« 「ウォール・ストリート」みた。 | トップページ | 「ザ・タウン」みた。 »

2011/02/05

「ジーン・ワルツ」みた。

Jinwarutu

海堂尊原作でおなじみの『チーム・バチスタの栄光』シリーズと同一の世界で繰り広げられている別の物語のひとつであるこの作品。近年妊産婦の救急搬送中のたらい回しなどが社会問題として注目を浴びているが、医療事故や代理母ほか様々な問題を抱えている現在の産婦人科医療の体制に一石を投じるどころか、現実離れし過ぎちゃった感のある原作。
映画ではややオブラートを掛けてあったのでホッとするような、物足りないような、そんな印象だがまずまずだったと思う。

大学では助教として講義を受け持ち、”マリアクリニック”では院長代理を務めている産婦人科女医が曾根崎理恵。”マリアクリニック”は院長が病床に付き、また身内の不祥事も重なって数カ月後には閉院が決まっている産婦人科医院である。身内:息子の久広は北海道でやはり産婦人科医師をしていたが、特異な症例の妊婦の出産に立ち会い、不運にも救えなかったことが医療事故として処理され逮捕という憂き目にあっていた。久広と理恵、そして理恵の大学の准教授でもある清川は大学時代からの友人で、久広の置かれた状況を誰よりも理解でき、世の中の理不尽を痛感していた。
”マリアクリニック”で理恵は最後の4人の患者を受け持っていた。5年の不妊治療の末にやっと授かった子供の誕生を心待ちにしている夫婦、胎児に障害があると知って覚悟を決める夫婦、望まぬ妊娠による安易な中絶希望から出産に踏み切る年若い女の子、そして55歳の超高齢にして双子を宿した代理母。みなひと癖もふた癖もある妊婦で、現在における多くの問題を一気に集結させた状況にあるのだが、理恵はそれらのすべて何とかして見せると息巻いており、世間的にもマスコミを使って爆弾宣言を公表することになる。

医師としても女性としても数知れない悔しい経験が理恵を決意させ突き動かす切っ掛けとなった。そんな彼女の意志や強い想いを理解し応援したいと思うが、理恵のやろうとしていることは清川の言うとおりで、今の世の中での現段階では「理想」でしかないのが辛いところ。映画でもその辺にうける印象は変わらない。原作もそうだが、この話は「理想」を実現しようとするという結論ではなく、”現状を世間に認知させる”ことが大切であり目的だと考えた方が良いと思う。

出産を扱った作品での不幸な結果はもっとも悲劇的な話になる。けれど命の誕生は例え不幸が伴っていてその瞬間は希望の光に照らされ、感動に満たされてしまう。そう思うのはこの世の中でもっとも貴いものが命だと思えるからかな?そんな後味の残る映画だと思う。

原作の理恵はもっと悪魔的に計算高く一線を越えちゃっている女性として描かれており、彼女の行動には狂気すら感じられるところがあって私としてやや受け入れがたい作品だった。それだけに一体どんな映画になるのか按じていたが、映画では問題の部分が曖昧にされており、生々しさも抑え気味。映画ではとんがった程度でまだ可愛げのある女性を菅野ちゃんが演じてくれていて良かった。ルリルリの存在感は妖怪並みに凄かったしねhappy02

総評:★★★++  好き度:★★★+  オススメ度:★★★+

ラストの清川教授回診行列に堂々入り込んでいる海堂先生。本職なだけに白衣が板に付いているけど、おもいっき目立っていて笑っちゃった。

|

« 「ウォール・ストリート」みた。 | トップページ | 「ザ・タウン」みた。 »

コメント

『チームバチスタ』も『ジェネラルルージュ』もコレも監督は違うけど海堂作品の映画化って私はもう完全に受け付けないようです。とにかく原作が大好きで何度も読んじゃうんですけど、映画になるととたんにいい加減になっちゃうというか…。出産シーンは確かに胸打たれるものがあるんですけどね。^^;

投稿: KLY | 2011/02/06 00:33

■KLYさん、こんにちはsun
私はこのころの原作ってちょっと原作者の想いとか焦りみたいなものがモロに入ってて、小面倒で荒唐無稽と感じてます。だから映画化は心配していたんだけど・・・。

出産シーンはなんであれグッと来ますね。
アレもアレで演出はツッコミどころなのだけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/06 15:44

