« 「ワイルド・スピード MEGA MAX」(先行)みた。 | トップページ | 『おおきく振りかぶって(17)』を読んで。 »

2011/09/24

「親愛なるきみへ」みた。

Photo

映画『きみに読む物語』ではその真実にボロボロと泣かされ、同じ原作者となるニコラス・スパークの小説『きみを想う夜空に』の映画化ということで、少しばかり期待していた作品。(といいつつ小説は読んでいないのだけど)。
『きみに読む物語』ほど泣かされはしなかったけれど、じわじわとくるものがある恋愛物語だった。

ジョンとサヴァナが出逢って、燃えるような恋に落ちて、共に過ごせたのは休暇中のたったの2週間。方や米国陸軍特殊部隊の兵士で海外の任務地を転々とし、方や現役大学生となれば続きは遠距離恋愛となるのは必至だ。休暇が終わりジョンは1年後の任務開けに除隊するとサヴァナに約束して任務地へ向い、不定期ながら手紙でのやり取りで愛を確かめ合っていた2人になるが、任務開けまで後少しというところで9.11のテロが起こってしまう。当然のようにジョンの部隊の仲間たちは次々に任務期間の延長を申し出る。そしてジョンも迷いながらも除隊を断念し、皆と共に任務の延期を決意する。

特別ジョンが愛国心で入隊したとかテロに怒り心頭しているような描写は無いのだけれど、現実にもアメリカでは9.11のテロの直後増えまくったという志願兵を思うと、現役兵士が除隊なんてありえない当時だったものと推測できる。
けれど、待ち焦がれているサヴァナにしてみれば現状は理解していても、心は引裂かれる想いのまままた別れ別れになってしまうわけで(ましてや戦地だし)、耐えるのもいっぱいいっぱいだったようだ。
そんなサヴァナの心の隙間をつく男が現れたからさぁ大変。そんな事になっているとは露知らず以前と同じく彼女からの手紙を心待ちにしているジョン。そしていつしか彼女からの手紙が途切れ、最後の手紙がジョンのもとに届く。

映画でも小説でも現実でもよくあるパターン。女性として彼女の選択は解らなくはない。彼女は精神的にダメージを受けている上に、相手の男に外堀を埋められるようなことになっており、肝心のジョンが不在ではコチラを選ばざる得ない状況に陥ってしまったのだと思えるしね。まぁ結果的にジョンの純愛を踏みにじっており、そうなる前に出来ることも「出来なかった」と言い訳する彼女で、最終的に自分で下した決断を「そうするしかなかった」と他人のせいにして未練タラタラに語るのはとてもカッコ悪く、100%サヴァナを擁護するつもりはないのだけど。
逆に、最初から最後までカッコ良かったジョン。失恋のショックと生死の境を乗り越えて、サヴァナの真意を確かめるために再会し、弱音を吐くサヴァナとちゃんと訣別するとことは切なくも褒めてあげたい気持ちだった。でも状況の変化から齎されるその後は「ご褒美」みたいなものとして素直に喜んであげたいところ。

父親とコインのエピソード、サヴァナとの月のエピソードは心に残るもので、原作の上手さをとても感じるところだった。秋を飾るしっとりとした恋愛映画としてオススメと思う。

総評:★★★★   好き度:★★★★   オススメ度:★★★★

|

« 「ワイルド・スピード MEGA MAX」(先行)みた。 | トップページ | 『おおきく振りかぶって(17)』を読んで。 »

コメント

この作品、好き嫌いはともかくもっと注目作だと思っていたのですが、余りに大作公開が多くてちょっと埋もれ気味なのかな…。案外話題に上らないのがちと寂しかったりします。
アマンダはやっぱりこういう普通の女の子役が好きです。「クロエ」のファムファタール振りも悪くはないけれど、やっぱりキュートな彼女を期待しちゃうし^^

投稿: KLY | 2011/09/25 10:20

■KLYさん、こんにちはsun
そうですねー。良い作品と思いますが最優先にするほどのものじゃないし、公開時期がアレコレ被っちゃってるのが勿体ない感じ。

アマンダは「マンマ・ミーア」が印象的ですけど、確かに、普通の女の子が似合いますねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/09/25 19:26

こんばんは。

サヴァナも隣のティムも何だかなァ~でした。
ここら辺、もう少し掘り下げてくれないと、好意的に見てあげれませんよね(苦笑)
父親の作るラザニアがね、ああ美味しそう~食べたくなる季節になったな~なんて思いましたよっ♪(笑)

投稿: オリーブリー | 2011/10/01 01:05

■オリーブリーさん、こんにちはsun
ジョンにはすっかり感情移入していましたが、全体的に人物の掘り下げが薄かったかなと。
ジョンにしたって暗い過去がほとんど明かされませんでしたしね。

曜日毎に献立が決まっているのは、理由があったのかーと思いましたが、ラザニアは食べたくなりました。
グラタン系とかいい季節になりましたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/10/01 20:00

おはようございます!

