« 「クレイジー・ハート」みた。 | トップページ | 「大奥」みた。 »

2010/09/30

「十三人の刺客」みた。

13

いきなり”ハラキリ”シーンで始まるこの映画。しかも介錯が居ないものだから痛いわ長いわ辛いわbearing  斬って斬って斬りまくる作品だとは承知していたが、冒頭の数分間は下っ腹に力を入れつつ堪えるように目をそむけていた私。痛い描写はやっぱり苦手で、その後何回も目をそむけることになった。
男臭い時代劇でありながら、笑えるシーンも多く盛り込まれていて息抜き出来るところが良かったが、濃厚な下ネタ系は不必要と感じるし、とりあえず今風の娯楽作品っぽく、それなりに見やすい時代劇だと思った。

ストーリーは極々単純。色狂いで残虐なバカ殿が将軍に次ぐ権力を手にしたら世も末。そうならぬよう権力を手に入れる前にバカ殿に刺客を放って隠密裏に滅し奉ってしまおう、というもの。しかし、武士の理とは厄介なものでどんなバカ殿でも君主第一、絶対君主制を貫き命懸けで忠義を立てる家臣も居り、必然的にバカ殿をめぐる壮絶な攻防戦が繰り広げられることになるワケだ。

バカ殿の参勤交代時の道中を狙う暗殺計画なだけに少数精鋭の刺客VS大行列の圧倒的多数といった構図になるのだが、分が悪すぎる刺客組が仕込んだ奇策が第一の見せ場になっている。まず策略を巡らせて行列の人数を絞り込んだり、決戦の場として刺客組が優位に戦える仕掛けを施した宿場に行列を誘導したり、宿場に踏み込んだ行列を寸断して孤立させるように柵で囲ったり等など。後は本当に13人の刺客たちが囲いの中の敵を最後の一人までバッサバッサととにかく斬り倒すだけなのだが、宿場のアチコチには刀が設置されており、斬れなくなったら取り替えられるようにしてあるなど芸の細かい仕込みがなかなか良かった。おかげで多勢に無勢のなかでも大健闘を見せる刺客組だったが、当然いつまでも無事で済むはずもなく、1人また1人と欠けて行くところがまた見せ所のひとつなのだろうな。

捨て身の戦いっぷりに、太平洋戦争で”特攻”しまくっていた日本軍を被らせ、はじめから死ぬ覚悟で戦いに身を投じられる気質っていうのは(行き過ぎた)”武士道”によるものだったのかなぁ、なんてツラツラ考えたのはおそらく「広島・長崎への原爆投下から100年前の話である」なんていう前フリによるものと思ったが、ED前にも「この20数年後には徳川幕府が倒れて明治になった」という後フリがあるのはどういう意図によるものなのか、未だにちょっと疑問だったりする。「”幕末”で戦を知らず、剣術もおざなりとなった時代だからこそ少数精鋭でも勝機あり」って事が言いたいだけだとしたらガックリなんだけど。
奇策は面白かったし、長い長いチャンバラシーンも飽きることなく楽しめた。まぁ、それ以上でもそれ以下でもない、って感じだけど。

総評:★★★++   好き度:★★★++   オススメ度:★★★++

刺客の皆さんがチャンバラを頑張っていたが、やはり松方さんの殺陣の切れ味は別格に見えた。年季が違うよね、年季が。

|

« 「クレイジー・ハート」みた。 | トップページ | 「大奥」みた。 »

コメント

そうそう。年季が違うよねー。流石は東映時代劇の生き残り。他も良い殺陣してましたけど、素人目にも差は歴然。というかビックリしましたよ、殺陣ってこんなに差が出るものなんだって。きっと凄く細かい一挙手一投足が違うんでしょうね。これは他の役者さん勉強になっただろうなぁ。
作品としては三池監督らしい、色々突っ込みたいけれど総論面白いって感じでした。^^

投稿: KLY | 2010/09/30 00:26

こんにちは~♪
ちょっとご無沙汰しておりました。
10月からペースを戻していこうと思っていますので、また宜しくお願いします!

