« 「RED/レッド」みた。 | トップページ | 『劇場版「空の境界」Blu-ra​y Disc BOX』にびっくり。 »

2011/01/31

「GANTZ」みた。

Gantz

これは原作が凄く良く作り込まれているんだろうなぁ、という印象。原作を読んだことはなく、実は松山くんと二宮くんを観に行ったようなものなのだけど、思いの外内容に引き込まれてしまい観ている内から「これは続きが観たいぞ!」と思ってしまった。そしたら最初から2部作が予定されていたのだね。しかもパート2は4月23日と公開日も決定しているとのこと。「え?なんで?」というラストシーンでもあり、4月がとても待ち遠しく思った。

簡単に言えば、死んだはずの人間が”GANTZ”によってとあるマンションの一室に(文字通り)転送され、同時に集められた同じ境遇の数人が「宇宙人?退治ゲーム」に強制参加させられる、というだけのお話。しかし、どうしてどうしてルールがなかなかぶっ飛んでいて面白い。どうせお前は死んだ身なのだからその身体を勝手に使わせてもらうよって無茶苦茶な前提は極めて理不尽なのだけど、それでもあわよくば死んだことが取り消しに出来る(生き返る)可能性も無きにしも非ずであり、イメージとしては三途の川を渡る手前で敗者復活戦を延々行っている感じだろうか。とにかくいろいろな意味でスゴイと思った。
基本的にSFアクション作品なので何でもアリ。本当に死なない限り何度でも再生を繰り返す等何が起こっても不思議はないので、そういうものだと深く考えないのが一番良さそう。面白いのはまったくの異空間に転送されているようでいて、実はゲームのフィールドは現実世界そのもので、思い切り物理的に干渉してしっかり痕跡を残すというところ。にもかかわらずまったく目撃者がいない事に疑問が残るが、おそらくそれにも何らかの理由があるはず。(駐車場の近隣マンションには電灯が点いた部屋が幾つもあったからまったく無人世界でもなさそうで、例えば切り取られた刹那の時間の中で戦っているとか、でなければ現実の世界の人には見えない聞こえないといった都合のよい設定が妥当なところ?彼らを一度死んだ人間と仮定すれば幽霊は一般的に視えないものだし、ポルダーガイスト現象と考えると分かりやすそう)。今回はそうした事実を垣間見せた程度だったが、続編では異変に気が付いた現実サイドの人間によって謎解きされるのではないかと推測する。(ラストには何かを知っていそうな人が出てきてたし、死んだハズの彼もどうなっているんだか)。
バトルは様々なパターンがあって面白かった。でもメカ系・石像系の無機質なナントカ星人なら戦いやすそうだけど、ネギ星人みたいな生物系は少しキツイ。この先あまりヘビーなことにならなきゃいいけどって思う。(続編ではターゲットが人間(元仲間?)になりそうな気配で、逆にありがちな展開になっちゃいそうだけど)。

とにかく何も知らないものだから、久しぶりにアレコレ考えを巡らせるのがちょっと楽しい。でも的外れなのは癪だし、気になるから原作を大人買いしてしまおうかと心が動いたが、検索したら既に30巻もあると言うので断念。(作画がキレイなのはポイント高いのだけど、さすがに30巻はキツイ)。このままネタばれ無しで4月を待ちたいと思う。

総評:★★★★    好き度:★★★★   オススメ度:★★★★

それにしても、虫の息でも残っていれば再生できるって知っているのだから、誰かが倒されても感傷に浸ってないで敵を倒すのを優先したらどう?と何度思ったことか。こういうところは(見せ場は解るけど)ちょっとイラっとするのよね。

|

« 「RED/レッド」みた。 | トップページ | 『劇場版「空の境界」Blu-ra​y Disc BOX』にびっくり。 »

コメント

世界観はたいむさんの解釈で正解です。現実世界とこの世界は重なって存在してます。だから敵の攻撃で、呼び寄せられた人間以外も当然死にます。もっとも、最初のうちは人が出てこないんですが、連載が続く中では真昼間に渋谷のど真ん中で戦ったりもします。(笑)

前編は凄くこの世界観を大切に、忠実に描いたと思いますが、後編はオリジナルなんだとか。実際山田くんの役は原作にはないですし。そういう意味で原作ファンの私としても新鮮に楽しみだったりします^^

