« 「あしたのジョー」みた。 | トップページ | DVD「ゴーン・ベイビー・ゴーン」みた。 »

2011/02/13

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」みた。

Fox

出来ることならば、ED前に”その後”を少しでも入れて欲しかったなぁと思う。米軍士官を唸らせるだけの器量を持った大場大尉だけど、指揮官だったしちょっぴり心配しちゃった。だから帰宅して直ぐにググッってウィキっちゃったよhappy01
だから無事に帰国して、平成の世までしっかり存命していたと判って安心した。(あ、ネタバレかっ)

”フォックスと呼ばれた男”とは、帝国陸軍歩兵第18連隊所属:大場栄大尉とのことで、この映画は実在の人物と実話から、太平洋戦争の末期のサイパン島の、敗戦色が濃くなりはじめた時期から終戦までの約1年半が描かれている。
簡単にいうと、米軍の圧倒的戦力差をもってジリジリと追いつめられた日本兵と200人余りの民間人が密林に囲まれたタッポーチョ山を自然の籠城にして、投降を迫る米軍に苦戦を強い、最後の最後まで諦めることなく日本人の誇りを持って戦いを続けた、という話。その場の最高位が大場大尉であり、人望厚く慈悲深い有能な人物として敵味方に称えられている。
古今東西、戦場というものは意図の有無にかかわらずデマや噂が飛び交っているものらしい。彼らも、米軍は人食いで捕虜となったら最後、拷問が待っており辱めを受けた上に命は無いものだと信じていたクチで、それゆえに1年半も民間人を巻き込んで過酷な潜伏を続けてしまったというところはあったようだ。
とにかく日本人って頑なである半面、潔ぎ良すぎる面があるから(それが日本古来よりの武士の誇りというものかもしれないけれど)、玉砕だの自決だのを「まったく理解できん」とぼやきつつ、若干日本文化に精通している大尉に説明をさせる2人の米軍司令官の気持ちも分かる気がする。私でさえ、今となっては日本人はバカだよなぁーって思うもん。(将棋の駒を使った大尉の説明は的を射ていて良かった。戦争を知らない日本人にも、当時の日本人の行動原理の説明するものとしてとても分かりやすいと思うし)。

戦場が既に膠着状態となっていることからも、特に浮き沈みの少ない映画なのでどこといって評価しようがないというのが印象。悪くはないが、イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』と比べると全体的に薄いかなー。「歴史を知る」という部分は有効と思うけど。
けれど、身支度を整え、歌を歌いながら山を降りるという実話の再現したラストはグッときた。

総評:★★★++   好き度:★★★++   オススメ度:★★★++

久しぶりの本格戦争映画だからか、最近にない混雑ぶりにちょっとビックリ。関心があるのは良いことだけど。

|

« 「あしたのジョー」みた。 | トップページ | DVD「ゴーン・ベイビー・ゴーン」みた。 »

コメント

戦争映画ですけど、いわゆる戦争映画とは違いましたね。タイトルだけ観るとまるで大場大尉が僅かな兵士で米軍を翻弄しまくった、まるで三国志の軍師みたいなのを想像しちゃいますけど、別にそうでもなかったですし。
要は大場大尉の人としての素晴らしさを賞賛した作品で、いかに死ぬかを考える日本人の中にあって、いかに生きるかを考えていた人だったんじゃないかなと。
武士道精神が生きていた投降シーンに感動しました。crying

投稿: KLY | 2011/02/13 18:08

■KLYさん、こんにちはsun
そうそう、なんだか敵から”フォックス”ってあだ名される策士の話だと勘違いしちゃう副題ですよね。
偶然を引き寄せるのも実力のうちとは思うけれど、まぁなんとも謙虚なお人柄で、大場大尉と言う人は、誠実と愚直を兼ね合わせた印象です。
それに死に急ぐことはなかったけれど、死を惜しんでもいないようにも思え、また生き意地が汚いワケでもなく、私としては「いかに生きるかを考えていた」というよりは「死に方は正しく」と考えて生き続けようとしていたように映りました。

しかし、ほんと大場大尉を賞賛する話でしたね。彼自身「自分は英雄でもなんでもない」的発言をするところがまた株をあげるというか・・・。ハハハ。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/13 19:16

たいむさん、こんばんはーー
大場大尉は軍事裁判にでもかけられたのか?って、同じく帰ってから検索しました。平成まで生きていらしたことを知って驚きました。
狭い社会の中で、人の命の生殺与奪権を持つってその重責はとんでもない。民間人に自決の道をとらせた指揮官もいたろうし、なにより、彼くらいの上官の場合、戦犯として処刑されるかもしれない。
大場大尉は素晴らしい人間だったと思います。

投稿: mariyon | 2011/02/15 19:45

私も硫黄島2部作と比べると薄いと感じましたが、冷静に考えてみたらこの映画は2つの視点を1本の映画にまとめようとしているから、そう思えてしまうのかも知れませんね。
でもこういう方がいらっしゃったということを日本人として知れたことは非常に意義のあることだと思いましたよ。

