« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(32) | トップページ | 「いばらの王-King of Thorn-」みた。 »

2010/06/08

「告白」みた。

Kokuhaku

「殺 人 は ん の し ヨ う た い は 誰 」
”寄せ書き”の隠されたメッセージにも戦慄を覚えたけれど、劇場チラシの裏面にもこんな仕掛けがあるとはね。映画を観て初めて気がついた。
原作は未読。だから狂気を感じさせる映画の予告編から観るかどうかを悩んだが、結果的に観て良かった。・・・というか、衝撃の連続といったストーリーに最後まですっかり釘づけになってしまった。

”幼女プール転落事故”に関係のある人物それぞれの【告白】によって事件の真相であり、様々な真実が明かされていく物語。それが毒だらけ。何もかもが嘆かわしくて残酷に満ちている。そして外堀を埋めた上に真綿でジワジワと首を絞めるかのような陰湿な追いつめ方に背筋の凍る思いがし、なんだかこっちがトラウマになりそうな気分に陥った。
基本的には大切な一人娘を”ガキの身勝手”に殺された女教師の復讐劇。血液混入のような、実際に本当でも嘘でも受け手自身の恐怖心が勝手に煽られればそれで成功といったブラフも含めて全てを陰から糸を引きつつ、それでいて直接手を下したことにはならないだろう周到な復讐劇を操っているのが女教師:森口。森口はどのみち法律では正当な裁きを受けさせられない、娘を死に追いやった2人の生徒に対してそれ相当の罪を背負わせ、罰を行使するために衝撃の【告白】を始めるのだった。

後味は良いんだか良くないんだか、なんだかモヤモヤ。またそれとは別に萎える感覚。殺したくなるほどの憎悪が齎す”生殺し”作戦。例えば、法律で守られている、法を無視した犯罪者に対して堂々と”犯罪行為”で復讐を達成するような伊坂作品ではいつも善悪の狭間に居心地の悪さを感じてしまうけれど、この作品は自分自身で墓穴を掘らせる「究極の贖罪誘導方法」という気がしてどこか性質の悪さを感じてしまう。相手の力を借りた「呪い」による「意趣返し」と思えば、法律を守っている分だけ「正しい罪滅ぼしのやらせ方」と言えなくはないけれど・・・(何かが違う?)。なんであれ、女生徒であり新担任であり、娘の死とは直接無関係ない人物を巻き込んだことに対しての責任が森口にはあるように思い、スルーしてはいけない気がした。
とにかく、これほどまでに壊れた世界が現実にならないことを願う。だけど、それぞれが普通に抱えている他愛のないトラウマが掛け合わされた結果として、こうした最悪を産み出す可能性はゼロじゃないのだろうなぁ。

内容の重さ・奥深さそのままに、見事なブラックエンターテインメント作品として仕上がっているところがまず驚き。観ていて気持ちの良い作品ではないし、果たして他人に勧められるかというと考えてしまうが、間違いなく”スゴイ映画”だったとは言えそう。

総評:★★★★+   好き度:★★★★   オススメ度:★★★★

淡々と女教師:森口を演じた松さんに拍手。本気で復讐鬼を演じていると感じさせる感情のフレが伝わってくる演技が素晴らしかった。

|

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(32) | トップページ | 「いばらの王-King of Thorn-」みた。 »

コメント

原作未読ですが、私も面白い作品というより凄い作品だったなぁって思います。これだけ人間の心の闇、負の感情を妙にシャープに描き出した作品は観たこと無いです。負のイメージだけならまるでパク・チャヌク監督らが得意とする韓流の流れのようにすら思いました。
しかし韓流が人間臭いのに対して、中島監督は徹底して人間の負の感情だけに純化したようにすら感じます。だから余計怖かったです。

