« 名探偵コナン71巻 | トップページ | 「ACE」かぁ。 »

2011/02/19

「ヒア アフター」みた。

Hearafter

”HERE AFTER”、来世。
つまりは「死後の世界」に触れた作品をクリント・イーストウッド監督が手掛けるということで楽しみにしてた。(オマケに主演がマットheart01だし)。とにかくこの手のテーマは”受け手次第”でとても難しいものだからね。私自身は「死んだら何もない」と思っている派。だけど何事も可能性までは否定しない派。
いずれにせよ、信じるとか信じないとか、テーマに対する自分だけの価値観のみで作品を判断して欲しくないと思う。端々にまで行き届いたイーストウッド監督の手腕はやっぱり素晴らしいなって思うから。

最初はサンフランシスコ、パリ、ロンドンの3つ舞台があり、それぞれ「死」に直面した人々の別々のドラマが同時に進行していく。
サンフランシスコのジョージは、活動を休止している霊能力者。設定では本物。ジョージはその能力のためにすっかり疲れてしまっており、自分自身が心穏やかに生きたいと願いながらも、叶わぬ現状に悶々とし、あがいている状態。
パリのマリーは、知名度の高いジャーナリストだったが、東南アジアでの休暇中に大津波に巻き込まれ、生還は果たしたがその時の臨死体験で視たビジョンが頭から離れなくなり、仕事を休んで自分の体験を追究しはじめ、体験談と科学的な証明(資料)をまとめた本を書きあげる。
ロンドンのマーカスは、まだ幼い少年。12分差で生まれた一卵性双生児の兄:ジェイソンを事故で亡くし、喪失感からもう一度兄に逢いたいと願い、本物の霊能力者を探し求める日々だった。

望む望まざるにかかわらず「死後の世界」と繋がる共通点を持った3人は、最終的にロンドンで相対することになるのだけど、それらがそうとは感じさせない形で必然的にそうなるように仕向けられた流れがとても良くできていた。それは台詞の中であり、シチュエーションであり、アイテムであり、後になって納得することになる。
特に地下鉄のシーンでは、閉まったドアから「現象にはすべて意味がある」なんてツラツラ思っていた矢先にアレだ。何の接点もなく遠く離れた3人がロンドンに集結する事についても、ジョージがロンドンを選んだ理由、マリーがロンドンに行く必要性、マーカスがその場に居たわけ、”ブックフェア”で3人が揃うのがとても自然だった。
だから私は、その後の彼らを自然に受け入れられる気がした。ありていに言えば宗教と同じだね。互いを信じ、価値観を同じくした者たちが心を通わせるのは自然なことで、その間には真偽は問題じゃなく、それでいいのでは、という意味で。(まぁ、この作品の場合は、”本物”という前提がより繋がりを強くしているけれど)。

なぜイーストウッド監督がこのテーマに?って思うところではあるけれど、私にはアリ。監督自身も「真実は誰にも分からない」と言った上で制作しているし、何よりインチキの手口もちゃんと見せてくれているからねhappy01

総評:★★★★+   好き度:★★★★+  オススメ度:★★★★

津波のシーンは凄かった!木にしがみついたマリーを後ろから襲う自動車?なんかリアル感あり過ぎで目を覆っちゃったし。

|

« 名探偵コナン71巻 | トップページ | 「ACE」かぁ。 »

コメント

私もなんでこれ?と思ったんですが、観てみると結構良かったですね。
マーカス少年には泣かされましたわ~っ。

投稿: yukarin | 2011/02/19 17:36

円熟味の演出と編集で,
なかなか奥深いものを堪能できました。

インチキ霊能者の登場が,
巧いアクセントになっていましたね。

死があるからこそ生きる!

