« 「十三人の刺客」みた。 | トップページ | 借りられず。 »

2010/10/01

「大奥」みた。

Ohoku

男女逆転の大奥。
そう聞くだけでどんなものかと興味がそそられるが、やはりこの映画は秀逸な原作あってのものかなぁと言った感じ。映画も物語は原作の分だけ良くできていたと思うけれど、キャストが若手中心では時代劇版月9っぽくってどうにも軽くて安っぽい。よって野望だの陰謀だのが渦巻いた「大奥」の世界というよりは「淡い純愛物語」として、期待のしどころを間違えなければ楽しめるんじゃないかな?と思った。

原作は「面白い」と勧められたこともあり、映画化が決まった頃にざっくりと一読していた。そして斬新かつ綿密で小粋な設定が言われたとおりに面白く、既刊分全巻を大人買いしそうになったくらいだった。その上で柴咲コウさんの将軍:吉宗役には異論を持たなかったが、美男子軍団はなかなか難しいなぁと思っていた。今風の美青年でも”ちょんまげ”が似合うかというと微妙。どんなに美系でも髪型ひとつでガラっと雰囲気が変わっちゃうものだからね。実写はいろいろと難しいかと。
その点でいうと二宮くんのちょんまげ姿は(私としては)並。19歳という年齢設定もあるけれどなんだかとても幼く見えて、まったく色気が感じられなかったのね。玉木くんはちょんまげでも整った美しさでやっぱり玉木くんだよなぁと思ったけれど、カツラ姿はなんであり好みじゃないのね。強いて言えば阿部サダヲさんの杉下が一番カッコよく感じられたかも。(似合ってるってことかもしれないけどw)

今回は男女逆転の世の中と逆転した大奥のしきたりと、それらに翻弄されている人々を描いただけの映画といえる。原作はその後過去の時代に遡り”逆転現象の発端”などについて描かれているが、この映画でも将軍:吉宗が過去の文献を読んでいるシーンが登場しているし、あわよくば続編とかの考えがあるのだろうか?どうみても”未通女”じゃないでしょ、って吉宗公なのに「お内証」のしきたりについて疑問に思うひとも少なくないのではとかも思うが、それこそが過去の事件に端を発しているわけで、色々と気になった人には是非原作を手にとってみることをオススメしたい。

総評:★★★++   オススメ度:★★★++   オススメ度:★★★++

加納役の和久井映見さんのおっとり加減が実にハマってて良かった。佐々木さんの藤波とのサシのシーンが良かったし。

|

« 「十三人の刺客」みた。 | トップページ | 借りられず。 »

コメント

さすがにたいむさん早いですね!!!
いやぁ~~、怖いもの見たさ、、ってか、気になって、めずらしく初日に見ちゃいました。
でも、佐々木さん好きなんですが、あの2人の絡みはやっぱ、駄目でした(-_-;)
二宮くんの水野幼いに1票。
上背が足りないのも気になるし。龍馬じゃないけど、実年齢より10歳くらいは全員歳をとった役者さんでも、時代劇はOKじゃないかと思います。現代人は若いから。。

投稿: mariyon | 2010/10/01 23:46

漫画は少女漫画なんでいわゆる美しい男性は美しい女性なみに描かれてるんですが、実写だといくらイケメン美形とはいえやっぱ男は男なんですよね^^;
原作は読んでないのですけど、なにやら大幅に端折りアンド脚色されている模様ですねぇ。
最後とか別にお内証のしきたりなんて、将軍が独断で決めちゃえばいいのにって思いますモン。誰が何と言おうと最高権力者なんだし。(苦笑)

投稿: KLY | 2010/10/02 00:02

■mariyonさん、こんにちはsun
恐いモノ見たさって、佐々木&玉木の濡れ場を楽しみにしていた???
私はもっとリアルにぶちゅ~っとかやるのかと思っていたから肩すかしでしたよ(笑)