こんにちは。

主人公の情熱は伝わってきましたが、それが完全に独りよがりになっていて、医療体制自体は結局何一つ改善されていなかったですね。
出産シーンはやはり感動的でしたが、その前のピンチの連続のせいでだいぶ冷めてしまいました。いくらなんでもあれはやり過ぎですよね。

投稿: えめきん | 2011/02/12 10:09

■えきめんさん、こんにちはsun
理恵のひとりよがりですよねぇ、やっぱりこれだと。
でも原作はもっと我が道を行っちゃってるからこれでもまだましかなぁーって見てました。
どんな作品でも出産シーンって神聖な感じしちゃいますよね。
なのにあのドタバタは私も興醒め。小細工なんていらないですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/13 13:16

たいむさん、こんばんは!

原作はシリアスで重い作品だったので、映画化するとけっこうたいへんかもと思いましたが、いい具合な匙加減でした。
題材のシリアスさは保持したまま、感情移入しやすくなっていましたよね。
やはり浅丘ルリルリが一番キャスティングがぴったりだったかな。
あの神々しさは人間じゃないみたいでした(妖怪?)。
分娩のシーンなどはあれだけ細いからだかどれだけ力が出てくるんだという院長先生そのものって感じがしました。

投稿: はらやん | 2011/02/22 22:18

■はらやんさん、こんにちはsun
嫌悪感が残らないようなサジ加減は上手かったと私も思います。
障害とか騙しとかはやっぱりキツイですし。

院長先生は鬼気迫ってましたね。
あそこまで雰囲気を出せる女優さんは浅丘さんくらいかと。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/24 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/50782049

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジーン・ワルツ」みた。:

» ジーン・ワルツ [勝手に映画評]
海堂尊の医療ミステリーシリーズの映画化。海堂尊の名を世に広めたバチスタシリーズとは違う系列の物語。もっとも、世界は繋がっていて、東城大学や帝華大学、極北市など、海堂尊の物語に出てくる大学・地名がこちらでも出てきている。 この映画の原作は、一応『ジーン・...... [続きを読む]

受信: 2011/02/05 17:27

» ジーン・ワルツ [LOVE Cinemas 調布]
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品だ。主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂、共演に『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 』の田辺誠一。他にも南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ルリ子といった豪華な女優陣に注目したい。... [続きを読む]

受信: 2011/02/06 00:29

» 『ジーン・ワルツ』 | 浅丘ルリ子の妖演がこの映画を救った? [23:30の雑記帳]
皆さんに謝らなければいけないことがあります。 今までいろいろな映画に、 容赦ない辛口批評を浴びせてきましたが、 この映画を観てしまった今、 下には下があることを思い知ら ... [続きを読む]

受信: 2011/02/06 17:27

» ジーン・ワルツ [だらだら無気力ブログ]
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方を…... [続きを読む]

受信: 2011/02/07 00:18

» 『ジーン・ワルツ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子■鑑賞日 2月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  原作が『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』などの作品でも知られ、 現役医師としても活躍するベストセラー作... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 08:22

» 『ジーン・ワルツ』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
帝華大学病院で産婦人科の医師として働き、教鞭をもとる傍ら、閉院間近の小さな産婦人科医院マリアクリニックで院長代理を務める曾根崎理恵は、上司である保守派の教授からは煙たがられていた。 教授への昇進を確実視されている清川吾郎は、そんな彼女を複雑な想いで見つめている。彼はかつては理恵と共にマリアクリニックで働いた仲なのだが、院長の三枝茉莉亜が癌で倒れ、一人息子の久広が医療過誤で逮捕されてからというもの、二人の距離はどんどん隔たって行ったのである。 そんな時、日本では認められていない代理母出産に、理... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 19:55

» ジーン・ワルツ [花ごよみ]
菅野美穂が主演、 帝華大学病院の産婦人科医師、 曾根崎理恵を演じます。 共演は田辺誠一、白石美帆、 南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子等。 監督は大谷健太郎。 曾根崎理恵(菅野美穂)は 「マリアクリニック」という町の、 産婦人科医院でも勤務。 こちらの病院には、 事情のある4人の妊婦が通っています。 曾根崎理恵(菅野美穂)は 彼女と同じ大学病院に勤務する 医師・清川吾郎(田辺誠一)に、 「マリアクリニック」で行われている 代理母出産についての、 疑惑をもたれます。 医師で作家の海... [続きを読む]