投稿: KLY | 2010/06/08 01:09

おはようございます。
おいらも観ました。
後味は良くなかったので、「仮面ライダー」も観ました。(笑)
観るに値する映画なのだけどね。
現実の問題を描いてるだけに、フィクションなのにフィクションじゃないと感じる部分があるんですよね。
だから観入っちゃう。
ほんと、怖い映画でした。

投稿: Brian | 2010/06/08 05:55

たいむさん、こんにちは。
実はまだ映画は観ていません。原作は読みました。
やはり後味はとっても悪かったです(苦笑)

ただ、その読みやすさとブラックユーモアがとても小気味よくて、
中島監督がそのあたりをどう料理したのかがかなり気になってる作品。

感想を読ませてもらった限りだと、やっぱり見たいですね~。
いろいろ考えさせられそう。

投稿: GAKU | 2010/06/08 06:42

原作は読んでませんが、見終わった後に違う意味で「なんで本屋大賞に選ばれたんだろう」と思いました。こんな衝撃が原作どうりって(・・;)
中島監督の演出がなければ、ただの陰湿な映画になってたと思います。いやむしろ増幅してしまったかもしれないですね。「生を感じる」シーンの脳天気なBGMと効果音が逆に怖かったです(゚Д゚)
個人的に上半期で一番の傑作になりそうです。

投稿: 鳳来 | 2010/06/08 17:20

■KLYさん、こんにちはsun
原作から受ける雰囲気が、私も未読なので判りませんが、見事に毒々しくもキレのあるテンポと映像で見せてくれたものだと思いました。
ホラーよりも怖い映画でしたね。
そして、コピペにちょっとがっかりしてます。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/08 19:37

■Brianさん、こんにちはsun
そうですね、リアリティを感じれば感じるほどに寒気がしてくるのね。
そこが釘付けになってしまう理由だし、更に巧みな緩急で一度引き寄せた獲物は逃がさないといった感じ。
映画が終わって、電気が点いて、それからやっと肩の力を抜いて息をした私でした(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/08 19:42

■GAKUさん、こんにちはsun
おお、原作読者ですか?
以前から気になってはいましたが、映画化が決まったので読むのをやめた私です。そして、映画を観てしまうと小説を読む気力がどうも湧かないです。
だけど、読みやすくて小気味良いブラックユーモアとか言われると、映画にはない何かも見えてきそうで揺れますね。

中島監督はその演出力をいかんなく発揮しているので、気になるならば是非ご覧になってくださいませ。DVDでも釘付けになりそうですが、劇場全体が奇妙な沈黙に包まれるのを体験するもの面白いかもしれません。
こんなこと、めったにないことだし。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/08 19:49

■鳳来さん、こんにちはsun
そうですね、「中島監督だから」というのはあるかもしれませんね。
内容はどこまでも陰湿でネガティヴなのに奇妙な明るさに包まれた雰囲気作りの巧いこと!
全然心地よくないし、左程サプライズと言うことのものはないのに衝撃の連続。これほどまでに引き付けられた作品は初めてという気がしてます。
原作はそれを活字だけでやってのけた結果の「大賞」ではないかと想像するところです。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/08 20:00

多分ウェルテル先生などを巻き込んだのは森口先生にとって、犯罪者を生み出した環境への復讐の意図もあったんでしょうね。
とにかくここまで見せ切ってくれる邦画はもしかしたら初めてかも?というくらい、凄かったです。

投稿: にゃむばなな | 2010/06/08 22:02

こんばんは。
凄くインパクトのある作品でしたね。
原作は未読だったのですが、鑑賞後に書店で原作を読んだのですが、こちらもインパクトのある内容でした。
それにしても、今時の中学生って、あんな感じなのでしょうか?