投稿: にゃむばなな | 2011/02/15 21:28

■mariyonさん、こんにちはsun
後日談がなかったのは、大場さんが実業家&政治家になっちゃったからかなぁ~ってウィキみて思いましたが、軍事裁判とか戦犯とかは気になるところで、そこんところくらいは触れてほしかったですね。

私も大場大尉は尊敬に値する人物で、人として正しく生きることを望んでいた方だと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/16 19:53

■にゃむばななさん、こんにちはsun
大場大尉とルイス大尉、2人いましたからねー。
悲惨な戦争の中でも、悪い面ばかりではなく、きちんと仕事をしていた高官もいたワケで、そうした人物を扱った作品は見応えがありますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/16 19:56

私も大場大尉のその後をちゃんと描写して欲しいと思いました。もしかして「戦犯」扱いされてしまったのでは?と不安になったので、ネットで調べて日本の地で余生を送れたと知り安心した口です。

予告編やタイトルと内容がちょっと合っていないようにも感じまして、想像とは違った内容に最初こそは戸惑いましたが、大場はじめそれぞれの時折みせる凄まじい表情に胸を打たれました。

投稿: ななんぼ | 2011/02/16 22:11

■ななんぼさん、こんにちはsun
実話をもとにしている作品の場合、最近はその後を入れてくれることが多いし、最後まで待っていたのになくってガッカリしました。
なんでもかんでも「戦犯」扱いにならないだろうとは思うけれど、『私は貝になりたい』なんかを思うとちょっとしたことでも危ういって思うし、心配しちゃいましたよね。

私もイメージの違いに戸惑いましたが、軌道修正してしっかり大場を見届けた感じでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/17 19:02

こんばんは。

サイパンの戦いという極限状態を舞台にして、当時の日本人の姿が丁寧に描かれていましたね。若干地味な感じもしましたが、そこがまた日本映画らしくて良かったと思います。
ただ、お客さんの年齢層が非常に高くて、劇場には若者がほとんどいなかったのが気になりました。こういう映画こそ若者に観て欲しいのに。

投稿: えめきん | 2011/02/17 22:55

■えきめんさん、こんにちはsun
そうなんですよねー。年配の夫婦づれとかがやたらにおおくって「年齢層高かいなぁー」って思ってました。でも、連休だったし若いカップルもチラチラいましたよ。
それ以前に、予想外に混んでいたのにビックリでした。いつもどおり余裕ぶっこいて5分前に行ったら、前列しかあいてないって言われて、翌日に回してしまいましたから~(^^;
私が言うのもヘンですが、戦争映画が満員御礼はなんか嬉しいです。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/17 23:08

こんばんは。
日米両国の視点で描かれた戦争映画でしたが、将棋の駒を使った説明や、「天皇陛下万歳」と言いながら自決するシーンなど当時の様子が伝わってくる映画でした。
やはり戦争なんてするものではありません(><

投稿: FREE TIME | 2011/02/19 20:44

私もエンディングに後日談が欲しかったです。
あのラストも良かったのですが、
過去の戦争映画は必ず入っていたような気がしますね。

投稿: BROOK | 2011/02/20 13:57

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
戦争というよりは携わった人間の器量を中心にあがかれていたと思います。これまでの戦争映画とは少し違ったアプローチで良かったですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/21 18:35

■BROOKさん、こんにちはsun
後日談、欲しかったですよね。架空の人物じゃないのだし。
でも、直後?に「奇跡体験アンビリバボー」で思いっきり補完出来ました。
映画では妻子のことはほとんど触れられていなかったけれど、ものすごい愛妻家だったようですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/21 18:38

初めまして。
「太平洋の奇跡」は、あちらこちらで大変いい評価を得ているようですが、でも僕はツッコミが今ひとつあまいように感じました。
確かに、エンターテイメントとしてはとても面白いのですが、なぜ大場大尉以下47名が、玉砕を拒んで1年半ものジャングルにひそんだのかーなど、今ひとつ深く描写していないように思います。
詳しくは、ブログに批評をしていますのでそちらをー。
http://com21.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: ひなたぼっこ | 2011/03/02 17:25

■ひなたぼっこさん、こんにちはsun
評価は人それですから。
日本人もそれぞれ。すべての日本人が「天皇陛下万歳!」って死にたいと思っていたわけじゃないでしょうしね。
大場大尉も頑な任務を全うしようとしたのだと私は感じました。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/03/03 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/50858520

この記事へのトラックバック一覧です: 「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」みた。:

» 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- [LOVE Cinemas 調布]
太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャストがそろう。監督は『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸。アメリカ兵メインのシーンはUS監督のチェリン・グラックが演出した。... [続きを読む]

受信: 2011/02/13 18:04

» 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、トリート・ウィリ…... [続きを読む]

受信: 2011/02/14 10:43

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォックス)率いる47人の日本兵達の物語。 元アメリカ海兵隊のドン・ジョーンズがまとめた長編実録小説『タッポ... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 02:15

