« 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(字幕版)」みた。 | トップページ | 「フルメタル・パニック!」長編シリーズ読了。 »

2010/11/20

「レオニー」みた。

Leonie

100年前の明治時代、まだまだ未熟な日本を訪れたひとりのアメリカ人女性:レオニーの半生が描かれた作品。
ニューヨークで出会った日本人男性と愛し合い、子を授かった矢先”戦争”を切っ掛けにレオニーの人生は波乱に満ち始める。自分の信念を貫き通す人生を選択したレオニー。
身勝手な男と頑なな女。私にとってはなんとなく居心地の良くない映画だったかもしれない。

世界でもようやく女性の権利が認められ、仕事をすることが一般的になってきた時代。レオニーを育てた母親も娘が1人でも生きていけるように育て、教育を受けさせた強き女性と思うが、その通りに育ったレオニーは筋金入りと感じた。
ただ、いつの時代でも賢すぎて自己主張する女は可愛がられない。そうした媚びない女は決して自分の意志を曲げないし、決して後ろを振り返らず前に進むだけの人生を歩もうとする。
何年も日本に暮らしながら日本語を学ぼうとしなかったのも意志の現れだろうし(自己防衛もあっただろうが)、息子を芸術の道に引き戻したのも彼女の審美眼による強い希望の現れと感じた。

ロマンティストで明治男らしいエゴイストだった野口米次郎の信じられないくらいの豹変っプリがかみ合わずイラッとくるが、一生涯ひとりの女”レオニー”として生き続けた彼女にもどことなく不愉快さを感じた私。なんでかなぁ、良く分からないのだけど、私は”偉大なる母の愛情”っぽいイメージを予告編で持っていたのと、強き女性の内にある”人間らしさ”を期待していたような気がするからだろうか。

音楽は良く合っているし、移り変わる風景も素晴らしかったが、私の求めていたものとはちょっと違った、そんな感じだった。

総評:★★★++    好き度:★★★+    オススメ度:★★★+

|

« 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(字幕版)」みた。 | トップページ | 「フルメタル・パニック!」長編シリーズ読了。 »

コメント

こんな昔にシングルマザーで、しかも、アメリカ人が日本でハーフの子供を育てようとするなんて、それだけで無謀な話。田舎では好奇の視線にさらされたろうけど、何物にも負けない強い意志を持つレオニー。素晴らしいと思います。感動もしましたが、自分の母が、もしくは子供がこういう人間だったら、つきあえないと思いました。茅ヶ崎で公開してないのが返す返すも残念です。

投稿: mariyon | 2010/11/21 00:02

こんばんは。

たいむさんと殆ど同じ印象です。
ホント、居心地が良くないって、適切だわ(笑)
私も肌に合わない映画でした。
当時、日本人との間に子供をもうけ、慣れない地で暮らしただけでも発展的だと思いましたが、それ以外は無感情の私でした(苦笑)

投稿: オリーブリー | 2010/11/21 17:03

■mariyonさん、こんにちはsun
実に無茶で無謀だと私も思いましたが、どこまでも毅然として何事も屈しない姿は凄いと思いました。
でもねー、私も同じく受け入れがたいですね。

「奥さまは何故坊ちゃんを連れて国に帰らないのですか?」ってキクさんの言葉が一番まっとうに聞こえました。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/11/21 19:44

■オリーブリーさん、こんにちはsun
なんだかホッとしました。
「レオニー」を支える会?か何かの活動をTVでちらと見たのですが絶賛というか陶酔というかだったもので、私が斜めに見過ぎているのかなーとか思っていたので。

頑張りは認めるのだけど、そこまでしなくてもと、なんだか他人事でしかないお話でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/11/21 19:47

こんにちは。

ぼくは共感はもちろん(?)しませんが、
こんな人もいるんだと、
そういうのを驚きと共に見るのは
オモシロいと思う方です。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』とか
もうすぐ公開される『ソーシャル・ネットワーク』のような、
“モンスター”を描いた映画は大好き。
これも、ちょっとそういうところがあったかな。

