんにちはsun
ええ、この映画の感じだと、どちらの世界もあると私も思ってます。
基本的にハッピーエンドが好きなので、今回のラストはすきなのだけど、それでもやはり新しい世界をどんどんと作り出す技術は、良いばかりじゃないとは思うので、グッドウィンに送ったメールは警告だったら尚良かったなーと少し思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/11 22:13

■みすずさん、こんにちはsun
随分と気に入ったようですね~(^^)
そうですよ!
素直にみれば良くできていて面白いですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/11 22:15

たいむさん、こんばんは☆彡
たいむさんにしては、更新があまりないなあって
思っていたのですが、お風邪だったんですね。
最新記事見ると、怒涛の鑑賞なので(笑)お風邪治ったとは思いますが、こんな陽気ですので、引き続き体調には、お気をつけ下さいね(^_-)-☆

このところ忙しかったり、鑑賞意欲がイマイチだったりで、全然映画鑑賞していないのですが(^^;、たいむさんに追いついたら、またお邪魔しますね♪

さて、この作品なんですが、私は好きでした♪
キャッチコピーは、ともかくとして(^^;

私も、ショーンだけが犠牲って言うのが・・・
でも、SFって、こういう作品って、辻褄合わせとか
いろいろ考えてたら、私の頭がついて行けないので
深く考えないことにしました(笑)
なので、素直に?観て、楽しめました♪

投稿: ひろちゃん | 2011/11/14 00:45

■ひろちゃん、こんにちはsun
怒涛の鑑賞になってますが、実はまだ完治してません。だいぶ良いには良いのだけれど、咳が出ないのを良いことに騙しだまし観に行ってる感じです(^^;

この手のSFは、ひっかかると受け付けなくなったりするんで、ダメ出しも多いのかと思いますが、素直に受けとれば面白かったですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/14 18:20

タイムさん、こんにちは。
以前「ライトゥミー」でコメントさせていただきましたmaruです。
この映画、今夏飛行機の中で観ました。で、宣伝予告を後に観まして、「ラストって何?」と思っていたのですが、やはり謎ですね。結局現実の彼の身体のこと?とか思ったりもしますが…。あれが何を指しているのか、配給会社に聞いてみたいものです。

投稿: maru | 2011/11/17 12:18

■maruさん、こんにちはsun
本編を見た後に、あの予告編をご覧になったらさぞかし「何?」だったことでしょうね。
パラレルな世界観と結末を納得したかしないかでも違うかもしれませんが、それでも「それほどのこと?」って私も思うような気がします。

予告編もキャッチコピーも、広報のセンスが問われるところ。
見せすぎもダメ、見せなさすぎもダメ、っていうのが難しいのは重々わかるけれど、挑戦・挑発的なモノは7割くらいは「そうだった」と言わせるものじゃないとかなと。

でも、この映画自体は好きでした。


話は変わりますが、「ライトゥミー」もいよいよファイナルシーズンですね。
レンタルが開始になったので見始めてます。
だけど、FBIとは縁を切ったというし、ローカーに対する博士の仕打ちはますますヒドイものに。(アイ情のウチとは言うけれど)。なにより、フォスター博士との間がいまいちギクシャクと不協和音が広がっているのが気になります。互いに無二の相棒だと確かに思っているハズなのに・・・。
まぁまだ2巻までなので、これからに期待です。素敵なファイナルをあきらめません!(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/11/18 14:09

こんにちは♪

こんにちは♪

>「このラスト、映画通ほどダマされる」って宣伝文句は、いったい何について言ってるんだろう
って本当に思いますよね。。。どこをだまされるって言ってんだろう。。。
って考えちゃいました。

結構面白かったです。こういった時空をいじっている映画すきなんですよね~

投稿: Nakaji | 2011/12/05 17:25

■Nakajiさん、こんにちはsun
タイムリープと勘違いされた方は???になるかもしれないけれど、全然そうじゃないってちゃんと説明しているし、まったくヤラレタ感は無いですよね、これ。
「シックス・センス」みたいな感じじゃないとこういうコピーは使っちゃだめだなーってつくづく思いますよ。

