« まる6年となりました。 | トップページ | 「ブラック・スワン」みた。 »

2011/05/09

[岳 -ガク-」みた。

Gaku

”海”の次は”山”でどうだ、とばかりにフジがしかけた作品ではないけれど、山岳救助と新人隊員の成長物語。
この手の作品は「ベタに限る」というもので、そういう意味では王道直球勝負が機能していると思うけれど、ほぼ予告編で見せてしまっていて、隠し玉によるサプライズがないから盛り上がりようがないのが残念。
映像的にも『劔岳 点の記』の後では高評価は難しいが、厳しい山の作品と思えば「頑張った作品」とは思う。

原作は漫画で未読。よって最初は主人公の名前が「岳」かと思ったのだが、「三歩」とのことだった。(何か由来がありそうに感じるが、残念ながらそのあたりの説明は無かった)。また、キャラはインパクトあるけれど、この作品は椎名中心という感じで、主演主演していないように感じた。

物語は、まず新人隊員:椎名の赴任と三歩のキャラクター説明及び山岳救助の緊迫した仕事ぶりが同時に披露されることになる。そこでやる気満々となる椎名だが、訓練にも現実の厳しさにも打ちのめされ、青臭い新人が陥りやすい心理状態から迷走。しかし隊長から三歩の裏事情を聞かされて再起を果たす。
冬に入り、急激な天候の悪化から多重遭難が発生。命の選択が迫られた時、これまた青臭い根性丸出しで自ら苦難の道に飛び込む椎名。
そして、椎名の援護(救助)に向かった三歩もまた雪崩に巻き込まれるという2重苦3重苦の展開から、お約束の生還劇となる。

三歩はむちゃくちゃポジティブ思考で底抜けに明るいキャラクター。クールな役が多いように思われる小栗君だが、私としては『キサラギ』での小栗君が気に入っているので、三歩のキャラはOK。むしろ好きな方だけど、”天然キャラ”というにはもう一歩なのがオシイ。
椎名は・・・、どっぷり偏見なのだが個人的に長澤まさみとは相性が悪いので、「相変わらず」という感想しか出てこない。(ゴメン)。

ところで、原作でも椎名は女の子なのだろうか?”花嫁姿”うんぬんが伏線になっていたからそれはそれでアリなのかもしれないけれど、思うに、男性隊員のほうがよりアツイ作品になるんじゃないかな。石田君が演じていた阿久津隊員を新人にしたって十分成立する話に思ったのだけどな。阿久津隊員は物凄く中途半端な役どころだったし。華(女子)がいなくたって良いと思うのだけど。

突っ込もうと思ったらいくらでも・・・であり、あれこれオシイ作品。とはいえ、ダメダメということもなく、やっぱり「頑張った」というところと思う。

総評:★★★++  好き度:★★★++  オススメ度:★★★++

|

« まる6年となりました。 | トップページ | 「ブラック・スワン」みた。 »

コメント

こんばんはー。

ブログを引っ越しましたので新しいブログよりTB送らせていただきます。
よろしくお願いします。m(_ _)m

これはですね、映画の方が突っ込みどころが多いです。
ちなみに椎名久美隊員は原作でも女ですがキャラは改変あります。阿久津も。
ちなみに椎名久美隊員の父のエピはありませんので、完全に映画用に組み込んでそこがメインですねこの映画は。

映画は普通に泣き所があって普通に観られる普通の映画だったなと思いました。ザ・普通。

投稿: おくやぷ | 2011/05/10 01:08

ちょっと「海猿」が頭にちらつきつつの鑑賞となりました。

全体を通してみれば、かなり面白かったです。
ツッコミどころは目を瞑り・・・。

映像はなかなか綺麗でした。

投稿: BROOK | 2011/05/10 19:59

■おくやぷさん、こんにちはsun
補足説明感謝♪
そうですか、やはり女の子なのですねー(^^;
でもキャラ改変ありと聞いてちょっとホッとしたりしてw

>ザ・普通。
わははっ!
実は、私も一番の印象はそれだったんですよね。
四苦八苦で書き上げた感想って判ります?