投稿: FREE TIME | 2010/06/09 01:03

私もあの“寄せ書き”にはちょっと驚きました。
何となく予想はしていたのですが、
それでも、無邪気な子供は恐ろしいと・・・。

後味は悪い・・・のかどうか、ちょっと悩む作品ですね。
私はむしろ、復讐エンターテインメントとして楽しんでしまいました。

投稿: BROOK | 2010/06/09 06:25

こんにちは♪
たいむさんも高評価ですね。私もです。
だけど、人にすすめるのはどうかと思ってしまいますね。
とにかくすごい!としか言いようのない衝撃的な作品でした。
ひたすら淡々と演じた松さんは素晴らしかったですね。

投稿: yukarin | 2010/06/09 13:19

見終わって固まる凹む
なのにここまでやっちゃうとある種スカッとしてる自分がいます。
原作読んだときも
不謹慎な言い方だけど面白かったと書いてしまいました。この面白かったを他の言葉に置き換えられないと私ものすごく人間性疑われそうです。(滝汗)

人の心の闇、嘘、
ここまで暴いて
気分は最悪なのに
この充足感は何なんでしょうね…

投稿: Ageha | 2010/06/09 14:09

■にゃむばななさん、こんにちはsun
第3者を巻き込んだ正当な理由があるならそこも描いて欲しかったです。息子に殺された母親に関しては、ずれている母親に対する”連鎖”を狙ったものと思うけれど、KY教師は都合良く利用した結果、勝手に折れたように思いました。折れるとの確信犯ではありそうだけど。クラス委員も「殺されちゃうかも」と知りつつも、何もしなかった結果のことのように私は思いましたので、解せないんですよー。

とにかくスゴイ映画なのは間違いないですね。衝撃的でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/09 17:50

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
書店で立ち読みですか。とりあえず私はまだそこまで勇気が出ないです。
でも、やっぱり気になるので、書店で少しばかりのぞいてみようかしら。

情報伝達の早さがイジメを加速させているところがありますね。怖い世の中です。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/09 17:53

■BROOKさん、こんにちはsun
“寄せ書き”はねー(><)
母親が気が付く前に私も読めちゃったので寒気がしましたよ、そこまでやるか!って。あそこまで不自然なのに気が付かないKY教師も馬鹿すぎだし。

>復讐エンターテインメント
私も、「後味が悪い」とは言い切れず・・なところで、”エンタメ”として評価しています。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/09 17:55

■yukarinさん、こんにちはsun
スゴイ作品だから、それを人に言いたい感じだけど、誰かに勧めるとするならば、人を選ばないとかなぁってね。

松さんもすごかったです。「ヴィヨンの妻」以降私の中ではどんどん株が上がってて、寺島しのぶさんと肩を並べるのも近い?とか思ったり(笑)
結婚されて充実しているのかしらね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/09 17:58

■Agehaさん、こんにちはsun
小説、読みましたか。
大丈夫、人間性を疑ったりしませんよ。
私も固まったけれど微かに爽快感がありましたし。
言いたいことを全部言って、犯人たちを手のひらで踊らせていた森口。内容的に不謹慎かどうかはともかく、「本屋大賞」になるくらいだし、一言で絶賛するならば「面白い」が妥当なのだろうと思います。

でも、怖かった~~(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/09 18:05

こんばんは。まさしく衝撃作でしたね~bearing
彼らの告白には斜めに構えていた自分でしたが
あの色紙の文字に叫ぶ木村さんと・・。
ラストの松さんの涙には素直に涙を流せた気がします--
唯一投げ込まれた岡田君の明るさや熱血ぶりも
こんな風に色あせて見えること。
子供たちの云う辛さにもなぜかわきあがる拒否感
復讐した彼女に見える救いのなさ。
すべての演出に素晴らしさを感じました!!