私もね、玉木くんが水野をやってもおかしくないって言うか、平均年齢を10歳くらいあげてもいいかなって思いましたよ。
話題性と実力で二宮くんにしたのは分からないではないんですけどねー。


投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 00:12

■KLYさん、こんにちはsun
そうそう、漫画ならば美系でもなんでも書きたい放題で絶対ですから~(^^)

原作付き(しかも良くできている)の映画化で納得のゆくものはそうそう出来ませんからこれはこれで私としては及第ですけど、コアなファンは許せなかったりするかもしれません。

しきたりは難しいですね。法律もそうですけど、時の権力に任せてかえまくっていては周囲は振り回されるだけですし。(子供手当とかだってそうだしw)
変えない勇気も将軍(最高権力者)の器量かもしれませんよw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 00:17

カッコよく見えた阿部サダヲさん初めてかもしれません!w

エピソード集といった感じでドラマは薄かったですね。。

面白いんだけども物足りない・・・。

原作に興味が出ました。読みたい!

投稿: AKIRA | 2010/10/02 10:44

■AKIRAさん、こんにちはsun
阿部くん、カッコ良かったですよね。
武家言葉も滑舌よく、案外時代劇向きなのかもしれません。

そうそう設定説明が主流でほとんどドラマがないんですよね。吉宗の行動もブツ切りだったし、もう少し見たかった感じ。
本当なら映画より連ドラ向きだったのかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 19:29

こんばんは♪
不純な動機で観てきました(笑)
玉木くんはどんな姿でも素敵ですねー。
実は私も阿部サダヲかっこ良いぞと思ってたひとりです。
物語はちょっと物足りない感じですね。
その分俳優陣を堪能できましたけど♪

投稿: yukarin | 2010/10/02 22:22

■yukarinさん、こんにちはsun
イケメン若い子好きのyukarinさんでしたね~(笑)
やっぱり玉木くんは千秋さまが一番のハマリ役って思うのだけど、何やってもキレイですよね。

内容は面白い作品なのだけど、設定が奇抜なだけにその説明で終わっちゃった感じ。ちょっと勿体なかったです。

>阿部サダヲかっこ良いぞ
ですよね~~(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 22:43

こんばんは!!
私も残念ながら二ノ宮クンに男の色がは感じられなかったのですが、
彼演ずるキュートな水野は、不思議に好印象でした♪
BL・H模様はやっぱ肩すかしでしたね-!
でも実写ならではのドキドキ感を楽しんできちゃいました(笑)
私も阿部さんカッコイ-と思いましたです!!

投稿: くろねこ | 2010/10/03 22:53

こんばんは♪
同じ時代劇でも、十三人~は観るの迷ったようですが
こちらの鑑賞は、はやっ!思ったら、原作を読まれて
いたんですね^^
私は、それなりに(最近こう言う表現ばかりの私(^^;)
面白かったです(*^o^*)

>「お内証」のしきたりについて疑問に思うひとも少なくないのではとかも思うが、

私は、疑問と言うより、上手く考えられたなあとか
思ってしまいました^^
秀逸な原作あってこそとのことですので、これは
是非とも原作のコミック読みたいですね(^_-)-☆

久通って、原作ではこれからも出番多いんでしょうか?
和久井さん何気に良かったですよね^^


投稿: ひろちゃん | 2010/10/03 23:58

■くろねこさん、こんにちはsun
そうそう、二宮くんの水野はキュートで可愛い感じでしたね。(それはこっちが年食ってるだけかもしれないけどー)

BLはね~~~
漫画ならともかく、実写はキツイっす。
チュってする二宮くんも可愛かったけど(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/04 17:49

■ひろちゃん、こんにちはsun
原作を読んでいなくても楽しみにしていたと思いますよ。佐々木さんとか玉木くんが出てるし(^^)

