« 「ライフ -いのちをつなぐ物語-」みた。 | トップページ | 「探偵はBARにいる」みた。 »

2011/09/08

「マルドゥック・スクランブル(燃焼)」みた。

Ms2

昨年10月に公開された「圧縮」の続編がようやく公開となった。(地元での公開は今年1月)。とにかく、「えー、ここで終わるんかいっ!」というところで切られてしまった「圧縮」だっただけに、無事に続編が制作されて良かった。とはいえ、3部作の2作目でしかない「燃焼」なので、ラストはやっぱり思わせぶりなままに終了。3部作の完結が待たれるところ。
とりあえず、この「燃焼」を単独で見るのは決してオススメできないと言っておく。

TVシリーズなどでも、主人公の絶体絶命のピンチというハラハラドキドキの展開でバッサリ切られ、続きが気になってどうしようもないのに次回のスタートは一気に時間が進んでいて平常に戻っているなんてことが良くあるが(後に回想で真相を小出しにされる)、この作品はしっかり直後から始まっている。(原作がそうなっているから)。どちらか親切と感じるかは個人の好みの問題であり、いずれにせよ「圧縮」からの人は待ち望んでいた結果であり、原作既読者は暗黙の了解と感じるところに思うが、今回初めて「燃焼」を見た人はどうだろう?何がなんだか意味不明な冒頭に感じるのではないだろうか。
私としては原作に忠実なのも良いけれど、結局直後にバロットの意識が飛んだ時点である程度スキップしてしまうので、映画の2作目としてそうしたアレンジがあっても良いように感じるのだが、やはり原作者が脚本であることからもコダワリがあるのかな?

「圧縮」からのこれまでのお話は、カジノの裏世界で汚れ仕事して暗躍しているシェルに殺されかけたバロットは、シェルの捜査をしているドクター・イースターとねずみのウフコックによって救出される。そして禁忌の特殊技術で一命を取り留めたバロットは副作用で得た能力を駆使してドクターとウフコックの捜査に協力しはじめる。しかし、シェルは周到に立ち回っており尻尾すら掴ませない。さらに、バロットの生存を知ると彼女の殺害を捜査官のボイルドに依頼する。(ボイルドはウフコックの元相棒で特殊能力の持ち主。けれど、ある時殺戮に目覚めたことでウフコックはボイルドと決別したという過去があるが、ボイルドは未練タラタラな状態)。
自らの能力をどんどん開花させていったバロットだが、ボイルドと同じように力に取り込まれようとしていた。執拗にバロットに迫るボイルドとの対決では、バロットもまたボイルドと同じ過ちをウフコックに強いることになる。そしてギリギリのところでドクターに救出された時には、ウフコックは原型を留めない程ボロボロになっていた。己の過ちを恥じて悔いるバロット。傷の癒えぬウフコックに赦しを乞うバロットとなる。
そのまま収容された“楽園”でウフコックが再生するのを待つ間、バロットも心と身体を癒していたが、“楽園”の機能を使用することでシェルに繋がる手がかりを見つける。そしてウフコックの復活から敵陣のカジノに堂々乗り込む彼らとなる。

エログロとアクションが控えめな「燃焼」での見せ場はカジノシーン。イカサマとはいえカジノでの駆け引きは見ていてドキドキ。バロットたちにしても首尾良く勝ち続けることで目をつけられるのは想定済みだが、ついにモニター越しにウフコックの変身を見破る男が現れ動き出すところで「燃焼」は終わっているが、焦りはじめたシェルであり、ボイルドの追跡もより厳しくなっている。

いよいよ次で決着となるはずだがいまのところは未定のようだ。
「圧縮」の公開時点でも残りの「燃焼」「排気」ともに制作は決定されていなかった。しかし1年足らずで「燃焼」が公開。おそらく「大人の事情」というヤツで最初から3部作の制作決定を発表できなかったのだと推察できるが、作品を見れば制作陣の並々ならぬ熱意が感じられる。今回も未だ制作決定が発表されていない「排気」だが何とか完成させて欲しいものだと切に願うところである。

総評:★★★★   好き度:★★★★   おすすめ度:★★★++

一応原作は「圧縮」鑑賞直後に購入した。でもまだ未読のままだったりする。あまりのことに我慢できなかった前回で「燃焼」の冒頭だけはチェックしてしまったが、今回はそのまま「排気」まで待つのもありかと思っている。この先、どこまで読むか(全く読まないか)は、公開の予定であり、時間と相談して考えることしようと思う。

ちなみに、「燃焼」からは薦められないと散々書いたが、「圧縮」はすでにレンタルが開始されているのでご心配なく。

|

« 「ライフ -いのちをつなぐ物語-」みた。 | トップページ | 「探偵はBARにいる」みた。 »

コメント

お久しぶりです^^

この記事を見てから気になって、前作を手に入れて早速映画を見に行ってきましたw

非常に面白いし、記事にもあるようにカジノシーンは非常に見ごたえがあってまるでオーシャンズでも見てるような感覚に襲われましたwww

この記事なかったら見ることなかったので感謝ですm(__)m

投稿: 瞬光 | 2011/09/11 01:20

■瞬光さん、こんにちはsun
ご覧になりましたかw
そうそう、DVDレンタルが開始されてますもんね。
尺は短めだけど、見応えあったでしょう?

出来ればこれは3作続けて見たいものですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/09/11 21:46

初めまして。すずみと申します。

少し前にマルドゥック・スクランブル(燃焼)を新宿で観て来ました。ちなみに前作も同じ場所で観ました。

前作を観た人ならあの始まり方は嬉しいというか、惹きつけられるものがありました!
ただ確かに燃焼から観たらわかりませんよね(^_^;)
作る段階で原作者の意図通りに作るなら映画にしてもいいとかあったりするのかもしれませんね。

次回作も一年ぐらいで公開されたらいいなと思います(^O^)

投稿: すずみ | 2011/09/26 04:43

■すずみさん、こんにちはsun
この3部作は観客を選ぶというか、基本的に制作側のこだわりを存分にブチ込みつつ作りたいように作っている感じがしますが、そのぶんクオリティも申し分なく、私は気に入っています。

排気がとっても待ち遠しいですが、出来ればこの作品は3部作を一気見したいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/09/26 17:51

そうですね!原作ファンとか限定された人に向けて作って、その分満足させるものを作ってるって感じですかね(^O^)クオリティーは本当に凄いですよね♪

排気待ち遠しいですね!予想なんですが、排気の公開が終わった後に、オールナイトイベントとかで三話連続で公開とかありそうですね(笑)

投稿: すずみ | 2011/09/29 03:49

■すずみさん、こんにちはsun
冲方作品は、もともとマニアックな雰囲気がありますしね。制作側がこだわるのも解る気がします。

だからと言って、わからない人は付いてこなくていい的なことにはなって欲しくないところかな?

イベントはどうでしょう?あったら素敵ですが、オールナイトは最近体力的にきつくって・・・(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2011/09/29 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/52677813

この記事へのトラックバック一覧です: 「マルドゥック・スクランブル(燃焼)」みた。:

« 「ライフ -いのちをつなぐ物語-」みた。 | トップページ | 「探偵はBARにいる」みた。 »