投稿: KLY | 2011/01/31 23:03

■KLYさん、こんにちはsun
KLYさんは原作を読んでいるのですね(^^)
概ね解釈があっているとのことで良かったです。
実際、読者が忠実に描いていたと感じているくらいだから、初心者が映画を見てそこそこ理解できるくらいまで丁寧に描かれていたということですね。

それにしても、本当は現実に人間にも影響するんですね~。予告編ではチラッと大学の彼女が絡んでいたように見えたので、もしかしたらとも思ったのですが・・・。いやはや渋谷でドンパチとは恐いですね。巻き込まれたら死んじゃうのかな?やっぱ(^^;

後編も山田くんもオリジナルですか!
30巻もあっては当然2部作では収まりませんよねぇ(笑)
やはり原作は読むのを止めよう(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/01/31 23:21

こんにちは。

後半、どうなるんでしょうね。
登場人物が多彩になる分、
普通の映画になっちゃうのもつまらない気も。
予告でちょっと覗けた
吉高由里子のニヤリ笑いが気になります。

投稿: えい | 2011/02/01 09:09

私も主演2人を目当てに観に行ったようなもんなんですが、まぁ良かったけれど・・・
あの星人たちに引きました^^;
というか気が抜けたというか。
ま、後編は面白くなりそうなので楽しみにしてます。

投稿: yukarin | 2011/02/01 12:49

■えいさん、こんにちはsun
そうですねー。
面白い設定なのだけど、人間模様がフツーな感じになりそうな気配もあるので、頑張ってほしいところです。

>吉高由里子のニヤリ笑い
なにか意味深ですよね~。私も要チャックでしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/01 19:07

■yukarinさん、こんにちはsun
ナントカ星人とか、人をおちょくるような展開はいかにも青少年向けのマンガという感じで、私は腑に落ちた感じ。
にしても、「田中星人」ってギャクは世代を感じませんか?(^^;
今の子たちは面白がるだけで、意味不明だと思うんだけどー。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/01 19:10

たいむさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

最初のネギ星人との戦いでも大体分かるのですが、ガンツの世界って酷な描写も何かと容赦ありませんので、銃で体が爆裂したり血の表現がたくさん出て来るといった場面は、個人的に漫画の方よりも生々しくて顔が引きつってしまいましたcoldsweats02本当にPG-12で良かったんでしょうかね~?(汗

でもそういったバイオレンスな部分も含め、完コピと思えるほど忠実な星人や、1着50万円とか言われてるガンツスーツなどなど、ファンの人達がもっとも重要視するであろう再現度に到っては自分は太鼓判押したいですね♪
登場キャラクターと出演者の酷似性に関しては今一つなのもありましたが、けどこれって多分激似キャラのオンパレードだった『20世紀少年』の印象が強いせいなのかもしれませんねぇ~?^^;

だけど卑怯な西くんを演じてた奏多くんはかなり似てましたw

投稿: メビウス | 2011/02/01 21:08

広告を見て鼻の下を伸ばしているニノにGJ!です。
そんなニノを応援するためにも後編も絶対に見ます!

投稿: にゃむばなな | 2011/02/01 21:25

たいむさん、こんばんは♪
たいむさんもニノと松ケン目当てでしたか!
私と同じ目的で嬉しいな(笑)←そこ喜ぶ?(笑)
お目当ての二人は勿論良かったのですが、お話も
面白かったですよね^^
私も、なぜ?どうして???って興味が持続、
この世界観に惹き込まれて行きました♪
主人も子どもも原作既読ですが、人から借りて読んだ
とのことで、手元にありません(^_^;)
30巻ですか!う~ん(^^;私も大人買できない(笑)
それに、原作はかなりのエログロだと言うし(^^;
私も4月公開の続編を楽しみに待ちたいと思います!

確かに見せ場はわかりますが、私もイラッと(笑)
しましたσ(^◇^;)

投稿: ひろちゃん | 2011/02/01 21:38

こんばんは!
機会があって読みはしましたがどちらかというと苦手な作品。
今回実は無事楽しく見れてほっとしました(笑)
今後どの星人で勝負するのか?でグロさは変わってくるとは思うけど・・。
たいむさん予測通り?2部は グロさとともに心情を・・
エグってくる事と思います。
原作終了してないのが気がかりですが納得できるENDを望みたいですーwink

投稿: くろねこ | 2011/02/02 02:15

■メビウスさん、こんにちはsun
敵を倒すってイコール殺し合いですもんね。R-12の配慮はあってしかりと思うけれど、作風も大事だし、加減は難しいですね。
けれど、メビウスさんはじめ原作ファンにもソコソコ受け入れられるモノになっているとのことなので、成功の類と思って良さそう?