投稿: AKIRA | 2011/02/19 17:40

たしかに津波のシーンは迫力がありましたね。
後頭部に車がぶつかってきて、良く助かったな・・・というのはありますが。

イーストウッド流に、フッと“死”というのも上手く理解させてくれたと思います。

投稿: BROOK | 2011/02/19 20:01

クリント・イーストウッドもスティーブン・スピルバーグと同じで残りの人生で次世代に何を伝えるかをテーマにして映画を撮っているのでしょう。
考えてみれば彼も81歳。まだまだ長生きしていただきたいですけどね。

投稿: にゃむばなな | 2011/02/19 20:25

そうか、彼もも81歳か…。知らないうちに結構御年を召されてますね。
私はまだ自分の死に関してはとても考えられないです。彼ぐらい担ったら何を考えるのかな。霊能力云々はともかくとして、年配の方ほど死に対して考える部分はあるでしょうから、この作品に思うところも大きいかもしれませんね。

投稿: KLY | 2011/02/19 20:43

■yukarinさん、こんにちはsun
>マーカス少年には泣かされましたわ~っ。
ですね(^^;
分かってても涙線の弱さがモロに出ちゃいました。

私も良かったと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/20 11:39

■AKIRAさん、こんにちはsun
予定調和的なものは感じるけれど、テーマがテーマですし、こんなものじゃないかと。

>死があるからこそ生きる!
誰しも死ぬまでは生きなくちゃですもんね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/20 11:42

■BROOKさん、こんにちはsun
>良く助かったな・・
ホントにね。
うちどころが良かったって事だろうけど、そうしたことも紙一重って演出だったのかもです。

死は体験してみなければわかりませんから、いろいろなイメージがあって良いと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/20 11:44

■にゃむばななさん、こんにちはsun
81歳ですか~
長生きして欲しいものですね。
私としては、次世代うんぬんというよりは、自分がやりたいことをやりたいようにやろうと思っているのではと感じました。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/20 11:46

■KLYさん、こんにちはsun
先日友達が交通事故にあって死にかけたって話を聞いたばかりでね(今は元気ですw)、年齢じゃないって思いましたよ。
「僕の生きる道」でも、病気の彼を辞めさせろってPTAのエピがありましたよね。だけど珍しく教頭が「突然死ぬかもしれないのは誰しも同じです。彼はそれの時期が判っているだけ」って台詞が頭にしみついてます。

霊能力云々は別にしても、多少なりとも「死」を意識する機会になるのでは?あるいは、意識していないことを知るとか。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/20 11:51

こんにちは♪

>私自身は「死んだら何もない」と思っている派

恥ずかしながらボクはあまり考えたこと無い派です。
まぁ、死んでも「コープス・ブライド」みたいに
底抜けに楽しい世界であればなぁ程度です…><

心に響くものや共感はなかったけれど、安易に死
や死後の世界を探求したものとばかり思っていた
んで、死の世界を身近に感じた登場した3人の姿を
静かで温かい目線で綴った作りとテーマが死では
なく生であったことに思った以上に惹き込まれる
作品でした♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2011/02/20 21:05

こんにちは。

「ラブリーボーン」みたいに中間層だとか、霊界だとか、そう言ったものをたくさん見せられるのではなくて、こちら側のお話だったので安心しました(笑)
これまでの作品と比べると、物足りなさはありますが、イーストウッドの優しい目線を感じられる作品でした。

内に篭るようなマットも良いですよね(笑)

投稿: オリーブリー | 2011/02/21 16:24

■風情♪さん、こんにちはsun
私の場合は京極夏彦の影響をどばっと受けてるんで、随分前から「死後の世界は生きている人間だけにあるもので、死者に死後の世界は無い」って確定です(笑)
霊能力者のインチキ手法も、京極小説で種明かされているとおりで1人で笑ってました。

この映画は死後の世界を描いたものじゃなくて、逆に「生きる」ためにあるものを描いていたと思います。
それでも受け手次第だろうし、万人受けはしないでしょうねぇ(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/21 19:04

■オリーブリーさん、こんにちはsun
そそ、優しい映画でしたね。
傷の舐め合いってんじゃないけど、分かり合う2人ってラストも良かったねって思ったし。

私もこういうマットも好きですw
アクションものは定評あるけど、演技派ですよね、彼。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/21 19:07

世評は割れているようですが、私もアリですね。
登場人物への優しい視点や適度な距離感はとてもイーストウッドらしい。
オカルトチックな素材なのに、そっちには行かずにあくまでも人間の葛藤に持ってきてるあたりもさすがでした。

投稿: ノラネコ | 2011/02/21 22:54

こんばんはー!
優しい目線・・・確かにー!
3人が出会うまでをとっても丁寧に描いてましたもんね。私も運命と素直に思えました♪
とはいえ同じ価値観がないとわかりあえないのか?という思いも湧いたりして・消化不良気味。
お兄さんとは仲直りして欲しかったですー(苦笑)