この映画、原作では1巻のところで「吉宗編」なんですよ。話がグッと深まるのは”家光”のくだりからなので作品としてはつまんだ程度と言えます。

和久井さんの久通も時代に合わせてそれなりに・・といった感じです。でもいい味出してましたよねw

追伸:コリンは私の中ではイイ男の部類ですねー。色っぽいと思うし。でも好みとは別物ですから~♪
私的にはリーアム・ニーソンとかロバート・ダウニー・Jrとかヒュー・ジャックマンとかちょいおっさんがかってる方に魅力を感じてたりしてw
残念ながら、ひろちゃん御贔屓のジョニーはイイ男だと思うけど圏外(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/04 17:56

こんばんは~お久ぶりです。

私も阿部サダが一番カッコ良かったと思います。
そう美形揃いでもなかったしね(笑)
「さて、これからこの国を…」吉宗の采配が気になるところなので、コミックは読みたくなりました!

投稿: オリーブリー | 2010/10/05 19:35

■オリーブリーさん、こんにちはsun
>阿部サダ
そこで切ると別人だけど、確かにサダヲくん良かったですよね(^^)

鈴の間で笑った男なんて全然美系じゃなかったですよね。ジャニーズ系も韓国美少年も特別思い入れがないのもあるけど、美系の定義って難しいわぁ(^^;

>吉宗の采配
女暴れん坊将軍の世直し、スピンオフで見たい感じですw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/06 21:56

こんにちは。

>「淡い純愛物語」
はい。冒頭のお信と水野の下駄&KI○○で、すでにうっすら涙ぐみ、まだまだ恋心が健在していた自分自身に気付いて、びっくりでした(^^;)。

ドラマでみていた「大奥」がかなりのドロドロだったので、今回、淡泊でしたよね。

阿部サダヲさんの演技やコウちゃん吉宗様のかっこよさ、加納様のいい感じの殿のお守り役、女性陣の綺麗な衣装等々を楽しませてもらいましたが、原作、本当に面白そうですね~(^^)。

投稿: みぃみ | 2010/10/07 14:42

こんばんは。
男女逆転社会がどういうものなのか興味半分で観ましたが、実際にこうなる事はないかなと思ってしまいましたw
登場人物がそれぞれの個性を出していたので、それなりに楽しめる映画でした。

投稿: FREE TIME | 2010/10/07 23:59

■みぃみさん、こんにちはsun
みぃみさんはとても純粋な方のように感じられますね(^^)

私としては、大奥=ドロドロなので、実写ので淡泊さはもう一歩と思ったのだけど、カッコイイ将軍さまや、ハマり役数名のおかげで楽しませてもらいました。

これはコレ、原作は原作で楽しめると思いますw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/08 20:04

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
設定的に良くできてはいるけれど、実際に男女逆転は厳しいですよね。
女が完全に男をまねるのではなく、もっと別な世界が生まれるような気もしますし。

同じく、映画としては楽しみましたが。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/08 20:05

たいむさん、こんばんは!

やっぱりちょっと安っぽかったですよね〜。
やはりリアルだとちょっと無理があるのかなあ。
原作は読んでいないのですけれど、面白いという方、多いですね。
今度読んでみようかなあ。

投稿: はらやん | 2010/10/08 22:11

■はらやんさん、こんにちはsun
そうですねー。実写にすると茶番劇にみえちゃうところがあって、それだけ現実的に男女の役割って能力的にも生理的にも理にかなっていて、そう簡単に入れ替えられるものではないってことのなかも。
もちろんそうした枠を越えて現実に頑張っている人がいるのも確かなのだけど。

原作は大人なマンガです。是非に(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/10 11:41

初日観に行きました。
映画の上映中、客席からはクスクス笑いが・・・
皆何が可笑しかったんでしょうか?
映画の内容はよかったですね。
原作にもそう、美男子は登場してなかったですけど。
原作で見たかった花魁道中が見れたのが
欲を言えば、花魁はGacktか京本正樹がよかったですけどね。lovely

投稿: カモミール | 2010/10/10 13:18

■カモミールさん、こんにちはsun
クスクス笑いですかー。分からなくはないけれどずっとというならちと疑問ですね。

ガックンの花魁はちょっと見てみたいかも?(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/12 19:03

