« 「悪人」みた。 | トップページ | DVD「SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係」みた。 »

2010/09/12

「おにいちゃんのハナビ」(舞台挨拶付き)みた。

Oniichannohanabi

新潟県は小千谷市片貝町での実話による物語であり、新潟県でオールロケされたこともあって全国公開に先駆けて先行上映されることになったこの映画。更に初日には国本監督に、高良くん・美月ちゃん・宮崎さん・大杉さんといった”須藤家”が揃って舞台挨拶に来てくれるという。これだけのメンツが一度に揃うなんて地方ではめったにないこと。これは逃すまいと予約をして当日を待っていた次第である。
実際、宮崎さんは綺麗だし、美月ちゃんは可愛いし、高良くんに大杉さんはめっちゃ格好良い。映画はとても良かったし、生の声が聞けて本当に良かった。

白血病で余命少ない妹と、妹最優先の生活から家族(父親)と確執が生まれ引きこもりとなった兄。退院してきた妹の強引な後押しでなんとか立ち直り始める兄で、家族との関係も修復されようとしていた矢先に妹の病気の再発、生き甲斐を無くしてふりだしに戻りかけた兄を再び救ったのが妹からの贈り物で・・・という、おそらく誰もが予想したとおりになる定番のストーリー。だからそこだけ聞くと所謂病気モノ&家族の絆物語とういうお涙頂戴要素満載の作品だろうと捉えるところだが、そうした押しつけがましいモノがほとんど感じられないナチュラルな演技と抑えられた演出がとても良くかったと思う。
高良くんはインタヴューでも舞台挨拶でも、そうした部分では特に過剰な演技をしたくないと、そうならないように気を配ったと言っていた。それでも悲しいシーンは目いっぱいの悲しみを表現しているし、切なさも悔しさもビンビン伝わってくるからコチラは号泣しちゃうのだけど、そう思ってみると、確かに高良くんは兄の太郎以上でも以下でもない感情の起伏のなかで演技していたように感じられる。妹役の美月ちゃんも決して悲劇のヒロインのような匂いを感じさせないシンプルなふるまいを通していた。
兄弟愛、家族愛、友情、郷土の誇り、どれもが無理なく心地よく受け入れられるもので、号泣しつつも最後は嬉しくなって笑って席を立てる、そんな映画だった。

映画になるべくドラマティックな演出も加えられているだろうけれど、中越地震で甚大な被害を受けた地域での復興の願いが込められた花火大会の中にあった真実のドラマには違いなく、また、スポンサーに頼るだけの花火大会とは一線を画した個人や団体が様々な想いを託して花火を”奉納”するといった古式ゆかしき伝統にのっとった地元密着型手作りの花火大会が微笑ましくて、羨ましくて、敬意を払いたくなる映画でもあると思う。

監督もキャストの皆さんも、地元新潟から全国に発信してより多くの人に楽しんで貰えたら嬉しい旨の発言をされていた。地元の贔屓目だとしてもとても良い作品だと思うので、こうして好印象・高評価な記事を書いている私だが、正直私が”地元”を名乗るのは少々おこがましく思うところではある。地方の行事はやっぱりその土地土地だけのものだから。それでも、一観客としてならば片貝の花火大会は何度か観に行ったことがあるし、見知った風景に親近感を覚える映画ではある。大ヒットしてくれることを願っている。
皆さん、よろしくね!happy01

総評:★★★★++   好き度:★★★★+  オススメ度:★★★★★

惜しむべくは、片貝の花火は世界一を誇る大きさのため、スクリーンですら入りきらないこと。四尺玉は本当に頭上に火の子が降ってくるような感じであり(実際昨年にそんな事故もあったが)、音などは腹の底にズドンと響いてビリビリするほど凄いんだよー。
ちなみに花火大会は毎年9月9・10日に行われている。今年は宮崎さんと主題歌を担当された藤井フミヤさんも現地でご覧になったとこのとだった。

|

« 「悪人」みた。 | トップページ | DVD「SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係」みた。 »

コメント

いや、実際に素晴らしい作品でした。
とにかく「どうせ難病もので泣かせようとしてんだろ。」とか言わないで観て欲しいですよね。
人が死ぬ、そりゃ当然家族は悲しいし、それを観たら涙もでます。亡くなるシーンは悲しかったし。
でもそれ以上に、お兄ちゃんが妹の夢をかなえる為に必死になって努力した結果のハナビ、そしておにいちゃんだけじゃなくて、翠嶂会の、おばあちゃんの、新居に引っ越してきた夫婦の、みんなの想いが篭ったハナビの美しさにとてつもなく感動しました。
25日公開作品はライバルが多いですが、是非頑張って欲しいです。happy01

投稿: KLY | 2010/09/12 01:14

■KLYさん、こんにちはsun
そうなんですよ!
私も難病モノ・動物モノ・子供モノって苦手なのだけど、この映画はそうだけどそんなんじゃないってことを声高に宣伝したいです。

奉納花火にまつわるエピソードも心に沁みますよね。羨ましくなりますよね。(新婚さんはちょっとわざとらしいけどw)
瞬発力はないかもしれないけど、じわじわとずっとヒットし続けるような作品になると良いな~

