« 「おにいちゃんのハナビ」(舞台挨拶付き)みた。 | トップページ | 涼宮ハルヒの文庫本、よんだ。 »

2010/09/15

DVD「SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係」みた。

Sp

10月末に公開される劇場版「SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係」(野望編)に備えて一気におさらい。予告編で半端ないアクションを見せてくれている岡田君を見たら、なんだか今すぐおさらいしたくなってしまった。
どうせフジの事だから直前にTV一挙放送とかしてくれそうだけど、まぁそれはそれ。CM抜きだしOP・EDがエピソードごとに括られているDVDがやっぱ見やすいもんね。

深夜ドラマ枠だったTVシリーズはOA時間上観たりみなかったり。
第1話を見ていたら岡田君のあまりのカッコよさに毎週見ようと心に決めていたかもしれないけれど、確か3話目からの参戦で、丁度ひとつのエピソードが完結する回だったことからどっちでもよくなった、というのが実際のところ。
総監督が『踊る大捜査線』の本広克行監督であり、警察内部や政治がらみの縦社会の闇に触れた部分などに近いモノを感じつつ、主人公:井上の”シンクロ”という特殊能力とその能力を得る切っ掛けとなった過去のエピソードと現在に至る因縁とが絡みあっているところなど、刑事モノであり、推理モノであり、オカルトモノでもあるというミックス加減が絶妙な作品だと、一気に見ることで改めて思った次第。いや~面白かった。

井上が両親を失うことになったテロ事件の現場に同じく居合わせ、一部始終を見ていた現在警視庁警備部警護課第四係長で井上の直属の上司に当たる尾形。井上の過去と素性を知り、肉体的にも精神的にも井上を気遣いながらその能力が最大限に生かせる現場に引っ張り込んだ張本人。東大法学部を卒業したにも関わらず一般採用で入庁したという異色の経歴を持つ尾形。やるべき時はやる言う事は言うような、(上司には煙たがられるが)部下には信頼の厚い上司の尾形。けれど、現場に固執する理由が今一つハッキリしていないところから、常にどことなく胡散臭い印象を感じさせているのも事実。それが最後の最後で確信めいた発言をするからたまらない。
「大義だからしかたがない」
とはいったい何を意味するのか。井上はそんな尾形から邪気を感じ取って疑念を持つ、という終わり方をした最終回だったが、いよいよその続きが劇場版2部作で明かされる事になるわけだ。
自殺した(させられた?)西島理事官はスケープゴートだったと仮定し、劇場版の副題「野望編」→「革命編」を思えば、尾形は己の正義を貫くためにまず闇をぶっ潰すために自ら闇に染まってみせ、中から掻きまわすことで骨抜きにし、再構築しようとしているのでは?と素人考えを巡らせてみたりするところだが、どちらにせよ悉く井上が邪魔をすることになるだろうし、その為に井上がボロボロになっていくなど、かなりドロドロとした展開が予想される。(香川照之さんがいかにもな政治家として参戦するし)。

10月30日から「野望編」が公開!展開はもちろんだが、マッチョな岡田くんのアクションも楽しみのひとつ。久々に公開を待ち遠しく思っている映画だ。

|

« 「おにいちゃんのハナビ」(舞台挨拶付き)みた。 | トップページ | 涼宮ハルヒの文庫本、よんだ。 »

コメント

SP、私もDVDで見直しました。
井上のあの「悪意を見抜く」というSF的能力が
キーとなっているということで、なかなか楽しんで
みてました。

劇場版では井上よりも尾形の暗黒面が
どれだけ出てくるのかが気になるところ。
イメージは「東のエデン」の物部なんですけどね。
スクラップ&ビルド。どんだけ真っ黒なんだろ^^

投稿: GAKU | 2010/09/15 12:57

■GAKUさん、こんにちはsun
DVDをご覧になってましたかw
私は最初は特殊能力が余分だな~とか思って見たりみなかったりだったのだけど、(というか、本広監督お得意のグルグルがあんまり好きじゃないのよw)、結局、妄想の見せ方とかが上手かったし、最終話なんてどこまで本当なのかドキドキしながら見ちゃってました。

でも病院のエピが一番好きかな?身近なものを即席武器にしちゃうとかいう作戦がすきなのよねw

>「東のエデン」の物部
ああ、雰囲気あるかも。
だけど、私は本当はいいひと路線を希望。ルルーシュ風とかね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/15 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/49436816

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係」みた。:

» SP the MOTION PICTURE 野望篇(35点)評価:× [映画批評OX]
総論:完全なる一見さんお断り映画で、脚本も甘い。フジテレビのTVドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版二部作の第一弾「野望篇」。監督はTVシリーズの演出を務めた...... [続きを読む]

受信: 2010/10/31 16:59

« 「おにいちゃんのハナビ」(舞台挨拶付き)みた。 | トップページ | 涼宮ハルヒの文庫本、よんだ。 »