たいむさん、こんにちは。
私も付き合いで見に行きましたが、お正月のスペシャル番組な感じがして映画としては軽いなぁなんて思ってみてました(^^;

TVCMで「感動した!」なんて言ってる人の声を聴きながら「え?どこで?」とツッコミを入れてみたり(毒)

大奥と言えばドロドロ。個人的には佐々木さんあたりがかなりの計略を持って誰かを追い落とすくらいのことをしてくれるのかと思っていただけに「なんて簡単な」とガックシorz

男勝りな柴咲コウと耐える阿部サダヲは似合ってましたね。その他はベテランがいない分、やはり軽く感じてしまったのですけど。。。

投稿: GAKU | 2010/10/24 08:59

■GAKUさん、こんにちはsun
>TVCMで「感動した!」
ははは(^^;
言っちゃなんだけど、そういう人って日頃本なんか読まないし、映画も話題モノしか観ないんだろうなって思いますよ。

本格的なドロドロは女の世界の専売特許なのかもしれませんねー。「告白」なんかだと男の子もかなりえげつないし、もう少し粘着質を演じてくれるかと思いましたが案外あっさり。
でも、佐々木さんと玉木くんが本気出してそこまでやったら主役を食っちゃうかもですね(^^)阿部サダヲだけであれですし。
かるくなっちゃったのは仕方がないのかもです。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/26 18:56

こんにちはー^^

面白いのは面白かったけど、二宮君があまりに貧相で^^;
背の高い俳優陣に囲まれたら気の毒だよね^^;
阿部サンヲさんはわたしもかっこいい~って思いました!
安心して見てられます♪

あと、わたしも将軍なんだから秘密裏に処理しなくても、堂々と改正する!ってするかな?って思ってたのでちょっと残念。

投稿: みすず | 2010/10/27 10:48

■みすずさん、こんにちはsun
>二宮君があまりに貧相で^^;
あははははは。相手がまきちゃんだし、どっかままごとっぽく見えちゃうしねぇ(^^;

制度改革は鶴の一声で出来そうなものだけど、将軍だからこそ曲げられない規律とか法律があるんじゃないかな?と。
まぁ苦肉の策とは言えなかなかの差配でしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/28 17:00

今年の映画評のランキング外になったんですね

投稿: カモミール | 2010/12/31 22:25

■カモミールさん、こんにちはsun
あけおめです!

この映画、可もなく不可もなく、ですから。

投稿: たいむ(管理人) | 2011/01/01 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/49617882

この記事へのトラックバック一覧です: 「大奥」みた。:

» 原作が面白い「男女逆転 大奥」 [茅kaya日記]
nbsp;nbsp;原作を読まなかったら、たぶん、映画は観なかったと思う。男女逆転?女将軍に美男3000人!あ〜〜、BLもここまで来たか…と。 が、どうして、どうして、原作はBLとはちょいと違う、なぜ、男女逆転の世の中になってしまったのか女将軍がなぜ誕生したのかを奇想天外な発想と忠実な史実を織り交ぜて丁寧に描いてあってとっても面白い。 映画を観る前に原作を読むのがお勧めと思う…。 ネタばれあり... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 23:47

» 大奥(2010) [LOVE Cinemas 調布]
原作はよしながふみの大ヒット同名漫画。江戸時代、男だけを襲う謎の疫病が蔓延し男の数は激減、男女逆転の世の中となっている。女将軍に仕える“男の園”大奥を舞台に描かれる異色の愛憎劇だ。主演は嵐の二宮和也。共演に『食堂かたつむり』の柴咲コウ、『のだめカンタービレ』の玉木宏、佐々木蔵之介、阿部サダヲと言った人気俳優が揃う。監督は『木更津キャッツアイ』の金子文紀。... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 23:55