受信: 2011/02/11 15:09

» ジーン・ワルツ [5125年映画の旅]
産婦人科医の曾根崎理恵は、妊婦が術中に死亡した事件や術死を恐れて妊婦が病院をたらい回しにされ母子共に死亡するという事態に危機感を抱いていた。曾根崎は自身が勤めるマリア ... [続きを読む]

受信: 2011/02/12 09:56

» 映画「ジーン・ワルツ」 [FREE TIME]
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2011/02/14 20:55

» 言いたい事は分かるけど・・・。『ジーン・ワルツ』 [水曜日のシネマ日記]
産婦人科医の目線を通して現代医療が抱える問題を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2011/02/14 21:55

» ジーン・ワルツ 舞台挨拶 [メルブロ]
ジーン・ワルツ 345本目 2011-05 上映時間 1時間51分 監督 大谷健太郎 出演 菅野美穂(曾根崎理恵) 、 田辺誠一(清川吾郎)      大森南朋(三枝久広) 、 南果歩(荒 ... [続きを読む]

受信: 2011/02/16 00:33

» ジーン・ワルツ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年2月13日(日) 19:25~ チネ10 料金:1300円(川崎の金券屋で前売券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ジーン・ワルツ』公式サイト 海堂尊の小説が原作なので、医療ミステリーかと思ったら、以外に甘ちゃんなドラマだった。 ただし原作のジャンルはミステリーに分類されている。 キャラクター設定など大幅に脚色されているのだろうか。ミステリーの雰囲気が微塵もしない。 体制を変えるとか偉そうなことを言っている割に、実は自分勝手なことをしているだけでないかというのは、かな... [続きを読む]

受信: 2011/02/16 01:41

» 「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 [はらやんの映画徒然草]
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い [続きを読む]

受信: 2011/02/20 09:53

» ジーン・ワルツ(2011-014) [単館系]
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。 産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品。 主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂。 「...... [続きを読む]

受信: 2011/02/24 22:37

» 「ジーン・ワルツ」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 現役医師にして作家の海堂尊原作。様々な問題を抱えた現代の産婦人科学会に、敢然と立ち向かう孤高の女性医師の姿を、「NANA」の大谷健太郎監督、「Dolls」「パーマネン... [続きを読む]

受信: 2011/02/25 19:15

» 映画:ジーン・ワルツ [よしなしごと]
 この日、洋菓子店コアンドルを見ました。2作目はどうしようかと迷いましたが、やっぱ蒼井優と言えば次は大森南朋でしょ。と言うわけで、ジーン・ワルツを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011/03/06 00:26

» ジーン・ワルツ [映画的・絵画的・音楽的]
 遅ればせながら、『ジーン・ワルツ』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本年の出だしは、ここまで邦画でよさそうなものが少ないため、逆に洋画の方でいい作品・面白い作品が目白押しということもあって、邦画対洋画の比率が酷く洋画の方に偏ってしまっています。そうした...... [続きを読む]

受信: 2011/03/06 22:09

» ジーン・ワルツ [シネマDVD・映画情報館]
ジーン・ワルツ スタッフ 監督:大谷健太郎 キャスト菅野美穂 田辺誠一 白石美帆 桐谷美玲 南果歩 風吹ジュン 浅丘ルリ子 大森南朋 音尾琢真 須賀貴匡 濱田マリ 片瀬那奈 西村雅彦 大杉漣 劇場公開日:2011-2-5 ...... [続きを読む]

受信: 2011/03/06 23:43

» ジーン・ワルツ [いい加減社長の日記]
いくつ溜まってるんだろ・・・これも1ヶ月以上経ったか? 「ザ・タウン 」と迷ったんだけど。 とりあえず、こっちを先に、ということで、「ジーン・ワルツ 」を、公開日に鑑賞。 (C) 2011「ジーン・ワルツ」製作委員会 【ストーリー】 帝華大学医学部産婦人科の... [続きを読む]

受信: 2011/03/08 08:02

» ジーン・ワルツ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ジーン・ワルツ'11:日本◆監督:大谷健太郎「ラフ ROUGH」「NANA2」「NANA」◆出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ル ... [続きを読む]

受信: 2011/03/08 14:08

« 「ウォール・ストリート」みた。 | トップページ | 「ザ・タウン」みた。 »