« 「ラプラスの亡霊」 福井晴敏(著) 読んだ。 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(44) »

2010/08/28

「トイレット」みた。

Toilet

「欲求に理由を付けるのは無意味だ」
うん、あまりにもそのとおりで名言だよなーって思う。できるかぎり欲求に正直に生きられたらとは思っていたけれど、そのためにも欲求に理由を付けたがっていた自分だったように思う。ほんと、自分に言い訳してどうすんの、ってね。
今回もまた、荻上監督のつくりだす静かなのに圧倒的な存在感が醸し出されている空気にヤラレちゃったようだ。
嬉しくって泣ける映画っていいよね。

4年前、パニック発作を起こして以来ひきこもりとなった天才的ピアニストの長男:モーリー。幼いころ母親にプラモデルを買って貰って以来ロボットオタク化した次男:レイ。末っ子のリサは口やかましい大学生で、3人の母親の母親である”ばーちゃん”と母親の愛猫:センセーが、母親の病死を切っ掛けにひとつ屋根の下で暮らすことになり、どことなく奇妙な同居生活が始まる。
まず3人が対応に戸惑うのがばーちゃん。娘の死を悼み消沈しているのは見てとれるが、英語が通じずひと言も喋らないばーちゃんではコミュニケーションの取りようがない。特に毎朝の長トイレ&深いため息が気になってしょうがないレイは、本当に実の祖母なのかと血のつながりを疑いだす始末。(後々明かされる2つの答えに「そう来るかぁ」と唸ることになるが)。
それでも、ものを言わぬばーちゃんに兄妹たちは”家族”として接し続け、まずはじめにモーリーが、次にリサがばーちゃんと打ち解け始める。(といっても相変わらずひと言も発しないばあちゃんだけど)。だが、レイは同居以来モーリーとリサ、得体のしれないばあちゃんにすっかり振り回されてとうとうブチ切れてしまう。それは道理で、事あるごとに職場に電話してきたり、ばーちゃんが居なくなったというから探し回り、見つけられずに疲れて帰宅したのに、3人仲良く餃子を作っていたとしたらそりゃキレもするだろう。
けれど、不貞腐れて夜中に独り、ポテチでビールを飲むレイに、何も言わぬまま餃子を焼いてくれたのがばーちゃんだった。
綺麗な焼き色のついた、見た目にもモチモチカリカリジューシィな餃子の旨そうなこと!
むしゃむしゃとあっという間に平らげるレイ、それを傍で見守るばーちゃんに泣けた。ばーちゃんに感謝の気持ちを伝えるために、親指を立てて「餃子はクールだ」と、懸命に訴えるレイにまた泣けた。
ようやくバラバラだった家族がばーちゃんを中心にひとつに纏まりはじめ、モーリーも、リサも新たなる目標に向かってスタートを切ろうとしてた。今度こそ全員揃っての餃子パーティも開かれた。更にこれから・・というところだが、この映画はそのまま自然の流れにそって終わっていく。

残された余韻が最後のオチでひっくり返されちゃうところがまた良くって、本当に荻上監督のセンスに脱帽しちゃうところ。ただひとつ、超最新式のウォシュレットに対して、昭和初期くらいの旧式シンガーミシンではギャップが有り過ぎのように感じられた。せめて昔はばーちゃんのミシンだったとか、ミシンの歴史を匂わすような描写があったら良かったかなーと思った次第。(今でもない、どこでもない世界という感じでもないので)。
まぁそれはともかく、もたいさん以外のキャストの全員が外国人で、全編英語だったのも良かった。好きだなーと思う作品だった。

総評:★★★★+    好き度:★★★★++    オススメ度:★★★★+

それにしても、この映画の分類って「邦画」でいいのかな?

|

« 「ラプラスの亡霊」 福井晴敏(著) 読んだ。 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(44) »

コメント

たいむさん、こんばんは。
こちらにもお邪魔します。

私も荻上さんが描く”静”な世界観が大好きです。

今回は、一見変な人の集まりを描いただけのようでその中には、家族を繋ぐ絆は血の繋がりだけなのか?心を通じ合わせるのは言葉だけなのか?みたいなテーマも隠れてて。

ばーちゃん、セリフはなくとも孫たちのことちゃんと見てて彼らが一歩踏み出す為の手助けを無言でしてる素敵でした。

要所要所にでてくる猫のセンセーの動きもお気に入りです。

投稿: Hitomi | 2010/09/10 21:31

■Hitomiさん、こんにちはsun
どの作品でもそうだけど、台詞がなくてもあの存在感を醸し出せるもたいさんに拍手を送りたくなりました。
言わなきゃ分かんないだろってことがほとんどだけど、言わなくても分かるって凄いですよね。
この雰囲気、私も好きです♪