投稿: えい | 2010/11/23 14:22

こんばんは^^
レオニーの頑なさが良い方にも悪いほうにも出ているん
だろうなと思います。こういう女性だったのだと言われ
れば「そうですか。」としか言いようがないのですが、
私も正直彼女を観ていてあまり気持ちよくはありません
でした。^^;

投稿: KLY | 2010/11/26 21:17

■えいさん、こんにちはsun
私は面白いと感じる前に、嫌悪感が先に立ってしまうタイプかも(^^;

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は予告も見ていないのだけど、『ソーシャル・ネットワーク』の骨肉?の戦い系は気になるし、期待してます。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/11/27 22:38

■KLYさん、こんにちはsun
そうそう、「そうですか」って反応は分かる気がします。
理解はできるけど、触るとやけどしそうな気がして近づきがたいかな~って思っちゃいます。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/11/27 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/50080059

この記事へのトラックバック一覧です: 「レオニー」みた。:

» レオニー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。英題:Leonie。松井久子監督、エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、柏原崇、中村雅俊、吉行和子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリー・ケイ・プレイス、山野海、大地康雄、勅使河原三郎。彫刻家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモア...... [続きを読む]

受信: 2010/11/20 21:47

» 何故、茅ヶ崎で上映していないのかっ!「レオニー」 [茅kaya日記]
nbsp;日本の詩人とアメリカ人の母の間に生まれたイサム・ノグチは,少年時代に茅ヶ崎に住み、横浜のカトリック系小学校に通っていたそうだ。映画はその母レオニー・ギルモアの物語である。 茅ヶ崎で観たかったが、上映していないので平塚で観た。 監督の講演会も茅ヶ崎であったと言うのに、何故、茅ケ崎で公開しないのか!!!!(怒)... [続きを読む]

受信: 2010/11/21 00:02

» 『レオニー』 [ラムの大通り]
(英題:Leonie) ----レオニーって人の名前だよね。 だれのこと? 「彼女は、天才彫刻家イサム・ノグチの母親」 ----えっ。外国人っぽい読み方と思ってはいたけど、... [続きを読む]

受信: 2010/11/21 00:57

» レオニー [心のままに映画の風景]
1901年、ニューヨーク。 レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、日本から来た詩人、野口米次郎(中村獅童)出会い、編集者として彼の英詩を手伝うようになる。 やがて恋に落ちた2人だったが、...... [続きを読む]

受信: 2010/11/21 16:46

» レオニー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】 鑑賞前の個人的不安要素は、鑑賞後にはすべて消えていた。 [続きを読む]

受信: 2010/11/21 17:59

» 映画「レオニー」を観ました [ペインターみんみんの油絵制作&絵画の画像 動画]
みんみんです。映画「レオニー」を初日で観てきました。初日は混むのでいつもは行きませんが、案の定かなりの混雑。しかも、シニアに人気の高い映画です。イサムノグチは1988年に亡くなってます。アメリカのNYと日本では香川などにもアトリエを持って行き来して名作の... [続きを読む]

受信: 2010/11/22 09:28

» 『レオニー』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
明治の外国人女性の一代記。隣の芝生は青い。自分は平凡な人生を送っていると思っている方は、その幸せを噛みしめて欲しい。困難でも妥協せず自分流にという方は彼女の生き方を参考にして欲しい。お薦め作品だ。... [続きを読む]

受信: 2010/11/23 23:19

» レオニー [LOVE Cinemas 調布]
世界的彫刻家イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記映画だ。ニューヨークで野口米次郎と出会い、イサムを出産し、来日と様々な環境に身を置きながらも息子を愛し続ける母親を演じるのは『マッチポイント』のエミリー・モーティマー、野口米次郎は歌舞伎俳優の中村獅童が演じる。監督は『ユキエ』、『折り梅』の松井久子。... [続きを読む]

受信: 2010/11/25 16:30

» レオニー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
レオニー10:日本◆原題:LEONIE◆監督:松井久子「折り梅」「ユキエ」◆出演:エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリ ... [続きを読む]

受信: 2010/12/03 17:30

« 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(字幕版)」みた。 | トップページ | 「フルメタル・パニック!」長編シリーズ読了。 »