「20世紀少年」は稀な例と思いますよー。
なんであれ、続きが楽しみになるだけの作品だったと思いましたよん(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/02 15:10

■にゃむばななさん、こんにちはsun
>鼻の下を伸ばしているニノ
なんとなく玄野の正確がつかみにくかったのだけど、アレで基本スケベなのだと分かりました(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/02 15:11

■ひろちゃん、こんにちはsun
旦那さまも息子さんズ?も読んでいるのですね~
おおむね男性向けの作品って印象ですよね。でも、レンタルショップでチラと見たら絵がキレイなので、女性ファンも少なくないかと思っていました。

続きはとても楽しみだけど、見た直後よりはテンションダウンかな?
こーゆーのって勢いですよね、勢い(笑)
だから、間延びするような部分はイラっとしちゃうのかも。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/02 15:15

■くろねこさん、こんにちはsun
私も見てから得意分野じゃないってちょっと思いましたよ(^^;
でも拒絶反応は出なかったし、逆に面白く見られて良かったです。ただ不気味で色々なタイプの星人と戦っているだけじゃワンパターンですもんね。人間模様とか謎解きがしっかりしていてこその人気作品と思います。
なにやら原作とは離れたオリジナルな展開が用意されている続編というし、

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/02 15:23

前篇はもうどんどん謎が深まって行って
がっつり引きこまれましたが、
後編でこの期待を裏切らないでほしい~~って
思っています。
ニノケンなので、興業的には大丈夫だとは思うけど
邦画もここまで来たかと思える、CGや小物(スーツとか)には感服でした。
後編、期待します!

投稿: mariyon | 2011/02/02 23:24

■mariyonさん、こんにちはsun
鑑賞直後は謎めいた作りに興奮が先立って、演出で感じていたツッコミのアレコレはあまり気にならなかったのだけど、後編ではそのあたりが修正されていると良いなって思い始めてます。
とにかく時間(一分一秒)の長さが都合よくマチマチなのが気になります。

キャストと小道具と世界観はOKですもんね。頑張って欲しいですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/03 11:43

意外に無難な作りで、「原作を知らない人への入門編」という印象でした。原作を読んでいると、原作以上の驚きは流石にありませんでしたね。

和製SFアクションとしてはよく出来ていたと思います。GANTZスーツやXガンも格好よく映像化されていて満足です。人間同士の戦いとかも観たかったですが、それは次回のお楽しみですかね。

投稿: えめきん | 2011/02/05 09:20

■えきめんさん、こんにちはsun
>人間同士の戦い
私はそっちがあんまり見たくないかなぁ。
気持ちの上でキレイごとばっかりになるのもイヤだし、人間のエゴを見せつけられてばかりなのも気が滅入るし。。

あっと驚く世界観の種明かしを楽しみにしています。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/05 15:10

かなり良いところで終わってしまった前編・・・
これは後編を観てから、評価したいですね。
謎ひっぱりが多いので、全て明かされれば良いのですが。

投稿: BROOK | 2011/02/09 13:10

■BROOKさん、こんにちはsun
そうですよね~
前半の感じはおおむね良かったとは思うのだけど、完結していない段階では作品としては評価保留ですよね。
謎解きが楽しみです。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/10 11:34

TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。

投稿: シムウナ | 2011/02/13 13:43

■シムウナさん、こんにちはsun
やっとPART2の予告編を見ましたー。
「完璧な答え」明かされますかね~
期待ですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2011/02/20 10:52

今なら単行本ではなく、映画原作部分を1000P×3冊にまとめたB5版の廉価版も出ています。これは大きくて安くておすすめです(大阪編をまとめたGANTZ/OSAKAというのも3冊出てますのでお間違いないようご注意を…)

投稿: inuneko | 2011/03/21 00:07

■inunekoさん、こんにちはsun
情報ありがとうございます。
PART2の公開もだんだん近くなってきましたし、ここまできたらネタばれなしで映画を楽しむ予定です。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/03/21 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/50741526

この記事へのトラックバック一覧です: 「GANTZ」みた。:

» GANTZ [LOVE Cinemas 調布]
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。監督は『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』の佐藤信介。脚本を「20世紀少年」シリーズの渡辺雄介が務めている。... [続きを読む]

受信: 2011/01/31 23:00

» 『GANTZ』 [ラムの大通り]
※『PART2』の大胆予測もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----あらら。これもコミックの映画化だ。 「残された最後のカリスマ漫画」。 また、大きく出たもんだニャあ…。 「う〜ん。 漫画は、その多くが若い人をターゲットに...... [続きを読む]

受信: 2011/02/01 09:04

» GANTZ 前編 [Akira's VOICE]
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!!   [続きを読む]

受信: 2011/02/01 10:39

» GANTZ [映画鑑賞★日記・・・]
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ... [続きを読む]

受信: 2011/02/01 12:47

» GANTZ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】佐藤信介 【出演】二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/千阪健介/白石隼也/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 【公開日】2011/1.29 【製作】日本 【ストーリー】 幼馴染の...... [続きを読む]

受信: 2011/02/01 21:08

» 『GANTZ』 [こねたみっくす]
俳優・二宮和也の百面相を見るだけでも十分な映画でした。 原作が持っているエログロな雰囲気は後半には完全失速、人間ドラマも薄っぺらいなどマイナス要素が満載でも、アクショ ... [続きを読む]

受信: 2011/02/01 21:32

» ★GANTZ(2010)★ [CinemaCollection]
なぜ、戦うのか──。上映時間130分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2011/01/29ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】独創的にして謎に満ちたストーリー展開... [続きを読む]

受信: 2011/02/01 21:40

» 映画「GANTZ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された作品です。 作中では「肉体や血が飛び散る」的スプ... [続きを読む]

受信: 2011/02/01 22:12

» 「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!  就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄の駅で幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)と再会。線路に転落した酔っ払いを助けようとした加藤に手を貸した玄野だったが、2人とも走ってきた電車に轢かれてしまう。しかし次の瞬間2人は... [続きを読む]

受信: 2011/02/02 00:43

» GANTZ [★ Shaberiba ]
2部も見たいと思えたので「よし!」ですー(笑) [続きを読む]

受信: 2011/02/02 01:47

» 後編が楽しみ!!!!!!「GANTZ」 [茅kaya日記]
nbsp;嵐のニノと松ケン、いやぁ〜〜これは目福。2人のコスプレも楽しみだったけど、ほんとうは山田孝之目当て(笑)。ところが、一緒に映画にいった松ケンファンのお友達、彼女は、試写会で観ていて、「山田君って出てなかったよ、最後にほんの一瞬、後編で活躍するんじゃないかな?」と、衝撃の一言(-_-;)え〜〜!!!!!!だって、予告も出てたしぃ〜〜キャスティングにもきちんと名前があるのに、前篇に出番なし????\(゜ロ\)(/ロ゜)/... [続きを読む]

受信: 2011/02/02 23:24

» [映画『GANTZ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆さて、朝一で観てきましたよ^^  原作もいちお読み込んでいる作品なので、邦画のSF表現技術の限界ゆえに、各シーンに、独特の世界観を再現するのにちゃちさが感じられるであろうことはしょうがないと覚悟しつつ、  「誰も指摘しないけど、タイトルの由来は『ロボ...... [続きを読む]

受信: 2011/02/03 23:22

» 『GANTZ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 GANTZ 』 (2011) 監  督 :佐藤信介キャスト :二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、落合扶樹、土平...... [続きを読む]

受信: 2011/02/04 01:45

» GANTZ [to Heart]
製作年度 2010年 上映時間 130分 PG12 原作 奥浩哉 脚本 渡辺雄介 音楽 川井憲次 監督 佐藤信介 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之 欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像...... [続きを読む]

受信: 2011/02/04 22:02

» 『GANTZ』 | 松山ケンイチの傑出した存在感と演技力。 [23:30の雑記帳]
松山ケンイチにとって日本というフィールドは すでに狭すぎるようです。 他の共演者がかすんで見えるほど、 その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって 見る者に迫ってきま ... [続きを読む]

受信: 2011/02/05 00:15

» GANTZ [5125年映画の旅]
線路に転落した人を助けようとして列車に引かれた幼馴染の玄野と加藤。次の瞬間、二人は巨大な球体が置いてあるマンションの一室にいた。同じように、死んだ瞬間に転送され部屋に ... [続きを読む]