投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/11 19:44

こんばんはpaper
TB&コメントありがとうございましたheart02

この映画、本当は観ようかどうしようか迷っていたのですcoldsweats01

知人にススメられたのと上映終了日が間近に迫っていたので
重い腰をようやく上げて少し遠方の劇場まで観に行ったのですが…
その価値は十分にありましたshine

滑稽な雰囲気がありつつも
所々でホロリ…とさせられてしまうような
温かい人間の優しさが伝わる
そんな映画でしたよねsweat02

私個人的にはレイがプラモデルを諦めて
ばーちゃんにプレゼントを贈った時の
「やっとの想いで諦めたんだ…」というセリフが
一番泣かされましたcrying

投稿: テクテク | 2010/09/25 19:44

■テクテクさん、こんにちはsun
そうそう、あったかい雰囲気が好きでした(^^)
レイの変化が一番良く分かるような作りだったけれど、モーリーもリサも徐々に変化していくのがわかったし、例え気付きが遅くても、自分もそんな風に立ち止まらずに変わっていきたいと思いましたよ。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/09/26 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/49275325

この記事へのトラックバック一覧です: 「トイレット」みた。:

» トイレット [だらだら無気力ブログ]
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が実に構想5年の歳月をかけて 前作から3年ぶりに手掛けた感動作。 荻上監督のミューズであるもたいまさこを主演に、ばらばらで問題だらけの 三兄妹と母親が死ぬ前に呼び寄せた祖母との奇妙な同居生活を経ながら、 家族の愛情と…... [続きを読む]

受信: 2010/08/29 01:11

» 「トイレット」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「トイレット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デヴィッド・レンドル、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、サチ・パーカー、もたいまさこ、他 *監督:荻上直子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ..... [続きを読む]

受信: 2010/08/29 03:24

» 映画「トイレット」@京橋テアトル試写室 [masalaの辛口映画館]
 試写会の主権はyahoo!映画さん、客入りはほぼ満席。映画上映終了後に荻上直子監督と観客のティーチインが行われた。   【送料無料】映画「トイレット」オリジナルサウン... [続きを読む]

受信: 2010/08/29 13:29

» 映画『トイレット』 [健康への長い道]
 仕事が溜まってきているので、よほど休日出勤しようか・・・と悶々としましたが、「休むことも大事」と己に言い聞かせて、シネ・リーブル神戸で『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督の新作『トイレット』。 Story ロボット・プラモデル・オタクのレイ(アレックス・…... [続きを読む]

受信: 2010/08/29 21:58

» トイレット [LOVE Cinemas 調布]
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督のオリジナル脚本により最新作。今回は全編カナダロケで、言葉も英語となっている。バラバラな3兄妹がばーちゃんとの共同生活の中で徐々に絆を取り戻していく様子を描く。ばーちゃん役にもたいまさこ、謎の女性役に『西の魔女は死んだ』のサチ・パーカーが出演している。... [続きを読む]

受信: 2010/08/30 13:08

» 「トイレット」 [★ Shaberiba ]
初日のせいか満員でした!!「もたいさん人気」おそるべし!? [続きを読む]

受信: 2010/08/30 20:42

» トイレット [そーれりぽーと]
『かもめ食堂』『めがね』に続く荻上直子監督作『トイレット』を観てきました。 ★★★★ 荻上直子監督が去った後も『かもめ食堂』『めがね』を彷彿とする映画を創り続けるPasco提供とは違い、当の監督自身は今回大冒険してくれました。 想像していたのとは全く違う雰囲気の仕上がり、でもやっぱり人と人の関係、自分らしさ的なところにフィーチャーし、相変わらずごはんが美味しそうなところにほっこり出来る映画です。 今回も舞台は海外、カナダトロント。 メインキャストはもたいまさこ以外全員カナダ人(無駄にサチ・パーカ... [続きを読む]

受信: 2010/08/31 21:53

» トイレット・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「かもめ食堂」 「めがね」に続く荻上直子監督の最新作は、「トイレット」というこれまた奇妙なタイトルの作品だ。 資本的には日本映画だが... [続きを読む]

受信: 2010/09/01 00:13

» 『トイレット』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「トイレット」□監督・脚本 荻上直子□キャスト もたいまさこ、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デビッド・レンドル、サチ・パーカー■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  ばーちゃんのトイレの後のあのため息はなんだったんだろうか いつもながら、荻上直子監督独特の空気感がこの映画でも存在していた。  「かもめ食堂」はヘルシンキ、そして「めがね」は沖縄。 今作はカナダのトロント。 でも... [続きを読む]

受信: 2010/09/01 08:20

» トイレット [象のロケット]
北米東部の町。 プラモデルオタクの青年レイは母の葬儀の後、実家に舞い戻ることに。 実家では引きこもりになったピアニストの兄モーリー、勝気な大学生の妹リサ、そして“ばーちゃん”が暮らしていた。 ママが亡くなる直前に日本から呼び寄せたばーちゃんは英語がしゃべれない。 バラバラに生きてきた3兄妹の日常が、ばーちゃんによって変わり始めるのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010/09/01 23:21