投稿: くろねこ | 2010/06/09 22:59

何時もお世話になっております。

個人的にはR15+指定作品で初めて満点をつけた作品ですけれど、それだけ最後まで考えさせられた作品でした。
この映画を観るに当り松さんも当時許せないと言っていた13年前の神戸須磨区の事件を思い出しながら鑑賞していました。
少年法という法律の矛盾も感じざる得ないし、これだけ殺人を起こしたら大人なら死刑ですから、例え13歳の子供でも生かす理由があるのか?と問われているだろうし、逆にITスキルの疎い親だとこういう事が知らないうちに展開されている可能性も否定できない出来事なのだろうという思いもしました。
下手に頭が切れると物事を軽く考えるのは大人にもありますが、物事は難しく重いという事をこの作品から感じる事ができればこの映画の価値は大きいものになるでしょうね。

それ以上に森口がこういう形でしか報いる事が出来ない今の世の中の限界を感じるのが1番辛いですね。森口がこういう手段を使わずに報われる世の中になってほしいと最後には思った次第です。

投稿: PGM21 | 2010/06/10 00:38

■くろねこさん、こんにちはsun
中島監督あってのこの作品かなーという気がしています。
松さん、木村さん、岡田くん、誰もが行き過ぎであり欠けている人物を好演されており、生徒たちもホンモノっぽくてねぇ(^^;

凄かった、それに尽きます!

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/10 07:37

■PGM21さん、こんにちはsun
現実には殺人に至らないから発覚しないだけで・・と思えるモノがあるからよりリアリティを感じてホンモノっぽさに恐怖するところかと思います。
とはいえ、これが真実と絶望するにはまだ早いかと。
私は現行の法律を云々というよりは、無知と理不尽には、こうした復讐もあり得ることを知る、面白い機会を逃さないで良かったという感じでしょうか。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/10 07:44

こんにちは~♪

間違いなくスゴイ映画でしたよね。
私も原作は未読だし、あまり観る気もなかったのですが、思い切って観て良かったです。
内容はおぞましいんだけど、凄く引きつけられました。
>トラウマが掛け合わされた結果として、こうした最悪を産み出す可能性はゼロじゃないのだろうなぁ。
ううう・・・そう考えると怖いですよね。
あくまでもエンタメと思いながら、ちょっと怖いな、って気持ちも捨てられません。

投稿: 由香 | 2010/06/10 11:34

■由香さん、こんにちはsun
そうそう、思い切って観てみて良かったですよね。

私としては、この映画は一つの可能性をみた感じで、「呪詛」とはこういうものなんだなぁ~とか思いました。なんだか上手く言葉にできませんが。

「最悪」って様々な不運が重なりあったり連鎖していることが多いもので、発端からして一つでも「もしも」があれば回避できたものかもしれない話。
そう思えば、私もエンタメとして「最悪のケースを学んだ」感覚でいたいと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/10 20:08

たいむさん
こんばんは★
もっと評価が割れるかと思いきや、ブロガーさんは皆さん絶賛ですよね〜


>
とにかく、これほどまでに壊れた世界が現実にならないことを願う。

本当そうですね。
松さんは「ヴィヨンの妻」もすごく良かったですよね^^

投稿: mig | 2010/06/11 01:22

■migさん、こんにちはsun
内容が内容だけに後味で好ききらいはありそうだけど、概ね高評価が多いですよね。私としてはそこまで絶賛?って感じではあるのだけど、確かに圧倒されました。

松さんは「ヴィヨンの妻」あたりからどんどん存在感がアップしてますよね。月9女優からすっかり演技派女優になってくれて嬉しいですw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/11 23:28

ひさびさに、まじめに面白い映画でした。
(最近、突っ込みが面白いとかバカ映画で面白いとかが多かったので)

こわいです、子供を持つことも育てることも。
子育て一段落した人間なので、切実な恐怖を感じなかったのがせめてもですが、自分には関係ないとは言い切れない、みょーに身近な、しかも、まったく異次元の社会(と思いたい)。

中学生って、一番むづかしく最高レベルの子供です。

投稿: mariyon | 2010/06/12 09:45

■mariyonさん、こんにちはsun
>ひさびさに、まじめに面白い映画
同意です!

>みょーに身近な、しかも、まったく異次元の社会
これも同意!