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/10 20:16

■BROOKさん、こんにちはsun
やっぱり「海猿」思い浮かべますよねw
だから男臭い友情ものだったら、私の好みの部分でもっと高評価になっていたかなと思ったのですわw

あまりに普通のベタさ加減でツッコミ意味もなさそうで・・・(^^;

といいつつ、続編あったら、多分、みる(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/10 20:18

うんうん。素直に頑張ったなぁと思えます。
もちろんこの作品より本格的で凄い映像の作品はありますけども、漫画原作でともすればナンチャッテになりがちなところを以外に本格的だったし。
ホワイトアウトしそうなところとかどうやって撮影したんだ?とか思いましたよ。^^

投稿: KLY | 2011/05/11 00:17

たいむさん、こんばんは♪
「まる6年」にコメしようとしたら、コメントの
ところがないσ(^◇^;)その記事は、コメ閉じてるんだと
思いまして、こちらから、失礼致します^^

たいむさんも、まる6年になるんですね(^_-)-☆
7年目に突入ってことですよね。
そのくらいやっていると、ブログを削除してしまったり
更新が急に滞ってしまったりと言う方も多く
そのたびに寂しい思いもしますよねσ(^◇^;)
また自分自身も、モチベーションが落ちる時も
出てきたりして。。。
私も、たいむさんと同じく、先細りでも備忘録として
続けて行きたいと思っています♪
「ブログ6周年、おめでとうございます☆彡」

さて、この作品ですが、予告編で魅かれるものは
ありますが、鑑賞しようとまでは思っていなくて(^^;
たいむさんの評価と感想でWOWOW鑑賞決定致しました。
山の映画ですから、スクリーンで観る価値は
あると思うんですけどね(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2011/05/11 01:57

こんにちは♪
ブログ開設6年おめでとうございます。
これからも更新楽しみにしてますね。

救助もののお話は好きなので観に行きましたが、原作があるからしかたないけど男の世界で観てみたかったな~という気もします。
山の景色も素晴らしかったので大きなスクリーンで観るべき作品ですね。

投稿: yukarin | 2011/05/11 12:59

■KLYさん、こんにちはsun
私としてもうひとつ何かが欲しかったかな?という感じではあるのだけど、頑張りは感じられるんですよね。
でも、連ドラでじっくりやってほしいタイプの作品かもしれませんね(^^)
それこそ海の2番煎じになっちゃうし、撮影もより難しいように思うけれど。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/11 21:43

■ひろちゃん、こんにちはsun
お祝いコメ、ありがとうございます!
マイペースにやっていきますので、今後ともよろしくねw

6周年のコメントはあえてクローズです(笑)
社交辞令に時間を使うのはだんだん疲れてきたので、ひろちゃんのように本当に気にかけてくれる方はどっかにコメントくれるだろうとタカを括った次第ですw
本当はそれすらアップしない気だったのだけど、1週間も放置してしまっていたし、丁度だったので書くだけ書きました。

さて「岳」ですが、原作をかなりアレンジしているとのこと。映画として悪くはないですし、大画面のほうが・・という作品ではありますが、個人的には「普通」の範疇と思います。だから苦労して時間を作ってまでは・・・と思います。
ということで、TV放送をお楽しみに(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/11 21:51

■yukarinさん、こんにちはsun
お祝いコメ、ありがとうこざいます!
古馴染みがどんどん減っていく中、yukarinさんは貴重な存在。細々でもこれからも仲良くしてやってください!

私もねー、救助ものだし「男の世界」を楽しみたかったんですよー。そこは微妙に肩透かし。
まぁ、それなりに、ってことで及第デスw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/11 21:55

こんばんは。
確かに「海猿」に似たような内容でしたね。
小栗旬も長澤まさみも高所恐怖症らしいようですが、それを感じさせないくらいの体を張った役を演じていたと思います。
あと、6周年おめでとうございます。
私も今月でブログ始めて6周年になりました。
今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

投稿: FREE TIME | 2011/05/11 23:41

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
救助ものは「252」とかもそうですし、「ダイゴ」もそうだし、環境の違いだけで似たり寄ったりはあたりまえかもしれませんね。