投稿: くろねこ | 2011/02/22 00:21

こんばんは☆

これ、試写の時点では結構否意見多かったけどブロガーさん評価はいい人も多い感じですね、happy01
私はダメだったけど、
基本今迄のイーストウッド作品はインビクタス以外好きなので次回決まってる作品に期待です☆

投稿: mig | 2011/02/22 01:08

■ノラネコさん、こんにちはsun
オカルトチックな題材を絡めたことについて、アレコレ言われていたりもしますが、世界のクロサワも晩年に「夢」のような作品を作っていますし、監督自身が何かを思って作った作品だと私は思っています。
実際、本質はそっちを突き詰めるものじゃないですしね、アリです(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/22 13:50

■くろねこさん、こんにちはsun
いや~、この手の感覚は価値観が異なるとなかなか難しいのが現実と思います。残念なことだけど、
人間ってそういう生き物だし。
それは映画の中でのマリーのパートがそのまんまだったわけで。

>お兄さん
あはは、すっかり忘れてた(^^;
悪い人じゃないのだけどね。あの様子なら帰国したら仲直りですよ、たぶん(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/22 13:56

■migさん、こんにちはsun
ウハハ。イーストウッド×デーモン作品2作がイマイチを言われると、マット好きとしては寂しいかぎりです。
まあね、あれもこれも他の重厚な作品に比べると及ばずな印象は私もありますが。

にしても、自分好みじゃない作品のときってコメントとかちょっと難儀ですよね~(^^;
絶賛なら自分ひとりだけでも盛り上がれるのに(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/22 14:07

こんにちは。
「死」をどのように受け入れるかは、人それぞれに違うと思いますが、3人とも共感出来る部分がありました。
イーストウッド監督にとっても自身に問いかけている作品だったのかもしれません。

投稿: FREE TIME | 2011/02/23 09:05

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
そうですね、3人の気持ちがそれぞれに伝わってきて、特にマーカス君のところは切なくなりました。

生きる希望へと導いていくような優しい映画だったと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/24 13:36

こんにちは^^

大迫力の津波のシーンでは引き込まれましたー^^

観賞後、友人と話したり、他の方の感想を読んだりしてるとこの映画の事がよりわかるような気がしてきます。
たいむさんの感想読んでると、なるほど~って思うことが多く、新鮮な気持ちになれます^^
マーカス少年は切なくてウルウルでした。彼の目が本当に寂しそうで良かったです。

投稿: みすず | 2011/02/25 10:32

■みすずさん、こんにちはsun
なかなか難しい題材ですよね、こういうのは。
誰も確かめることができないから色々なイメージがあるわけで、互いを否定さえしなければ、個々がどうであれ私は良いと思います。

マーカス君には泣かされました。彼の登場のたびにウルっとしちゃったしweep

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/25 15:08

たいむさんこんばんはーー
やっと観てきました。
死後の世界って、自分の中ではまったく信じられないので、霊能者とかって、なんだか苦手。
もちろん、インチキばかりでないだろうけど、トランス状態になっているだけって気もするし。
でも、ドラマとして面白かったし、なにより、マーカスくんには泣かされました。

投稿: mariyon | 2011/02/27 21:37

■mariyonさん、こんにちはsun
そうそう、霊感とかそういうのは単なる繋がりとか切っ掛けでしかなく、基本は人間ドラマなんですよね。
誰だって臨死体験すれば、何かが視えたとかじゃなくても人生観がかわるかもしれないし、でも今生きてるんだから、ってお話だと思いました。
そういう意味では、マーカスくんがすっかり生きる意欲を失ってしまっていたのが痛々しかったし、独り立ち出来て良かったなってウルウルでしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/28 00:08

たいむさん、こんにちわ♪
そしてお久しぶりです…(汗)

「死んだ後のことは誰もわからない。死んだ後のことまで考えるのは時間の無駄」
と思ってる私はスピリチュアル系とか苦手。
なので、最初聞いたときは
「なんでイーストウッドがスピリチュアル系???」
と思ったんですが、観終わってみれば意外と『あり』でした。

マーカス君は健気でしたよね。
立ち直る前もウルウルでしたが、立ち直ってからもウルウルでした(笑)

またチョクチョク遊びに来るのでよろしくお願いします!