で、、、たいむさんは可もなく不可もなくーという感想でしたか~
私はダメだったんですよ。どうにもこうにも生理的に受け付けないところが多くって(泣)
だけど、皆さんの評判がいいみたいなので、ビクビクしながら感想をアップしてます。いつものように(笑)

派手なチャンバラも、ちょっとクドイと思ったし、合わなかったなぁ~これ(涙)

投稿: 由香 | 2010/09/30 17:22

■KLYさん、こんにちはsun
ほかの皆さんも頑張ってましたけど、メリハリとかスピードとか呼吸とか、何一つとっても松方さんのシーンは別物なんですよね。だから逆を言えばぼんくら行列侍が束になってかかっても全然余裕って感じだたわけで、最後ばったり倒れたのが嘘っぽく見えちゃいました(^^;
役所さんも結構時代劇やっているんですけどねー。やっぱり松方さんには及ばない。設定的に技術はソコソコ、負けない剣術でギリギリで勝つってことだったから、納得は行くけど。

三池監督らしいっちゃらしいけど、そろそろ、ねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/30 20:02

■由香さん、こんにちはsun
おひさです~(^^)
私は可もなく不可もなく、でしたけど、由香さんのように生理的に受け付けない人も少なくない気はしますよ。
まぁ深みはないし下品だし、なので私としてもこれ以上の評価はないけれど、どうやら男女で評価に差があるような気がしますよ。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/30 20:15

こんばんは。

私はチャンバラ時代劇を渇望していたので、こんな熱い男たちの活劇を公開してくれただけで満足している単純者です(笑)

「広島、長崎の原爆から…」という前振りは、自分達が生きている100年くらい前はこういう時代だったんだ…という意識を持って貰いたかったという監督の意図があるそうですよ。
物語がフィクションであるとはいえ、侍が過去に存在していたのは事実ですからね。

それだけチャンバラ時代劇が今は廃れちゃってきているという現実があるのかな~…と個人的に悲しくなってしまうんですが…。

しかし、70近い松方さんのキレのある動きには驚きました。さすがマグロと戦うだけありますよね。←違うって?

投稿: ななんぼ | 2010/10/01 00:45

こんばんは♪
血がドバーッとは苦手なたいむさん(笑)ご覧に
ならないかと思っていましたが、観たんだ(笑)

>痛い描写はやっぱり苦手で、その後何回も目をそむけることになった

やっぱり(笑)私も苦手なんですが、最近鍛えられて
きたみたいです(笑)

私は過度な期待&豪華キャストで、前半は、裏切られずシリアスな作りで、好きだったんですが、途中から、
すご~くエンタメ作品になってしまい、あれっ?って
感じだったのですがσ(^◇^;)、まあ勢いで(何の?笑)評価を良くしました。

たいむさんが言われるように、深みないし、下品だし
(笑)なんですが、時代劇を観ない人(知らない若い人とか)が、時代劇も
面白い(殺陣のシーンとか観て)と感じてくれたら
まあいいかなと思いました^^

そそ、松方さんは年季が違いますよね(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2010/10/01 01:42

■ななんぼさん、こんにちはsun
すっかりハマって楽しんだもの勝ちって映画な気がしますが、私としてはノリきれない部分もあって普通です。ごめんなさいねー(^^;

やはり「たった100年前ですよー」的な意味が込められていたようですね。実際「へぇ、たった100年かぁ」って印象づけられましたし。でも、戦後からも既に数十年。今からならば200年は越えてるわけでちょっとズルイ言い回しかなって気がしました。江戸幕府が出来たのだってほんの400年前程度の話でしかないわけで。

松方さんの殺陣はほとんど反射に近い動き。身についてますよね。確かに伊達にマグロと格闘をしていないって感じですねー(^^)。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/01 17:15

最初の原爆云々のふりはここへくるまですっかり忘れてました・・・。
ただ、最後のあと20数年で幕府が崩壊する時代だったとしたら(史実でなくとも)この、とんでもない殿様が老中になりいっそ革命が起きて、日本は新たな道へ。。。と言うのもあったのかも、、なんて、つらつら考えました。
個人的には山田君の侍姿を観れたんで、よし!なんですが、これだけ男くさい時代劇のあと観たのが、大奥ではちょっとギャップありすぎでした。