私もこの手の作風は好きです。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/12/05 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/53138001

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッション:8ミニッツ」みた。:

» 『ミッション:8ミニッツ』 [こねたみっくす]
警告:このラスト、映画通ほど拍子抜けする。そして未来ガジェット研究所を知っている人ほど、さらに拍子抜けする。 映画ファンに挑戦的な予告編を作っておきながら、実は内容的 ... [続きを読む]

受信: 2011/11/01 21:48

» ミッション:8ミニッツ [LOVE Cinemas 調布]
『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作目となるSFサスペンスだ。主人公は爆破テロで死亡する人間の8分前の意識に入り込みテロの犯人を探してゆく。主演は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェイク・ギレンホール。共演に『SOMEWHERE』のミシェル・モナハン、『マイレージ、マイライフ』のヴェラ・ファーミガが出演している。ラストの意外な展開に注目だ。... [続きを読む]

受信: 2011/11/01 23:37

» 映画『ミッション:8ミニッツ』 [よくばりアンテナ]
予告編で見て面白そうだなと思ったのと、 『プリンス・オブ・ペルシャ』でめっちゃイイ男を演じてたジェイク・ギレンホールが 出てるので、見ておこうかとo(^-^)o 列車爆破事故を、その犠牲者の亡く...... [続きを読む]

受信: 2011/11/01 23:51

» ミッション:8ミニッツ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【SOURCE CODE】 2011/10/28公開 アメリカ 93分監督:ダンカン・ジョーンズ出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、...... [続きを読む]

受信: 2011/11/02 12:00

» 映画通ほど騙される!? 【映画】ミッション:8ミニッツ [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】ミッション:8ミニッツ ジェイク・ギレンホールが主演♪ 【あらすじ】 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍の... [続きを読む]

受信: 2011/11/02 22:08

» ミッション:8ミニッツ 脳味噌フル回転!楽しかった! [労組書記長社労士のブログ]
【=57 -9-】 昨日は宝塚市で単組の11秋季年末闘争方針の職場討議→神戸市北区の鈴蘭台でとある労組の大会で来賓挨拶→池田市で再び単組の職場討議、それぞれ挨拶(スピーチ)が主な仕事、だからほぼ移動だけで終わった一日だった。 とにかく電車での移動では、鈴蘭台では...... [続きを読む]

受信: 2011/11/03 08:36

» ミッション:8ミニッツ [心のままに映画の風景]
列車の座席で目覚めたコルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)は、目の前にいる見知らぬ女性(ミシェル・モナハン)から親しげに話しかけられた。 状況が理解できないコルターは、鏡を覗き込...... [続きを読む]

受信: 2011/11/03 21:15

» No.265 ミッション:8ミニッツ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 デビュー作「月に囚われた男」が評判となったダンカン・ジョーンズ監督の第2作。シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破事件が発生。犯人捜索のため政府が遂行する極 ... [続きを読む]

受信: 2011/11/03 22:20

» 『ミッション:8ミニッツ』 選ぶのは誰か? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】 (2011/11/3 改稿し再公開)  公式サイトによれば、ダンカン・ジョーンズ監督は『ミッション:8ミニッツ』の内容に関する科学的データを徹底的に調べ上げたいという強い好奇心に駆られ...... [続きを読む]

受信: 2011/11/03 22:34

» ミッション:8ミニッツ [to Heart]
警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 原題 SOURCE CODE 製作年度 2011年 上映時間 93分 脚本 ベン・リプリー 監督 ダンカン・ジョーンズ 出演 ジェイク・ギレンホール/ミシェル・モナハン/ヴェラ・ファーミガ/ジェフリー・ライト/マイケル・アーデン 『月に囚われ...... [続きを読む]

受信: 2011/11/05 12:05

» 映画『ミッション:8ミニッツ』 [健康への長い道]
 「警告:このラスト、映画通ほどダマされる」というキャッチコピーで、超有名俳優が出ていないにも関わらず、そこそこヒットしているらしい『ミッション:8ミニッツ(原題SOURCE CODE)』をTOHOシネマズ梅田で。監督は、『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ氏(デ…... [続きを読む]