» 映画「大奥」感想&疑問 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「大奥」観に行ってきました。 男女逆転の江戸時代を舞台に繰り広げられる男性版「大奥」を巡る物語。 この作品は当然のことながらアクションやSFX系の映画などではなく、私の好みとなる映画のジャンルからは大きく... [続きを読む]

受信: 2010/10/02 10:31

» 大奥 [Akira's VOICE]
将軍カッコええ〜! 抱かれてぇ〜(爆   [続きを読む]

受信: 2010/10/02 10:40

» 大奥(2010) [映画鑑賞★日記・・・]
2010/10/01公開 日本 116分監督:金子文紀出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介男だけがかかるという謎の疫病で男子が激減し、男女の立場も逆転してしまった架空の江戸時代を舞台にしたお話。将軍・徳川吉宗...... [続きを読む]

受信: 2010/10/02 22:16

» 映画『大奥』 [ひよりのリズム]
『大奥』 (2010.10.1~) 原作/よしながふみ『大奥』監督/金子文紀キャ [続きを読む]

受信: 2010/10/03 00:52

» 「大奥」【劇場鑑賞】 [MAGI☆の日記]
映画「大奥」を見てきました。若い男性が次々と高熱を出し、真っ赤な発疹が全身に広がり、爛れ膨れ上がって死んでいった。そしてその奇妙な病は隣村から数年後には関東一円にまで伝... [続きを読む]

受信: 2010/10/03 06:17

» 大奥 [to Heart]
製作年度 2010年 上映時間 116分 原作 よしながふみ 脚本 高橋ナツコ 監督 金子文紀 出演 二宮和也/柴咲コウ/玉木宏/堀北真希/大倉忠義/中村蒼/阿部サダヲ/佐々木蔵之介 一人の女将軍に3,000人の美男子たちが仕える女人禁制の男の園、逆大...... [続きを読む]

受信: 2010/10/03 11:00

» 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい [はらやんの映画徒然草]
謎の疫病が蔓延し、極端に若い男の数が減ってしまった江戸時代の日本。 絶対的な数の [続きを読む]

受信: 2010/10/03 16:45

» 大奥 [いい加減社長の日記]
あまり期待はしてなかったものの、柴咲コウさんの将軍が観てみたくて^^ 金曜日の夕方に「大奥 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、結構多め。 「大奥 」は、大きめのスクリーンで、7~8割。 (C) 男女逆転「大奥」製作委員会 【ストーリー】 男だけを... [続きを読む]

受信: 2010/10/03 19:47

» 「大奥」 [★ Shaberiba ]
よしながふみが描く「大奥を舞台に男女逆転の世界」を実写化--! つかみはOKかな-☆実は本当の物語はこれからなのよね♪続編あれば期待したい(笑) [続きを読む]

受信: 2010/10/03 22:56

» ★大奥(2010)★ [CinemaCollection]
男より強く、女より美しく将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人メディア映画上映時間116分製作国日本公開情報劇場公開(松竹=アスミック・エース)初公開年月2010/10/01ジャンル時代劇/... [続きを読む]

受信: 2010/10/04 00:05

» 映画・男女逆転<大奥> [美味−BIMI−]
楽しみにしていた映画、見てきました〜! 今回も、初日鑑賞です! 初日動員17万人!凄いコトですね〜〜〜! 徳川の時代― 謎の疫病によって、男の数が激減。 そして、男女逆転の世界が誕生する。 将軍は女。 仕えるは美しき男たち三千人。 隔月刊誌「メロディ(白泉社)」で連載中の、 よしながふみさんの作品「大奥」の映画化です。 09年の手塚治虫文化賞も受賞している人気漫画。 よしながふみの作品が大好きな、みゅうみゅう、コレは見逃せません!... [続きを読む]

受信: 2010/10/04 15:39

» 【大奥】★二宮和也★柴咲コウ [猫とHidamariで]
大奥で見聞きしたる事いかなる事も親兄弟はもとより一切外様へ申すまじき事。「大奥法度」より大奥 HP『大奥』特集Yahoo!映画大奥 シネマトゥデイ製作年:2010年製作国:日本日... [続きを読む]