投稿: mariyon | 2010/10/01 17:26

■ひろちゃん、こんにちはsun
迷ったんだけど、レディスデーに時間が空いたので観てきちゃいました。
時代劇の血がドバーはスプラッタ系のドバ~っとも違って気持ち悪さは半分なのでアリなんだけど、刃物だとヒリヒリと痛むのよね。包丁で切っちゃうとかなまじ痛みを知ってる分、何をどうしても慣れませんわ(^^;

勢いで評価って気分は分かりますよ。仕掛けとかは「うぉ!」ってなるし、小気味良かったですしね。
私はイケイケの時代劇よりも、地味で奥深い時代劇よりも、池波正太郎系の粋な時代劇が好みなんですよー。「鬼平・・」とか「剣客・・」とか。
でもどんな時代劇でも観てるなんでも楽しいですよね。いろいろなタイプで人気を取り戻してくれたら良いですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/01 23:51

■mariyonさん、こんにちはsun
そうそう、既に江戸幕府がぐらぐらしている時代なら、いっそって感じもありますよね。
だけど、事実ではないにしてもこの話、「龍馬伝」を見てると同じ時期には全然思えなくないですか?

山田君には興味ないんですよね~私。嫌いじゃないのだけど好みでもなくってw

>大奥
わはは、比較する方が間違ってるような?(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 00:08

私がお世話になっているえいさんのブログ「ラムの大通り」で教えていただいた情報では、広島・長崎云々は深作監督へのオマージュでもあるそうですよ。
確かに三池監督と深作監督の繋がりは濃いですからね。

投稿: にゃむばなな | 2010/10/02 22:23

■にゃむばななさん、こんにちはsun
えいさんトコは私もちょこちょこ拝見してますので存じてます。オマージュなのも分かってますが、知らない人は知らないですし(特に若い子なんて深作監督すら知らないだろうし)唐突に感じたんです。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 22:45

たいむさん、こんばんは!

ラストの「明治云々」は戦うことがその存在意義であった侍が、泰平の世でそのアイデンティティを失っていたということを表しているでしょうね。
たぶん新左衛門も半兵衛も、斉韶にしても己のアイデンティティがどこにあるのかを見失い、そしてこの戦いにそれぞれの答えを見つけたということでしょう。
でもそれすらも数十年後に世の中が変わり、意味がなくなってしまうということの空しさみたいなのを言いたかったのかな。

でもそういうことより大立ち回りが迫力あって目を見張りました。
おっしゃるように松方弘樹さんは別格です。
魅せる殺陣ができる人、そうそういないですよね。

投稿: はらやん | 2010/10/02 22:51

■はらやんさん、こんにちはsun
なるほど、あえて明治うんぬんと入れたのはそのような意味が込められていたのかも、ってことですね。
でも、結局はチャンバラで魅せることに特化した作品になっていたワケで、なかなかそこまでは伝わらないかなぁ~と改めて思ったりして(^^;
そこしか印象に残ってないとも言えますし、両立するには時間が足りないってことですね、やっぱり。
私が三池監督のシンパじゃないからかなぁ~、こう思っちゃうのは。

松方さんの殺陣とほかの方々のソレでは素人目にも歴然でしたねー。凄いですw(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/02 23:01

冒頭でいきなりの切腹シーンにちょっとビビリましたが、
あとは王道の勧善懲悪ものになっていて、
最後まで息抜きが出来ない展開となっていました。
ラストのチャンバラは凄まじかったです。

投稿: BROOK | 2010/10/07 20:10

■BROOKさん、こんにちはsun
冒頭はインパクトありありでしたね。
勧善懲悪ものは好きなのだけど、もう少し奥深いものも好きなんですよね。
チャンバラに特化していたところは良かったと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/08 20:01

>太平洋戦争で”特攻”しまくっていた日本軍を被らせ、はじめから死ぬ覚悟で戦いに身を投じられる気質っていうのは(行き過ぎた)”武士道”によるものだったのかなぁ

たぶん、そうだと思っています。
「生き恥をさらすより―」というのが、男女ともに根底にあったのではないかと。

それにしても、お歯黒で、眉を剃るとみんな似てくると言うのは大発見。
これは女性を守るための慣習だったのでしょうかね~。それとも、、(-_-X)

三池監督って、キャスティングもいつも凄いと感じさせますよね?!