受信: 2011/11/05 21:23

» 「ミッション:8ミニッツ」 量子論的な世界 [はらやんの映画徒然草]
<ネタバレありありなので注意です> スティーヴンス大尉はある時目覚めると、電車の [続きを読む]

受信: 2011/11/06 06:30

» ダンカン・ジョーンズ監督インタビュー:映画『ミッション:8ミニッツ』について [INTRO]
観る者の想像を完璧なまでに裏切る鮮やかなプロットで全米の映画ファンを熱狂させた『ミッション:8ミニッツ』(原題:Source Code)。日本公開に合わせて初来日していたダンカン・ジョーンズ監督に、お話をうかがう時間を特別にいただいた。... [続きを読む]

受信: 2011/11/06 08:00

» ラストが秀逸!「ミッション:8ミニッツ」 [茅kaya日記]
nbsp; 友人に一緒に観ようと誘われていたものでこれもちょいと遅れての鑑賞。 外すことの多いタイムパラドックスものなかでこれは、ほんと、よくできていた。(タイムパラドックスと言っていいのかどうかは微妙?)久々のジェイクも、やっぱうまい! ネタバレ警報... [続きを読む]

受信: 2011/11/09 20:38

» 「ミッション:8ミニッツ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「月に囚われた男」のダンカン・ジョーンズ監督2作目は、爆破テロ発生までの8分間を繰り返し、電車内に潜伏する犯人を捜し出すミッションを与えられた男の活躍と悲哀を描く、サスペンススリラー。    果たして「映画通ほど騙される」とのキャッチコピーほど騙されたか... [続きを読む]

受信: 2011/11/10 19:06

» ミッション:8ミニッツ (Source Code) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ダンカン・ジョーンズ 主演 ジェイク・ギレンホール 2011年 アメリカ/フランス映画 93分 SF 採点★★★★ 数年前に電車通勤をしていた頃、意識していた訳でもなく習慣として毎日同じ時間の同じ車両、同じ場所に立っていた私。しばらくして、ちょいと綺麗な…... [続きを読む]

受信: 2011/11/10 20:27

» ■ミッション:8ミニッツ [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第243回「叩きつけられた挑戦状。果たして・・・」 CMで「このラスト。映画通ほどダマされる」と言われてしまうと「何を!よし、じゃあ観てやろうじゃないか!」とばかりに劇場へ意気揚揚と足を運びました。まんまと映画会社の策略にハマっているんですけどね・・・...... [続きを読む]

受信: 2011/11/11 01:03

» 映画「ミッション:8ミニッツ」その時を取り戻すまで何度でも [soramove]
「ミッション:8ミニッツ」★★★★ ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 出演 ダンカン・ジョーンズ 監督、 94分、 2011年10月28日公開 2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題:SOURCE CODE ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 興行収... [続きを読む]

受信: 2011/11/11 08:28

» ミッション:8ミニッツ [みすずりんりん放送局]
 『ミッション:8ミニッツ』を観た。  【あらすじ】  シカゴ郊外で起きた列車爆発事件。  乗客は全員死亡。次はシカゴを狙うと予告する爆発犯を突き止めるために、政府の極秘ミッションが始動する。...... [続きを読む]

受信: 2011/11/11 15:26

» ★ミッション:8ミニッツ(2011)★ [Cinema Collection 2]
SOURCE CODE 警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 上映時間 93分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2011/10/28 ジャンル SF/サスペンス/ドラマ 映倫 G 【解説】 デビュー作「月に囚われた男」で注目を集めたダンカ...... [続きを読む]

受信: 2011/11/14 00:47

» ミッション:8ミニッツ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ミッション:8ミニッツ'11:米◆原題:SOURCE CODE◆監督:ダンカン・ジョーンズ「月に囚われた男」◆出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー ... [続きを読む]

受信: 2011/12/05 16:31

« 「フェア・ゲーム」みた。 | トップページ | 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2D字幕)」みた。 »