« ほっと文庫♪有川浩の「ゆず、香る」 | トップページ | 『殺してもいい命 - 刑事 雪平夏見』 秦建日子(著) »

2011/08/15

「ツリー・オブ・ライフ」みた。

Tree_of_ilfe

まるで芸術作品のような映画。
この映画は、感想としてわかったような事を書きたくないと思う作品。ただひたすら自分が感じたことをモヤモヤと考えるだけで、その考えが纏まらないから書けないとも言える。とても簡単でとても難しい。
パルムドール受賞の肩書やブラット・ピットの名前だけで慣れない人が観に行くと、ただひたすら長く、痛い目に合うかもしれない作品と思う。

冒頭からほとんど台詞がなく(あえて聞こえないようにしてあったりものする)、役者の演技と目の前の映し出された光景から状況判断を迫られる。
「何事?」とあまりの説明不足に軽くイラッとするが、母親の切れ切れのコトバと揺れる光から、「ああ、これは産道なのだね」と感じた瞬間、やっと腑に落ちた。そして宇宙の創世から生命の誕生を見せられて確信する。この映画は覚悟を決めなくちゃならないのだと。
流れを理解すれば、あとは感じたままなのだと思う。
愛と憎しみが同居する父と息子の関係、母親の存在と立ち位置、兄弟の葛藤、環境の変化etc...
抽象的に見せながら、事実は見たまま、聞いたままでストレートに伝わってくる。
多少なり、どこかしらに自分自身を重ね合わせる部分があるから、理解してしまい、痛々しさに胸が詰まる。息苦しくて救いを求めたくなる。

作品として救いはあるため重いなりにも気分は悪くないが、受け止めるにはあまりに壮大で、さすがに疲労感は残った。
敗北宣言寸前、ギリギリ踏みとどまれたとは思うが、あまり考えず、分かった気になってやり過ごしてしまうのが私には丁度良いかもしれない。

総評:★★★★   好き度:★★★++  オススメ度:★★★++

|

« ほっと文庫♪有川浩の「ゆず、香る」 | トップページ | 『殺してもいい命 - 刑事 雪平夏見』 秦建日子(著) »

コメント

パルムドール作品をアカデミー受賞作品と同じタイプだと思っている中高年が鑑賞終了後、口々に「私たちには難しすぎるわ」と言っていたこの映画。

パルムドール作品の見方というものを知らないと、みんなそんな感想になるんだなと思いました。

特にこういう哲学的な映画は考えるよりも感じろですからね。

投稿: にゃむばなな | 2011/08/15 13:39

夏休みのお子様映画で劇場からすっかり足が遠のいていたので、普段はこういう映画はあまり見ない相方と一緒に初日に観たんですが、予告との違いに、1人で来なかったことをちょっと後悔。。。(笑)
ただ、半分くらい寝ていた(らしい)くせに、美しい映像で癒されて良かったと言ってました。
わたしも、途中、この映画はみて感じればよいと気がついてから、とてもゆったりと観ることができました。
いつも、ちょっとはらはらして見てしまうブラッドも気にならなかったです。
でも、たいむさんのおっしゃるように、予告はあれでよかったと思うし、ほかに作りようがなかったかもです。
もう一度、観てこなきゃと思ってます。

投稿: mariyon | 2011/08/15 16:10

「きゃーー!ブラピぃぃぃぃheart04」って観に行くとshockってなるかもしれませんね(笑)
そこはそれ、カンヌのパルムドールを舐めちゃいけないってことで…。
大人になってから人生の岐路だったりを振り返ることは誰しも経験があると思うんです。その意味で、この作品は難解そうながらも、思いのほか馴染み易いようにおもいました。

投稿: KLY | 2011/08/15 20:20

■にゃむばななさん、こんにちはsun
パルムドール作品をアカデミー受賞作品と同じタイプだと思っていなくても、私にはちと壮大すぎるテーマで・・・(^^;
哲学チックな作品に対する心得はなくはないつもりだけどーーー

投稿: たいむ(管理人) | 2011/08/16 12:53

■mariyonさん、こんにちはsun
馴染まない人は寝ちゃいますよね(笑)
寝ないまでも、私の周りには「なげーなー」的空気が充満していて、EDに入った途端に席を立つ人の多いこと!
みんな我慢していたのね、みたいな(笑)

>ちょっとはらはらして見てしまうブラッド
それはmariyonさんのLove視点ですねw
なんだろう、あそこまで厳格じゃないにしても、父親って少なからずあーゆー一面があるし、ブラッドも「演じた」という感じではないように見えました。だからかな?