なんだかこんなことが本当に在ってはならないってヒシヒシと思う復讐劇でした。
ますます難しくなる中学生の扱いに、いつか中学教師のなり手が居なくなるのでは?なんて思っちゃうほど、現実と虚構が入り混じった作品と思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/12 18:23

たいむさん、こんばんは。

告白というかたちで最後まで進むこの作品、淡々としゃべる松さん演じる森口も怖かったし、幼い子供を殺した犯人達も怖かったし、そんな彼らを追い詰めるクラスメートも怖かったです。

こんな事はフィクションの世界だけで会ってほしいですね。

投稿: Hitomi | 2010/06/15 21:07

■Hitomiさん、こんにちはsun
「告白」というタイトルがドンシャという作品でしたね。
ホント誰もかれもが怖かったshock

法律も良くないのかもしれないのだけど、それ以上に人間が壊れたらお終いですね。出来るところから変わっていって欲しいものです。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/16 20:03

熱血教師と学級委員も巻き込まれるべくして巻き込まれたんでしょう。あの二人も結局は現実を見ず自分に酔っていたからああなったんだと思います。
この映画の人物は皆エゴイストで、自分が可愛いあまりに周りが見えなくなっています。そんな人間の愚かさと浅はかさを見ながら馬鹿じゃないのって笑い飛ばすのが精神衛生上よろしいかと思います。
まぁ、と言ってもどこか他人事とは思えない気味悪さもあります。こういう人間にならないよう、反面教師にしたいものですね。

投稿: ぐっちょ | 2010/06/24 04:15

こんにちは♪
まちがいなくすごい映画でしたね。

なんか人にどう伝えればいいか・・
すごい映画だったしかいいようがないんですよね。。。

>みょーに身近な、しかも、まったく異次元の社会

同感です。

投稿: Nakaji | 2010/06/24 10:30

■ぐっちょさん、こんにちはsun
世の中すべてが必然と思えば、ただ巻き込まれたようでも理由はきっとあるのでしょうね。

私としても、こんなぶっ飛んだ話を綿密に分析するのはどうかと・・って思ってます。ただ一つの可能性としてこんなこともあり得なくはない、それだけは心に留めておきたいと思ってます。

何事も決めるのは自分自身。間違った決断をしないよう、いつでも心を健康にして置きたいものですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/24 18:06

■Nakajiさん、こんにちはsun
スゴイ映画で、あの劇場内の空気感を思うと、誰もがこの映画に対してなんらか思うことがありそうで、それを伝えたいようなきにはなりますが、表現できませんよね(^^;

久しぶりに緊張しっぱなしで、疲れた映画だった気がしますよ~。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/24 18:09

おはようございます^^

凄い映画でしたねー(>_<)
鳥肌立ちましたよ。

>娘の死とは直接無関係ない人物を巻き込んだことに対しての責任が森口にはあるように思い、スルーしてはいけない気がした。

そう思いますー。
巻き込まれてしまった生徒たちも可哀想でした。
一生トラウマとして残りそうです。

投稿: みすず | 2010/06/29 08:59

■みすずさん、こんにちはsun
こんなに緊迫感を持ってみた映画は久しぶりです!
いろいろな意味で凄かったですねーcoldsweats01

無関心も放任も罪とした場合の集団責任と思えば、彼らが巻き込まれたとについてとやかく言う権利はないのかもしれないけれど、森口のは無差別にも感じられる行為でしたしね、やっぱりちょっと引っかかる私です。
もし私がこの組の生徒だったら、死んでも笑えない思い出になるんだろうなぁって思いますよー。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/29 19:46

コメ2回目ですいません。
どうしても劇場で見たくて今更ですが行きました。
原作を知ってるのにこの衝撃はさすが中島監督。
これは劇場で見て大正解です。

劇場全体が奇妙な沈黙に包まれるのを体験できましたし(笑)
劇中の教室内のように少しガヤってた劇場が
一瞬で凍り付いてシーーン。この空気コントロール。
中島監督と松たか子に拍手な作品でした。