投稿: エミ | 2011/03/03 16:10

■エミさん、こんにちはsun
ごぶさた~~happy01
元気そうで、幸せそうでなによりですheart04

私もね、「なんでイーストウッドがスピリチュアル系???」って思いましたよー。でも開けてみれば、確かにそうなのだけど、いつもと変わらないイーストウッド節でしたよね。
マーカスくんがディケンズキャラっぽいってホントそうかも。彼の登場シーンはその都度ウルウルでしたよ、私も。

またちょこちょこ寄ってやってください!

投稿: たいむ(管理人) | 2011/03/03 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/50912162

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒア アフター」みた。:

» ヒア アフター [映画鑑賞★日記・・・]
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ... [続きを読む]

受信: 2011/02/19 16:48

» ヒア アフター [Akira's VOICE]
静かで前向きな物語。    [続きを読む]

受信: 2011/02/19 17:36

» 劇場鑑賞「ヒアアフター」 [日々“是”精進!]
「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ... [続きを読む]

受信: 2011/02/19 19:59

» 『ヒア アフター』 [こねたみっくす]
死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ... [続きを読む]

受信: 2011/02/19 20:25

» ヒア アフター [LOVE Cinemas 調布]
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランス、ジョージ、フランキー・マクラレン兄弟。... [続きを読む]

受信: 2011/02/19 20:39

» 「ヒア アフター」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ヒア アフター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック…... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 15:06

» 映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン...... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 19:35

» 映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン...... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 19:35

» ヒア・アフター Hereafter [映画!That' s Entertainment]
●「ヒアアフター Hereafter」 2010 アメリカ Warner Bros.Pictures,Malpaso Pro.,Amblin,129min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、    ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード他 <評価:★★★★★★★☆☆☆> <感想> 待ちに待ったイーストウッド監督作品。今回はちょっと嗜好... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 19:48

» ヒア アフター [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:マット・デイモン      セシル・ドゥ・フランス      フランキー・マクラレン      ジョージ・マク ... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 20:43

» 映画「ヒアアフター」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポットを当てたストーリーが展開されます。 1.インドネ... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 21:20

» 映画レビュー 「ヒア アフター」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
ヒア アフター  原題:Hereafter 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 クリント・イーストウッド監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。「死」から「生」の素晴らしさを3組のオム...... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 22:54

» ヒア アフター [心のままに映画の風景]
フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、バカンス先の東南アジアで津波に襲われ、九死に一生を得る。 霊能力者として活躍したアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)は、今はそ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/21 13:53

» ヒア アフター / Hereafter [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click イーストウッドにハズレなし!だったんだケド… 「硫黄島からの手紙」に続き、スピルバーグ製作総指揮で3度目タッグ。 原題「Hereafter」=来世。 死後に人はどうなる? マット・デイモンが霊...... [続きを読む]

受信: 2011/02/21 16:53

» 「ヒア アフター」 HEREAFTER [俺の明日はどっちだ]
・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染め...... [続きを読む]

受信: 2011/02/21 18:01

» 映画『ヒアアフター』 [健康への長い道]
 製作スティーヴン・スピルバーグ、脚本ピーター・モーガン(『フロスト×ニクソン』)。クリント・イーストウッド監督が音楽も担当した最新作『ヒアアフター』を、TOHOシネマズ梅田シアター9(旧OS劇場)にて鑑賞。 Story パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシ…... [続きを読む]

受信: 2011/02/21 21:34

» ヒア アフター・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...... [続きを読む]

受信: 2011/02/21 22:53

» 『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。 [23:30の雑記帳]
結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ... [続きを読む]

受信: 2011/02/22 00:55

» 『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! [映画のブログ]
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/22 07:27

» 人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』 [水曜日のシネマ日記]
生と死を身近に体験した人間の物語です。 [続きを読む]

受信: 2011/02/22 14:14

» 映画「ヒア アフター」 [FREE TIME]
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2011/02/22 21:05

» ヒア アフター / HEREAFTER [勝手に映画評]
齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津波を彷彿させますが、定かではありません。その後、物語中盤で、...... [続きを読む]

受信: 2011/02/22 22:47

» ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か〜?英語で言や〜Every Jack has his Jillや〜(笑) [労組書記長社労士のブログ]
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ〜って感じ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/22 23:32