う~ん、イマイチでしたー><。
前半の雰囲気は良かったから、後半の展開が・・・
再会であのサヴァナの態度が思わせぶりで、観ていてちょっと不快^^;

リチャード・ジェンキンスさんいなかったら、テンション下がりまくりの映画だったかもしれません。


投稿: みすず | 2011/10/06 08:52

■みすずさん、こんにちはsun
お父さんとの件は良かったですよね。
サヴァナもティムもありえねぇ感じだったけれど、あまりにジョンが不憫だったんで、ジョンが赦すのならば・・というラストでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/10/07 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/52820472

この記事へのトラックバック一覧です: 「親愛なるきみへ」みた。:

» 親愛なるきみへ [LOVE Cinemas 調布]
2週間の休暇で故郷に戻った特殊部隊のジョンと偶然出逢った女子大生サヴァナは一目惚れ。しかしお互いの休暇が終わると2人は遠距離恋愛となる。手紙で愛を確かめ合う2人だったが、その前にアメリカ同時多発テロが起こり…。主演は『G.I.ジョー』のチャニング・テイタムと『赤ずきん』のアマンダ・セイフライド。『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレムが監督を務める。... [続きを読む]

受信: 2011/09/24 22:30

» 親愛なるきみへ [心のままに映画の風景]
2001年春、休暇で帰郷した特殊部隊の兵士ジョン(チャニング・テイタム)は、サヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合い恋に落ちる。 2週間後、赴任地へ旅立ったジョンと大学が始まったサヴァナは、手...... [続きを読む]

受信: 2011/09/30 12:37

» 親愛なるきみへ (試写会) [風に吹かれて]
チャニングを傷つけたら許さないわよ公式サイト http://www.cinemacafe.net/official/shinkimi9月23日公開原作: きみを想う夜空に(ニコラス・スパークス著)監督 [続きを読む]

受信: 2011/10/02 12:22

» 親愛なるきみへ [みすずりんりん放送局]
 『親愛なるきみへ』を観た。  【あらすじ】  2001年春、海辺で出会ったサヴァナ(アマンダ・サイフリッド)とジョン(チャニング・テイタム)。  出会った瞬間から【恋】の予感があったが、一緒...... [続きを読む]

受信: 2011/10/06 08:52

» 親愛なるきみへ [映画的・絵画的・音楽的]
 『親愛なるきみへ』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)たまには少し軽目のものがいいのではと思い、また例のアマンダ・サイフリッド(いつの間にか、劇場用パンフレットの表記は、セイフライドからこちらの方に変わっています!)が出演するということもあって、...... [続きを読む]

受信: 2011/10/08 06:38

» 親愛なるきみへ [食はすべての源なり。]
親愛なるきみへ ★★☆☆☆(★2つ) 昨年、一足お先に機内鑑賞。 兵士のジョンが帰省中に女子学生サバナと恋に落ち、戦地に戻った後も遠距離恋愛を続ける、という「きみに読む物語」の原作者と同じらしい。 「きみに読む物語」も好きじゃないし、2日で落ちた恋が一生ものになる?みたいな。 例によって途中他の人と結婚した、(遠距離恋愛に耐えられなくて?そんな時私を必要としてくれた人がいたから?) けど、忘れなくて最後再会・・・。 あ~の~さ~ 側にいると決めたなら、突き通せよ。中途半端が一番周りを傷つける... [続きを読む]

受信: 2011/10/09 10:21

» 「親愛なるきみへ」 [或る日の出来事]
親愛なるアマンダに会うためならと、映画館へ出かける私であった。 [続きを読む]

受信: 2011/10/09 19:22

» 親愛なるきみへ [いやいやえん]
チャイニング・テイタム&アマンダ・セイフライドさん共演です。 米軍の特殊部隊に所属するジョンと女子大生のサヴァナ。二人の恋は手紙というやり取りで発展していく。しかし、同時多発テロが起こり、時勢によって二人は引き裂かれてしまう…というお話。 たった2週間と18時間の恋。切ない話なんですけど、しかし後半に二人を引き裂いたのはヒロインの行動からだったことがわかってしまい、ちょっと微妙な気持ちになってしまいました、共感しづらい展開になっちゃって。やはり遠距離は難しいってのが答えなのかもしれない。... [続きを読む]

受信: 2013/02/03 07:48

« 「ワイルド・スピード MEGA MAX」(先行)みた。 | トップページ | 『おおきく振りかぶって(17)』を読んで。 »