投稿: GAKU | 2010/07/05 06:58

■GAKUさん、こんにちはsun
見て良かったでしょ(笑)
原作とは違う凄さが感じられたんじゃないかな?
劇場内でのあの凍りつくような空気感はそうそう体験できないと思いますし、劇場でご覧になられて良かったです。

今年はこれだって映画がほとんどないですし、強烈に印象に残りますね、これは。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/07/05 20:52

卑怯なやり方に卑怯なやり方で仕返しをする
嫌な思いをさせられたら同じ気分にさせる
その醜さに、かなり気持ちが落ち込みました。

でも、森口先生と同じ立場になったら、私は全く同じように、復讐のためにすごいエネルギーを注ぐのだろうな、とは思います。

そんな、どんな人も持っている普遍的な心の闇を見せられたような気がして、どんよりしてしまいました。

投稿: vic | 2010/07/10 21:32

■vicさん、こんにちはsun
「人間」というものをつくづく思い知らされるような映画だったと思います。
誰しも持っている闇の部分でもあり、だけど皆ちゃんと制御しているんですよね。
未熟な年頃の子供を正しく導くのが大人の役目。森口のやり方は荒療治もイイトコだけど、こんな復讐もあるのだと、子供たちも子供であることに胡坐をかいてはいけないと知る例えとして感じてほしいなと思います。

貴重な体験ができたスゴイくて奇妙な映画でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/07/11 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/48570265

この記事へのトラックバック一覧です: 「告白」みた。:

» 映画「告白」 [FREE TIME]
映画「告白」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010/06/08 00:49

» 告白 [LOVE Cinemas 調布]
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃が出演している。監督は『パコと魔法の絵本』の中島哲也。独特の映像表現にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010/06/08 00:55

» 『告白』 はじけたのは何か? [映画のブログ]
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい... [続きを読む]

受信: 2010/06/08 01:51

» 告白 [Brianの独り言]
『告白』観ました。 先週、映画を観た時に予告編が流れて、興味が湧きました。 原作 [続きを読む]

受信: 2010/06/08 05:49

» 告白 [Akira's VOICE]
命を知るための課外授業。   [続きを読む]

受信: 2010/06/08 17:53

» 告白 [象のロケット]
ある中学校、1年B組の終業式後のホームルームで、担任の森口悠子が語り出す。 「私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。」 少年法で守られた犯人AとBのことを、決してこのままにはしないと宣言する森口。 物語は【告白】から始まる…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2010/06/08 19:44

» 『告白』 [めでぃあみっくす]
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような演....... [続きを読む]

受信: 2010/06/08 22:02

» 映画『告白』(お薦め度★★★★) [erabu]
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ [続きを読む]

受信: 2010/06/08 22:55

» 告白 [だらだら無気力ブログ]
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監督..... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 01:28

» 『告白』お薦め映画 [心をこめて作曲します♪]
★★★★★浅はかさ、狡猾さ、残酷さ、優しさ、親子・友人関係など、生徒たちの行動と内面が浮き彫りになる。同じくらいの子を持つ保護者の方はゾッとするかもしれない。教育熱心な優しいお母様は、息を吐いて吸うのをお忘れなく。それでも是非味わって欲しいこの緊張感。ホ..... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 02:03

» 告白 [そーれりぽーと]
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのクラスを去る女教師が淡々と語り始めた。 内容は娘の死に関する衝撃的過ぎる告白! 女教師の告白から先80分、ショックの連続に呼吸を忘れそうになりながらの鑑賞。 教育の場が直面してるであろう問題を提起しつつ、目に見える痛みはいかにも問題として描きな... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 02:15

» 劇場鑑賞「告白」 [日々“是”精進!]
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 05:24

» 映画「告白」(ネタバレ注意) [MAGI☆の日記]
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 06:24

» 「告白」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「告白」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃、他 *監督:中島哲也 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 07:22