» 太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男 とにかく生きるのだ・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=12 -3-】 大阪〜阪神地区を午後、仕事でウロウロしていたが、すごく雪が降ってビックリ! このまま降り続けたら、明日の朝までに数メートルの積雪にでもなるのではないかとびびったけど、夕方にはすっかり融けたようだ、とにかく大袈裟だ、関西人。  1944年、太平...... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 10:25

» 静かな戦争映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 [茅kaya日記]
nbsp;サイパン島での戦い。大昔、サイパンに行ったときに、現地のガイドに人が話してくれたっけ?でも、大場大尉の話は聞かなかったような気がする。 自分の所属していた師団が壊滅したあとも、大場隊は残った兵とタポーチョ山でゲリラ化してアメリカ軍と戦う。その巧妙な戦方法にアメリカ軍からも「フォックス」と呼ばれたと言う大場大尉。戦争映画はなんだか、とっても不毛な気持ちが残ってなかなか観に行く気にならないのだが、山田くんも見たかったので頑張ってみてきた。... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 19:45

» 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは? [映画のブログ]
 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。  この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 19:45

» 『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』 [こねたみっくす]
これは大場栄大尉の軍人としての戦績を描いた映画ではなく、人としての功績を描いた映画。 それゆえに戦争映画としては物足りなさを感じるものの、人間ドラマとしてはさらに奥深 ... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 21:28

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」日本人は何処へ向かってきたのか [soramove]
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」★★★☆ 竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、 山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳出演 平山秀幸監督、128分、2011年2月11日公開 日本,東宝 (原作:原題:太平洋の奇跡)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「太平洋戦争時のサイパン島で、 わずかな兵力で米軍に抵抗を続けた 大場栄大尉率いる日本人将校たち。 決して自ら降伏はし... [続きを読む]

受信: 2011/02/16 07:31

» 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  太平洋戦争の末期、サイパン島で実に500日に亘って、米軍にゲリラ戦を仕掛けていた大場栄大尉たちの実話を映画化したものである。大場大尉は僅か47人の兵士を引き連れ、4万人以上の米軍を翻弄し続けたという。そのために彼は、米軍からフォックスと恐れられ... [続きを読む]

受信: 2011/02/16 17:16

» 映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』劇場鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 先日、映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』を観て来ました。この作品は、去年の11月だったかな?『十三人の刺客』を観に行った時に予告編を初めて観まして、久しぶりに予告だけで「観てみたい!」...... [続きを読む]

受信: 2011/02/16 21:50

» 劇場鑑賞「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれ... [日々“是”精進!]
「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉... [続きを読む]

受信: 2011/02/19 19:59

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 [FREE TIME]
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011/02/19 20:44

» ほんの少し勇気があれば・・・。『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』 [水曜日のシネマ日記]
太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に日本人大場栄大尉の実話を映画化した作品です。 [続きを読む]

受信: 2011/02/20 09:21

» 映画<太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−> [美味−BIMI−]
歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」 nbsp; <太平洋の奇跡−フォ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/20 14:24

» 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル、中嶋朋子、板尾創路、光石 研、近藤芳正、酒井敏也、阿部サダヲ■鑑賞日 2月14日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 案の定、かなり客層の年齢層は高かったが、通常のロードショーでエンドロール後に... [続きを読む]

受信: 2011/02/23 08:38

» 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- [だらだら無気力ブログ]
太平洋戦争末期、激戦地となったサイパン島で部隊が壊滅した後も、残存する 47人の兵士を率いてアメリカ軍に立ち向かいながら200人ちかい民間人を守り、 アメリカ軍からフォックスとして恐れられた日本陸軍・大場栄大尉の実話を 元アメリカ兵ドン・ジョーンズの著作をも…... [続きを読む]

受信: 2011/02/23 22:53

» 太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男− [to Heart]
生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/井...... [続きを読む]

受信: 2011/02/25 22:27

» 太平洋の奇跡 (上) [WEBLOG:e97h0017]
本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本人にとって「反戦」というテーマで映画を作る... [続きを読む]

受信: 2011/03/02 10:17

» 太平洋の奇跡 (下) [WEBLOG:e97h0017]
本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないようにする配慮によるものということになると思います。本作が日米双方の視点で描かれて... [続きを読む]

受信: 2011/03/02 10:19

» フォックスと呼べる男・竹野内豊 [美容師は見た…]
『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』で、実在した大場大尉を演じた竹野内くんは、本当に見事に魅せてくれました。竹野内ファンでもあり、若い頃のイケメンな彼を思い返すと、こんな役を演じるようになったんだな~って感慨深くて…恋愛ものに萌え~だったあの頃が懐かし... [続きを読む]

受信: 2011/03/03 13:35

» 「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐... [狂人ブログ ~旅立ち~]
 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世... [続きを読む]

受信: 2011/03/15 21:44

» 太平洋の奇跡 [映画的・絵画的・音楽的]
 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うのでは...... [続きを読む]

受信: 2011/03/19 21:44

» 映画:太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 [よしなしごと]
 すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2011/04/29 00:39

« 「あしたのジョー」みた。 | トップページ | DVD「ゴーン・ベイビー・ゴーン」みた。 »