» *トイレット* [Cartouche]
[[attached(0,class=popup_img_500_332 width=400 height=266)]]      ***STORY***               2010年    日本                 とある企業の実験室に勤務するレイは、家族から離れて一人で暮らし、誰とも深く関わらずに生きて来た。ロボット型プラモデルで1人遊びをするのが唯一の楽しみだ。しかし、母が亡くなり、残された家族に問題があると呼び出され、久しぶりに実家に戻っ..... [続きを読む]

受信: 2010/09/04 23:22

» 『トイレット』 [シネマな時間に考察を。]
見かけは嘘っぽく見えたとしても、 <心>が本当だと伝えられたなら、 きっと気持ちも通じるし、本人だって楽に生きられる。 いかにも本当っぽいのは、逆に嘘っぽいものだから。 『トイレット』 2010年/日本・カナダ/109min 監・脚:荻上直子 出演:アレックス・... [続きを読む]

受信: 2010/09/07 11:05

» トイレット☆独り言 [黒猫のうたた寝]
もたいまさこのばーちゃんとアメリカ人の3人の孫兄モーリーは引きこもりのピアニスト妹リサは勝気な女子大生そしてぼくレイはロボットオタクの研究者バラバラだった兄弟がやむなく同居し英語の話せないばーちゃんと暮らし始める。やがて、レイはばーちゃんがトイレから出るた... [続きを読む]

受信: 2010/09/08 01:36

» トイレット [えいがの感想文]
2010年/日本=カナダ 監督:荻上直子 出演:もたいまさこ    デヴィッド・レンドル    アレックス・ハウス    タチアナ・マズラニー もたいまさこ演じる、ばーちゃん。 そのキャラクターは、「かもめ食堂」「めがね」から更に輪をかけて、 強烈なものになってた。 無言で、じーーーーーっと。。 普通に考えると、異国で一人言葉の通じない孫たちと同居。って、 高齢者しては相当つらいと思うのです。 ばーちゃんは、この現状にあきらめや悲観がありません。 ... [続きを読む]

受信: 2010/09/09 13:58

» トイレット [Diarydiary! ]
《トイレット》 2010年 日本/カナダ映画 ママが残してくれたもの、引きこもり [続きを読む]

受信: 2010/09/10 19:50

» 「トイレット」 自分らしく生きたほうがいいんじゃない? [はらやんの映画徒然草]
荻上監督の「かもめ食堂」のスマッシュヒット以来、邦画では同じようなテイストの言わ [続きを読む]

受信: 2010/09/23 09:07

» 高価なお寿司よりも手作りの餃子。『トイレット』 [水曜日のシネマ日記]
日本人の母親を亡くしたカナダに住む3人兄弟妹と日本から来た祖母の物語です。 [続きを読む]

受信: 2010/09/25 08:51

» トイレット [映画的・絵画的・音楽的]
 荻上直子監督の前2作はお気に入りなので、3作目もと思って『トイレット』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)物語は、アメリカのある町の墓地における母親の葬儀の場面から始まります。日本人の母親が突然亡くなって、3人の兄妹が取り残されますが、もう一人、少し前に日本から引き取られた祖母(「ばーちゃん」)も同じ家に住むことになります。  この祖母(もたいまさこ)は、英語ができないこともあって、家の中で何一つ話をせずに、いつもジーッと自分の部屋の椅子に座っているだけです。  また、3人の兄妹の... [続きを読む]

受信: 2010/09/30 05:43

» トイレット [メルブロ]
トイレット 330本目 2010-34 上映時間 1時間49分 監督 荻上直子 出演 アレックス・ハウス(次男レイ) 、 タチアナ・マズラニー(長女リサ)     デヴィッド・レンドル(長男モーリー) 、 サチ・パーカー(謎の女性)     もたいまさこ(ばーちゃん) 会....... [続きを読む]

受信: 2010/10/11 11:56

» トイレット [ここにあるもの]
モーリーの弾くピアノはロックンロールで、ばーちゃんの餃子はソウルフード。 センセーのシッポは緩やかで、リサのエアギターは若く強い。それがレイの家族。 とにかくもたいまさこ女史演じるばーちゃんが全然しゃべらないっていうから、 めっちゃ楽しみにしていた『トイレ....... [続きを読む]

受信: 2010/10/19 00:04

» トイレット [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
トイレット10:日本◆監督:荻上直子「めがね」「かもめ食堂」◆出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ◆STORY◆とある企業の実験室に勤務するレイは、家族から離れて一人で暮らし、誰とも深く関わ....... [続きを読む]

受信: 2010/10/28 16:36

» トイレット/toilet(映画/DVD Blu-ray) [映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評]
[トイレット] ブログ村キーワードみんな、ホントウの自分で、おやんなさいトイレット(toilet)満足度:★★★★☆オススメ度:★★★★☆製作国:日本製作年:2010年配給:ショウゲー ... [続きを読む]

受信: 2011/03/24 22:45

« 「ラプラスの亡霊」 福井晴敏(著) 読んだ。 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(44) »