役者も映像も頑張った作品と私も思いますw

お祝いもありがとうございます。
6周年組って結構多いんですよね。2005年ってブログが流行り出した最盛期と思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/12 19:08

確かに阿久津クン主役でも良かったですよね。
ただ東宝的には小栗旬と長澤まさみという2大看板で行きたかったのでしょうね。
やっぱり作品内容よりも興行ってことでしょうか。

投稿: にゃむばなな | 2011/05/17 16:44

■にゃむばななさん、こんにちはsun
ファンを呼べる看板スターはいるに越したことないですもんね。男女そそっていれば尚更に。

内容が簡単なんで、もう少し山のプロフェッショナルについて知りたかった気もしましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/19 19:16

たいむさん、こんばんは!
コメ遅れてすみません。
仕事が忙しくてブログに触れられませんでした・・・。

こちら三歩の映画というより、久美の映画でしたよね。
彼女が一人前の救助隊員になるまでのお話。
劇中のセリフにもありましたけれど、三歩は山そのもの、その象徴のような男だなと思いました。

投稿: はらやん | 2011/05/27 23:16

■はらやんさん、こんにちはsun
いえいえ、お気になさらずに。

どちらかと言えば久美の話でしたね。
私としては、三歩が「山そのもの」といわれるところの話が見たかったのですが・・・

海猿みたいに、続き、有りますかね?

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/29 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/51627169

この記事へのトラックバック一覧です: [岳 -ガク-」みた。:

» 岳 -ガク- [LOVE Cinemas 調布]
石塚真一の人気コミック「岳 みんなの山」実写映画化。山岳救助ボランティアの主人公とヒロインの新人山岳救助隊員を中心に、日本アルプスで起こる事故に立ち向かう姿を描く。主演は「クローズZERO」シリーズの小栗旬と共演に『曲がれ!スプーン』の長澤まさみ。共演に『大奥』の佐々木蔵之介、『リアル鬼ごっこ』の石田卓也、市毛良枝。監督は『ヒートアイランド』の片山修。... [続きを読む]

受信: 2011/05/09 21:46

» 岳 -ガク- [as soon as]
これ久美ちゃん主役じゃね? 念願の「岳」を観た 初日のレイト なかなか入っている 客層は若いおねーさんから還暦すぎた方まで わたしはちなみに、 原作ファン層、山みたい層です 観る前...... [続きを読む]

受信: 2011/05/10 01:09

» 岳 -ガク- [Akira's VOICE]
とにかく進もう。とにかく歩こう!!!  [続きを読む]

受信: 2011/05/10 10:26

» 「岳 ガク」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「岳 -ガク-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、矢柴俊博、やべきょうすけ、浜田学、鈴之助、尾上寛之、波岡一喜、森廉、ベンガル、宇梶剛士、小林海人、光石研、中越典子、石黒賢、市毛良枝…... [続きを読む]

受信: 2011/05/10 14:51

» 劇場鑑賞「岳 -ガク-」 [日々“是”精進! ver.A]
大盛りのナポリタンが食べたいよ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105090003/ 岳-ガク- (小学館文庫) posted with amazlet at 11.05.05 涌井 学 石塚 真一 小学館 (2011-03-04) 売り上げランキング:... [続きを読む]

受信: 2011/05/10 19:55

» 映画「岳 -ガク-」 [FREE TIME]
映画「岳 -ガク-」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011/05/11 00:04

» 映画「岳-ガク-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「岳-ガク-」観に行ってきました。小学館発行の漫画雑誌「ビッグコミックオリジナル」で連載中の石塚真一原作漫画「岳 みんなの山」をベースとする、山岳救助にスポットを当... [続きを読む]

受信: 2011/05/11 01:03

» 【岳 −ガク−】を映画鑑賞! [じゅずじの旦那]
山に捨ててはいけないもの、それはゴミと・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美(長澤まさみ)がやってくる... [続きを読む]

受信: 2011/05/11 08:39

» 岳 -ガク- [新・映画鑑賞★日記・・・]
2011/05/07公開 日本 126分監督:片山修出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、宇梶剛士、光石研、中越典子、市毛良枝、渡部篤郎 生きる。標高3,190m 気温-25℃命は、命でしか救えない。 世界の巨峰を登り歩き山をこよなく愛する島崎三歩は、山岳救助ボランティ...... [続きを読む]