» 「ヒアアフター」 [大吉!]
<水曜日> (2月23日・TOHOシネマズ・字幕版・12時35分〜・129分) <死>にまつわる不思議な体験で、人生が変わってしまった3人が、運命に引き寄せられるようにイギリスにやって来る。彼らの出会いが導き出した、真実とは―? 霊能力者のジョージ(...... [続きを読む]

受信: 2011/02/24 00:05

» 映画「ヒアアフター」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポットを当てたストーリーが展開されます。 1.インドネ... [続きを読む]

受信: 2011/02/24 00:32

» ヒアアフター [みすずりんりん放送局]
 『ヒアアフター』を観た。  【ストーリー】  突然の津波で死にかけたマリー(セシル・ドゥ・フランス)は臨死体験で不思議な光景を見た。  その光景が頭を離れないマリーは仕事も手につかなくなって...... [続きを読む]

受信: 2011/02/25 10:32

» ヒアアフター [幕張コーポ前]
めずらしくうまく書けたように思うけど、今度はネタが冴えない。両立は難しいです。俳優も監督も市長もこなしたクリント・イーストウッドは、バケモノですね。わたしも来世では頑張ろう。スピリチュアルな話なので、わたしもちょっと臨死体験するつもりが、うっかりウトウト... [続きを読む]

受信: 2011/02/27 17:05

» CGよりも人間ドラマ「ヒア アフター」 [茅kaya日記]
nbsp;社会への怒りを作品に込めてきたイーストウッド監督。が、今回、今までとはずいぶん違う題材。個人的には死後の世界と言うのはどうも苦手だが、津波のシーンをはじめ見どころ満載。それに、死後の世界が中心と言うわけでもなくさすがはイーストウッド監督、人間ドラマがよく描かれていた。... [続きを読む]

受信: 2011/02/27 21:37

» ヒア アフター(ネタバレあり) [エミの気紛れ日記]
どうも、エミです(・∀・)つ ここ2年ほど見た映画のコメントをまともに書いてませんでしたが、落ち着いてきたのでそろそろ書いてみたいと思います。 久々に書くのは大好きなクリン ... [続きを読む]

受信: 2011/03/03 14:39

» 「ヒアアフター」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者... [続きを読む]

受信: 2011/03/04 19:15

» ヒア アフター [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま...... [続きを読む]

受信: 2011/03/06 09:52

» No.244 ヒア アフター [気ままな映画生活]
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ... [続きを読む]

受信: 2011/03/10 23:04

» 映画「ヒア アフター」何より今が一番大切だということ [soramove]
「ヒア アフター」★★★☆ マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、 フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、 ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード出演 クリント・イーストウッド監督、129分、2011年2月19日公開 2010,アメリカ,ワーナー (原作:原題:HEREAFTER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 今日の午後、名古屋でも激しい揺れを伴う ... [続きを読む]

受信: 2011/03/12 17:29

» ヒアアフター/HEREAFTER [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ (マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー (セシル・ドゥ・フランス)、亡く...... [続きを読む]

受信: 2011/03/13 02:21

» ヒア アフター [だらだら無気力ブログ]
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ…... [続きを読む]

受信: 2011/03/13 11:34

» ヒア アフター [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  心にズシンとくるこの感動は一体何なのだろうか。淡々と流れるエンディングクレジットを観ながらも、どどまることのない涙が頬を伝って落ちてくる。これはもしかすると、人間の根源にかかわるテーマなのかもしれない。 またこの作品は、「人はどこから来てどこ... [続きを読む]

受信: 2011/03/14 16:05

» No.019 「ヒア アフター」(2010年 129分 シネスコ) [MOVIE KINGDOM ?]
監督 クリント・イーストウッド 出演 マット・デイモン    セシル・ドゥ・フランス     今のこの時期にこの映画の順番になってしまいました・・・ 3月10日の木曜にこの映画を見たんですが、オープニングの洪水のシーンのリアルな描写が凄まじく印象的だった...... [続きを読む]

受信: 2011/03/16 01:06

» 『ヒア アフター』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッドnbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp; □脚本 ピーター・モーガンnbsp;nbsp; □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フラ...... [続きを読む]

受信: 2011/03/18 12:30

» 『ヒア アフター』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ヒア アフター 』 (2010) 監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...... [続きを読む]

受信: 2011/04/24 13:02

» ヒア アフター [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ... [続きを読む]

受信: 2011/04/25 11:29

« 名探偵コナン71巻 | トップページ | 「ACE」かぁ。 »