投稿: kira | 2010/10/09 10:58

■kiraさん、こんにちはsun
日本人の大半は農耕民族なのに、長い時を掛けて独特の文化と気質を身につけたものですよね(^^;

>お歯黒で、眉を剃る
見るからにコワイのだけど、ちゃんとそうする理由があったのでしょうねぇ(^^;

三池監督は特に好きでもないけれど、スゴイことするといつも思いますよw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/10 11:44

皆さんは松方がすごいと言っていますが、私めはミスキャストだと思っております。江戸っ子御家人の設定だから出したのか?、演技はいまいちチャンバラに迫力?、今までの演技と一つも変わらない!。もう過去の人ですよ!

投稿: トム | 2010/11/03 19:16

■トムさん、こんにちはsun
トムさんはご不満なのですね。
私としては、特別時代劇に精通していることもなく、そもそも時代劇ってワンパターンが醍醐味なのでは?とかその程度の認識ですので観ただけの印象そのままを感想として書いたまでです。

そうですか、過去の人ですか。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/11/04 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/49600352

この記事へのトラックバック一覧です: 「十三人の刺客」みた。:

» 十三人の刺客 [LOVE Cinemas 調布]
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正親、松本幸四郎、山田孝之、伊勢谷友介と言った超豪華なキャストが揃う。... [続きを読む]

受信: 2010/09/30 00:16

» 十三人の刺客 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『悪人』を観ようか、コチラにしようか迷ったんだけど・・・【story】罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返す暴君、松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢200人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった―     監督 : 三池崇史 『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』 『クローズZERO』【comment】   ・・・・・わ・私の趣味には合いませんでした〜あわわというこ... [続きを読む]

受信: 2010/09/30 17:17

» 十三人の刺客 [Akira's VOICE]
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!   [続きを読む]

受信: 2010/09/30 17:40

» 映画『十三人の刺客』試写会鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 19日は有楽町朝日ホールで映画『十三人の刺客』の試写会を観て来ました。25日から劇場公開されますが、一足早く観られて嬉しかったぁ♪  ... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 00:33

» 三池崇史監督「十三人の刺客」(★★★★) [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 三池崇史 出演 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、松方弘樹、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親  この映画がおもしろいのは、ストーリーがわかっていること。観客に、ではなく、登場人物に、わかっていること。  役所広司をはじめとする13人は稲垣吾郎を殺すことで彼らのストーリーが完結することを知っている。完結させるために集まった。一方、市村正親の方は13人がもくろんでいるストーリーを知っていて、それをどう突き破るかを考える。稲垣吾郎を殺させない、というのが市村正親のストーリーであり、そのストーリーを役所... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 01:06

» ★十三人の刺客(2010)★ [CinemaCollection]
命を、燃やせ。上映時間141分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2010/09/25ジャンル時代劇/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤ... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 01:57

» 十三人の刺客 だいわはうちゅ〜o( ̄ー ̄;)ゞううむ [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=42 -13-】 試写会、三池監督と役所広司が舞台挨拶で、お客さんを巻き込んで写真撮影があった。 おはよう朝日(関西ローカルの朝の番組)とかスポーツ新聞に取り上げられるかと思ったけど扱い小さめ、スポーツ報知は文字だけやし、日刊スポーツは2人だけしか写ってないやん〜俺はどこだ〜!AKB48に扱い負けた〜ΣΣ┏(_□_:)┓iii  島田新左衛門の下に集められた13人の刺客は天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶に一世一代の戦いを挑む。生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 14:57