受信: 2011/02/05 09:10

» 映画:GANTZ [よしなしごと]
 原作は知らないのですが、松山ケンイチと二宮和也というキャスティングに惹かれて観ることに。僕が男性俳優に惹かれて観ることにしたという映画はこれが初めてかも。GANTZです。 [続きを読む]

受信: 2011/02/06 13:12

» 「GANTZ」 存在意義を見つける戦い [はらやんの映画徒然草]
例によって原作未読ですが、「GANTZ」を観てきました。 よく考えたら今年に入っ [続きを読む]

受信: 2011/02/06 13:43

» 『GANTZ』 このスーツを見よ! [映画のブログ]
 映画の楽しみの一つは、エンドクレジットだろう。そこには、他では得られない情報や種明かしがある。  エンドクレジットを見れば、公式サイトをはじめとした宣伝では紹介していないけれど実は有名俳優が...... [続きを読む]

受信: 2011/02/08 01:04

» 『GANTZ』 [だらだら無気力ブログ]
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝撃のSFサスペンス・アクション。 2部作として製…... [続きを読む]

受信: 2011/02/08 01:06

» シネトーク51『GANTZ』●もっと“ガツン”とやってほちかったデつ []
映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク シアター51/『GANTZ』の回 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 脚本:渡辺雄介 音楽:川井憲次 出演:二宮和也/松山ケン... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 03:45

» GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ [労組書記長社労士のブログ]
【=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん〜(ノ_<。)ビェェン 日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、むかしはレバンだった、なかなかいい施設だった〜v(o ̄∇ ̄...... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 09:57

» 映画「GANTZ(part1)」〜フリーター、星人と戦う。 [子育てパパBookTrek(P-8823)]
映画「GANTZ(part1)」を観てきました。 田中星人との戦いなど、それなりに面白いけど、映画版『デス・ノート』や映画版『20世紀少年』には負けてるかな・・・。 駄作とまでは言わないけど、驚くほど...... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 11:38

» 劇場鑑賞「GANTZ」 [日々“是”精進!]
「GANTZ」を鑑賞してきました独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也... [続きを読む]

受信: 2011/02/09 13:08

» 「GANTZ」 [大吉!]
<木曜日> (11年2月9日・TOHOシネマズ・10時〜・130分) 就活中の大学生・玄野(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤(松山ケンイチ)を見かける。 正義感の強い加藤は線路に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に電車に轢か...... [続きを読む]

受信: 2011/02/10 23:24

» 映画「GANTZ」 [FREE TIME]
話題の映画「GANTZ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2011/02/12 23:05

» No.238 GANTZ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ... [続きを読む]

受信: 2011/02/13 11:05

» 映画レビュー 「GANTZ」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
GANTZ 【公式サイト】  【allcinema】 ご存じ、奥浩哉原作のコミックスの映画化。2部構成の今回は1部目。就職活動中の玄野計(二宮和也)は、小学校の同級生だった加藤勝(松山ケンイチ)を地下鉄...... [続きを読む]

受信: 2011/02/15 01:35

» GANTZ 評価:★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2011/02/15 21:15

» 今どき人気コミックの主流?『GANTZ』 [水曜日のシネマ日記]
人気コミックを前・後編の2部作で実写版映像化したSFアクション映画です。 [続きを読む]

受信: 2011/02/19 11:12

» 映画「GANTZ」前半絶好調、でも後半に大失速 [soramove]
「GANTZ」★★★ 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、 夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、 白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ出演 佐藤信介監督、121分、2011年1月29日公開 2010,日本,東宝 (原作:原題:GANTZ)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「黒いコスプレ衣装の二宮和也と松山ケンイチを見て、 何で今更この二人こんな映画に出るんだろう? 緊張... [続きを読む]

受信: 2011/03/01 07:43

» GANTZ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
あった~らしい朝がきた♪希望のあっさ~~だ・・・能天気な歌声なのに、このシチュエーションで聴くと不気味さが増します、、、GANTZと呼ばれる黒い球体に召喚されたのは死んだばかりの人間たちだった。指示されたミッションをクリアし、得点を重ねていって100点になったら◆... [続きを読む]

受信: 2011/04/03 00:28

« 「RED/レッド」みた。 | トップページ | 『劇場版「空の境界」Blu-ra​y Disc BOX』にびっくり。 »