投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/12 10:11

たいむサン、新潟でしたか~。
兄と妹、そして家族の絆に涙。
そして、片貝町の皆さんが
自分たちで作り上げる花火大会にも
感動しました。

投稿: michi | 2010/09/19 16:15

■michiさん、こんにちはsun
はい、新潟です。
華が太郎を最初に連れ出した買い物のところは、新潟駅から数分のショッピング街です。見慣れた風景で笑っちゃいましたw

片貝の花火大会、コンセプトが素敵ですよね。
生は凄いですよ~~


投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/20 17:47

こんにちは。

花火を同窓生が作るという発想が好きです。
あれだと、みんな集まれますものね。
うらやましくなりました。

投稿: えい | 2010/10/10 22:05

■えいさん、こんにちはsun
地元密着型花火大会、素敵でしょう?(^^)

同級生で繰り返し・・・ってとっても良いけれど、映画にもあったけど、余所モノを受け付けないってところはちょっとあると思うんです。
それでも、素敵な風習ですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/12 19:08

花火はどうしても映像を通すと迫力半減しちゃいますね。。
やっぱり生観覧が最高!

泣かせつつも優しい余韻いっぱいの良作でした。
ええ話やぁ〜

舞台挨拶いいなぁ! 
生の谷村美月ちゃん見たい!!

投稿: AKIRA | 2011/05/30 11:25

■AKIRAさん、こんにちはsun
やはり花火は生ですねー。
片貝の4尺玉は大きさももちろんだけど、ズドンとお腹に響く音もすごいんですよ。

生、美月ちゃん、小さくて可愛かったですよ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2011/05/30 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/49418010

この記事へのトラックバック一覧です: 「おにいちゃんのハナビ」(舞台挨拶付き)みた。:

» おにいちゃんのハナビ [LOVE Cinemas 調布]
新潟県小千谷市片貝町の“片貝まつり”を舞台に、白血病で余命いくばくもない妹とひきこもりの兄の深い絆と再生を描いた人間ドラマ。主演は『ボックス!』に出演していた2人、高良健吾と谷村美月、共演に大杉漣、宮崎美子。監督は劇場用長編映画デビュー作となる国本雅広。登場人物の想いが乗せられて、夜空に大きく咲くハナビの美しさに目を奪われだろう。... [続きを読む]

受信: 2010/09/12 00:45

» おにいちゃんのハナビ [象のロケット]
新潟県小千谷市片貝町。 須藤家の人々は急性白血病である16歳の華(はな)の療養のため、5年前に東京からこの地へ引っ越してきた。 毎年、世界一の花火が打ち上げられる“片貝花火まつり”の日に退院した華は、19歳の兄・太郎が自室に引きこもっていることを知る。 華は嫌がる太郎を地元の成人会に参加させようとするが、参加を断られてしまう…。 実話に基づくヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010/09/14 18:20

» おにいちゃんのハナビ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)    九段会館 にて鑑賞    2010年09日25日 公開  監  督:国本雅広 キャスト:高良健吾       谷村美月       宮崎美子       大杉漣、他 ■内容■  病弱な1... [続きを読む]

受信: 2010/09/19 16:13

» おにいちゃんのハナビ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年10月1日(日) 18:30~ 有楽町スバル座 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない) 『おにいちゃんのハナビ』公式サイト 引篭もりの駄目兄が、白血病の妹に励まされ徐々に再生。妹のために花火を打ち上げるべく奮闘する。 難病ものは苦手な筈なのだが、なんだかんだで結構観ている。 「マスク」「つきせぬ想い」「8月のクリスマス」「ラスト・プレゼント」「タイヨウのうた」「1リットルの涙」「世界の中心で愛をさけぶ」「僕の、世界の中心は、君だ。」「ただ、君を愛... [続きを読む]

受信: 2010/10/03 14:32

» 『おにいちゃんのハナビ』 [ラムの大通り]
----これって、タイトルからして“泣ける”映画みたいだけど…? 「まあ、そうだね。 白血病の病に冒されている妹・華( 谷村美月)が 自分の転地療養のため引っ越しを繰り返していることから、 学校に溶け込むことができず、 その結果、引きこもりとなってしまった兄・太郎( 高良健吾)に 元気を取り戻させようとする。 そのキーワードとなるのが…」 ----花火ってことだニャ。 「そういうこと。 地方の風物詩を映画に取り入れつつ 青春像を描いた映画は、昨今のブーム。 この作品が公開される9月25日の2週間前に... [続きを読む]

受信: 2010/10/03 23:38

» 『おにいちゃんのハナビ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おにいちゃんのハナビ」□監督 国本雅広 □脚本 西田征史□キャスト 高良健吾、谷村美月、宮崎美子、大杉漣、早織、尾上寛之、岡本玲、佐藤隆太■鑑賞日 10月9日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  兄妹愛はこう描くと、それは美しいものかもしれない。  そして、花火に託す想いと多くの人々の共感とが。 その人の人生の方向なんて、その人にしかわからない。&nbs... [続きを読む]

受信: 2010/10/14 12:46

» カナリアおにいちゃん [Akira's VOICE]
「おにいちゃんのハナビ」 「カナリア」  [続きを読む]

受信: 2011/05/30 11:21

« 「悪人」みた。 | トップページ | DVD「SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係」みた。 »