» 13番目が一番?「13人の刺客」 [茅kaya日記]
モントリオールで絶賛!!いやぁ〜〜、気持ちわかるなぁ。中華系の武峡映画同様とことん外人受けしそう。 それにしても、時代劇ばやりだけど、昔の時代劇とは一味違う。まあ、男女逆転大奥ほどではないにしろ、これだけアクション大作で時代劇が作れることに心から拍手を送りたい。... [続きを読む]

受信: 2010/10/01 17:26

» 「十三人の刺客(2010)」斬って斬って斬りまくれ! [はらやんの映画徒然草]
300人対13人、まさに多勢に無勢。 現実的には、この戦力差を逆転することはほと [続きを読む]

受信: 2010/10/02 11:06

» 『十三人の刺客』 [こねたみっくす]
斬って、斬って、斬りまくれっ! これぞ日本映画史に残る息抜き知らずの壮絶なる死闘を描いた傑作。もうラスト50分に興奮しまくりでしたよ。 活劇時代劇の傑作と謳われたオリジナルに「これぞ三池!」色を見事に融合させてこの映画。やはりこの作品を高く評価したQTの映....... [続きを読む]

受信: 2010/10/02 22:22

» 十三人の刺客 リアルチャンバラに圧倒された! [ぱるぷんて海の家]
いやあぁ 面白かった! 久しぶりにチャンバラらしいチャンバラを見た気分です。 それも 昔懐かしい様式美のチャンバラでなく 云ってみれば リアルチャンバラ 落合宿でのラスト50分の死闘 まさしく死闘と云うに相応しい。 実に見応えありました。 若い頃....... [続きを読む]

受信: 2010/10/02 23:03

» 『十三人の刺客』は世界を目指す! [映画のブログ]
 トドーン!と迫るぶっとい毛筆のタイトル。黒澤映画もかくやと思わせる迫力に、三池崇史監督の覚悟と意気込みのほどが知れよう。  これぞ... [続きを読む]

受信: 2010/10/03 09:35

» 劇場鑑賞「十三人の刺客」 [日々“是”精進!]
「十三人の刺客」を鑑賞してきました1963年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権... [続きを読む]

受信: 2010/10/07 20:03

» 十三人の刺客 [to Heart]
命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/... [続きを読む]

受信: 2010/10/07 21:25

» 十三人の刺客 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  たった13人で300人に立ち向かう。一人当り23人倒さなければならない勘定だ。そして結局は、ラスト50分の大バトルで、これを成し遂げてしまうのだからもの凄い。 そもそもなぜこんな事になってしまったのか。将軍の弟と言われる明石藩主・松平斉韶の、狂... [続きを読む]

受信: 2010/10/09 10:48

» 映画:「十三人の刺客」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年10月11日(月)。 映画:「十三人の刺客」感想。 【監  督】三池崇史 【原  作】池宮彰一郎 【脚  本】天願大介 【音  楽】遠藤浩二 【キャスト】役所広司・山田孝之・伊勢谷友介・沢村一樹・古田新太・高岡蒼甫・六角精児      …... [続きを読む]

受信: 2010/10/11 14:13

» 『十三人の刺客』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、      松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、阿部進之介、内野聖陽、      光石研、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親■鑑賞日 10月3日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感... [続きを読む]

受信: 2010/10/12 12:25

» 「十三人の刺客」斬って、斬って、斬りまくれ~! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[十三人の刺客] ブログ村キーワード  三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三池さんの趣味、テイストもテンコ盛り!  江戸時代末期。明石藩家老・間宮図書(内野聖陽)が、老中・土井大炊頭(平 幹二朗)の屋敷の門前で切腹。間宮は、藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりに抗議しての切腹だった。将軍・家慶の異母弟... [続きを読む]

受信: 2010/10/13 22:45

» 十三人の刺客 [シネマDVD・映画情報館]
十三人の刺客 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府の老中は、この暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで......... [続きを読む]

受信: 2011/03/03 14:45

« 「クレイジー・ハート」みた。 | トップページ | 「大奥」みた。 »