» 『告白』 [シネマな時間に考察を。]
“13歳”という人格。 それに対する責任のありかを問いかけて。 命の重さは、果たして同じく等しいのだろうか。 『告白』 2010年/日本/106min 監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃 命の重さだなんて、問いかければ問いかける程にますます軽んじら... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 12:04

» 告白 [映画鑑賞★日記・・・]
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事....... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 12:57

» 「告白」:白河バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督の「告白」は湊かなえ原作のフィクションだけど、映画は「告白」みたいな事件が起こっても不思議はない最近の学校の空気感をよく捉えていた。 {/kaeru_en4/}何しろ、教室の子どもたちの... [続きを読む]

受信: 2010/06/09 19:45

» 告 白 [★ Shaberiba ]
間違いなく忘れられない作品となりそうです! [続きを読む]

受信: 2010/06/09 22:39

» 映画「告白 」原作を超えた、恐るべき作品、傑作誕生! [soramove]
「告白 」★★★★☆オススメ 松たか子、岡田将生、木村佳乃出演 中島哲也監督、106分 、2010年6月5日公開、2010,日本,東宝 (原題:告白 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、 娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです」 騒がしかった教室が一瞬にして静まる、 そして犯人探しが始まる、 娘... [続きを読む]

受信: 2010/06/10 07:47

» 告白☆独り言 [黒猫のうたた寝]
中島監督というだけで興味津々(笑)その上、実は松たか子は好きな女優のひとりであり楽しみにしてました。試写会で一足早くの鑑賞です。原作読んでいる友人からは、どっぷり、めり込むという情報は入っていました。なんせ、今までカラフルポップな世界を繰り広げてきた作風... [続きを読む]

受信: 2010/06/10 09:20

» 告白 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白い。 加えて、「下妻物語」{/fuki_suki/}や その年のベスト10にも入れた「嫌われ松子の一生」{/fuki_love/} の中島哲也監督がメガホンと知ってかなり楽しみにしてたので初日... [続きを読む]

受信: 2010/06/10 11:18

» 告白 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです―」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく―     監督 : 中島... [続きを読む]

受信: 2010/06/10 11:30

» 告白 (松たか子さん) [yanajun]
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010/06/11 02:13

» 告白 [こわいものみたさ]
『告白』 【製作年度】2010年 【製作国】日本 【監督】中島哲也 【出演】松たか子/岡田将生/木村佳乃/西井幸人/藤原薫/橋本愛 ... [続きを読む]

受信: 2010/06/11 22:00

» 告白 [Diarydiary! ]
《告白》 2010年 日本映画 シングルマザーで教師の森口の一人娘が亡くなった、 [続きを読む]

受信: 2010/06/11 22:34

» 映画『告白』(お薦め度★★★★) [erabu]
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ [続きを読む]

受信: 2010/06/12 03:32

» 中学生と言う子供「告白」 [茅kaya日記]
やっと、帰ってきました、茅ヶ崎。久々の茅ヶ崎マイカル!!懐かしい〜〜ってほどでもないけど「告白」をレディスデイなんて、ちょい無謀かもと、100円払ってネット予約していったのにかなり…すいてた。。。(ところで、マイカルのネット予約ってなんでお金が余分にかかるの?)そのうえ、マックが閉店してた(-_-;) なことはともかく、一瞬たりとも目が離せない映像。子供を育てることはこんなにも大変なのかとあらためて恐怖にかられる。... [続きを読む]

受信: 2010/06/12 09:45

» 告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。 [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文庫) 湊 かなえ作」だった。 予告編を見たときには犯人捜しの推理サスペンスだと思っていたけど、なんかのテレビ番組で、「犯人Bの母親役の木村佳乃・・・」みたいなこと言っていて「え!犯人を言ってしまっていいの!」って驚いたし、そしてそのこ... [続きを読む]