受信: 2010/10/04 23:40

» 映画「大奥」 [FREE TIME]
10月1日のファーストデーに映画「大奥」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010/10/06 00:41

» 映画「大奥 」奥で起こったことは他言無用 [soramove]
「大奥 」★★★☆ 二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、玉木宏、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介出演 金子文紀監督、116分 、2010年10月1日公開、日本,松竹,アスミック・エース (原題:男女逆転「大奥」)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「男ばかりが罹る疫病が発生し、男子が激減、 二宮和也が演じる貧乏旗本の長男、水野祐之進は、 家のため大奥に奉公へ上が... [続きを読む]

受信: 2010/10/06 22:05

» 映画:「大奥」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年10月7日(木)。 映画:「大奥」レポ。 【監  督】:金子文紀 【原  作】:よしながふみ 【キャスト】:二宮和也・柴咲コウ・堀北真希・大倉忠義・中村蒼・倍賞美津子        和久井映見・阿部サダヲ・佐々木蔵之介・玉木宏・板谷由夏 【ス…... [続きを読む]

受信: 2010/10/07 14:31

» [映画『バイオ4』『大奥』『七瀬ふたたび』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆短信映評3連発です!    ◇  『バイオハザードIV −アフターライフ−』        ・・... [続きを読む]

受信: 2010/10/08 21:14

» 「大奥」 [大吉!]
<水曜日> (10月4日・TOHOシ... [続きを読む]

受信: 2010/10/08 21:55

» 『大奥』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「大奥」□監督 金子文紀□脚本 高橋ナツコ□キャスト 二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村 蒼、玉木 宏       倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介■鑑賞日 10月2日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  もし、こんな男女逆転の史実があったとしたら、この世はもっと住みやすくなっていただろうか。  とすれば、坂本龍馬は違った意味でこの世を変えなくて... [続きを読む]

受信: 2010/10/09 08:12

» 【大奥】 [MINT ROOM ]
★★★★……★は5個で満点。☆は半分。今回はちょっとオマケ気味。(-。-)y-゜゜゜ネタバレ有りなのでご注意。【物語】江戸時代、第七代将軍徳川家継の治世。男だけを襲う謎の疫病に... [続きを読む]

受信: 2010/10/11 00:30

» 大奥 [映画レビュー21]
映画、大奥の感想 よしながふみさんのマンガ大奥の映画化作品です。 ストーリーは吉... [続きを読む]

受信: 2010/10/11 17:28

» あのドロドロ感は女性ならではなのか ─ 男女逆転「大奥」 ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 男女逆転「大奥」 ─ 男女逆転『大奥』。よしながふみのコミックを実写映画化したこの作品ですが、正直見るつもりはなかったものの、相方さんが男女逆転に限らず大奥好きでして、見たいというので付き合って見に行きました。 うーん、どう言えばいいんだろ。少なくともC...... [続きを読む]

受信: 2010/10/24 09:10

» 大奥 [映画的・絵画的・音楽的]
 アイドルグループ・嵐の二宮和也が時代劇初挑戦ということで、『大奥』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)主役が、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』(2006年)で...... [続きを読む]

受信: 2010/10/24 16:45

» 大奥(2010年) [ダイターンクラッシュ!!]
2010年11月3日(水) 14:40~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『大奥』公式サイト フリーパス6本目。 男女逆転の大奥。フリーパスでなかったらパスしていた。 二宮が大奥入りし、策略で将軍の夜の最初のお相手となり、何と最初のお相手は死罪として処刑される決まりがあるが、コウの計らいでそれを免れ脱出し、新たに町人として人生を送るという、面白くも何とも無いどうでもいい話だった。 コウが、暴れん坊将軍も天晴れなナイスお上のようなのだが、そのカッコよさが... [続きを読む]

受信: 2010/11/04 15:22

« 「十三人の刺客」みた。 | トップページ | 借りられず。 »