もう一度見ますか!
私は切なくってちょっとキツイかなぁ。
割り切るほどに悟れそうにないしw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/08/16 13:00

■KLYさん、こんにちはsun
>難解そうながらも、思いのほか馴染み易い
そう思います。
記事にも書きましたが、抽象的なイメージで感覚に訴える部分はともかく、展開自体は結構具体的でわかりやすく、親の視点、子の視点、客観的視点からもアルアル感でいっぱいだったように思います。

でも、慣れていないと好き嫌いでパッキリしそうですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/08/16 13:13

たいむさん、こんばんは♪
ご存知のように?(笑)トランスフォーマーのような
エンタメ作品が大好きな私ですので、パルムドール受賞作品なんて、どうなんだろうと、どちらかと言うと
多分、ダメかもしれないと言う感じで観に行きましたσ(^◇^;)

あまりにも壮大なお話で、哲学的?宗教的?な感じがして、作品を理解したなどとは、言えませんが、
嫌いじゃない作品でした。

ジャックの出生からのドラマ部分で、自分の子供の頃
と自分が母親になった時と言う両方の視点で観れて
懐かしさや感慨深いものがありました。
いろいろな事を考えてしまいましたしσ(^◇^;)
観た後、不思議な気持ちになりました。
確かに、疲労感も、かなりありましたけど(笑)

投稿: ひろちゃん | 2011/08/17 23:26

こんにちは。

そうそう、「127時間」みたいな細い岩場から見上げる光とか、水中の部屋のドアから浮上する子供とか、何を連想させてるかは分かるんだけど、いさいさか壮大でちょっと疲れました(笑)
昔からパルムドールは合う合わないがはっきりと分かれるんですが、ブラピにペンとお馴染みな役者さんだと安心感が先になって期待が膨み過ぎたのかも…(苦笑)

投稿: オリーブリー | 2011/08/18 16:06

■ひろちゃん、こんにちはsun
なんとも宗教臭いというか、監督の自己満足と言うか、想いの詰まった作品でしたねー(^^;
けれど、確かに解るんですよね。
解るからどうなるかとかどうなって欲しいとかおもって最後まで見つめてしまう感じ。

半分役者目当てだったことから、ちょっと戸惑っちゃったけれど、まぁこれはコレとして良い作品と感じております(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/08/19 14:22

■オリーブリーさん、こんにちはsun
そう!「127時間」も「おお、神よ!」ってな感じで、壮大な宇宙を感じるところがあったけれど、こちらは別の意味でもっと壮大というか・・・。

エンタメを期待していたわけじゃないけれど、私も役者による期待度が別方向に向いていたようでしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/08/19 14:25

おはようございます^^

高尚すぎて、ちょっと無理だったかも・・・
映像は美しく、見とれたけれど、ショーン・ペンの気持ちがよくわからなくて・・・

子役はとても良かった♪
ジャック役の子は上手だったし、次男役の子はブラピと親子かと思うぐらいそっくりで可愛らしかったわ♪

投稿: みすず | 2011/09/08 08:13

■みすずさん、こんにちはsun
感じる系の作品は、そう思ってみないとキツイですね。
キャストにつられて「うー」ってなったような、終わって苦笑いしている人をたくさん見かけましたよ(^^;

次男くんは本当に良く似てましたよね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/09/09 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/52479054

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツリー・オブ・ライフ」みた。:

» ツリー・オブ・ライフ [Akira's VOICE]
天地創造。生々流転。   [続きを読む]

受信: 2011/08/15 11:09

» 『ツリー・オブ・ライフ』 [こねたみっくす]
この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。 寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ... [続きを読む]

受信: 2011/08/15 13:54

» 感じる映画「ツリー・オブ・ライフ」 [茅kaya日記]
nbsp;感想を書けるほど理解できたかどうかわからないが美しいピアノ曲と、生命の起源までさかのぼる映像過去と現在、記憶と現実を錯綜させとことん削ったセリフ。 まるでヒーリングの映像のようだ。... [続きを読む]

受信: 2011/08/15 16:11

» 「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 [はらやんの映画徒然草]
テキサスのとある家族の生活を描きながら、人とは、生命とは、宇宙(世界)とは何か、 [続きを読む]

受信: 2011/08/15 18:04

» ツリー・オブ・ライフ [LOVE Cinemas 調布]
本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペンのハリウッドを代表するスターたち。ピットが厳格な父を、ショーンが成人した長男を演じているが、物語で主に主人公として描かれるのは子ども時代のジャックだ。監督はテレンス・マリック。... [続きを読む]

受信: 2011/08/15 19:58

» ツリー・オブ・ライフ [as soon as]
美しき河よモルダウの 青き水面は今もなお 流れに優しく陽はそそぎ さざなみはいつも歌うたい 岩にあたりしぶきあげて渦を巻く この旋律はなじみの深いもので 合唱曲として歌ったことがある しかし歌...... [続きを読む]

受信: 2011/08/16 01:52

» 「ツリー・オブ・ライフ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ツリー・オブ・ライフ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン、他 *監督:テレンス・マリッ…... [続きを読む]