受信: 2010/06/14 11:54

» 告白 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  少年犯罪の法的限界、母親と子供との在り方を、告白と復讐で紡いでゆく、暗く重いテーマを扱った作品である。だがスピーディーな映像とテンポの良いミュージックを使い、その重苦しさを軽快なイメージに見せかける手法は、なかなか斬新で見事であった。従来の邦画... [続きを読む]

受信: 2010/06/14 22:55

» 映画「告白」 [Thanksgiving Day]
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作の....... [続きを読む]

受信: 2010/06/15 01:13

» 「告白」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と... [続きを読む]

受信: 2010/06/16 21:02

» 最近見た映画の感想 [にき☆ろぐ]
様々な映画を見たのですが、個別で感想を書く気力がないのでまとめて感想書きます久しぶりにたくさん映画を見ましたよ告白今話題になっている映画です。私も予告の時点で興味惹かれ... [続きを読む]

受信: 2010/06/17 00:19

» AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので、どうせだから第2回選抜総選挙で1位になった大島優子を見てきた『告白』大ヒット御礼!舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...... [続きを読む]

受信: 2010/06/18 00:50

» 告白 [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミのメンバーで観る映画を観る会の今回の作品です。 原作は、2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。 メンバーは全員原作を読んでいたので 皆で楽しみにしてました。(^^) 特に私は、 「嫌われ松子の一生 」や「パコと魔法の絵本 」の中島哲也氏が監督... [続きを読む]

受信: 2010/06/18 11:03

» 「告白」 人間の本質は自己中心性 [はらやんの映画徒然草]
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自 [続きを読む]

受信: 2010/06/20 22:33

» 告白 [心のままに映画の風景]
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故... [続きを読む]

受信: 2010/06/21 14:46

» 告白 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
告白10:日本◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の....... [続きを読む]

受信: 2010/06/24 11:14

» [映画『告白』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だが、私にはそれ程でもなかったので、短信で充分だ。    ◇  私は予告編で見て、この作品は、女教師が幼い娘を生徒に殺される内容だと知り、その娘がかなり強烈な殺され方をするようなので、観に行くのを躊躇していた。  子供が殺される映画は不謹慎だ、... [続きを読む]

受信: 2010/06/25 00:26

» 【映画】告白 [新!やさぐれ日記]
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。 ▼コメント 恐ろしく、良く出来た実写映画化だった。 この原作小説に... [続きを読む]

受信: 2010/07/05 19:40

» 告白 [ここにあるもの]
信じることと、憎むことばかりが心を支配している蛹の時。 ひとつのパーツが、全てを粉々に壊してゆく。そこに救いはない。 都合よく救われない。要するに、そういうこと。 2009年本屋大賞受賞した湊かなえ『告白』の映画化。 本屋大賞といっても、読書が苦手な私には全く縁...... [続きを読む]

受信: 2010/07/06 13:33

» 綺麗過ぎる映像とイタイ“何か”が突き刺さる ─ 映画『告白』 ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 映画『告白』 ─ 本屋大賞第一位を取った湊かなえの衝撃の作品『告白』を、ビビッドでポップなカラーの作風で知られる中島哲也監督が映画化するということで、前からずっと気になってた作品。 だた、時間が取れなくて諦めかけていた頃、ちょうど時間が取れたので「これ....... [続きを読む]

受信: 2010/07/07 01:23

» 映画 ■■告白■■ [Playing the Piano is ME.]
見る予定じゃなかったんだけど 評判があまりに良いので 見に行きました。 [続きを読む]

受信: 2010/07/10 21:32

» 告白 [メルブロ]
告白 320本目 2010-24 上映時間 1時間46分 監督 中島哲也 出演 松たか子(森口悠子) 、 木村佳乃(下村優子(直樹の母))      岡田将生(寺田良輝(ウェルテル)) 、 西井幸人(渡辺修哉)      藤原薫(下村直樹) 、 橋本愛(北原美月) 会場 TOH...... [続きを読む]

受信: 2010/07/11 01:36

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(32) | トップページ | 「いばらの王-King of Thorn-」みた。 »