受信: 2011/05/11 12:54

» 「岳 -ガク-」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 石塚真一原作の人気コミック(小学館ビッグコミックオリジナル連載)を、小栗旬、長澤まさみのW主演で映画化。  世界の名峰を制覇し、「山そのもの」と称される山岳救助ボランティア・島崎三歩と、北部警察署の新人山岳遭難救助隊員・椎名久美の、山に携わる人々との交流、... [続きを読む]

受信: 2011/05/13 19:19

» 『岳 -ガク-』が示した落としどころは? [映画のブログ]
 レスキュー物とでも呼べば良いか。  災害・遭難現場での救助活動は、手に汗握る展開にしやすいことから、これまで多くの作品が作られてきた。  代表例は、古くは『タワーリング・インフェルノ』(1974...... [続きを読む]

受信: 2011/05/14 10:04

» 「岳 -ガク-」 自分の無力さに立ち向かう勇気 [はらやんの映画徒然草]
レスキュー隊員や、消防士、自衛隊、もちろん山岳救助隊の方々は凄い。 なぜなら人の [続きを読む]

受信: 2011/05/15 20:24

» 岳 -ガク- 評価:★★★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2011/05/15 23:11

» 『岳-ガク-』 [こねたみっくす]
よく頑張った。映画も主演女優も東宝もよく頑張った。良くも悪くもそんな感じの映画でした。 東宝がフジテレビとロボット抜きで『海猿』シリーズのような映画を撮ろうとして挑ん ... [続きを読む]

受信: 2011/05/17 16:47

» 岳-ガク- [WEBLOG:e97h0017]
(C)2011 「岳-ガク-」製作委員会 (C)2005 石塚真一/小学館『 岳-ガク- 』( 2011年 東宝 125分 )監督:片山修 脚本:吉田智子 主演:小栗旬、長澤まさみ          Official ▼ / Wikipedia ▼ / Kinejun ▼          (P)岳-ガク-いかにもテレビのディレクターが撮った映画という感じの作品です。不特定多数の視聴者を想定しているテレビドラマがもっとも注力しなければならないことは「わかりやすさ」ですが、映画というものは必ずしも「わ... [続きを読む]

受信: 2011/06/01 10:41

» 『岳-ガク-』 [・*・ etoile ・*・]
'11.05.01 『岳-ガク-』試写会@よみうりホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。全然予備知識なかったのだけど、GWだし小栗旬くん主演だし、目の保養に行ってきた。実はこの前に1本イタリア映画祭で『アルデンテな男達』(仮題)を見ているのだけど、諸事情によりこちらを先に書きます(笑) *ネタバレありです 「希望がかなって山岳救助隊に配属された久美。命懸けで救助しても助けられない命がある一方、ハイキング気分でやって来る登山家。理想と現実に打ちのめされるが、山岳救助ボラン... [続きを読む]

受信: 2011/06/04 23:46

» 『岳 -ガク-』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「岳 -ガク-」□監督 片山修 □脚本 吉田智子□原作 石塚真一 □キャスト 小栗 旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、市毛良枝、渡部篤郎■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [続きを読む]

受信: 2011/06/06 17:52

» 映画:岳 -ガク- [よしなしごと]
 最近暑いよね~。この映画見たら少しは涼しくなるかなぁ。と言うわけで今回の記事は岳 -ガク-です。 [続きを読む]

受信: 2011/06/25 01:27

» 岳-ガク- [A Day In The Life]
DVDでの観賞 解説 人気コミック「岳 みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに 描いた山岳ドラマ。 高度な山岳技術を持ち、山の恐ろしさを知る主人公には原作を愛読し ていたという小栗旬がふんし、高所恐怖症にもかかわらず氷壁登りや 懸垂下降に挑む。 ヒロイ... [続きを読む]

受信: 2012/05/06 09:53

« まる6年となりました。 | トップページ | 「ブラック・スワン」みた。 »