受信: 2011/08/16 04:29

» 映画「ツリー・オブ・ライフ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ツリー・オブ・ライフ」観に行ってきました。 ……しかしいきなりで何なのですが、この映画、製作者達が一体何をテーマにしたかったのかすらも意味不明な作品構成です。 一応公式サイト等の紹介によれば、1950年代のとある家族にスポットを当てた物語とのことなのですが、作中では何故か数十億年前の地球&生物... [続きを読む]

受信: 2011/08/16 22:56

» 地球誕生と輪廻。 【映画】ツリー・オブ・ライフ [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】ツリー・オブ・ライフ 『シン・レッド・ライン』テレンス・マリック監督 ブラッド・ピットとショーン・ペンを迎えた壮大な家族物語 【あらすじ】 1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小さな町で満ち足りた生活を送っていた。一家の大... [続きを読む]

受信: 2011/08/16 23:05

» ★ツリー・オブ・ライフ(2011)★ [Cinema Collection 2]
涼しい風をポチッ THE TREE OF LIFE  <タイトルの「ツリーオブライフ」とは、旧約聖書の創世記にある 「生命の樹」になぞらえたもののようです> 父さん、あの頃の僕は あなたが嫌いだった… 上映時間 138分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開...... [続きを読む]

受信: 2011/08/17 23:28

» ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ… [労組書記長社労士のブログ]
 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。 【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い!  かつて父が望んだように仕事で成功を収めたジャック...... [続きを読む]

受信: 2011/08/18 12:54

» ツリー・オブ・ライフ [心のままに映画の風景]
厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。 1950...... [続きを読む]

受信: 2011/08/18 16:07

» 映画「ツリー・オブ・ライフ」善き人であろうと、もがきながら生きている [soramove]
「ツリー・オブ・ライフ」★★★★ ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン出演 テレンス・マリック監督 138分、2011年8月12日より公開, 2010,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:原題:THE TREE OF LIFE) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 日本では公開週末ランキング7位初登場 「... [続きを読む]

受信: 2011/08/18 21:24

» ツリー・オブ・ライフ [サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村]
   『ツリー・オブ・ライフ』  (2011) 1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小さな町で満ち足りた生活を送っていた。 一家の大黒柱の父親(ブラッド・ピット)は、西部男らしく子どもたちに厳しく接し、逆に母親(ジェシカ・チャステイン)がすべての愛情を彼らに注ぎ込んでいた。 一見、幸福そうに見える家族の中で、長男ジャックは孤独を感じていて・・。 製作国 アメリカ  THE TREE OF LIFE  (138分) ..... [続きを読む]

受信: 2011/08/20 01:09

» ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本times;ブラッド・ピットtimes;ショーン・ペン ブラピは製作にも参加。 maru♪ちゃんのお誘いで試写にて鑑...... [続きを読む]

受信: 2011/08/20 08:42

» 映画「ツリー・オブ・ライフ」善き人であろうと、もがきながら生きている [soramove]
「ツリー・オブ・ライフ」★★★★ ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン出演 テレンス・マリック監督 138分、2011年8月12日より公開, 2010,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:原題:THE TREE OF LIFE) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 日本では公開週末ランキング7位初登場 「... [続きを読む]

受信: 2011/08/22 07:19

» ツリー・オブ・ライフ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品でもあることから、随分と期待を...... [続きを読む]

受信: 2011/08/28 21:17

» 『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか? [映画のブログ]
 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。  一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。  『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...... [続きを読む]

受信: 2011/08/30 21:46

» 「ツリー・オブ・ライフ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。  ブラッド・ピット×ショーン・ペンの2大ハリウッドスター共演でも注目を浴びた本作。ハーバードとオックスフォー... [続きを読む]

受信: 2011/08/31 19:30

» 人をリトマス紙にかけないで(泣)〜「ツリー・オブ・ライフ」〜 [ペパーミントの魔術師]
最近、自分の周りで、 書いたレビューの内容でもって攻撃されてるひととかいて、 なんだかものすごく感想が書きにくいんだけど。 正直いうとね、 開始直後に帰りたくなった。(オイ) 話が大きすぎる、あまりに宗教色が強い。 人の営みなど、宇宙ができて、地球がで...... [続きを読む]

受信: 2011/09/02 01:51

» ツリー・オブ・ライフ [みすずりんりん放送局]
 『ツリー・オブ・ライフ』を観た。  【あらすじ】  成功した実業家であるジャック(ジョーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、遠い少年時代を回想する。  力こそが全てだと信じる厳格な父親(ブラット...... [続きを読む]

受信: 2011/09/08 08:13

» 映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。 評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。 すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗) オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引...... [続きを読む]

受信: 2011/09/27 03:15

« ほっと文庫♪有川浩の「ゆず、香る」 | トップページ | 『殺してもいい命 - 刑事 雪平夏見』 秦建日子(著) »